CDリップ専用PC&ドライバー 完結編


果たして完結するかは定かではありませんがw
個人的には終わりにしたい・・・・かなり疲れたw



いよいよ完結か・・・


お願い、終わりにしたい・・・



linux(ubuntu) 登場ってか?



嗚呼、ナンかマズイよ・・・Piの親分みたいジャン     https://www.ubuntulinux.jp/home










データ24時間(熟成)後のインプレ・・・・



3時間後とは違い、納得のサウンド


苦労した甲斐があります、穏やかで滑らか艶やか、我慢せずに聴けるように鳴りました
其れ処か、絶えずゾクゾクしっ放し、改めてリッピングの重要性が明確に鳴りました



初めて痺れた・・・・



リッピングは7、再生は3の割合で音が決まる


今まで、再生を重視してきましたが、認識を変える必要があります、ポイントは再生と同じ


専用化・シリーズ電源(低時定数)・ファンレス・モニター対策・高速メモリー



CDドライバーに関しては、BDR−PR1Mが良いと思います・・・・・
最低でもBDR−PR1MA、何故ならデータ移動及びバックUPを50年BD−Rで行うため
BDドライバーとBDーRのMIDを正確に揃えるコトに音質上のメリットがあると感じています
特に1000枚以上のCDをお持ちであれば・・・・



再生ノウハウをまんまリッピングに流用


残念ながら、市販品が無いので、苦労して自作するしかありません
エベレスト登山でロープウェーが無いのと同じかも・・・・イイ音聴くには特別苦労せなアカン!
山が大好きでも、普通の人はエベレストには登りません、近くで眺める(見てる)だけ
特別イイ音を聴くには、特別な行為が必要、誰でもカンタンとは逝かない、出来なければ我慢しなさいw
CDプレーヤーでも音は出ますw
そもそも、PCはオーディオ機器ではありませんし、PCならどれでも同じには鳴らない
唯一の救いは、音源はCDでOKなコト、アナログとは違い、PCの場合、コストは数十万で済みますw
金持ちとは関係無く、限られた人だけが高音質を享受できる、趣味性が高く、趣味のオーディオとして生き残れるw


趣味として、原点回帰



余談・・・


foobar2000のボリュームは少し下げてネ


音量調整の噺・・・
私は、音量調整をアナログ・プリ・アンプで行っています、レディーガガ・・・
この場合、PC側の音量は最大にしてアナログ・ボリュームで音量を調整するのが普通なんですレディーガガ・・・
試しに、foobar2000のソフト上で音量を10%位下げてチョンマゲ・・・


音質向上するかもギッチョン!


理由とか言われても、ワガンネ!   PCやけんネ



再生に関して・・・・


私的には、USB・DACなんて論外、百害有って一利無し、NAS(ネットワーク)も同じ、ボツ!
















懸案のファンレス



CPUに強力放射線ブチ噛ましたら如何鳴る・・・・


そのためには、直近でイオン化を行い、伝播させるしかありません
パラメーターが無いので、如何変わるかはブッチャケ分かりませんw
CPU自体が微弱放射線刺激で如何変わるか・・・・データは変わりませんから、聴感で如何変わるか
ノーマルのCPUクーラーもイオンボール接着しましたが、今回のほうが強力
タブン、違いが出ると妄想していますw





ハイスペックCPUの発熱はハンパじゃない


まさかココまでイランだろ、正直思ってましたw
標準のCPUクーラーから交換するにしろ、ファンレスとは言え、オーバースペックだと思ってましたw
大は小を兼ねるゆえ、保険だと思って付けましたが・・・・・


普通に必要で、ヘタすると足りない・・・


ブッチャケ、大袈裟な飾りだと思ってましたが、BIOS設定でモニターしてると、楽に60℃は越える


実は、取付ける前にヒートガンで1分間CPU接触面を過熱してみました
普通に半田が溶けるレベルの温度だと思いますが、熱が全体に行渡り、普通に手で触れる程度しか温度が上がりません
コレにはビックリ! この放熱器凄いワナ、流石だ、高いだけあると感動しました
ところが、実装すると、手で触って「熱いなコレ」つうレベルまで温度(50℃以上)が上がりますw
水冷パーツとか在りますが「ホントに必要なの?」と思ってましたが、普通に必要だと感じましたw


