トランス・マジック! その2


リファレンスへDCDC(電子ドーピング)


乾電池は優秀なのか・・・

電池は電子のタンク(池)、充電電池の場合、AC100Vの電気質が音質にモロ影響します
ポータブルCDが優秀な理由は、AC100Vフィルターの最終段からの充電が大きいと考えています
CDCに使用する電池を如何するか、悩みましたが・・・・答えが無いので、乾電池で始めるコトにしましたw
加えて、9P電池が思いのほか良い結果だったことも大きな理由、乾電池なら充電で悩まずに済むw
ノイズの混入率も低い、イヤ、無いかも知れんし・・・・



電池の寿命は良く分かりませんが、長期テストを含めて単一アルカリ電池でDCDCを製作


ブッチャケ、ナンもワガンネ・・・・




ポータブルCDは超優秀ですが、リファレンスとして使えないので、Ritmoに頑張って貰いますw
Ritmoが負けた理由を考えるに、出力段の非力さが原因ではないか・・・・
ポータブルCDはヘッドホンが前提ですから、出力インピーダンスが低そう(高ドライブ能力)ですが
Ritmoのライン出力は如何見てもオマケ程度デショw 接続する相手に依っては・・・・・
リファレンス・プリの入力インピーダンスは相当高く楽チンですが・・・・
ツウわけで、ライン用DCDCを製作しました


コンデンサーは1000P(とりあえず)


パスコンの大きさについては、ま〜だワガンネ
勇気ある人は、種類・大きさ変えて是非とも試してチョ、DCDCはオーディオ救世主



こんな感じで・・・・



アンプ出力にDCDC、スピーカー系に電子チャージ(電子ドーピング)



Ritmo出力にもDCDC(電子ドーピング



リファレンス復活!      エガッタw


CDCは別世界


AC100Vフィルター、信号系CMモード・チョークでさえ、聴いたコト無い音が出てビックリしますが
CDCはその先の世界が体験できます、ブッチャケ、理解不能な部分があり馴れるのに時間が・・・・
一言で言えば、「硬さ・ツッカエが取れた音質」でワケ分からない余韻がワンサカ出てきますw


つまり   ユル〜〜イ音です   ユル・キャラ・サウンド


膨大な情報量(余韻など)、ワイド・レンジ、キラキラしてサラサラしてますが、ネットリ感も有って不思議w
しかし、キツさ、硬さ(硬質感)やザラツキ、高域付帯音は殆ど消え、ユル〜〜イ音に聴こえる
削ったり、鈍らせると欲求不満が出てきますが、其れはありません、「気」もビンビンで十二分に満足できる音・・・・



「余韻勝負デショ」 コレなんか、全く別モノに鳴る


脚色かと一瞬思いましたが、より自然に鳴るので脚色ではありません、脚色とは不自然と同義語デショw
録音現場では相当な余韻に溢れているのかも知れません
録音され、CDに鳴ると、余韻の大半が無く鳴るコトが前提なのかも知れんw
2月が始まりましたが、年末の音質とは全く違うワナ、日替わり、週2回替わりでゲロゲロ変わる音質w
書いてる白須も大変ですが、読んでる方は「勝手にしろ、付いて逝けんわ」デショw


電源と信号伝送系にとりあえず結論出そうですわ


纏めると・・・


AC100Vフィルター、信号系CMノイズ・フィルター、DCDC(電子ドーピング)




晴れて、いよいよ新作PCへ・・・















大事件ですわ


CDC 炸裂!



     コレは凄い!    この音堪らんわ


スピーカーの表現力がケタ違いに向上!
コイツで、デジアンをコッパできるぞ! 余韻が3倍に増え、自然な表現力に全身鳥肌が治まらん! 久々だw
デジアン通電によるスピーカー活性化を越える活性化ですわ、「この音だ!」これぞオーディオ再生だ
変化に大して時間は掛かりません、ホンの数分で大きく変わり始め、正に動けなく鳴る!
こんなモンが常識化したら、高価なスピーカー・ケーブルは一切売れなく鳴るワナ・・・・
ブッチャケ、自信はそれ程無く、ダメでもブログネタには鳴ると糞でましたが・・・・


稀に見る 大成功!




