ノイズの次はイオンだ!


日本民主主義の夜明け・・・・


今回の安保法案成立により、選挙の重要性が再認識されることを願います
選挙で選ばれた政治家を、デモでは変えるコトができません
国会議事堂の中に入ると、民衆の声は聞こえなく鳴るみたい・・・・自分たちは選挙で選ばれたコトを忘れる
若い世代、今後50年以上この国家で生きる人がこの国の将来を決める、そんな未来志向であって欲しい
今週感動したのはシールズ代表の国会で発言でした、こんな若い方がいることが救い
歳とった成果「最近の若いモンは鳴っとらん!」と考えてましたが、安心しましたw



10年位前の噺・・・・


ネパール・カトマンズの友人宅にホームシアターをインストールしましたw
仕事と言うより、遊びがてら、日本からAV機器を全てハンドリングで持ち込み、現地(バクタプル)の木工職人で施工
全ての図面を書き、日本と同じ方式でインストールしましたw
文化の違いによる爆笑噺は沢山あるんですが・・・・意外な噺があったので紹介しますw
10月は、ネパールの正月だそうで、仕事の合間を縫って、新年会(酒席)の連荘でしたw
そんな中、友人の兄弟から質問されましたw


貴方は、小泉改革を如何思いますか?


思わず口が止まった!


カトマンズで日本政治の話題に鳴るとは考えもしませんでしたw
その彼は、日本のコトを心配していました・・・・


日本民主主義はスタート地点にようやく辿り着いた・・・・



ブッチャケ、廃案に鳴らなくてヨガッタ!


日本国憲法は、日本の政治家や国民の意思で制定されたモノじゃないのよ
日本はアメリカに占領され、GHQ主導で憲法が決められた、紛れもない事実ですわ
当時の日本には、憲法を制定できる能力が無かった(占領されてたし・・・・)
日本の統治制度の大半は、アメリカ(GHQ)によって作られたのです
ナンと、アメリカは日本州(ハワイ州のような)ではなく、理想国家を作ろうとした・・・・・不思議デショw
そんなアメリカ軍に、500万人近い日本人が殺されました、正確な数は分かりません・・・・
ちなみに、アメリカ軍の死者(太平洋戦争)は16万人だと言われています
つまり、日本の民主主義は押し付けられたモノ、だから政治のレベル(国民の意識)が低い
今回の安保法制は、違憲だと言う見方がありますが、良い意味で国民全体で憲法を考える機会だと感じます




   民主主義ってナンだ!

















それにしても、皆さん手馴れてますネェ〜〜
メールで送られて来た文章・写真をコピペするだけで立派なブログが出来ちゃうw
文章の長さや、切り口もピッタンコ、まるでアイデア合戦みたい
一つのアイデアを切り口に各自の検証から新たなアイデアが生まれ、見る見る洗練されて逝く・・・・
それもコレも皆様のお陰です、大変感謝しております
イデア一捻りが無いと投稿し難い「空気」がありますが、無視してください
遣ってみたら功だった、思った程効かない、などナンでもOKです







23日 PM1:00〜 フィルター試聴会



対決エントリーご希望の方、参加ご希望の方、ご連絡ください
イオン・電球含め最近の課題を聴き比べて頂きますw
エア・プランツの検証も行う予定、相当恋いw
Aだけでなく、Vでの比較などAC100Vの重要性を体験して頂きます



トリタンは水没させてナンボ?


簡易テストでその実力の一端が分かり、電球で代用できそうな「気」もするんですが・・・・
それだけでは説明が付かない変わり方をするので、一緒古田にはできませんw
何故なら、電球は真空中での噺、空気中、水中と同じとは考え難いw
問題は、どの様に水没させるか・・・・現在思案中
安全性・合理性・メンテナンス性などを考慮し、手軽にお試しできるカタチを考えていますw
AC100Vフィルターによってノイズが減ったお陰で、ホントウの電気質が見えて来たw
埋もれていた化石を発掘するようなオモシロさが分かってきましたw


電気質は埋もれてるんか?



トリタン溶接電極は150mm、コレを如何処理するか・・・・


網線使用(中に入れる)もポイントだと考えています



トリタン溶接棒を使い始めて1年以上、ようやく使い方が分かって来た・・・・ような・・・
ブリッジ・ダイオードは整流用だと考えていましたが、今やフィルターの主役だし
電球使うと真空管アンプみたいな音が出るなんて考えもしなかったw
法華経BDも同じ、つまり、見かたを変える、視点を変える重要性・・・・
オーディオは、伝統工芸に近いと考えてきましたが、ドッコイ、其れはワンパターンばかり遣って来た報いだろ
同じコトばかりして、決め付けていただけ、知られざるポイントが数多く眠っているのでは・・・・
20世紀は文明が急激に進化しましたが、オーディオは進化せず取り残された・・・・
言い換えると、兵器もしくは経済的な裏付け(大量販売)が無いと進化しない・・・
オーディオが趣味の世界で開花して欲しいと願っていますw



其れには、音質がチマチマ変わるようじゃ飽きられるw    「バァ〜〜ン!」と変わらニャ






本気で音質・画質を追求するなら、AC100Vに対して本気を出さなきゃ無理
AVは、AC100V性善説に支配され進化してきました



ところがドッコイ、イチバン悪玉がAC100Vだった!



フォーマット・回路・部品・電線なんか如何でもエエんよ


40年以上、オーディオで遊んでますが、ブッチャケ・・・・・全否定されたw


ハッキリ申し上げると、40年前はラジカセでもイイ音出てました
世の中の電気事情が現代と全く違うw
AC100Vは40年前の性善説がマンマだよ
オーディオは進歩したと言うが、電気質が其れを上回る劣化を起こしているw



チットも良く鳴ってネェ〜〜よ


ブッチャケ、大型電器店で売ってるオモチャ・オーディオは


40年前のハイエンド・オーディオを超えるスペックですわ


この矛盾を誰も指摘しない、できない


「オーディオは進歩していない」私もよく言いますが・・・・
オーディオ進歩を上回るAC100Vの劣化が起きている
AC200Vの優位性を語る方は大勢いますが、AC100Vの劣化を誰も言わないw




錫メッキの耐久性




まだ10日前後ですが、変色すらしません、思った以上に優秀



フィルター試聴会に向け


新トリタン・フィルターと特殊電球フィルターの試聴を考えていますw
AC100Vノイズを低減できれば、電気質を弄って、色々味付けが出来るw
音の違い、好みをユーザーが弄って遊べる、正に趣味のオーディオが実現しそう・・・・
デジタル化で画一化された音から遂に抜け出せるw







電球は音質好上パーツ


ポイントは、トリタン電子発光


ナルホド、直熱3極管が音イイわけだ
と、鳴ると、トリタンのギンギラの大型送信管へと逝きたく鳴るワナ



一度は体験したいと思ってましたが、如何せん危ない


1000Vなんてトンデモナイ、危ないコト大好きの私でも、しり込みですわ
痛いとかじゃスマナイ、指に穴が普通に開く、何人も知ってますw
感電する場所が悪ければ死んじゃう・・・・気楽に作業できん
ところが、電球使えば安全安心に真空管サウンドが出そうだw