CPUはエネルギー駄々漏れ・・・


強制空冷の威力を改めて知る機会と鳴りましたw
と、同時に、CPUの能力は発熱量と比例する・・・・Ritmoは可愛いモンだ


拘ったファンレス化、逆言えば、コレで音良く鳴らなかったら許るさんぞ!



新調したモニターGeChic On−Lap 1002(オリオスペックで購入)
USB給電(PC本体からがポイント)HDMIで接続、リッピング中は、画面最小で電源OFF
裏面はFMシート2重、アンチスタH、コアブリッドB除電
ケーブルはFMシート巻き・コアブリッドB・平編み銅線でシールドでフルコース


チンチンに熱いw そんで、気味も悪いw




試聴結果・・・・


ナンと申しましょうか・・・・凄いですワ・・・・ナンですが・・・ナンだか凄くないw


急な難所を幾つもクリアし、高度がドンドン上がる、眺めが良く鳴り「来たぁ〜〜」



    「ヤッタぜ!頂上だ!」



その頂上とは・・・・狭い面積で、人一人しか立てないと思いきやw



広大な面積で、起伏の無い安全なステージだった


言い換えると、危険な梯子をビクビクしながら登って逝ったら、平らで安全な展望台に出た  てな感じ


音質が向上すると、不満が解消され、大きな満足が得られます
その時は、大感動したり鳥肌立ったりして「スゲェ〜〜スゲェ〜〜」と鳴りますが・・・・
その後は、其れが普通に鳴っちゃうワケで、精々感動しても10回は鳥肌立ちませんw 馴れちゃう
最初は大きな達成感が得られますが、次第に馴れちゃう・・・・普通に鳴っちゃうw


より強い感動(刺激)が欲しく鳴る   つまりドラッグw


キツイ音、甲高い音を自然に鳴らしたい・・・・次々達成して大喜び・・・・ナンですが
オモシロイことに、不満が解消されると、新たな不満が出てきて次なる挑戦が始まるのですが・・・・
不満がドンドン無く鳴ると、オモシロ無いわ、刺激が無いわ・・・・贅沢な噺だw


例えば、クルマやバイクで、それまで曲がれないコーナーをスピードUPでクリアできれば感動しますが
それ以後は、普通に鳴ってナンも感じなく鳴る
例えば、燃費が100%UPしたら相当喜びますが、以後は其れが普通に鳴るのと同じ・・・・


今まで、音聴いて「ココ、ナンとか鳴らんか、もうチョイ良く鳴らしたい」


    でしたが、スンナリ、クリアで不満が無いのよ!


感動は鮮度が命!



メチャクチャ自然で穏やかな音、嫌な刺激が全く無いw


   我慢しなくてイイ音w


ブッチャケ、オーディオは我慢しながら聴くのがアタリマエだった・・・・
脳内補正イコライザー(フィルター)が必須だった
嫌な音を聴きながらも、音楽の感動を求めてオーディオをやって来たw
オーディオは我慢しながら、感動するかもしれないと信じて楽しむ趣味ですわ
オーディオに可能性があると思えるから我慢も出来たし、続けられたw


この音、トロイ音かと思いきや、細部はバッチリ、繊細な切れ込みや「気」はバッチリ伝わる、タ〜ダ刺激が無いw


こんなの初めて・・・



ついに、世界が変わった!