1μFのオイル・コンデンサーと9P乾電池のみ


如何したモンかと悩んだんですがw 手間掛けて失敗してもツマランと考え、JBL殿に習って9P電池を使用
長々グタグタ理屈書いてきましたが、大成功にホッとしたワナw


ワガル方、お試しアレ・・・


白須が、「ブッ飛び」保証しまっせ!!



*間違えて電池をスピーカーに繋ぐと・・・大事なスピーカーが焼けます(クレグレもご注意を)





テストは6100とポータブルCDで行いました
先ずは、6100で極限までセッティング、コレ以上EE音出ない処まで追い込みました
それまで、6100に不満はありませんでしたが、電球デジアン聴いたから堪りませんw
アナログ・アンプの限界を知りました、0電位伝送では、スピーカー系が電子活性化しません
デジアンは無音ノイズを出すので、その電子でスピーカー・ケーブル含めて活性化して、効果絶大!
世の中の評価が高いワケですw


6100で限界まで追い込んだ状態でDCDCを足したので、正にNOS状態!




カップリング・コンデンサーはDCバイアスを掛けて使う


25年以上前、パワーアンプを作っている当時に知ったアイデア
当時の解釈では、電圧を掛ければ、コンデンサー内の電荷が整列して方向性(極性)がハッキリするから
と言う理解でした、ブッチャケ、JBLカップリング・チャージを回路上で行うと、コンデンサーの癖が消える
0電位でコンデンサー・カップリングを行うと、コンデンサー固有の癖が音質に表れ、選定に苦労します
その代表例が、スピーカーのネットワーク・コンデンサーですわw
私も、色々悩んでオイル・コンデンサーに落ち着いた経緯がありますw
JBLはかなり昔からこの問題に取り組み、カップリング・チャージと言う手法を開発して製品化しています
正直言えば、知っていたけど応用できず、永年経って、デカップリング・チャージを思い付いたワケ
電子のスピードとか、流れなんて言う考え自体が全くナガッタw
コンデンサーは、DCバイアスを掛けると、ウソのように癖が無くなり、コンデンサー選びが楽に鳴る
コンデンサーの良し悪し云々が話題に鳴るのは、大抵の場合、コンデンサー・カップリングでの噺なのよ
25年後、想言えばと、思い出したアイデアをデカップリングに応用しましたw
ノウハウとしては存在したので、アムクロンのDBMと近いアイデア応用だと思いますw


一気に視界が開けてきた!


オーディオは面白い! 
大きな肝は、難しい理論の先に有るじゃなく、目の前の基本に有ると確信したぜw
電子がマトモに流れていなければ、ケーブルに拘っても意味無いデショw
ケーブル=ホース、流れる水=電子、噺が超カンタンだw


0電位はボツ! 電子を流そうぜ!


この噺、ピンコード、ライン・トランス、MCトランス、同軸デジタル、USB伝送など全てに流用できる


例えば・・・同軸デジタル


送受信共にパルス・トランスで0電位ですわ
伝送に電子の流れが関わっているとしたら、100%ボツの設定だよなw
ブッチャケ、接続ケーブル云々が話題に鳴るケースは、俺が知る限りで100%が0電位伝送だよ



    鳴り止まない余韻・・・・


一晩明けて、どんなモンかと試聴すると・・・・


ウォームUP無し、イキナリで 「バァ〜〜ン!!」 


電球デジアン通電を遥かに超える活性化だ!
イキナリ全開モード、バリバリ、いやはや驚いたの南野w


その上、まるでハウリング? 余韻が鳴り止まない・・・・


部屋にガスが充満するように余韻が起ち込め、そして消えないぞ・・・
ボーカル、ピアノ、弦などメチャ自然で全く別モノに変わる


こんな音だったのかよ!



電池1個でココまで変わるか? アリエナイよ、今までナンだったの・・・



まるで、電子ドーピングだ!


コレはメカニカル・ドーピング     https://vimeo.com/125869215   欲しいw



電気性能は・・・・


端子間抵抗値は360KΩあり、極僅かですが電子流があり、電圧測ると20mV


つまり、スピーカーに20mV掛けているのと同じ、時間が経つと電池が空に鳴るw















ノンフィクション連続ドラマ


DCECの真実


DCECとは、デカップル・エレクトロ・チャージなんすが


分かり易く改名するコトにしましたw


カップル電子チャージ(DCDC



カップル(=パスコン)と同時に電子をチャ〜〜ジ!