エジソン電球は、2A3、WE300Bなど古典の家庭用真空管と同等だと考えています



対して、211、845を初めとする大型直熱3極送信管の代わりとして、電球をセレクト中
太いトリタン・フィラメントを使用した強力電球(信号機の玉やイカ釣り漁船の電灯)などを低圧(低温)で使い
タップリ電子を放出させようと考えていますw
フィラメントは高温と低温では、電子の出方が違う様です・・・・
順次テストを行い、最適なセレクトを探り、音質好上パーツとして販売を予定していますw
何はともあれ、まずはAC100Vフィルターから入ってくださいw



横浜Kさんより・・・・


今週、注文していたエジソン電球が配送されてきたので、早々に実験開始。
初体験なので、作りは白須さんのブログでの基本通り。
40W4個シリーズ接続で、途中にトリタン(2.4mm)2本使用。(トリタン棒は透明チューブで絶縁)
毎度オリジナルアイディア皆無で恐縮です。(汗)


台座の木板は大きさがちょうどイイのでコレを使用。
裏にスポンジが貼ってありますが、マルイカ釣りで使う道具で、船縁に固定してイカ角引っ掛ける、
いわゆる自作イカ角掛けの転用。(試作品がいっぱいあるので大丈夫です。)
本来の用途とは逆に木面を表にしてFMシート貼って、配線してソケットネジ止めしてOK。ナント簡単。



電球とソケットにアンチスタHバッチリ塗布して乾燥、除電フェルト在庫切れのため、この辺は効果見て、
後からということで・・・さぁて、実験開始!

拙環境では壁コン → イオンフィルター → ノイズフィルター → 絶縁トランスと繋がっておりまして、
絶縁トランスが電源タップ代わりとなり、アナログ系とPC系にそれぞれ給電してります。超単純構成!
まずはここの空いてるソケットに接続。




先週のイオンフィルターの時は違いが出始めるのにやや時間を要しましたが、今回は音出し一発勝負あり!
あらまぁ、明らかな変化を感じるのですが、口で上手く説明できない。なんなんでしょコレは!!
再生音から硬さが取れて、若干情報量も増えた「気」がするのは「気」のせいかなぁ?


刺激的な響きが減った?ようで、自然に普段よりボリューム位置が上がってしまいます。


(聴いてたの夜だったので、かみさんに怒鳴られました!苦笑)


真空管アンプの本当のイイ音聴いたこと無いので、真空管アンプのような・・・という表現はできません。
正直、再生苦手曲で気にし出すと気になり始める高音のハラヒリがあったんですけど、


ノイズフィルターの組み方由来と思っていたのですが、コレが全部とは言いませんが、かなり消えました!


白須さんのアドバイスもあり、一旦ノイズフィルター地獄は後に回して、イオンフィルター試して温泉で湯治、
今回のエジソン君のおかげで、風呂上り、マッサージで全身のコリをほぐしてもらったかのような癒され様。
おかげさまで、2週連続でイイ思いさせて頂きました・・・ですが、まだまだ先がありそうなので、スゴ杉!!

あっ、そうそう、エジソン君の配置ですが、拙環境では再生用として、パワーアンプの直前で二股に分けて接続し、
台ごとパワーアンプの上に直乗せ状態が最高でした。(こうなるとアンプの中に入れたら!?)

トリタン棒在庫あるので、今度、トリタンフィルターも遣ってみたいと重います。
近々、端子台も入荷しますので・・・。あ〜、忙しい忙しい。



P.S.
「ごくふわっ春姫」 、コレ最高っすね〜!一度使ったら手放せません。
良いモノご紹介頂きましてありがとうございます!



レポートありがとうごじゃ〜ました


ブッチャケ、AC100Vフィルターは強烈ですが、完璧には鳴りません
何故なら、人の聴覚はもの凄く敏感で、気に鳴りだすとその部分のゲインが上がり、余計に「気」に鳴り厄介w
実はもの凄く改善されていても、脳が満足できなく鳴る(神経症に近い)
仕事柄、色々な方々を見て来ましたが、聴覚が鋭い方が大勢居りましたw
「気にしない」「気にしない」ではなく、「気に鳴って仕方無い」と鳴ってしまう・・・・
そんな時、イオン・フィルターや電球フィルターで目先を変えると、気分転換できますw
共に、脚色系とは言えますが、AC100Vフィルター製作の緊張(目のツリ上がり)を解してくれます
AC100Vノイズが減っているので、効果が大きく出て楽しめますw








トリタンはフィルターなのか?



トリタンは電子を放出    http://www.toshiba-tmat.co.jp/list/ta_thor.htm




エジソン電球の代替に鳴るのか?
次から次へとワケ分からん事象が出てきてシンドイわ



ケーブルに意味はありませんw
頻繁に試作を繰り返しているので、バラしたジャンクでとりあえずw



まずは、4mmトリタンを4本と言う超豪華版で逝きます
次に、2.4mmトリタンに換えて音質差があるのか調べます
φ径=放射線量を想定していますが、もしかスンと、新事実が分かるかも
ブッチャケ、エジソン電球のほうが、見た目も良くてコストも低い・・・・さて如何鳴る



電子放出との関係性


電球フィラメントは、真空中で高温で輝き電子を放出する(エジソン効果)
電子放出=イオン化ですわ、電球=イオン化、直熱真空管は、フィラメントから出る電子を制御している
電球はフィラメントだけですから、電子が野放図に出っ放しw イオン化フルスロットル(アクセル全開)
飛び出した電子はさておき、電子を剥奪されれば、フィラメントに接続された電線の電子も引っ張られるw
フィラメントは、高温に鳴ることで電子を放出、トリタン・フィラメントは触媒ですわ
さて、飛び出した電子は電球ガラス面に当たり、光(電子)が通過するw
結果、ガラス面は+に帯電する、ですから、真空管にアンチスタHを塗ると帯電が減って音が激変するのですw
何気ない電球ですが、原理を辿るとイオン化が大きく関わっているw
自然界は、ジミ〜〜なイオン化/中和のリズムで成り立ってるのよ
それに逆らって、自分に都合よくイオン化させるのはタイヘンなのよ
ポイントは、身近なイオン化を逆手にとって、都合よく利用するコトw



    コレを趣味のイオン化と言うw



イオン化をオカルトなんて逝ってる連中は、音質追及なんて到底無理、現象を前に右往左往するのが関の山w
化と言えば、ワケも分からず、御伽噺の説明で高価なパーツを買わされ、大差も無いのに耳タブ腫らして目を瞑る
挙句に、歳のせいで耳が劣化したとか抜かし、オーディオから引いて逝く・・・・・脳ミソがカラス以下w
老化すると、考えるコトを忘れる=ツマラナイ人生w
歳をとればコソのオーディオ、身体能力は低下しますが、音の記憶は益々増える
若い頃と違い、フラシボから開放される(騙されなく鳴る)
人が感動する音とは、低音でも高音でもなく、中域、特に中高域のヒダに鋭く反応します
それは、人の声であり、音楽による感情表現、つまり「気」に鋭く反応、生理機能の一つでしょう
だ〜から、脳を喜ばせようと、夢中に鳴れる、我慢できなく鳴るw


     オーディオは脳科学へ通じる・・・・



音がイイとか云々なんてブッチャケ枝葉で、脳が喜ぶか否かが根幹であり、目的なのです




    気持ち良く鳴りたい!