オーディオは、良し悪ししか無いと考えてきました
音のイイ・ワルイは、味の美味い・マズイと共通していて、脳が如何感じるか? だと解釈してきました
PCオーディオはその点で明快で分かり易いと考えてきました、その原点がCDリッピング
リッピングには、良し・変わらず・悪し、しか在りません
JAZZ向きとか、クラシック向きとか言う好みの尺度が無い、言い換えると自然さレベルの違い


広義としては、ノイズの有無と言える


ノイズ=違和感=強調感


自然界の音、普段聴いてる現実音との違和感ですから、良し悪しがハッキリ出る
コレはマンマ画質にも言え、ノイズの無い(違和感の無い)画質追求と共通している
ブッチャケ音も絵もノイズまみれだった・・・・違和感を誰も指摘して来なかったw



ノイズ(違和感・強調感)が無くなれば、趣味性の追求だ


















横入り・・・ CDリップだけじゃ飽きたデショ


エアチェック・リファレンス交代


超耐久性のBMR−BW870


下はBW700で10年選手? まだ現役でミュージック・サーバーとしてイイ音出してますw


丸5年、殆ど毎日使い、録画、ダビング数が5000を超えますが、壊れない!   ナンでよw


ロング・ラン・テストを兼ね、壊れたら最新のパナレコに換えようと考えていましたが
誤動作含め、全く異常が起こりませんw 一体如何鳴ってるのよ・・・・気味が悪いw
それが証拠に、リモコンは押し過ぎて初代がバカに鳴るほど使い、パ〜〜にしました、現在2個目・・・
もちろん、中身は除電・イオン化でゲロゲロ改造されていますw
不思議なコトに、除電・イオン化で壊れた(オシャカ)AV機器は初期不良をのぞき、まだありません・・・・
逆に、劣化を含め、壊れなく鳴ると感じますw  特に除電対策が効いてるかな・・・・


ところが、先日の試聴会で・・・・千葉支部長から


「白須さ〜ん、エアチェック甘いよ


「最新のパナレコの実力知らないデショ」  指摘されましたw


「壊れたら換えようと・・・」ですが、画質が低いんじゃ意味ないわ  「マジっすか!」


その後、千葉支部長宅にBD−R(SONGS 工藤静香)を持ち込んで比較したところ・・・


「ナルホド・・・」「チョイ甘いわ」


オーバー150インチ(2H視聴)だと、一切の誤魔化しが効かない・・・


勿体無いけど、リファレンス交代


流石に、最新デジタルAV機器で5年は永い・・・
ブッチャケ、放送局の機材も進歩しているので、同じ機器でも音質・画質向上が実感できていましたレディーガガ
パナレコ新しくすれば良く鳴るのは自明の理・・・・問答無用だw
千葉支部長曰く、今回のパナレコは進化がデカイそうで・・・


日本はエア・チェック天国


エア・チェックし続けると、如何鳴るか・・・・・ためしに続けてみました(5年以上)
すると、この世に在る全ての映画(アダルトを除く)を見るコトが可能だと実証されたw
書いた通り、5000タイトルは右に超え、如何足掻いても残りの人生で見終えるコトは不可能な数字に・・・・
もちろん、音質・画質はバッチリ、市販パッケージBDの優位性はゼロ、コスパ考えたら、エア・チェックは犯罪かも
コレじゃ、ソフトの価値が下がるワナ、高性能を誰も有り難いと感じなく鳴る
オマケに、TVは年々音質・画質が向上している、この国ではパッケージBD販売が成り立たないw
ハッキリ言って、AV専門誌の映画新譜ディスク評はナンの意味も無い、買う気に鳴らない
時代は恐ろしいスピードで変化し続けている、新しい映画が見たければ、映画館に逝けばOK
20年前の映画館と今の映画館では雲泥の差があります・・・・


日本は豊かに鳴り過ぎた・・・・


音楽ソフトに至っては、TV放送のほうが圧倒的に優れていて、全くお噺に鳴らん


高価値AVの大衆化により、価値・趣味性崩壊が起きている・・・・不幸だわ


こんな時代が何時まで続くのか、想像も出来ませんが
逆手にとって、新作映画・音楽と厳選エア・チェック・ガイドの専門誌が出たら売れるかも・・・・
FMと違い、衛星放送は全国ネットだし、多局化してるから成り立つかも・・・・
なぜなら、大衆化により、マニアは溢れる情報を整理できず、持て余しているw



DMR−BRW1000 登場!



