お盆はノイズと戦うぞw


対決かよ、上等だ!



そんだば、秘策で応戦すんべ!



与作ではなく、秘策とは?



後日、オイル・コンデンサーを販売致します


コンデンサー追加(パスコン


実は、タイミングを狙っていましたw
FMチョークにコンデンサーを追加してー12dBoctカットのフィルターにするのは常套手段ですが
FMチョークにヘタにコンデンサー付けるとクセ(共振)が付くと忠告されていました・・・・
完全に使いこなす前に付けると悩みが増えると判断、Lのみでー6dBoctを極めることに専念・・・・
重連による問題がココに有るのよ、同じLCを重連すると共振が始まるw
RSKNのような高周波対応なら軽度ですが、デカ・コイルにフィルム・コンだと・・・・
そして、オールDBM等でほぼ使いこなしが完了した・・・・


今デショ!



北海道のsimon さんから貰ったスチコンもパスったw


フィルターとは、流れに抵抗を作り、ノイズを通過させない装置
つまり、抵抗=インピーダンスを上げる装置だとすれば、目一杯インピーダンスを上げ、最期一気にパスる


パスる=ストレッチ


筋にテンション掛け、目一杯伸ばしておいて一気に戻すのと同じ


オヤジは電源より、体がヤバイw



電源のストレッチ完了!    バッチリだw


対決準備完了w



対決結果・・・


Tさんの自作フィルターはどれも大健闘、自作する意味と成果が十分に分かります
回路的なアイデアもまだまだ有りそう、自作&アイデア系が得意な方は、相当遊べますw
EMCフィルター無し、アモコアによる自作チョークですが、DBMinDBM2重連タイプは優秀
ブッチギリ楽勝かと思われた高価な最新DBMフィルターのスリップに入り込んで、追い回されたw
製作コストを考えると、少しだけ高音質じゃ済まされんワ
Tさんも、次回の対決で勝てる手応えを感じているハズ


自作フィルター試聴会を企画しています
手軽に遊べ、定番無し、アイデア次第、音質・画質に直結など面白い要素満載、判定もカンタン
比較試聴会にピッタリだw
Tさん曰く「アンプとか作るのアホらしく鳴った」とポツリw



9月の大型連休に比較試聴会を予定していますので、腕に憶えのある方、準備してチョw







ショットキーの優秀性


TさんのDBMinDBM2重連は、ショットキーダイオードを24個も使っていますw
私は、ダイオードの数を如何に減らすか考えましたが、Tさんは、ショットキーダイオード物量作戦で対抗
電圧降下は2Vしか無いそうで、驚かされました・・・・
ノイズ除去性能のポイントは、ダイオードなのかチョークなのか、と言う疑問も浮かび上がった
Tさんのチョークは、FMではありません、ダイオード主体のフィルターとも言えますw
ま〜だ作例が少ないため、今回の試聴は大変参考になりました
私のジャッジでは、ショットキーは重視していませんでしたが、手間掛けてブリッジを組む必要性も感じました
イメージですが、ショットキーは音の鮮度が落ち難いような・・・・・ま〜だ断定できませんが・・・・
ダイオード・ブリッジは、手間省けますが、省いた分だけ・・・・・



ダイオード自作フィルター最高ジャン!


スピーカー、アンプ、DAC、電源など色々自作して来ました・・・・
偉そうに色々書いてますが・・・・どうやら間違いだったかも・・・・相当ヤバイw


自作AC100Vフィルターが最も大きい音質の違いを楽しめる


ノイズの定義すらワケ分かりません、どのフィルターがベストかもワガンネ
だけんど、フィルターによる音質差は、他の自作を大きく上回る、メーカー品が無いのも笑えます
ブッチャケ、アホらしくて、アンプやDACを作る「気」が無く鳴るほどw


AC100Vフィルター作る前に、アンプやDAC、電源自作してもナンも意味無いw



何故なら、CDプレーヤーにAC100Vフィルター重連して逝くとPCオーディオに肉迫するんよ


CDプレーヤーなんて絶対不可だと決めていましたが・・・・そのCDプレーヤーが信じ難い音質向上しちゃうw
AC100Vフィルター音質の底は聴こえません、まだまだ良く鳴る



音質・画質はAC100V質で決まる!