0電位カップリングに音質革命を起すw    ホントかよ



アナログ・パワー・アンプの出力段



75mA*4=300mAのアイドリング電流が流れていますが、無音時の出力電圧は0Vですわ
パワー・トランジスタはヤクザですから、ドリフトするので数十mVが出力されている可能性はありますが
基本0電位ですから、無音時はスピーカーケーブルに電流は流れません
電圧0Vですから、電流は流れないし、電子も流れませんw
コレって、当然ツウか、常識ツウか、アタリマエの世界ですわ、逆に流れるとスピーカーが焼ける(萌える)

スピーカーの抵抗は、たったの8Ω程度しかないので、1A流れたら8Vの電圧が発生し、電力8Wの半田コテになり
ボイス・コイルは焼き切れるw 想なのよ、スピーカーとは、もの凄く繊細なモンなのw
でもね、大音量でスピーカー焼いた人は殆ど居ないデショw
私も逝け逝け大音量派ですが、音楽再生中にスピーカー焼き切った経験はありませんw
大抵の場合、スピーカーが悲鳴を上げるので、その場でボリュームを下げて対応できる
つまり、スピーカー・ケーブルに流れる電流は思いのほか小さいし、発生する電圧も小さいのです
もう少し正確に書くと、音楽信号は瞬時に大きく変わるので大電流・大電圧でもスピーカーは大丈夫
しかし、サイン波やハウリング、発振など連続性がある入力はもろヤバイw 一溜まりもなく焼けるw
それと、低域の大振幅がマズイには不味いですが、低域はインピーダンスが上がる(64Ωとか)ので大丈夫w
ボイス・コイルが底突きして壊れますが、焼けませんw
つまり、音楽信号は変化が大きく、一定ではないので、スピーカー・ケーブルに電子は流れ難いと仮定
スピーカー・ケーブルは0電位で使われるため、ケーブルによる差が大きく出易いと仮定
伝送エネルギーの斑が大きいく、一定性が無いため、電子による活性化が起き難いと仮定


特に小音量では・・・・



一定の電流ループが発生し難い



こんな風に一定に流れない、リフトに乗ってる人がオーディオ信号、リフトが電流ループ



コンデンサーの値は、fcを設定してライン・インピーダンスから逆算


fc=159000/R/C


C=159000/R/fc


R:インピーダンス C:μF


スピーカー端子で考えると


fcは20KHz以上、インピーダンスは8Ωで、ザックリ1μF




ピンコードで考えると


fcは20KHz以上、インピーダンスは20KΩで、ザックリ1000PF辺り


何時もの如く、相当アバウトw


ブログですから、予め実験してその結果を書いてるワケではありましぇんw










激震・崩壊したリファレンス



ポータブルCDが音質TOPへ・・・・


音聴きながら、嫌な予感がありましたが・・・・的中してしまった・・・・ナンたるコトか
デジタル・オーディオは不思議の塊、まだ分かりませが、PCオーディオに大きな見落としがある
色々整理してきたつもりですが、原因は一体・・・・ナンでだろw



AC100Vフィルターはオーディオ再構築へと


CDプレーヤーは犠牲者だったかも知れない・・・登場した時期と電源ノイズ増大期が重なったからか?
AC100VフィルターによるCDプレーヤーの音質改善は著しい、今更ですが、今後の展開が怖い
もちろん、PCオーディオが本流ですが、思いも依らない気付きや発見が・・・・
その一例がコレ! デジタル・オーディオの核心部分かも知れないw
音源の元データは、CDディスクですから、ナニが起きても不思議ではありません
5000円のポータブルCDを電池駆動で富士山が見事に鳴る風景は異様・・・・
大昔から、ポータブルCDの優秀性は言われて来ましたが、まさかこの期に及んで「如何スンの」
今までも、びっくらポンの連続でしたが、最大級の激震、そして崩壊が起きているw


ちなみに、エネループの充電はフィルター最終端から行いました
合計3回目の充電ですから、電子が芯まで沁みた可能性が高い(電池は生き物・生モノ)






トランスは音質ベアリング


ナンと言うコトか・・・・


電源系トランス重連による音質劣化はありません



唯一あるとすれば、負荷変動による電圧変動(主に降下)