完成度が高い = チャッチイ = ローコスト = 最悪  趣味性ゼロ!



ナ〜ンで蓋開いてるか? 改造前提だからに決まってるデショw



目的はコレの録画!



タブン、NHKのカメラは世界一ゆえ、最高画質で放送されるハズ・・・・動画解像度チェック&サウンドには大注目
現在の日本で、最高画質のソースはNHKがダントツ、まるでAVオタクのごとく音質・画質を追求しています
最新のカメラは、NHKが開発しています、TVだとバカにする様では、音質・画質は追求できません
今まで書きませんでしたが、映画画質についても、WOWOWはかなり健闘していますが、NHKがワンランク上
同じ映画を見比べると、ガッカリしますw LX91の24P変換を駆使してもNHKが上・・・・
NHKの放送には24Pフラグがありませんが、それを差し置いてもNHKが上、つまり、エンコーダーの性能が違うw
NHKとWOWOWは、共に有料ゆえ、互いに競い合っているように感じ、其れを見物するのも楽しみw



民生4Kプロジェクターじゃ、全くお噺に鳴らないと予想していますw


現在リファレンスは720Pですが・・・


実はプロジェクターも更新しますw  ま〜だ秘密w

























CDリッピングが如何に大変か思い知らされた


と同時に、CD内部にもの凄いデータが入っていることもワガッタ!



当初は、リップドライバーの読取り精度云々から始まりましたが・・・・
その先に、得体の知れない領域が待っていましたw
BDR−PR1Mでしか再現できない世界が在ると書きました・・・・
PR1Mだけが他のCDドライバーとは違ったデータを読み出してくれます
音の違い=CD読取りデータが違う、と言うのが根拠でしたが、そんなモン何処かに飛んで消えましたw
PR1M以外でもイイとか言う噺じゃなく、PR1Mは基本の前提条件、その上で周辺を徹底的に仕上げる必要がある



そんな違いを遥かに上回る要因が現れた


ドライバー側は、シリーズ無帰還電源(5・12V)、FMCC、メビウスエネループ・アシストが絶対条件
PC側は、シリーズ無帰電源(19〜21V)、ATXデコデコ、ハイスペック・マザボ、i7CPUが絶対条件
PR1MはSATA(6Gb/s)接続、リップデータはM.2 SSD(128GB)にメモリー


FMシート、ビーズ、トローチ、除電、トリタン、イオン・ボール、「ニャ〜」「お経」で対策も絶対条件



データは一切変わりませんが、音は激変!



理由を考えても分かりません、PCオーディオとはそう言うモンだと悟ってください


PC(デジタル)オーディオは、摩訶不思議な現象が沢山起こりますので、馴れてくださいw
重箱の隅突いて、大騒ぎするようなケチな摩訶不思議じゃありませんw
音が出た瞬間、アタマ真っ白、椅子から転げ落ちるような変化が頻繁に起きます
私はオーディオ永いですが、過去コレほどまで激しく変化するオーディオを知りません
ブッチャケ、もの凄くオモシロイ、そして、オーディオがココまで楽しいとは思いませんでしたレディーガガ
PCをシリーズ電源に換えたら音質向上、CPUを換えたら音質向上、理由なんか誰も分かりませんw
マザボ換えたら音質向上、USBは音が悪い、その他色々ありますが・・・・
私は、ジッターが原因とか逝ってますが、想像(妄想)で逝ってるだけ、一切事実確認できませんw
理屈をコジ付けるコトは可能ですが、ホントウの理由は誰も分からない摩訶不思議ワールドなのよ
除電テープやFMシートだって同じ、科学的な解明は一切されていませんw
PCオーディオは、我々が知る知識以外の部分で音が大きく変わり、支配されている
ナンだか闇雲のように見えますが、最近は色々現象が整理されナンとなく実態が分かって来たように感じますw
偉そうに毎日書いてますが・・・




遣ってみないと、ワガンネ・ワールド!