フォーマットや回路、方式はとりあえずナンでもOK・・・・余談ですが・・・・
ADプレーヤーのAC100Vに対策したら相当大変な大爆発が起こるデショw



自作するならAC100Vフィルターから・・・


















フィルター対決(千葉のTさん乱入の巻き)



Tさん、写真見ても回路図が分かり難いので、回路図を持参くださいw



寝ても覚めてもフィルターですか、、、同感です!
フィルター山積み写真は、どうみてもスーパーチャージャー付のエンジンにしか見えませんよ(笑)

DBM in DBM。。。
先日、4連の新DBMを作ってとても調子良いのでもう1台作ることで昨日作業をしつつあるとき
突如、新種、DBM in DBMの実験が、、、唖然として固唾を飲んで結果を見守りました。
「変化ない、、」良かった(たぶん、みんなそう思ってますよ)、、と思ったら
「バーン!」じゃないですか、、、、、急遽、製作止めていた4連新DBMは、DBM in DBMに変更。
それも同じじゃ面白くないので、意味の有無はあっち置いといて、ホット、コールド側とも製作。
さらにinのDBMは2重連としました!
使ったダイオードは、24個です。(ちなみに4連新DBMは32個)
電圧降下がけっこうあるでしょうからショットキダイオード
明け方4時まで掛かって完成しました。

今日パソコンの電源につなげてみると
静寂感がこれまで以上で、艶やかな音色。
夜なべして作った甲斐がありました。

でもね、こういう音は、いわゆる世の中のオーディオマニアには受け入れがたいかも(理解不能かも)。
だって、ノイズにまみれた音をコクと勘違いしているわけだから。(自分もそうだったなあ、、、)
それがDBM in DBMで一掃されちゃうわけで、、、

ということで明日の16日はぜひ参加させてください。

それと、できましたら、
以前、ブログで紹介いただいたものと昨夜製作したDBM in DBMなど持参して
白須さん製作の足元くらいまでは多少成果があるのか確かめてみたいと、、、

1.プアマンズ・DBM&EMC(三重連):写真左のケースに入っているもの
2.プアマンズ4連新DBM:写真中央
3.プアマンズDBM in DBM:写真右
*まだケース実装前で裸状態です。



ダミだコリャ・・・・


つうワケで、フィルター対決が決まりましたw
もちろん、審査は、当事者以外の参加者の耳で判断して貰います
参加者は多いほど精度が上がるため、あと2名ほど席(合計6名)があります、お暇な方はご連絡くださいw
アンプやDAC比較より遥かに大きな差がでるAC100Vフィルター
好みではなく、音質グレードに直結するのもオモシロイw
ブッチャケ、汚いAC100Vでナニやっても無駄かも・・・・意味無いw


大昔から電源の重要性は語られてきました
ブッチャケ、如何すればエエか、各種手法が語られ、賛否両論渦巻いて来ましたw
その答えが、AC100Vの電源質向上フィルタリングに有ると考えていますw
そして、全く関係ないと思われて来たダイオードを使うのも笑えますw







完全にフィルター中毒症(重症)だ


寝ても醒めても、フィルターのコトしか考えられなく鳴ったw
オーディオ界では、電線病が有名ですが、電線ほど微妙な差ではなく、誰にでも分かる大きな差だから厄介
瞬時に判断できるだけに、差が無く鳴る、大差が無く鳴るまでドップリ簸まってしまう
差を見出そうなんてアリエナイ、お願いだから違わないで、差が無い、同じに鳴ってくれ!
もう、終わりにしたい・・・・辛い・・・疲れた・・・
でもコレってイタチ返しで、差が無く鳴ると「ナンでよ!」と、差が出ないコトの原因を考え始めるw



フィルター山積み



呪われているのか・・・・




ついに難関を突破した・・・・


難関とは・・・


八神純子山口百恵リンダ・ロンシュタットZARD森高千里


ボーカルの高域部分で発生するヒリヒリしたノイズ、フルパワー再生でコレをクリアにするのが目標でしたw
少しづつヒリヒリが減る方向ではありましたが、如何しても僅かに残ってしまう・・・・
リップだけ、再生だけでは片手落ちなので、両方から攻めましたが、僅かに残って・・・・
ACには見切りを付け、DCの再度見直しを考えていました


BMinDBMが答え


今まで、ノイズの塊にクラックは入れど、割って粉砕できませんでしたが・・・・割れたゾ! 



ヤッタ〜〜〜!