AC100Vノイズ対策でこのコトがハッキリしましたw







トリタンを導体として、アンチスタHでリキッド・ジャケット



イオン・フィルターとトリタン・フィルターの合体



そんな蟲のイイ噺があるのかね?



両端電線部は、3.5スケア、全体は8スケアの網線で磁気シールド



試聴開始!


電源フィルターの時と同じく、CDプレーヤー(SCD−R1)の電源でテスト




試聴ソース(SACD



ノーマル電源ケーブル


ノーマル電源ケーブルにトリタンTさんフィルター、トリタン・アンチスタHジャケット(+C)を足して試聴
すべてノーマル電源ケーブルは通過する構成で試聴します


CD以外はリファレンスですから、AC100Vフィルター、イオン・フィルター、エジソン電球などフルスペック
CDだけがマンマノーマル(除電のみ)、如何に上流の入力質が大事か思い知らされる
「ココまで遣ってもダメなんか・・・・・」
ダメなモンは下流でナニ遣っても良く鳴りませんw  後から手当てができない・・・
CD特有のキツさ、甲高い付帯音、プアで一本調子の表現力に呆れる、アンプやスピーカーでナニ遣っても無駄だと実感
聴いてて、ダメ出しの嵐「ダメ」「コレもダメ」「ダメだぁ〜〜」
もちろん、電源はブレーカー直でフィルター類は一切ありません
フィルターの比較試聴には打って付けとも言える
もちろん、SCD−R1(最高級機)がダメなワケじゃなく、CD再生規格がダメ、つまりCDプレーヤーが全てダメ
SCD−R1のジッター精度が低いため、再生ポテンシャルが上がらない
つまり、制限速度100km/hに対し、SCD−R1は110km/hしか出せないw
技術的にはナンら問題はありませんが、音を聴くと、レベルの低さに愕然・・・・「壊れてる?」
CDプレーヤーでバイオリンは聴けない「脳ミソ引っ掻き回され、アタマが変に鳴りそう」



トリタンTさんフィルター


ナンと、ガラッと変わりますw


かなりの衝撃、付帯音がガクっと減り、響きが綺麗になり、「一体ナニしたの?」と言う変わり方
タングステン通過によるスタビライザーなのかも・・・・ケーブル・スタビと似た変わり方
振動対策+電流通過によるイオン化なのか・・・・
ブラインドで聴かされたら「凄いフィルターですね」と言うでしょうw
兎に角、トリタンは注目ですわ、使いこなし、組み合わせなど可能性が高いw




トリタン・アンチスタHジャケット(+C)


トリタンTさんフィルターと大差無いかと思いきや・・・・3〜4割UPの効果でビックリ!
トリタンは4mm*2から3.2mm*1なので、放射線量とは関係無さそう・・・
トリタンは水没させてナンボかも・・・・ヤッパ水なのか


さて、悩ましいゾ・・・


トリタン給電は無視できない・・・・
AC100Vフィルターの代替には鳴りません、何故なら情報量が増えない、霧が晴れるのとは違う
振動限定かと思いきや、水で変わるのでイオン化も関係している



結論はさておき、トリタン給電は電源の重要アイテムだ





























       鈴を張った音


          何時だったか、マックトンの松本社長との会話で・・・


     「良く出来たOTLは鈴を張った音が出る」


    それは、例え様が無い美しい音



 大きな目標でしたが、ついに実現しました!



パワーアンプ終段、B電圧(90V)でエジソン電球を点火、電球フィルターを噛ますと、考えられない音が出る!



   「Oh〜〜〜ナンじゃこの音!」




半導体アンプと真空管アンプ、ナンで音が違うのか、大きな謎でした・・・・
もちろん、先達の諸説は色々ありますが、模倣ではなくオリジナル回路で自作アンプを作ると五里霧中へ迷い込むw
各種要素が入り込み、整理が付かない、真空管or半導体だけじゃ説明できんのよ
一つ言えるのは、真空管OTLアンプだけがハッキリとした違いを聴かせてくれますが・・・・
OTLならナンでもイイか言うと、そんな噺じゃなく、また霧の中へ・・・・
やっと答えの一つが出たように思います



   複数のトリタン・フィラメント効果



ナンとシンプルな・・・・ブッチャケ、電球並べればOK
詳しい方なら、真空管OTLと同じ原理、トランジスタによる低インピーダンス・ドライブに転用可能
原理はシンプル、コレぞ電球サウンド真空管OTLの音だ!




    それは、例え様が無い美しい音



絶世の美女がいたとして、彼女がスッピンだとします
もちろん、その美しさは天下一でしょう
そんな彼女に、素晴らしい化粧を施したら・・・・・例え様が無い美女に鳴る



AC100Vフィルターは、スッピンの美しさの追求



イオンやエジソン電球は、お化粧による美しさの追求





こんな例えかな・・・











トリタンTさんフィルター


千葉のTさんが考えたトリタン・フィルターを作ってみましたw





コレ強烈だわ・・・


一体ナンなんでしょうw


音が「ド〜〜ン」と柔らかく鳴り、厚みと艶がテンコ盛りw 「ウソだろ」  アリエナイよ
エジソン電球の強力版だわ、トリタンってナニ者?



イキナリ、こう言う変わり方されると困んだよw


電源と音質、そして材質との関係は謎が多い、ちなみに、この違いは、6N、7Nとか言う違いの100倍ですわ
電線に方向性があるとか抜かすヤツが聴いたら気絶すんかも・・・
後から後頭部を叩かれた様・・・・
スピーカー・ラインにタングステンや使った場合と真逆な結果が出ますw


クルマのバッテリー・アース線にトリタン追加したら・・・・













オーディオ連合艦隊シリーズ


フィルター戦艦「三笠」



リファレンス交代・・・


コモン・デフ・コモン重連


RSKN重連・DiD(Cパス)・新DBMチョーク(Cパス)




訂正しました


ほぼ満足逝く仕上がり、付帯音最小、AC100Vフィルターはコレで打ち止め
イオン・フィルター併用で驚異の高音質・高画質が実現!



連休にフィルター対決を予定していますw


腕に覚えある方、道場破り大歓迎w





エジソン電球DC点火



RitmoのDC電源(21V)で点火


AC100V用なので、ホンノリ灯りますw


果たして音が変わるのか???


「ブラボ〜〜」 真空管サウンド炸裂!


若干の不安(変わらないかも)がありましたが、トンデモナイ、素晴らしい!



ハイスピード・軽やか・フワッとした空気感がブーストUP!