「ニャ〜」「お経」も同じ「そんなバカな・・・」「アリエナイよ」と考え実行しないのは、エライ損!


PCをシリーズ電源にして音質向上する理由と、「ニャ〜」をケーブルに付けて音質向上する理由は
共に全く分かりません、摩訶不思議ですが、音質向上の事実だけは誰でも分かりますw
「理由が分からないコトはしたくない」と言う気持ちは分かりますが
よくよく考えてみると、この2例は区別できません、ヤル・ヤラ無いは個人の自由ですが


偏見を持つのは損です


私もオカルトは大嫌いでしたが、色々体験した性で(ギロッシュさんの性で)アタマが麻痺し・・・
偏見を断捨離して、スッキリ爽やかw 良く鳴ればナンでもOKAY体質へと生まれ変わりましたw
ブッチャケ、音質・画質が明確に向上するか否かでしかない、理由が分かる分からないは関係ありません
唯一言えるのは、お金が掛かるヤツとか、説明が宇宙語なヤツはインチキが多いので敬遠してますw
電球・電池・ハチミツでも音質向上しますから・・・


大体、ドライバー変更以外でリッピングの音が激変するなんてコト、ココ1ヶ月で分かった事実w
チョッとやソッとの差じゃありません、椅子から転げ落ちるような変化ですわ
つまり、常識が日々ゴロゴロ変わる激動期なんよ
PCオーディオのホントの音なんて、世界で誰一人も知らないw



ATX電源にFM∞CC+エネ・アシを噛ませる


タブン、ATX電源はナンかせなアカンと感じていましたが、案の定ですわ
CPU電源は、デコデコの干渉防いだら音質激変、秒殺勝負でしたが・・・・
ATXはメモリーとチップ・セットへの電源供給だと考えると、相当効きそうな予感が・・・・


ナンですが、相当メンドクサイ


FM∞CCとエネループを6系統置く場所が無いのでフロア含めを大増築せなアカンわ







ノイズ対策の完結は、モニター変更



モニターはノイズの塊


再生用Ritmoの場合、DLNAで操作するため、モニターは不要
データをコピーしたり、設定を変える時以外、ケーブル含めて外してしまいます


当然ながら、モニターを外すだけで音質向上します


それなりに対策してありますが、「モニター外し」には敵いません
再生にモニターが必要無いので、何ら問題は在りませんが・・・・


リッピングは、モニターが絶対必要


現在使用中のモニターは、ハードOFFで購入したセコ19インチ(7000円)
色々対策してありますが、内部はノイズ対策ゼロのSW電源、AC100Vへの接続もイヤな感じ・・・・
WiFiルーターの件もそうですが、PC関連機器は盛大なノイズを出しています・・・・
特に、AC100Vコンセントへの接続がヤバイ・・・・高音質オーディオとは無縁の世界なのよ


リッピングは、モニターを見ながら操作するため、外すワケには逝かない



つまり、何気にモニターを使うだけで音質劣化している可能性大


「そんなバカな」と思うデショ、PCオーディオは甘くないw
ココで言うノイズとは、付帯音ではなく、微小信号を掻き消す方向で邪魔されます
ですから、リッピングで求める方向とは180度逆に鳴り、大いに邪魔される・・・・・


と、言うワケで検証実験してみます



普通にリッピングした音 VS モニター外してリッピングした音



知る人ぞ知る、再生エベレスト級困難CD


ZARDなんか可愛いモン、このCDは弩級再生困難ですわ
ブルガリア民族音楽で、伴奏無し女性コーラスだけ、特に高い声のコーラスで録音はポータブル・テープ・レコーダー
長岡鉄男ワールド、バリバリ、録音はラジオフランスw
イイ音を録ろうなんて感覚ではなく、ドキュメンタリーとしての音楽録音・・・・
歌唱は素晴らしいけど・・・・カナキリ声で脳ミソ掻き回され、音量上げると気が狂いそうに鳴るw
25年前は、こんなのばかり聴いていましたw    リッピングが進歩したので、再登場!