重連数が増えれば増えるほど、繊細感と微細情報量そして、滑らかさUP
信じられないとお思いでしょうが、事実です
同時にノイズも減少するので、ツウか、結果ノイズが減少するので繊細感や微細情報がUPするのか
知らなかったとは言え、ビックリ仰天!
電圧変動を減らすには、デカ・トランスを使い、余裕カマすしかありませんw
ジャンクのデカ・トランス(高性能)は唸るので、部屋の外に出すとか、考えなきゃダメですがw
そんなハンデを考えても、トランス重連による音質向上は魅力ですわ
まるで音質を仕上げる様、ドンドン綺麗に鳴って逝くw





















ノンフィクション連続ドラマ


DCECの真実


第二回・・・

デジアン弄ってたら、DCECの話題と重なりまくってヤリ難く鳴ったw
引き伸ばして、ジワジワ攻めようと思ってましたが、状況が変わったw
コンデンサーを使うんですが、良さげなコンデンサーのサンプルが入手できそうなので、ガンガン逝きますw


オーディオ・カップリングを整理


直結できないからカップリング


元々美味く逝かないモノ同士を無理矢理結婚させるのと同じw だから無理があるんよ
オーディオ信号はすべてAC(交流)ナンですが、増幅やバッファの電源はDC(直流)を使用
AC100Vを電源トランスで変圧して、必要なDC電源に変換
もう少し詳しく書くと、オーディオ信号は全て0Vを中点として±に変化するAC(交流)
つまり、DC電源を使ってオーディオ信号(交流)を作り出している
ナンか不都合が生じて当然な状況だと思いません?   だよな

真空管はー(マイナス)電源で動作しません、0V基準の±オーディオ信号を作り出すにはDC成分をカットせなアカン
DCカット目的に、コンデンサーでカップリングするにはピッタリw(コンデンサーに直流は流れない)
トランスも同様、ACしか反応しないので、巻線自体をDC配線として使えるw(直流を流しながら使える)
言い換えると、直流と同居しながら生活できるのよw
無理なく自然にコンデンサーやトランスが使えるw


ところが・・・


トランジスタは想は逝かない、ツウか、合理性から±DC電源を使っているw 定説ですわ
だって、オーディオ信号は0V基準の±信号ゆえ、±DC電源を使えば直流カットのコンデンサーは要らんデショw
DCアンプとは、回路上からカップリング・コンデンサーを無くしたモンを言います
コンデンサーは必要悪なので、できるだけ減らしたいと考えられてきましたw
実は、トランジスタを使えば、低電圧で合理性のある回路設計ができるのよ
もっと言えば、トランスは電源トランスだけでOK、余計なトランスも要らんのよ
無理なく自然にコンデンサーとトランスを外せる
オマケに、大電流流せるので大出力が可能、正に願ったり叶ったりの設計が可能・・・・でも音が・・・
ナンだか、真空管アンプ賛歌のように思うデショw



ところがドッコイ・・・・


デジアンは、+DC電源1個でOK、SW電源使えば電源トランスすら要らないw


そんで、音質バツグン、と来たw


但し、回路上に入出力カップリング・コンデンサーが必要w


下の黄色の筒が入力カップリング、上の青い箱は出力カップリング


デジアンには、従来のトランジスタ・アンプで見過ごされて来た電子の流れが存在する



問題点は・・・


互いに0V電位で行うオーディオ・カップリング


スピーカー・ケーブル


スピーカー・ネットワーク(コイル・コンデンサー)


ライン・トランス


MCトランス


フェーダー(パッシブ・ボリューム)


ピン・コード接続


オペアンプ出力Cカップリング(DAC出力など)


これら全てが、両端0V電位でオーディオ信号がカップリングされていて
オーディオ・パーツとして散々議論されて来た部分でもある
ところが、トランスにせよ、コンデンサーにせよ、両端にDCバイアスが掛かっている部分なら殆ど話題に鳴らない


一例を挙げると


FMであってもライン・トランスで使うと音にクセが付きやすく、好みの問題だと解釈しても使わない方がEE音に鳴る
ところが、AC100Vフィルター関連でトランスを幾つもシリーズに接続し、音質無関係なパチンコ・トランスでさえ
トランス重連接続による変なクセは全く感じませんw