エジソン電球を増やして逝くと、ベクトル同じで効果UP!


ハイエンド真空管アンプでしか体験できなかった世界が、エジソン電球を使うとカンタンに実現
真空管アンプ・マニアが知ったら相当ショックな(タブン激怒する)ハズ
千葉のTさんも書かれていたように、ハイスピード&フワッとした空気感は真空管アンプの専売特許
逝き着く果てが真空管OTLアンプかな・・・・
想は逝っても、この表現中々実現しないのよw マニアの皆さん相当苦労さてるw 正解求めて彷徨っているw
エレキ・弦楽器・女性ボーカル・ホールエコーなどが別モノに変わる
脚色・ブリッコ・「違うよコレ!」など意見が出ると思いますが、一度知ると元に戻れないドラッグ・オーディオw
超辛口、口の中で一気に広がるスッキリとした最高級日本酒、飲んだら口にほのかな甘さが残りまたスグ呑みたく鳴るw
後味サイコ〜〜、「コレ美味いワ」こんなカンジ、音楽に変なクセが全く付きませんw



エジソン電球は相当ヤバイ!



AC100Vでの効果がDCラインでも起こります、合わせて使えば、相乗効果が凄い!
もうお分かりでしょう、今後、エジソン電球だらけに鳴る予定w
キッチリ整理して色々販売する予定です、AC100Vフィルター、イオン・フィルター、そしてエジソン電球
慌てずにステップUPしてくださいw



PCオーディオは電源で決まると書いて来ましたが、エジソン電球付けると一連と同じ変化(音質好上)
電球にはフィルター要素があることは確実に鳴りました
摩訶不思議ですわ、そして、誰が聴いてもワガル違い、副作用が無いのは驚異、この先何処まで逝くか・・・









大体にして、ダイオードでノイズが減るツウ噺自体がアリエナイのよ


ダイオードはノイズを出す


ノイズの少ないダイオードと称して、FRDやSBDが開発されて来たのよ
大枚叩いて、高価なSIC買った人たくさん居るハズ・・・・
ダイオードはノイズを出すと抜かしたマニアは星の数ほど居るワナ(私もその一人w)
全てちゃぶ台返しだ、ダイオードはノイズなんか出しませんw
其れ処か、ノイズ抑圧効果がCRに比べて高い、アリエナイでしょ、でも事実ですわw










エジソン電球のDC点灯


電球がノイズ・フィルターに鳴るなら、DC電源でも効果があると考えるのが普通だ
但し、AC100Vレベル(上流)の方が効果は高いと断言できます
とは言え、最期の仕上げとしてDC電源にエジソン電球を付けるのはテストする必要性を感じますw
もっと言えば、トリタンを使ったDC給電も有りでしょうw
DCラインは、パスコンてんこ盛りですから、噺が早いかも・・・・・
クルマも試行錯誤してますが、バッテリーラインにトリタン入れたら如何鳴るかな・・・・
クルマのライトON/OFFで様子が変わる経験は無いので、電球効果は無いのか、有るのかw
エアプランツの検証も必要だし、ヤル事大杉でテスト待ちの渋滞が発生・・・・一体ナンなんだw














新着レポ  イオン・フィルター&おまけ


週明けは、激戦報告ラッシュ?


横浜のKさんより・・・・血の池地獄から脱したようで


この週末、コレだけは試してみようと、少し前から準備していたイオンフィルター遣ってみました。
これと言ってオリジナルアイディアというのは無く(汗)、レシピは基本白須さんのブログ通りなんですが、
イオンボールのついでにトリタン3本追加、アンチスタH大さじ1杯に水、それと気のせいか水の色が!?(笑)
ビンは500mlのウィスキーの空き瓶。



コンセントの手持ちがコレ(1512K)しかなく、仕方なくソレを使用。
2sqの拠り線をハンダ上げして、棒状の合金にして差し込んでいるのでOKということで。


ビンの口はコークボンド埋め込んで密封していますので、逆さにしても水は漏れません。


イオン化進行とボンドの硬化のため一晩おいてさぁ実験。


見た目こんな感じになりました、見ようによっては爬虫類のXX酒に卵入れたみたいでグロいですが音の方は?


我が家の場合、一瞬で違いが出て来ませんでした。変わんないのかな?・・・が、



15分くらい経過したところで、アララ、アララ、アララ〜〜!!



何と表現すればよいのいでしょうか?ノイズフィルターと格闘してた時とは明らかに別次元の変化。
解像度は落ちずに、中低音に厚みが増して、かと言って高域が落ちてることも無い。
エネルギー感?でもキツくない・・・。
自分が再生苦手にしてるあの曲とこの曲、あっ、けっこういいかも。なんなんでしょう、コレは!?



最近、電源しか興味無いので、アナログ機材セッティングしたまま数か月ほったらかしだったので、
スピーカーの埃をふき取って、ツイーターのホーンとウーハー表面にアンチスタHスプレーし直したら
乾く前からバァ〜ン!! こちらのケアも疎かにはできませんね。


イオンフィルター、壁コン〜ノイズフィルター前後を試しましたが、
壁コン直後のノイズフィルター前の方がイイ感じでした。



一方、電球、真空管の噺も興味深々。




よくよく考えたら灯台下暗し?机の足元に転がってるいつも邪魔なコイツ。



余談ですが、
80’前半に買ったJCM800 50W マイケル・シェンカーが使ってたのと同じヤツ、処分できず未だ所持。
ちなみに真空管はプリにECC83が3個、パワーにEL34が2個(100Wだと4個)だったはず。



コレつないだらもしかしてもしかすんじゃない?
モノは試しとオーディオのタップに繋いでスイッチON・・・なんも変わりません。
真空管温まるまでと思いましたが、何分待っても何にも変わりません!?家で音出すわけにもいかないし。
そうそう思いつきがヒットするわけないわね!
諦めて電源抜いて、エジソンバルブ4個&E26ソケット発注してしまいました。
あぁ、また来週、時間が足りなくて大変そう・・・。



おめでとうございます、イオン・フィルター当選です


今週一杯、その効果は日に日に増しますので、お楽しみくださいw















  


トリタン給電とAC100Vフィルター


千葉のTさんから・・・・


また、凄まじい勢いでぶっ飛んでいますね!
エジソン電球なんて知りませんでした。
この電球、買うしかないですが、
さてうちのアンプは真空管なので、、、


どうすればいいでしょう!?って迷っています。




真空管アンプはレトロな音か!?


ところで僕は真空管アンプ作ってますが(オームの法則しか知りませんから大したものではありません)
レトロな音なんて求めてないです。  きりっと小股のキレ上がったハイヒールが似合う女の音を目指してます。

ある意味トランジスタアンプよりシャープな音色かも。


というか、立ち上がりがいかに早いかですかね。


ただ、ふわっとした感じは大切にしています。



そう考えると石も球も関係ないと思っています。



市販の中途半端な石アンプはもっさりした感じがして、、、
万人受けしないといけないし、また、どんなスピーカーも
そこそこ鳴らさないと、、そして安全でないと、、、という
四重苦がかかり、そんな音になってしまうのかもしれません。


というか、電源次第ですよね。。。


今はそう思いますよ。
電源が綺麗ならかなり行けるはず!