長岡先生は、記事で紹介していないと思います
もし、貴殿がこのCDを所有していたなら、相当な方と思いますw
当時、先生は珍しいCDを盛んに紹介していました
先生が紹介したCDを追いかけるのが主流でしたが、天邪鬼ですから先生が紹介したCDには興味が無く
もっと珍しいモノ、誰も買わないゲテモノCDをアキバの石丸電気本店で買い漁ってましたw





劇薬FMは副作用がデカイ


FM∞CCは電流が流れませんw


毎度理解不能なFMですが、今回もやってくれましたw
FM∞CCを使って充電しようとしましたが・・・・反射して流れてくれません
コンデンサーでパスってもダメ、メビウスとの組合わせは再考の必要があります
勇気ある方は、是非トライしてください、大発見が隠れていそうな予感がしますw
ブッチャケ、電気抵抗ゼロでも電気が流れない珍現象が確認できますw  ナンなんでしょw


如何なったか言うと、エネループが満タンで起動し順調に動作してますが
スリープ設定が動作してPCがスリープになると、EATXの電源が切れる・・・・
エネループはそのまま放電を続け、電圧が11.7V以下になると、スリープから覚めなく鳴る・・・・
再起動掛ければ、ATX電源(デコデコ)が目覚めますが、FM∞CCがあると充電されず(電流が流れん)・・・・
全く流れないワケでもなく、かすかにチョロチョロ流れるみたい・・・・爺の小便みたいだw
エネループの電圧は下がり続け・・・・二度と起動しないガナ、  ナンなんでしょw
驚いたのは、EATX電圧をマザボがキッチリ監視しているようで・・・12.3V以上に鳴ると起動しませんw
どうせデコデコ入力だべ、15V位でもOKじゃネ、ブッチャケ、舐めてましたw
流石、精密電子回路だと呆れましたw  最新マザボはオーディオ・アンプと違いアバウトを嫌うようですw
と、言うワケで、最新PCに、オヤジ電子工作じゃ歯が立たないw   ボロ負けw



ATX電源ラインにコンデンサーは入れるな!


ナンでか分かりませんが、PCが起動しなく鳴る
一旦起動しなく鳴ると、ナニやっても起動しません、半日悩まされましたw
FMと事象が重なっていたため、解析に時間が掛かった・・・・
ブッチャケ、PCシロートが古い知識使ってマザボを改造しようなんぞ、バチ当たりとしか・・・
オーディオ電気知識はPCに通用しません、電源パスると、マザボの起動タイミングがズレるとしか思えません
大体にして、3GHzで動作する高速デジタル回路で、マザボ見てもパスコンなんて無いべ
在ったとしても、チップ・コンだし、電解コンデンサーなんて役立たずなのかも・・・・


と、言うワケで、白旗降参w



FM∞CC+エネ・アシは止めましたw



そんだば、作戦変更だ!



デコデコ干渉は、防がな鳴らんゆえ、エネループ・アシストだけ残しました



ブッチャケ、元々PCはオーディオ用ではないため、弄ろうと思うと、一人で立ち向う気合が必要だw
本来のPC動作には全く関係ありませんが、音質にはメチャ関係があるコトばかり・・・・
PC屋さんから見れば、「コイツらアホか」ツウ噺、相談すら受けて貰えないハズ