其れ処か、トランスを重連すればするほど、音の繊細感が増すばかり・・・・よりスムーズに抵抗なく動くような音


まるで、トランスがベアリングのように感じる


ブッチャケ、唖然とします、トランスによる音質劣化が全く感じられず、音質向上オンパレードw


電子アクティブであれば、音質劣化は起こらない


電子スタティック、つまり0電位状態でオーディオ信号(AC)を伝送すると、信号は伝わるが流動電子がないため
材質・デバイスの影響を受け易く、固有のキャラクター(音色)や音質劣化が発生してしまう
反面、電子アクティブつまり、プラス電位状態でオーディオ信号を伝送すれば・・・・・


流動電子に乗ってスムーズな伝送が可能





0電位がダメなのよ!



0電位=電圧0V=GND(グランド)



電圧0Vだろ、電子が流れんぞ!



笑えるデショw



イメージは・・・



電子アクティブは、常時動いているリフトにスムーズに乗るイメージ


電子スタティックは、人が来たときだけ動くリフトで普段は停止している


もしくは、たびたび停止するリフトw



もう一度良く見てチョw


電源をアンプ、負荷をスピーカーに置き換えると・・・・


ワガルかな?


コンデンサーは電池の直流をカット(絶縁)しているように見えるが、実は電子が流れているw


この考え方が、オーディオ回路設計には全く無い!


もっとカンタンに言えば・・・


お水は水平だと流れないデショw


電子は電圧差が無いと流れない   あたりまえw


音質・画質向上を目指すなら、自然科学に沿わないと成立しませんw


サァ〜、0電位で止まったリフトを動かすぞ!







愛知のIさんより・・・


「星の砂パック」で衝撃的な音が出てきました。
パラパラっとレセプタクルの中に入れただけ。


高域の「キーン」の余韻が「キラ〜ン」と艶っぽく聴こえます。
臨場感は更に広がり、でもナチュラルです。
適切な言葉がもう思い浮かびません。


コンセントの内部にも一部ですが、「星の砂」を入れてみました。
レセプタクルのほうが衝撃が大きすぎて評価不能
マイナスにはなっていないと感じます・





あと、今の時期、雪の日でもファンヒーターをつけながら聴いていると、
従来の加湿器では40%が限界。
加湿器を追加することにしました。


たまらないですね。


今は、牡蠣がらが並べてあるし、ランプが並んでいるし、さざれ石やお経のBDが
置いてあるし、ネコはぶら下がっているし、裸のパーツが配線されているしで、
人が呼べない状況に。


いずれ見栄えよく整理整頓する予定です。














31日 PM1:30〜 試聴可能です


現在、各種調整中、相当良く鳴ってますw 電源さえ良ければ・・・嫌なシステムですわ
試聴会としては行いません、CD持参頂ければ試聴できます
ノートPC、Ipad、スマホでも対応可能、バッテリー空にしてACアダプターを持って来てください
各種AC100Vフィルター通した音が聴けます
ご希望の方は、必ずご連絡ください(タブン・・・雪だったら最高の環境w)




驚愕のサウンド


電球管式デジタル・パワーアンプ


パネルも悪ノリしてエンブレム付けちゃいましたw  ナンと・・・バッチリだw



マジ? 悪ノリして弄ったら大変なコトに・・・・


前回試聴会の懸案だったアンプ内部の整理を行いました


不良のボリュームを撤去し、ジャンパー線でジャンプ、入力インピを18KΩ(抵抗外付け)

B電圧の電解コンデンサーの根元から電球用リード線を引き出します

天板?にE26レセップを2個、トリタン渡りで取付け、ケース後端を欠いてリードの出口を作りました



チョッカイ出したら、リファレンスが抜かれた・・・・


素晴らしい余韻と響に唖然・・・・


リファレンスを上回る余韻と響だ・・・・マズイことに鳴ったナァ〜〜



デジタル・アンプに勝負あり!