◆電源遊びにトリタン溶接棒




ところで、次回の電源遊びにまた対決(笑)と思って2週間前に作り上げた電源ボックス、
対決までの秘密にと思っていましたが、エジソン電球であっさり、、と使われているのを見て(ちょっとがっかり)
その必要がなくなったので報告です。

電線代わりにトリタン棒使いましたが、これは効きます!



中域の厚み、押し出し感が柔らかさを伴ってグッと増しました。


危ないので誰かれにも勧められるものではありませんが自己責任でやれるなら大いに試す価値はあります。




ただ、この状態でしばらく聴いていたら粗が見えてきて、、、それは、もっさり感が気になって、、、
そこで写真(はらわた蓋側)のように以前アンプに使っていた高価なカップリングオイルコンデンサ
今日の夕方、パスコンとして追加したところ、不思議ですね、どこまでも透明でシャープな音色に変わりました!!!


これは、グレードが2段上がった感じです。このコンデンサ、0.22μなので容量の問題ではなさそうです。


少なくとも0.68μのフィルムはすでにパスコンとしてあったわけで、、、

何だろ、たぶん、オイルか、オイルコンデンサの何かが効いたのかも?

ちなみにトリタン棒にはその径より大きめのチューブを被せて中は水で満たそうと計画していましたが


とりあえず、オイルに変えようかと、トリタン棒に薄くオイルを塗ってみましたが


けっこう効いているような気配がします。


良かったら次実験で確かめてくださいませ。



ちなみにアンプの電源は3週間前からクリップによる危ない給電となっています。  早く箱に収めたい、、、、、。



レポートありがとうございました


想ですか、トリタン棒は効きますか、遊び半分で使いましたが、またもや金の斧かも・・・・
トリタン使うと「モッサリ」ですか、つまり、インピーダンスが上がる(フィルターに鳴る)
私は、ココをよく「引っ掛かる」と書いていますw 聴いててナンかスッキリしない音w
トリタンはパスって使う(オイル・コン)のですね、大きなヒントありがとうございますw
オイル塗るなんて発想も凄い、都市伝説のスクアランとか出てきそうな気配も・・・・・
実は、Tさんが以前「トリタンを電線にしても使える」と言う会話からエジソン電球のシリーズで使いましたw
フィラメントがトリタンなんだから、繋ぎもトリタン使うべ、と言う単純な発想でしたw
トリタン・フィラメントがフィルターに鳴るなら、トリタン棒もフィルターに鳴ると考えられますねw
トリタン給電を如何使うか、新たなテーマが出てきましたw
トリタン・タップとか、もう誰かが始めているかも・・・・収拾が付かず萌え広がるw
このタップにエジソン電球付けたら如何鳴るでしょう?


想想、イオン・フィルターに水の代わりに半分オイル入れる発想もありですw
何故なら、エンジンオイルにラジウムパウダー入れるとエンジンが発狂しますw


放射線・水・オイルの新3要件なんてネ










エアープラント除電


SLさんからレポートです


エアープラントによる除電はかなり効果があるようです。
以下の場所に試しました。


・PCの電源 ACケーブルを除電
・PC USBのグランドラインを除電
・アッテネーター グランドラインを除電
・ラインケーブル 銅網線を除電
・スピーカー 端子を除電


・アンプ(予定) グランドラインを除電予定
    何処に繋ぐか検討中(背中に乗った大型ケミコンのマイナス端子を予定)




写真01 ダイソーのエアプラント、エアプラント用ケージ(籠)



写真02 AC電源ライン対策用の用品 組み立て前



写真03 組み立て後 メビウスコイルの中を除電



写真04 左 AV(テレビ等)機器用 グランドラインのみに接続して除電


    右 PCのグランド用 USBのグランドのみに接続


凡そ1周間程度試していますが、エアープラントは枯れていません
1日1回程度の霧吹きで大丈夫みたいです。


これほど静電気に影響されていたとは想定していませんでした。
通電して音を出せば帯電するような感じです。
それをエアプラントが除電してくれるのでしょう。

全くノーマルのテレビのAV端子に写真04を接続してもかなり効果が有りました。
映像に深みが現れ、音が増えて自然に響きます。


コスパは最高なので是非お試し下さい。



レポートありがとうございました


エアプラントさんは、相当迷惑そうですネ














電球はフィルターなのか???


ブッチャケ、ダイオードがまさかフィルターに鳴ると考えなかったのと同様
電球もフィルターに鳴る可能性が出てきた・・・・想でないと、説明がつかないw
フィルターだとして、何故シリーズではなく、パラレル接続で効果が出るのか・・・・・面白く鳴って来たw


電球をL(コイル)と考えれば、パラレルでOK、フィルターと見なせるw


高効率ランプより、低効率ランプをシリーズ接続にすると効くような「気」がする・・・・
電球=Lだとすれば、十分に説明が付くワナ、特定の周波数でフィルターに鳴り得るw
だとしたら、4シリーズとか多重シリーズ化は如何か・・・・
もしかスンと、機器内部に電球入れたら・・・・



想だよ、電球はフィルターだよなw




電球がフィルターだとすれば、真空管OTLの音を再現できるかもしれない・・・
OTLの並んだ真空管は、AC100V直で点火されます、シリーズ接続でヒーター電圧の合計を100Vにして
AC100Vダイレクトで使う手法が多く使われます
良く出来たOTLアンプは、素晴らしい音が出ます、コレぞ真空管と言う「鈴を張った音」


例え様が無いほど美しい音


ナンですが・・・・世の中甘くなくて、高電圧から起因する帯電により、付帯音が載り易い・・・・
AC100Vノイズなんて全く考えられて無い、つうか、昔の100Vは綺麗だった・・・・とか・・・・
真空管OTLアンプは、帯電込みの音で、5年前に止めましたw  (中断)
色々分かって来たので、復活させようと考えています、その前に電球並べて仮説(電球フィルター)の検証を行いますw













リファレンス採用決定!



脚色だ、好みだ、嗜好だ言うてましたが、リファレンスに付けたら   「バァ〜〜ン!」



真空管サウンド炸裂!