お祝いセナ・・・・遣りました頑固なノイズが音と共に割れ始め中から滑らかな・・・















TDK 2010 2020 

購入されて楽しんで頂くことは大歓迎ですが、使いこなしの底がブッチャケ分かりません
差が大したモンでなければ気楽ですが、使いこなしでかなりの差が出て困っています
幸いなコトに悪く鳴る例が無いだけ安堵していますが、状況は変わります、臨機応変に組み替え遊んでください
複数個、美味く使いこなしが出きればトンデモナイ音質・画質が実現します
ブログを実践するには、ハンダこて以外に圧着ペンチなど特殊工具を購入する必要がありますが・・・・
コスパを考えると、十二分に元は取れるコトを保証します


まさかこんな事態に鳴るとは考えもしませんでしたw


BMinDBM


目指すノイズ・レスが分からない、比較できない、だから試して音聴くしかない
回路的には色々考えられるw


コモンなのか、デフなのか、まるでクルマみたいですが・・・・



詳しくは  http://www.tdk.co.jp/techmag/emc/200412/



DBMはデフで効くのでは?


図を見ると、コモンとデフは別モノのように見えますが、デフがコモンに流れ込んで来るのは明白
デフ・ノイズさんにしてみれば、流れる道(分岐)が増えたのと同じ・・・・
コモンに流れ込んだデフは、インピーダンス(R)の違いから、鼠算的にノイズが増大するw
家中の電源コードにフェライトを付ける理由は、電磁的分岐路(ノイズの逃げ道)を断つためです
フェライトは、通学時間帯にクルマの抜け道を防止する簡易バリケードみたいなモン(入っちゃダメよ)
つまり、フェライト付けないと、コモン・モードだらけに鳴るのよ
だ〜から、全ての電源コードにフェライト付けないとダメ、分岐路を残しちゃダメなのよ
コモンの図を見ると、電源にアース線足すとコモン・ラインが明確に、「アース取っちゃダメ」という説明ですわ
コモン・モードを減らそうと努力してるのに、わざわざコモン・モードを作るコトに鳴っちゃうw
AV機器は、洗濯機や電子レンジとは違い、アースは取っちゃダ〜メ!


フェライト・コアとFMシート巻くのは実は同じコトなんすが・・・・
フェライトは高い周波数、FMは低い周波数と言うように効く帯域が違うのです
ですから、FMシートを巻いた上からフェライトを付ければ万全な備えに鳴ります
もしくは、フェライトにネオジ(S極)付けえても同じように働きます(SSマグネ・チャージに鳴る)
得体の知れないノイズ、キッチリ整理、仕分けして個々に対策して逝かないとワケ分からなく鳴る
ナンでもカンでもとりあえず、なんてコトしてると、知らない間に穴(抜け)が出来てノイズ駄々漏れw


DBMはデフに効く


ノイズに名札があるワケじゃ無し、デフからコモン、そしてデフと言うように変身している可能性大
とは言え、DBMはデフ元に効くのでは・・・・つうワケで


BMinDBMの誕生



デフ・モード限定でオールDBMのhot側に入れる




インプレ・・・・


CDで試聴、フィルター聴き比べですわ
ブッチャケ、そんなに違わんだろ、総動員フィルターはかなり健闘していると予想しました
比べれば、DBMinDBMの方が若干イイかな程度・・・・好みでどうぞと言いたい程度・・・
材料費が相当違いますが・・・・其処は趣味なので・・・・
それに、大きく変わる(向上する)とマタマタ見直しが必要に鳴り、厄介だw


ところが・・・・



アララ・・・


BMinDBMが効いているのか?  相当イイわ CD再生とは思えない音だわ
CDも頑張ればココまで鳴るよ、つう音、ブッチャケ、CDに聴き惚れたw
もちろんPCの敵ではありませんが、CDが土壇場で意地見せたw   一体ナンなんデショw


単純DBMももちろん効きますが・・・


BMinDBMは凄い  見直しせなアカン


DBMループの中にDBMを入れるとDBM単体の数倍は効くようです
今までの流れとベクトルが一致、16日の試聴会ネタとしてはオモシロイと思いますが・・・・
聴き比べたら「イイ音聴きたければ、お金出しなさい」と説教される様w
フィルターは好みじゃなく、グレードの違いが大きく出るので如何し様も無いw