デジタル・アンプと電球フィルターの相性は「神」 



アナログ・アンプじゃ勝負に鳴らんわ



デジタル・アンプとは・・・



DSDと似ている、ツウか、同じ、1と0を繰り返しパタパタ出力してアナログ信号にする(パタパタアンプw)
如何見てもEE音するとは思えんワナ・・・・DSDをダイレクトに入れるならワガンなくも無いが・・・・
ブッチャケ、興味が無いツウか、体質に合わないツウか、喰わず嫌いでした・・・・
ちなみに、AVリファレンスで使用中のLX90はデジタル・アンプ
AC100Vフィルター試聴会のために、ダメ元で中華デジアン買ったらタイヘンな目に遭ってますw


私、デジアンを舐めましたw


デジアン出力にはLPFが入ってますが、若干ですがキャリア周波数が漏れてます(重要なポイント)


LPFの手前は、デジタル・ノイズ全開、オシロで測定したら、300KHzチョイでした


つまり・・・


デジアンは、無音時でもキャリア(搬送)波を吐出す


キャリア(搬送)波 = 電子(エレクトロン



アナログ・アンプは無音時は出力電圧0Vで止まっている


コレ以上書くと、DCECのネタバレになるので書きませんが・・・
デジアンは電子を吐き出し続けている(止まってない)と覚えてくださいw


水道の蛇口に例えると


アナログアンプは、無音時は漏れ無しでピタリと止まっている



デジアンは、ポタポタ漏れている


電子・電流が動いている・・・
ポタポタ漏れていますが、可聴帯ではないためスピーカーは反応しませんw   コレって超反則ワザなんすが・・・



詳しくはhttp://abcdefg.jpn.org/elememokiso/contents/cc06.html


オーディオ信号(電気)は瞬間でスピーカーに伝わりますが
電子はカタツムリ程度のスピードでしか動きません(学術的な噺)
アナログ・アンプは無音時は電圧0Vですから、スピーカー・ケーブル内の電子は停止しています
アンプから電気信号が出力されて、ようやく動き出すと考えられる
ですから、電源ON直後や音出し直後は鈍かったり、イマイチな音しか出ません
電子が流れていない、コレがエージングやウォームUPが必要な原因だと考えています
ブッチャケ、電子が止まって用意が出来ていない状態


ところが・・・


デジタル・アンプは無音時でもキャリア(搬送)波の漏れがあり、スピーカーへと電子が流れている
可聴帯信号ではないので、スピーカーは鳴りませんし、過熱やトラブルはありませんが
スピーカー・ケーブル内の電子は動いおり、活性化している、アンプから音が出れば即座に臨戦態勢へ・・・
アナログ・アンプのような鈍さが無い、特に余韻や響など微細信号でその差が大きく出る
AC100Vノイズが低減され、電球フィルター等で電気質が改善されれば


デジタル・アンプは大バケ、無敵だ!



小さなデジアンの評判がEEのは知ってましたが・・・


所詮オモチャだと舐めてましたw
流石にパワーはアナログ・アンプですが、微小レベルの再生能力だと活性化しているデジアンに分があるのは事実
中小音量だと勝負に鳴らない、参ったガナ・・・
AC100Vフィルターに即座に反応するのも見事! 手応えバツグン!
とは言え、富士山をドライブできるデジアンは無い、弩級自作も現実的じゃないし・・・


やっぱアナログ・アンプに喝入れるキャないw


いよいよDCECの出番だw












ノンフィクション連続ドラマ


DCECの真実


第一回・・・


この絵の中にDCECの真実が書いてあり、オーディオ・カップリングが美味く逝かない理由(離婚原因)が分かる
まずは、よ〜く見てくださいw 何度も何度も「見えるまで・・・・」ナンか変デショw


ヒント・・・


オーディオ・カップリングとは、オーディオ信号(交流)の差し渡しを言います
カップリングにはC(コンデンサー)、ライン・トランス、レベル調整としてボリュームが使われます










真空管プリアンプ極悪改造   でけた・・・






真空管プリアンプに専用T・O・S & 弩級電球フィルター



電球フィルターの威力を知れば、真空管が好き鳴るのは当然でしょう、電球は画質にもエラク効きますw
真空管は、オーディオ信号に最も近い電球ですから、効果バツグンw
AC100Vノイズが減れば尚更ですわ、改めて真空管と向き合う必要性を痛感しています



プリのトランスは110V仕様、T・O・S&電球含めてタップを変えて110Vに調整しましたw
トランスは24V(パチンコ)&24V(3A)の電源トランス(ヤフオクで2個¥1800−のセコ)
量産型FMCMチョーク(去年の残りの1個)を奢り、コンデンサーはEZPEと言う豪華版


プリの音出しは未だですが、T・O・Sを100Vに合わせて他で試聴したところ・・・



モノ凄い破壊力でしたw


コレなら、ハマちゃんとこで、大暴れん坊して暮れそうw


さ〜てどんな音出るのか?