エレキ・ギターのアンプで真空管が好まれていますが・・・・理由がワガッタ!
エレキを使いながら、アコースティックで自然なサウンドを如何出すか苦心しているコトに今更ですが気付きました
ブッチャケ、私も真空管サウンドが好きだと気付いたw



この状態でレッドツェッペリン聴いたら涙出そうに鳴ったw



こんなエレキ聴いたコト無いわ、大感動しましたw  ペイジのエレキが優しく咽び啼いている・・・



火遊びしてたら、大火事に鳴って来たw


ブッチャケ、真空管アンプはムズイ・・・・
何故なら、トランスが沢山必要、電源・チョーク・アウトプットにトランス結合など、トランス・アンプみたいだw
真空管だけじゃない、トランスが大きく関わってくるので一筋縄じゃ逝かないのよw
ところが、エジソン電球はトランスは関係無いのよ、純粋に真空管(電球)サウンドに浸れるw
真空管OTLサウンドに最も近いかも知れません・・・・
嗜好に合わなければ、OFFにすれば元に戻るw  最高ジャンw


リファレンス用に3球+トリタン溶接棒テンコ盛りで製作しますw



















AC100Vフィルター総集編+新アイデア



ノイズの仕分け


得体が知れないノイズですが、知れる範囲でキッチリ仕分けして対策する必要があります
そうせんと、やたら鉄砲撃ち捲くりに陥り、最期は自己満でしかなく鳴るw
狙い定めて、1発で仕留める気概が必要だw
今までの経緯は、各種アイデアの合体と聴覚での評価が中心で仕分け(狙い)が甘いと言える
効果が出ているので、間違いではありませんが、ノイズと戦うには、仕分けして個別の作戦が必要
つまり、フィルターには得意・不得意があるんよ、兎角万能を追及したく鳴るんですが・・・そうも逝かない
ナニが言いたいか、コスパの追求ですわ、少数精鋭でノイズを撃退するには如何すればエエか?



  ノイズは、コモンとデフに分けられる



 ノイズの本丸(悪玉)はデフ



コモンは、デフに扇動された民衆



このように整理すると、方向性と手法が導き出される
ノイズには、発生原因と増殖する背景があるのですw



効果を整理すると・・・


DBMはデフ(低域)(中)
EMCはコモン(高域)(中)重連で(大)
FMチョークはデフ&コモン(低域)(小)
新DBMチョークは、デフ&コモン(ワイド)(大)EMCとの組合わせ(有効)
オールDBMはデフ&コモン(ワイド)(中)EMCとの組合わせ(有効)
BMinDBM(DiD)はデフ(低域)(大)
コンデンサー・パスは(低域)(中) FGよりニュートラルが有効?


フィルター構成としては


コモン・デフ・コモンの重連形式



EMC重連・DiD(Cパス)・新DBM(Cパス)



こうするコトで、狙いを絞れ、ワイドレンジ&デフ・コモン両方に効くのでは・・・


ヒントはDiDにありましたw
DiDのデフ除去能力はハンパ無い、コレを如何料理するか、当初FGへのパスでしたが、ニュートラルが適正では?
EMCのDBMループ挿入も引っ掛かります、何故なら、EMCの出力はパスられており完結している
DBMループ内にDiDを入れて美味く鳴らなかった報告も参考にしました
思うに、DiDはインピーダンスが高く鳴り過ぎるのでは・・・・その場でパスってナンボでは?



また組み直しかよ













コレ、相当ヤバイ音出るわw



ハッキリ逝って、照明器具としては、暗くて使いモノに鳴りませんw


ナンなのコレ、笑い事じゃ済まんぞ!



線量測ると、極僅かですが放射線出てますw



つまり、トリタンだよトリタン



    バァ〜〜ン!


  
極上の真空管サウンドにビンゴ!



大事件だよ


まさか、こんなコトに鳴るとはw
例によって、ワケ・ワガンネ、だども、コレは使える、ON/OFFで音の変化を楽しめるw
大金使って真空管アンプを研究している人が聴いたら、相当アタマに来るハズw



悪ノリしてw



2本シリーズ接続&トリタン(溶接棒)で連結w




雰囲気最高w



ナンなんだ! この音!


より軽やか、優しく穏やか、そして柔らかい、リスナーを包み込んで癒す音


一日の終わりに、一杯飲みながら、こんな音聴いたら・・・・リラックスそのもの



力んで耳腫らしながら、オーディオするのがアホらしく鳴るガナ



相当乱暴で、マニアの方に怒鳴られそうですが・・・・
AC100Vフィルター、イオン・フィルター、エジソン電球があれば真空管アンプは要らない
魅力ある真空管サウンドはヒーター(フィラメント)によって生み出されていたとしか思えません
一連の流れを整理して考えれば、AC100Vの電源質で音質が支配されている


AC100Vノイズが低減され、その上、電球による電源改質が行われた


言い換えると、電源が綺麗な頃の真空管アンプサウンドが蘇る
必然とも言えますが、ブッチャケ、考えもしませんでしたw
そして、AC100Vノイズによって真空管サウンドが都市伝説に鳴っていたコトが分かりました
70年代は、特色ある真空管サウンドを聴けましたが、最近は頓と聴けませんw
言い換えると、AC100Vノイズ対策により、変質していた真空管アンプが蘇る
あくまで、AC100Vフィルターが前提ですが・・・・



エジソン電球は強烈パンチ!


DC電源の自作は敷居が高く、クレージーな物量で敬遠されガチですが、AC100Vフィルターで敷居が下がり
今や電球配線するだけで大きく音質好上なんて噺ですわ
エジソン電球は、強烈な好み・嗜好性の噺ですが、果たしてコレを嫌う人が居るのか? な〜んて考えますw
ブッチャケ、癒しを嫌う人は居ないデショ、ガチンコ、コンペティションとは違うのは事実ですが・・・・
嗜好を変えたければ、電球を消せばOKというカンタンさw


一粒で2度おいしいw



この噺、真空管アンプ・マニアには相当嫌がられるハズw

















DAI爆笑、真空管サウンドの作り方


除電以来、色んなコトが分かってきましたw
オーディオはオカルトなんて言いますが、実は気付かなかっただけ、まさか・・・・想、まさかナンですw
都市伝説のように語られる真空管サウンド、WE300Bをはじめとする直熱管、6CA7などの傍熱管
直熱管でも845に代表されるトリタン送信管や水銀蒸気を使った整流管など様々
音に共通点があるかと思いきや、チョッとした癖はさておき、真空管使えばナンでもOKなんて世界ではありません
俗に言う真空管サウンドは千差万別、オーディオの奥深さでもあります
思い通りの音は、オイ其れとは出ませんw

これぞ真空管サウンドだと言えるのはOTL方式だけかな・・・・


噺を戻すと・・・


真空管サウンド = 穏やかで柔らかい音  だと定義しましょうw


穏やか、柔らかいなんて書くと、パッとしない、眠い音だと思われますが、違います
AC100Vノイズが減って逝くと、自然で柔らかな音へと変化しますが、其れはノイズが減っただけ
ノイズによる硬質感やキンキン・ヒリヒリが減っただけ、それだけでも大感激ですが・・・・
其処に秘伝のソースを掛けたような穏やかさと柔らかさがプラスされるから堪りませんw
情報量をマスクすれば柔らかく鳴った様に感じますが、それはトロイだけでイライラする(マイナス再生)
情報量特大、噛んだ途端、肉汁(旨味)が口の中で爆発するのをアシストするような秘伝ソース、マジかよ


その作り方



7Wの寸丸球     真空管と同じく、電球にアンチスタHですよ


オーディオで使用しているコンセントから、メビウス・コイル通して電球を点灯させる



オーディオ負荷に最短で電球負荷をプラス


メビウスを使って電球を光らせると、波動の光に鳴るとか言うヤツを思いだしたw
モノは試しと、行ってみると・・・・・


お見事! コレぞ真空管サウンド


相当笑えますw
10分くらいで、其れまでとは違う穏やかで柔らかいトーンのサウンドが再生され、ビックリ!