テストCDは



SACD再生、素晴らしい演奏と録音、フィルターと相まってSCD−R1の面目躍如ですわ
もちろん、リッピング(CDデータ)で比較試聴で使用しますw
改めて聴いたレイチェル・ボッジャーのバロック・バイオリンは鳥肌モン、スンバラシイ!
シンプルな構成でDSD一発録り、音質が向上すると、演奏テクニックがより鮮明、「本気」が部屋に充満
試聴を忘れて聴き込んでしまいましたw



音質向上が標高、ノイズ低減は水深に例えられる


ノイズの底が聴こえない・・・・SCD−R1の再生が見違えるほど良く鳴った、信じられんw
機器はマンマ、AC100Vにフィルター噛ましただけ・・・
逆言えば、持てるポテンシャルが出し切れていなかった・・・・笑うしかないw
AC100Vノイズの悪質さはハンパじゃない、こんなモンにココまで邪魔されていたとは、許し難いゾ
BMinDBMにより、深海領域まで来たような・・・・是非ともお試しアレw


日替わり、週替わりでダイオード弄り回し、結果が目まぐるしく変化、堪らんわ

実は、お盆明けると、RSKN 2006が入ってきますw
いよいよ、パラレルでのテストが始まるw
3パラで2020と同等に鳴りますが、性能はパラレルのほうが遥かに上回ると考えていますw















乞う鳴りゃ総動員だわ



完璧だ、蛇はないけどw


インプレ・・・



嫌味なCD再生で如何よ


何年ぶりだろう、CDを再生してみました
相当嫌味ですが、AC100Vノイズ対策の成果を聴くにはピッタリかもしれません
もしかしたら、大バケなんてコトあるかな?



一本勝負!


ノーマル再生


久々に聴くCD再生は、「想想、こんな音だったわCDは」CDプレーヤー以外は現行リファレンスですから
まさにCDそのものの音、ピアノとソプラノですから相当厳しい、キンキン・カンカン・ヒリヒリの大合唱
CD再生ではアタリマエの世界でした、ブッチャケ、我慢して聴いていたのが懐かしいw
最新PCとは、比較どころか次元が違うw  ブッチャケ、リファレンスじゃないので気楽なモンです
PCのお陰で、ノイズ検知感度が上がっているので、以前の10倍近くノイズが目立つw
暫く聴いてみようかと思いましたが、5分で嫌気がさした・・・・




総動員フィルター再生


さて、どんなモンだか・・・・
再生が始まると、音の出方が違うw それでも「バァ〜〜ン!」ではありません
5分、10分と経つうちに、付帯音がドンドン減って笑えるように鳴った・・・・
相当良く鳴りますが、ベールに覆われ、PCのようなゾクゾクする透明感は全くありませんw
それでも、耳タコで使ったSCD−R1としては、信じられないレベルの高音質ですw
しかし、CDディスクのリアル再生では、リッピングで得られる余韻や演奏者の「本気」は拾い切れない・・・


総動員フィルターの実力は、CDプレーヤーを買い換えたように音質向上!
 


比較し易い音源ゆえ、リッピングもしてみます




16日、午後1時より、フィルター比較&CDvsファイル試聴会をコッソリ行いますw
希望者は、ご連絡くださいw



















プラスDBMは凄い



もう、支離滅裂だ・・・・ナニがナンだかワガンネw
始まりはDBMでした、ダイオードが効くのかFMビーズが効くのか話題になりましたw
量産型FMチョークのスポット販売から、DBMチョークが生まれその威力にビックリ仰天
チョークがコモンだノーマルだと話題になり、(新)DBMチョークが生まれました
其処へ、RSKN(EMCフィルター)が割り込んで来て、同じFM同士で相性バツグンでパワーUP
重連とか始めたら、其れはそれで効くもんだからバンバン重連して逝け逝けGO〜〜
そんな時、ブリッジ1個で重連すべてをDBMループに入れちゃえと言うアイデアが出てきて、試したらGOO〜〜
そして量産型FMチョークでなくても、FMトローチの自作チョークでもOKだとワガッタw



もう終わりだ・・・・じゃ無かったw



重連をオールDBMへと改造してる時、ふと、ブリッジが余るなと感じ、プラスDBMへしちゃえw



コレでお終いw


トータルの電圧降下は3V強(97V)でセーフ、音は相当イイ



分かる方は、プラスDBMで打ち止めw



決定版  オブジェじゃないよ


夏休み工作の決定版、試聴もバッチリ!絶対的な自信を持ってオススメできます
プラスDBMにより、100点ではありませんが、ナニも知らない人が聴いたら目の色が変わるハズw
2020お持ちの方は、是非トライしてください、コスパも抜群!
DIYでココまで変わるか? ノイズってナニよ? 一度聴いたら病みつき、を体験してくださいw