貝殻の恐るべき共鳴制振性能



こんな風に、チョークの中に星の砂を入れるだけ、秒殺つうかその瞬間に音の透明度が上がる!


音を出しながら遣れば、まるでマジックショ〜ですわ


振動は重量物だけでは抑えられない


「ケーブルは振動している」  


大昔から言われて来ましたし、理論的には納得出来るんですが・・・
実感が伴わない、何故なら振動が止まったら如何変わるか検証できない


振動していても、測定できない


振動しているコトも、振動を抑えたコトも、一切ワガンネのよ
理論世界、妄想世界とも言える、ブルブル震えれば誰でもワガルが、ケーブル触ってもワガンネし
振動の実態が全くワガンネ
ブチルゴムも相当ヤリましたが、結果的に情報量が減ってしまい止めましたw
スピーカーの天板やアンプの上に鉛インゴット置けば、制振効果が分かり、高比重・重量物が振動を抑える
実体験として理解できますが・・・・ケーブルの上に・・・・ナンかねぇ〜
俗に言う、耳のEE人にはワガッテも、俺はワガンネw
ブッチャケ、振動していたとして、大きな問題はナカンべ
もう少し書くと、トリタンと鉛をAC100Vラインに巻いて締め上げると、大変化! 
確かに振動していると実感できますが・・・
もっと良くしたい、追加するんですが・・・大差ないのよ
つまり、1箇所で行えば大方制振できると結論していました


良く考えると・・・・


この噺、微弱静電気(帯電)とマンマ同じ


振動と同じで、大きく帯電すれば誰でもワガルが、微弱だとワガンネのと同じ
除電すれば誰でも微弱帯電だと分かりますが、遣らなければ帯電自体が認識できないw
静電気=オカルト デショw


つまり、貝殻で試さなきゃワガンネかったのよ



振動は熱に変えなきゃ残るのよ、特に微細振動は・・・・


鳴りモノを組合わせて共鳴制振の実験をしてきましたが、偉大な自然の恩恵である貝殻は、正に超共鳴吸音体
特定の周波数に偏らず、ワイド・バンドで共鳴してくれる
当然、貝殻の種類で色々変わるハズなので、今後の展開が楽しみ・・・・
オーディオ・マニアは、貝食べて殻は捨てずに・・・・




















ブログ上半期の目玉!


カップリング・エレクトロ・チャージ(DCEC)



見ての通り、コンデンサーと電池を接続したモジュールw
コンデンサーはAC、電池はDCと、言わば水と油の組合わせ・・・・
普通に考えれば、ナンも意味無いと思われますが・・・・


オーディオ・カップリングの救世主だと考えていますw


マニアの方なら、JBLカップリング・チャージが有名ですが、同じ考えで、デカップリングとして使いますw
カップリング・チャージのシンプル化とも言え、幅広い展開が可能w



カップリングとは結婚、デカップリングとは離婚、美味く逝くかと思い結婚したが、想は逝かず離婚・・・・
この問題は、オーディオ回路のカップリングでも起きますw
言い換えると、見かけは美味く逝ってるカップリングでも、実態は違っているw 仮面夫婦みたいな・・・・
ブッチャケ、結婚した途端に離婚するリスクを背負うみたいな・・・・
想なのよ、結婚も離婚も法律上の手続きでしかない、法律に準じるから問題が起きるw
互いに独身で恋愛だけしていれば、美味く逝くデショw
其れは理想のカップリングw


このアイデアをオーディオ回路に当て嵌めると・・・・


コレって、なぞなぞ・・・・かよw


オーディオ・カップリング円満の秘訣お教えしますw


価値観の違い、性格の不一致、すれ違い、などなど、全て解決


詳しくは後日・・・・













ハマちゃん、迎撃準備完了ってか


ブッチャケ、オーディオはプライベートなモンゆえ、自分のシステムを他人に聴かせるのはプレッシャーw
ましてや、評価されたり、相手が変なヤツだとナニ言い出すかワガンネしw
音聴きに逝くのは気楽ですが、聴かれる方は・・・・・だ〜からオモシロイんですがw