正に癒しサウンド


女性ボーカルなんか最高です、ホックリ癒される、歌手の性格が変わったように聴こえる
原音再生云々ではなく、ブッチャケ、脚色・化粧・ブリッ子ですが、悪くないw 好きな人は相当好きなハズ
真空管アンプに嵌るマニアの大半は、この世界を求めていると思いますw
「そうだったのか・・・」真空管のヒーターがポイントだったのがワガッタ
電球は、交流(AC)点火ゆえ、直流(DC)点火のようなクセは無いw 電球だからハムも出ないしw
フィルターの音質比較は、良し悪しがハッキリでますが、電球点灯は100%好みの問題ですわ



電球替えたら?




バイブラ・ランプ




クセが出るかと思いきや   WE300Bだよ


サイコ〜〜、ぶらぼ〜〜  笑いが止まらんw



25Wロウソク球


ナンと、普通の音にかなり戻ったw
想なんです、電球の効率が低いモノほどエエ感じですわ、効率と好音質は反比例するw



電球によって音がゴロゴロ変わるゾ!


コレ、相当オモシロイわ、まるで真空管の差し替えみたいw
電球のフィラメントとワット数で音が変わるようですw
ブッチャケ、こんなモンで高級真空管アンプもどきの音出されたら、マニアは堪らんわ「金返せ!」だ
以前、ギロッシュさんの提案で電球で遊びましたが、同じベクトルでより強力
トランジスタ・アンプしか聴いたコトない方には超オススメw
AC100Vノイズが少なく鳴ると、レスポンス良く反応するようですw



だったらコレでしょ




マンマ真空管だわ・・・・


エジソンバルブ(40W) 1000円以下で買えるWE300Bかも・・・


40Wだと大きいので、4シリーズ接続で10W分割すれば良さそうw



煌々と光らせるのではなく、ホンノリと光らせるのがポイントかも・・・・



真空管サウンドは、ヒーターの音かよ?   逝ってんじゃネェ〜〜よ



AC100Vノイズが減れば、1960年代以前の音が再現できると考えていましたが
ブッチャケ、タイヘンな事実が明らかに鳴るかも知れんw
やはり、AC100Vに音質決定の「鍵」が全て含まれているのか?


都市伝説の真空管サウンドが伝説から実話へ・・・・ マジかよ



ノイズ・レスPCオーディオを50年前の真空管サウンドへ帰る


追記ですが・・・


電球の電源は、壁コンセントよりAC100Vノイズ・フィルターの出力を二股で分けて接続したほうが良いです


仮説


AC100Vフィルターでノイズを十分に除去(?)した上で
オーディオ負荷に電球負荷を加えると、イイ意味で真空管アンプの音が出る
真空管サウンドとは、電源に付加されたヒーターによるナンらかの作用が音として感じられるのでは?
以前の実験で、電球(真空)をケーブルに付けるだけで真空管のような音に鳴ると話題になりましたし
ハロゲン球とただの電球では音が違うとか、電球は除電になるとか、各種言いワケで賑やかになりましたw
AC100Vノイズ・フィルターのお陰で、障害が減り、音の微妙な変化を的確に整理できるように鳴ったガヤ
もしコレがホントだとすると、相当面白い効果が出せるw


真空管サウンドとは・・・


穏やか、滑らか、「フワっとした空気感」に音楽が包まれる、そしてナンとも言えない柔らかな音
音楽の充実感がグ〜〜ンと上がるw
極限られる優れた真空管アンプでしかこの音は出ませんw 普通は無理です、出ませんw
私は、マニアの自作した真空管アンプで何度かこんな音を聴いたコトがあります
同じモノ作れば同じ音出るかと思いましたが、そんな甘い世界ではなく、その後の体験から諦めました
真空管の銘柄が大事そうに見えますが、そんなモンは業者が作った妄想でしかありませんw
ブッチャケ、料理のレシピと同じで、作る人によって同じ味が出ないコトが分かった・・・・
ただ言えるのは、昔(70年代)はこんな音が普通に出ていたように感じました・・・何時の間にやら出なく鳴ったw
兎に角、音は捉え処が無い、一瞬で消え、脳に記憶だけが残るw






















電球による電源改質


AC100Vを低圧化し、整流してDCを作り、オーディオ回路へ供給するんですが・・・
チョッと前までは、オーディオ回路の方式や、DC電源の方式に注目していました
何十年もオーディオに取り組み、市販品では満足できず、改造しても満足できず、一から自分で作って来ました
自分用のオーディオは全て作る、納得逝くまで詰める、他人のマネはしないが信条でしたw
ブッチャケ、買うに値しないモノばかりでしたw
負け惜しみを言うなら、経済力があったならFMアコースティック(スイス)が唯一欲しい(到底無理ですが・・・)


ところがドッコイ  状況が大きく変化



音質の鍵は、DC電源やオーディオ回路、信号フォーマットじゃない



AC100V自体の質で決まる!



少なくとも、直感的にイイと思える音はAC100Vノイズの有無で決まる



現状のAV機器を見ると、最もお金を掛け、重視すべきポイントであるAC100V入力部が



      軽視されている













エア・チェック・リファレンス対決!


パッケージBDは買いません、エア・チェックに全てを掛けます
と言うワケで、BSコンバータ電源を新DBMチョーク(ハイエンド7A)に、パナレコは光HDMI
新DBMチョーク(量産型)など強化してきました、ホントならRSKN投入ナンすが、未だ入れてませんw
相当イイ感じですが、ビール瓶で作ったイオン・フィルターを加えブーストUP!


対決相手はえびパン支部



エア・チェックは謎だらけ・・・


放送サイド、再生サイドの両面から見ても、プロセスが多く、ブッチャケ良くワガンネ
CDリッピングすら不完全でイライラするのと同様に、エア・チェックはCDの10倍以上正体不明w
放送画質すら、ホントの画質は分かりません、だども、放送局に乗り込んでアレコレ弄れるワケもなし・・・・
ユーザーにはアンテナ受信からしか対策ができませんw
えびパン支部長のオーダーは、アンテナ系ノイズ対策をするに当たり、AC100Vノイズの影響を知りたい
支部長のアンテナ系は、メビウスしか無く、AC100Vノイズは無体策、アークスはテンコ盛り?
そこで、同じ番組をエア・チェックしてBDRに焼いて、支部長が比較する
条件を極力揃え、支部長のAVシステムで比較する・・・・・
戦いは始まったばかり、今後如何鳴るかサッパリ分かりませんが、仕切り直しの良いチャンスだ!
私が比較するのではなく、支部長が比較するので精神的に楽w


お題は、レベッカ再結成ライブ  WOWOW



白状すると、私はこの曲しか知りませんw
挙句に、レベッカとは女性ボーカリストの名前だと思ってましたw
つまり、グループ名だと知りませんでしたw
音聴いて分かったのは、コレってメチャ再生がムズイ、Dレンジが狭く、シンセ+エレキでドラムがガシャガシャ
そんで甲高い女性ボーカル


最悪だ、オーディオの敵だよこの音楽w



喧嘩上等、PCオーディオで決着つけたるw












フィルター作りは嵌るとタイヘンw


Kさんが血の池地獄で叫んでいます


毎度の泥沼状況、逐次ご報告させて頂いておりますが、昨日日曜日、ようやく脱出して、


歴代最高の音に辿り着いたことを確信しました。ご心配おかけしました。(笑)
結果、なんてことはない、白須さんが公開してくださっているリファレンスとほぼ同じ!