単純に重連するより、重連をDBMループに入れたほうが効くと書いた矢先にDBMを重連すると効果UP


ブッチャケ、理論破綻を起こしている
もしかスンと、DBMループの中にDBMを入れると・・・・もっと効くのか???
DBM自体がメビウスだとすれば、DBMの中のDBMを入れると・・・・


マ〜だ、終わり想に無いガナw


鏡と鏡を向き合わせると、光の∞ループが発生しますが
DBMがメビウスなら、メビウスの中にメビウスを入れたら如何鳴るの?
ナ〜ンか、オモシロク鳴って来たw



ノイズ・フィルター・コンテスト


自作スピーカーやアンプ、DACを持ち寄り聴き比べ、所謂コンテストですが
ブッチャケ、自作ノイズ・フィルターでも可能だと思いますw  つうか、最も大きな音質差が体験できるw
AC100Vノイズは得体が知れない、アンプやスピーカーをどんなに工夫してもAC100Vノイズは取れないw
何処まで逝っても、ノイズを聴く羽目に鳴る、言い換えると、ノイズを除去してからじゃないと
ナニやっても無駄なように感じていますw アンプやスピーカー、そしてケーブル換えても、ノイズは無く鳴りません
ナニを以ってしてノイズ・レスなのかと言う定義や、ホントの音質・画質を誰も知らないw


つまり、ノイズ・ミステリーだよ


誰にも知られるコトなく、厳然と存在して、大きく幅を利かせていたAC100Vノイズ


ブッチャケ「そんなノイズは無い!」と大半のマニアは思っているハズ、ノイズはベール&中高域のヒリヒリw
「録音が悪い」で片付けられて来たお陰で、そんなモンだと無視されてきた
そんで、いざ除去しようとしても、得体が知れない、大体にしてダイオード使ったノイズ・フィルターだよ
我ながら、呆れて言葉出ませんw  チョッと前なら「コイツはアホか」ですわ
イデアは始まったばかり、奇想天外なフィルターが出現するかも知れんw
ツボはまだ分からないので、アッと驚くアイデア・・・・


ノイズ・フィルター比較試聴会逝くか・・・


ノイズの正体・・・・


コレも不思議なんですが、ノイズ・フィルター付けた途端に音が変わるワケじゃないのよ、変化は即始まりますが
よく鳴り始めるまで、最低でも5分は掛かる、機器の中にノイズ成分が残っているように感じる
汚い水をホースで流し、ある時点で綺麗な水を流し始めると、暫くはホースの中の汚い水が流れ出るような・・・・
実態が分からないので、あくまでイメージですが、ノイズが押し出されるまで時間が掛かる、音聴きながら実感します
HDDの熟成はじめ、ワケ分からない事象が沢山あるんよ、不思議だw








オヤジの夏休み、頑張って作ろう企画



自作チョーク重連オールDBM


多くの方から、量産型FMチョークは何時売るのかと問い合わせ頂いております
予定はしていますが、如何せんハイエンド&納期が掛かり8月中はナンとも鳴りません
其処で、代用自作できないか考えてみましたw


DBMは個別に付けるより、オールでDBMループに入れるほうが効きます
1+1=3という相乗効果に驚かされます




電源ケーブルは、3.5スケアより線、除電テープを半分に裂いて巻きます



磁気シールド&除電を兼ねて、3.5スケア・5.5スケアの2重で網線掛け
両端は除電テープで巻き、絶縁と除電、電源ケーブルの外皮として究極
電線特有のクセは消え、最高の透明感が得られます




RSKNをFMシート(50cm)で巻きます
ブリッジ(S15VB60)両面テープとインシュロックで固定




FMトローチを使いチョーク・コイルを作ります
電線は、2.0スケア(1.25でもOK)、スーパーXを充填して振動対策




完成



絶縁チューブは、ホームセンターの燃料パイプ



ハンダはアルミットSR38(鉛フリー)