FM∞CCは不発弾で終了、溜まったストレス発散するためにFMビーズ100個ブチ噛ましw


ホント、芸の無い使い方ですが・・・困った時は、コレしかないのよ




リッピング比較に噺を戻すと・・・



追加でコレ



コレも難易度相当高い・・・・



SONGSの動画ですが、問題はCD、並大抵じゃ再生不可な音源・・・何度かリップしてますが、敗北しています
ピアノはONでキンキン、ボーカルはサ行が鋭くキツイ、小音量でやっと再生できる(実音量じゃ拷問だよ)
「ふざけんな、ワザと悪い録音してるんか!」と思わせる音・・・CDの悪さ・欠点が凝縮されているように感じます
ナンらかの原因で悪さの相乗効果が出ているw
録音が悪いと言えばカンタンですが・・・・「実は再生出来ない」と考えていますw
ブッチャケ、近年のJポップは総じて難易度が高い


もし、問題解決できれば、再生レパートリーが「バァ〜〜ン!」と広がる


オーディオ再生技術の盲点は、録音評価だと感じています
「録音がイイ」「録音がワルイ」とカンタンに分るため、ちっとも技術向上しないワナw
録音=大元が悪けりゃナニ遣っても無理だと放棄している


ブッチャケ、再生側で出来るコトが限られているとも言えますが・・・・
大方言えるコトは、再生技術が相当低かった・・・・
もしもPCオーディオ知らなかったら諦めていたかも知れん・・・・



リップ開始と同時に画面最小にしてディスプレーのケーブル全てを外す




       ** 試聴結果! **



「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」


 「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」


 「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」


「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」「バァ〜〜ン!」



        ナンなんだこの音!




FMビーズ100個も相当効いている・・・・



共に素晴らしい、大感動!


録音が悪いと書きましたが、恥ずかしくなりました


ブルガリアの女性コーラスCDは25年前に購入しましたが、初めて鳥肌が立った、森山直太郎も同じです



録音が悪いと貶したコト、申し訳なく思います
今まで自分が使ってきた再生機がクソだった・・・


ブッチャケ、優秀録音とはカンタン再生だわ、再生が楽でイイ音カンタン、誰でもイイ音!


マルチ・マイクはダメで、ペア・マイクじゃなきゃダメだと何十年も思ってましたが・・・・
ペア・マイクは再生がカンタンなだけ・・・・じゃネ
録音エンジニアがマイクの数を増やすのは、音を正確に録りたいだけではないか・・・・
マイクが増えると、再生の難易度が上がる・・・・録音する側、再生する側の矛盾がココにある



鋭さ・キツさ・キンキン・甲高さ、全て再生側で生じるノイズ


整理すると・・・


再生時に画面最小&ディスプレー外しが70で「バァ〜〜ン!」



リッピング時に画面最小&ディスプレー外しが30で 「バン!」 



今回はリッピングがテーマですが、再生時の設定が大きく効果を上げました
ブッチャケ、意外でしたが、良く考えればアタリマエかも・・・・気付くの遅すぎw
再生時にディスプレーを働かせる必要が無いし、PC側から見れば相当楽な仕事に鳴るw
リッピング時のディスプレー対策も音質向上が明確、変なスペックに拘るより、環境設定に拘るべきだ
PCに余計な仕事させると、百害あって一理無し、特にディスプレーはオーディオとは無関係だ



PCの素晴らしい音に乾杯!



最期の締めは・・・



      ファンレス  でしょw


再生PCのファンレス化は当然のように言われますが・・・・リッピングでは???


ココにも矛盾があるワナ


ブッチャケ、ディスプレーの件は驚かされた・・・・コレほどまで違うとはw
ハイスペックCPU&マザボに注目してきましたが、思い込み、見落としが在った・・・・
スペックだけに囚われると、使いこなしがナオザリに鳴る
現在、FMトローチ+FMプレート&イオン・ボールで対策していますが、ファンはそのまま・・・・回ってオマ
ココにも問題が・・・・つまり、対策すればOKだと思い込んでしまう・・・でも実は気休め


ファンレスには適わない・・・    ディスプレーと同じ


例えば、CPUをXeonにしても、ファンが回っていたら意味無いのよ、スペック偏重の盲点がココ



再生とリッピングは同レベルの扱いであり


音質はリッピング(大元・源流)で決まる!




エンジンのエキマニみたい・・・