前回ブログに掲載して頂いた後、良かれと思って変更したら改悪の泥沼にハマってしまい、
キンキン、ヒリヒリの復活。何がどう災いしてしまったのか?マジで悩みました。
しかも同時に複数個所イジったりするもんですから、悪くなった場合、何が元凶なのか?
撤退するにしても検証がいちいち大変で、判断が困難を極めてしまい更なる泥沼化!
なんやかんやと、ここ1ヶ月奮闘しましたが、ようやく脱出できました。


電気的スキルほぼゼロ、拙いDIYで恐縮ですが、自分でやってみてわかったこと・・・


①新DBMを親子のネスト構造にするとダメ。


音の鮮度が下がり、滲み感が出てきます。音出した瞬間、精神的にどん底に叩きつけられました。
ネスト構造は劣化の原因になりますが、個々の重連であれば大丈夫っぽい。(限度は不明)



②FMチョーク2個使う場合、パラ接続はダメ。(ヘタに余ってたもので無駄にハマりました、笑)


インピーダンス上昇と電圧降下を抑止できるか?と、シロート考えでパラ接続にしたら超裏目
1個単体か、2個使うのであれば直列接続の方が音的にはベター。
この辺、コンデンサなどの使い方も勉強していかないとスキルの限界を超えてしまい行き詰まります。



③DBMinDBMを新DBMループの中に入れるとダメ。


いきなりキンキン、ヒリヒリが復活して、意味不明な音に鳴る。なんじゃコリャ!!
ブログでのDBMinDBMの紹介記事を拝見したとき、疑いもせずにループの中に入れてしまったのが
間違いの始まり・・・。DBMinDBMはループの外に設置すべし。



④DBMinDBMをRSKNのFGへパスり、最後尾をダメ押しでパスるとスッキリ感が向上。


下水道に詰まってたゴミが一掃されたかの如く、スコーンって感じで音抜けが良く鳴りました。
コンデンサの容量の最適値が自分ではまったく謎なので、白須さんの受け売りで1μFと2μFでパスり。
昔、ショートさせてぶっ壊したサージフィルターがガラクタ箱に入ってるのを思いだし、


蓋開けたら基盤に1μFがあったので3個外して廃物利用。
急場凌ぎでコンデンサの種類とか何も吟味してないので、この辺、伸び代は大いにあるかもしれません。
(今のところコレに起因するクセは特に感じてませんが・・・)




①コレが今の回路図です。白須さんのリファレンスとはFMチョークとRSKNが反対になっちゃいました。
RSKNせっかく3個持ってるので2006パラにして後続に2020を直で持ってきました。
ちなみにRSKN3個の真ん中の端子を繋いでFGは一元化しています。


他、使用部品・・・
チョークコイル:日立金属 FMコモンモードチョーク(F1AH0722)
ダイオード:新電元ショットキーバリアダイオードブリッジ(D30XBN20)





②右から見た感じ。
BMinDBMはやはりけっこう発熱するので、1.5mm厚アルミ板を挟んでダイオード2個をねじ止めして、
アルミ板をL字に曲げて面積を稼ぎシャーシに直接触れるようにして放熱対策のつもり。

ネオジはDソーの5mmの小粒に変更。(私の場合、DCと同じく赤がHotです。非常識!?)


③左から見た感じ。           見ているだけで怨念、いや、執念を感じる
無理やり箱に収めようとするのでかなり窮屈ですねぇ・・・。(苦笑)
部品配置とか配線とかの見直しでもっと良く鳴る可能性も!?



冷静に考えて、まだ知らない世界があるのは間違い無さそうで、先は長そうで見当もつかないのですが、
拙環境での出音としては歴代最高点まで辿り着きまして、正直ホッとしております。
ノイズフィルター弄りだすと精神的にけっこう煮詰まるので、この辺でいったんお休みにして、
次は今話題のイオンフィルターの制作準備に取り掛かっています。





ご苦労様でしたw


フィルターは嵌ると抜けられない、良く鳴る分にはエエですが、後退しようモンなら気が狂いそうに鳴るw
脳が快感を求めてオネダリするのに、音が出た途端、空振りすると、奈落へ堕ちる
そして、フィルターのコトがアタマから離れなく鳴るw
ブッチャケ、快感を得られなくて禁断症状のように苛まれる・・・・・


「気にすんなよ」となだめても、脳が許さないw、正にドラッグ・オーディオ


ご家族が見たら、「父さん、必死にナニやってんの?」と見えるでしょうw
高が電源、されど電源、それもAC100Vフィルターですぜ、クレグレもお気を付けくださいw
AC100Vフィルターの自作は、アンプ、DAC、SPより手応えが有りますよ、ホントですよw


フィルターに蹴りつけたら


イオン・フィルタ〜〜、エエ感じですよ


ブッチャケ、AC100Vフィルターの正解はワガンネ
ですから、「こうした方が良い」と感じたら、果敢にトライしてください
ポイントは、シンプルに考えるコト、インピが上がるのでパスる必要があるコト


今考えているアイデアは・・・・


途中に電球を点灯したらエエかも・・・・  なんてネ 地獄への門? 今度は天国?


つまり、フィラメントはタングステンでしょw ムニャムニャ・・・・ピンと来た?


乞うご期待w













歴史は繰り替えされる



安部首相は、救世主かもしれない・・・・眠っていた民衆を目覚めさせた・・・感謝ですわ
参議院採決はタブン無し、60日ルールで衆議院採決の前に私も参加しようと思っています
選挙で選ばれた政治家が、選挙民が望んでいない政策を強行に行うと如何鳴るか
選挙に無関心だった民衆が、与えられた投票権を自覚した時、如何考え行動するか
残念ながら、日本の民主主義、憲法はGHQに押し付けられたモノです(アメリカの占領政策
近年特に形骸化していると考えていました、7月の衆議院強行採決にあたり、我慢できず書きました
皮肉なことに、アメリカが押し付けた憲法アメリカが後悔していると感じますw
押し付けられた憲法を変えたい岸(A級戦犯)の孫(安部)と、日本を2軍化したいアメリカの利害が一致
歴史の大きな分岐点が来ているように感じます
日本独自、日本発の民主主義、戦後70年の節目にホントウの戦後が始まるかも・・・
将来この光景は、教科書に