ダイオードの向きを間違えないようにしてください


インプレ・・・


それまで、ナニもしてなかったなら「ガツン!」と効きます
AC100Vノイズの実態に相当驚かれるハズ・・・・・
今までノイズを聴いてア〜でもない、コ〜でもない、が分かると思います、ノイズを評価していただけ・・・
ノイズはベールだと書きましたが、ベールが取れると、音楽表現力が全く違ってしまいます
歌唱力も大きく変わり、同じ歌手?、ピアノのタッチも変わり、同じピアニスト?と鳴ります
音楽自体が激変、情報量が増える云々なんてカンタンな噺じゃありまシェンw
ノイズ・フィルター入れても、ハイレゾに鳴るワケじゃないので電源の神秘性を実感できます
DBM単体、DBMチョークから発展された方は、その効果にノイズがまだ有ったと気付くハズ
そして、コレで終わりなワケもなく、果てしない戦いが待っていますw
何故なら、ノイズ対策の味は、一度知ると病みつきに鳴る・・・・
本腰入れて対策せな、眠れなくなるかも・・・・正にドラッグw
「こんなモンでOK」と思われた方、その満足が何時まで続くか・・・・
一旦開発された聴覚は、脳内でゲインが上がるので、時間と共に脳が我慢できなく鳴るハズw
AC100Vノイズ対策により、オーディオ・ドラッグの扉が開いてしまうかも・・・・
人は知らないほうが幸せな場合が多くあるコトに気付く・・・


AC100Vノイズ対策は強烈なインパクトだ!


40年間溜まったストレスが抜けて逝く・・・


ハッキリ逝って、1970年代の音は良かった、タブン60年代、そして50年代はもっと良かったと思います
オーディオはローテクでしたが、音はヨガッタ!
ガキの頃、美味しい味を知らずインスタント・ラーメン食べても感動したように、聴くもの全てに感動してた
オーディオも同じだと思ってましたが、技術が進歩するほど、電気文明が進歩するほど、音が悪く鳴った
カンタンな噺、下らん屁理屈ばっかり並べるだけで、音聴いて感動しなく鳴ったw
ノイズ対策を始めて、AC100Vノイズ対策を始めて、そのコトがハッキリしたw


オーディオ技術の進歩より、電源ノイズの増加のほうが勝っていた


ノイズ対策して音聴くと「昔はこんな音だった」と感じる
でもね、昔はSN比(サァ〜ノイズ)が悪かったから、ノイズ対策すると昔以上の音質に鳴るのよ
だ〜から、堪んないw



記憶の信憑性・・・・


最近、オヤジになった成果、記憶が曖昧、特に時系列で記憶を整理するのが苦手に鳴ったw
ブログを書いていても、記憶の前後関係を正確に思い出すには読み返す必要がありますw
幸いなコトに、アイデアや発想の湧き出し部分の劣化は感じていないので然程気にしていませんがw
記憶には、視覚・聴覚・嗅覚・味覚、時として触覚があります


昔聴いた音の記憶の信憑性


日常茶飯事、ワケ分からない比較試聴を繰り返す生活、スゲェ〜真剣に試聴しているかと言えば「NO〜〜」
気構えず、気楽、いい加減に行っています、ポイントが一つありまして
脳が如何感じるか、ナンも感じないのか、「イイ感じ」なのか、イイ感じレベルを重視(聴)していますw
細かな処(違い)は如何でもイイのよ
加齢による聴覚劣化を気にする方が多いですが、全く関係ありませんw
聴覚の病気ならともかく、自然劣化は防ぎ様が無い上、ブッチャケ、不要な帯域から劣化して逝くので・・・・
健康に生きているなら、本能的に必要な聴覚は劣化しないと考えています
つまり、「イイ感じ」の感度は最期まで劣化し難いw
とは言いながら、最もアテに鳴らないのが聴覚なのよ、フラシボ・バリバリw
いい加減な文章に惑わされ、酷い音をイイ音だと信じている方が大勢いますw
オーディオとは、脳の弱みに漬け込んだ趣味なのかも・・・・


味覚・嗅覚と聴覚の関係


わたしは、東京生まれですが、6歳まで親の転勤の関係で福岡の博多で育ちました
実は、博多で食べたあるモノの味が忘れられない・・・・
それが一体ナンなのか? 味覚・嗅覚は覚えていますが、視覚の記憶が無く、40年近く分かりませんでしたw
母の家庭料理ではなく、出前のラーメンのようなモノ、麺類だったような記憶しかありませんでした
味覚・嗅覚は鮮明な記憶ですが、視覚の記憶が全く無い・・・・タブン、頻繁に食べていなかったのでしょうw
以後、東京で育ちましたが、一度も同じ味を体験するコトはありませんでしたw
大人に鳴ると、外食する機会が増え、何時かはその味に辿りつくと楽観していましたが、ダメでしたw
もしかすると、博多ラーメンなのかと考え、食べ歩きましたが・・・・似ている様で違う味でした
記憶なんて曖昧だと思ってましたから、妄想が絡んで架空な味が記憶として残っているのかも・・・・考えましたw


ところが・・・


12年前だったか、長崎でインストールの仕事を頂きましたw
クルマでも逝きましたが、メインは羽田ー長崎間の空路、東京を朝出るとお昼前に長崎に着きます
昼飯食って午後から仕事なんですが、空港の飲食店がドレもコレも不味く、何回か逝くうちにアタマに来たw
昼飯、特に出張先で不味いモン食べると、仕事のモチベーションが一気に下がるw
東京から1000Km以上飛んで来て、不味い昼飯じゃ堪らんわ
数回目だったか、空港職員の方に「美味しいモノ食べたいのですが・・・」と尋ねると「それなら・・・」
空港から1Kmほど離れた小さな飲食店を教えて貰いましたw
店に入り「オススメはナンですか?」すると「貴方は何処から来たの?」「東京です」「なら、まずはチャンポンだ」
「長崎ちゃんぽん」だと初めてわかりましたw
東京では、リンガーハットのチェーン店が有名です「嗚呼アレか・・・・」ホントに美味いのか???


一口食べたら「ビンゴ!!!」


記憶していた味とドンピシャ! 「コレだ!」感動で痺れたわ


協和飯店という店だと思います、地元でも有名みたい、長崎ちゃんぽんが激美味い、つうか感動した
驚いたのは、味覚・嗅覚の記憶は、数十年経っても変質しないコト、視覚を遥かに上回る精度で記憶されている
博多で食べたのは、「長崎ちゃんぽん」だと判明w
東京で食べるリンガーハットとは別モノ・・・
実は、音の記憶も同じだと考えるように鳴りました
比較試聴で如何たら甲たらではなく、脳が喜ぶ(エエ感じだ)と、特別の記憶として別の場所にメモリーされる
音聴いてナンも感じなければ、記憶されずゴミ箱逝き・・・・ナンも感じないのに、理屈付けするから疲れる
大した違いも無いのに、違いを分析するように聴くから疲れるw












インプレ・・・


目を瞠る画質、冴え渡る音質


プロジェクターの電源に接続、古いエア・チェックBDが信じられない画質・音質に蘇った・・・・
先週の視聴会は、ノイズ・カットトランス+DTMチョークでした・・・・別モノですw
古いパナレコで録画したBDは、CDリッピング同様、ダメなデータかと諦めていましたが
ドレもコレも別モノに鳴って、嬉しいと同時に安堵しましたw
エア・チェックBDは、既に5000枚を超えているので、ブッチャケ、ドキドキしてましたw
ライブラリーを悲観する必要は無く、十二分に高画質・高音質だと分かりましたw
エア・チェック画質については、ま〜だ謎が多い・・・・オモシロイw
もしかすると、貧乏エア・チェックBDがパッケージBDを越える可能性すらある・・・・



ノイズを見ていた、聴いていた・・・


ナンたることか、機器の実力ではなく、AC100Vノイズを評価していただけ・・・・マイッタわ
画質・音質向上のレベルが半端じゃない、プロジェクターは相当なノイズを出し、AC100Vノイズに弱い
ブッチャケ、世の中の大半のプロジェクターは実力の半分程度しか発揮できていないのでは・・・・




重連オールDBM


DBM・EMC、DBMチョークの重連より、EMC・FMチョークをDBMループに入れる接続
重連オールDBMが大変効果的、改めてDBMの有効性に驚かされます


見れば見るほど不思議な回路、出力を入力へ戻す帰環と言えますが・・・・ワガンネw




ノイズと戦うKさんより


■RSKNの重連とFMシートグルグル巻き&マグネット吸引



①毎度の壁コン接続用フィルターですが、ケース内部で抱き合わせになっているRSKN−2006を一旦外して、
 それぞれFMシートでグルグル包んでから再度抱き合わせとし、マグネットを装着。

 配線はRSKN−2020重連のため中間で切断し、圧着端子を装着。





②会社の近くのDソー行ったら、ネオジが無かったので、帰りにCドゥー寄ったらこんなの発見し・・・。
 従来の3倍強力(当社比)、素材「ストロンチウムフェライト磁石」ってなんか効きそうな名前。(笑)





③RSKN−2020もFMシートでグルグル包んでマグネットを装着。
 屋根に固定して(ポリネジ使用)直列重連接続。ちなみに3個のRSKNはすべてアルミケースとは絶縁。



数時間経ってから音出し。ブログの実験から想像はできましたが一聴で3割アップ!!コレマジ効くわ〜。
どうやら白須さんの環境と拙環境では電源事情やアナログ機材、接続などまったく異なるはずなのに、
ことノイズ対策に関してはまったく同じベクトルで普遍性があるようです。
RSKNお手持ちの皆様はFMシート巻き&マグネット装着は間違いなく効くと思います。
自信を持ってオススメできます。





■自身初のDCノイズ対策(夏休みの自由研究その1)




村田製作所製の面白そうなノイズフィルターを発見したので早速入手。(BNX−002−01)
 写真手前の四角いヤツがソレです。


http://www.murata.com/ja-jp/products/emc/emifil/bnx


プリント基板用なのでこんな配置となり・・・端子台がケースに収まらず左右1mmほど削ってようやく挿入。
アニュアルの5ページに、カットしたノイズはCGに落とすって書いてあったので、
CGを1mm×10mm×25mmの銅板に落としてFMシートで5重巻き。
ちなみに配線は基板の穴に入れる必要があったので18AWGを使用。(赤:B、黒:PSG、黄:CB、緑:CG)
テキトーな設計なので、実際作ったらかなり窮屈な配置になってしまいました。

http://www.murata.com/ja-jp/products/productdata/JNFH0004.pdf?context=bWFzdGVyfE0wM1h8MjI0NjYyfGFwcGxpY2F0aW9uL3BkZnxzeXMtbWFzdGVyL00wM1gvaGQ2L2g0Zi84Nzk2MzM0NDI0MDk0L0pORkgwMDA0LnBkZnw3OWQxNzc5NDU1NDFmMTRlMWQ5ZjUzZDFkZDIwMTVhMWUwMzFkNTFiYWI2OWI1ZjA5Zjc2ZjAzZDI1Y2IxOWI4





②端子台にDCケーブルを装着した状態





③蓋をして静電気対策を行ってとりあえず完成


拙環境のDCラインは外付けHDD用とPC用の2系統なんで、同じモノを2個作って装着してみました。
これも数時間寝かしてから試聴したんですが、効果は正直言ってさほど判かりませんでした。
多少いいかな?っていうレベル。
AC100V対策のような爆発的効果はありませんが、少なくとも悪くはなってません。


そうか、このノイズフィルターはスイッチングノイズ除去用途(ACアダプタ用)なので、
うちは、シリーズ電源のDCに装着してるから、ノイズの周波数帯域がフィルターの減衰周波数特性から外れてるのか。
・・・ってことは、この辺のノイズフィルターをAC100対策と抱き合わせで上手く使うと、
ACアダプター使えたりして!?  ACアダプターにコレ繋いだら、もしかしてバァ〜〜ン!!なのかな?
想像すると怖くてできませんが、コレって奥が深くて、まだ先がありそうな感じ・・・。



勝手なコメント


貴重なレポートありがとうございます
フィルターは、ACの次はDCに鳴るのは自明の理と言えますが・・・・ポイントはFMだと考えています
村田の資料を見ると、帯域が高く、バットにカスって芯に当たらないのかも知れませんw
フィルター特性で注目しているのは、200KHzでの減衰率で、RSKN2020はコモンでー25dB
ディファでー45dBもあり、コレなら音に相当効くハズです
保証は出来ませんが、四角いムラタにFMシートをグルグル巻くとか、ケース内にFMシート(プレート)貼るとか
FMビーズを接着するとか、FMでアシストすれば・・・・もしかスンと・・・・









DC用EMCフィルター


Kさんがタイムリーにレポートされていますが、ATX電源(DC)へのEMCフィルターを企画しています
コレを以ってPC電源に決着をつける決意ですw
つまり、ATX電源とマザボ&CPUにはコモン・モードが存在するのでカットした上、フィルターで電源を洗います