①AC100V対策の全体像


前回ご報告時と大きな変更はありませんので、全体図は省略させて頂きます。

aとbは焼き抵抗なんですが、以前ご報告時には220Ω/50W(a)で250℃台一発でした
自分の思惑として、温度という軸でフィルター効果に何らかの違いが出ると仮定した場合
複数の温度の組み合わせってありなんじゃね?という発想。
この考えは当初からあったんですが、入手した抵抗器が思ったように発熱してくれず、とん挫しかけたところ、

150Ω/50W(b)で300℃超えが達成できたので、2台パラで温度のブレンドというわけです。


この状態で運用してみて、激変こそありませんでしたが、現在のところあった方がやや上と断定しています。


cは前回、開放型で使用決定と位置付けたノイズカットトランス、せっかくケース買ったのにもったいないので、
天井一部解放して側だけ使うよう変更してみました。6匹のニャ〜が奮闘してくれて、唸りはかなり減少してくれ、
無音時には聞こえますが、箱鳴りも治まり、たいして気にならない程度に収まってくれています。まったくフゥ〜です。


dは前回、紅茶の缶で簡易的に実装した降圧トランス(100V→40V)ですが、アルミケースで実装し直しました。
これも微細な音質向上に繋がってる?ように思います。(トランス本体はもちろんFMシートグルグル巻き)
トランスはノイズカット効果もありますが、自身が発するノイズもある、ケーシングすることで音質アップなのか?


そこんとこの是非は自分ではよく解かってません。



平面の除電対策は、最近、コスト削減のため簡易的に耐水ペーパー使用・・・・
ホントはコアブリッドB使いたいのですがスミマセン。


eの電球はdの降圧トランス後のエジソン40W6シリーズなんで、通電しても光りません
ところがコレが効果絶大!!  部屋の照明消して、よく見るとようやくボンヤリ光ってるかどうかという塩梅
一体、電球フィラメントの温度は何度なんだろう?




②スピーカー上部(左)
                   



③スピーカー上部(右)



現在、こんな状態になっとります。
おりん、サイクルベル、呼び鈴、真鍮無垢材、黒檀、貝殻(シャコ貝、ホタテ、牡蠣etc)
アゴゴベル(打楽器)、ロックグラスに人工砂・・・


コレは信じられない効果出てます。併せ技1本、いや勝負ついちゃってますね。シェル倶楽部、無断で入会!!



AC100Vフィルターで最後の最後、取りきれなかった付帯音、見事に取れちゃいました。
共鳴、共振物を置くことによって、音が出た後、付帯音が吸音されて減衰しているのか
スピーカーから出る前に消去されているのか?


どっちか判らないんですが、絶大な効果があることは事実。

ちなみに、後ろのパイプ状の物体はアルミ製のイカ釣り仕掛け投入器、定在波攪乱のため以前から流用。


ひとつのことを深堀りしていくのもいいですが・・・・
様々なアプローチから攻めて総合力でアップさせる重要性を感じさせられます。


おかげさまで、自分の中でいろんなことが整理でき始めてきたような気がしてきました。

・・・ということで、湿度管理なども踏まえて
この季節にも関わらず、歴代最高の音(自分の中では確信)が出ております。
しかも、DCは一切イジってませんし。






この前の写真のイカだそう・・・可哀想に


あの〜、やっぱコレでしょw








星の砂は、最強アクセサリー (共鳴制振材)



まさか、コレほどまで効くとは考えもしなかった・・・・


特にAC100V系ラインの制振に関して言えば、最強チャンプ!
音の解像度ツウか、鮮度ツウか、天と地ほどの佐賀出て唖然・呆然、究極の透明感に秒殺で変わる!
正に金縛りで動けなく鳴る、この期に及んで・・・考えられんわ・・・気味が悪い

比べると、AC100Vは電線がビリビリ痺れている音だった

今まで制振したと思い込んでいただけ・・・・
欠点は、納まりが悪いコト、皆さんのアイデアをお待ちしてます
タブン、電力メーター、分電盤は貝養殖場に鳴るのは必至・・・


AC100Vノイズを電気的にフィルターリングするコトを中心に考えてきましたが


ノイズが高周波成分だとしたら、電線も周波数同調して振動していたのか?


電線は糸電話で振動は遥か先まで届くのか・・・・
トリタンで制振していますが、周波数が移動しただけ、音で言う処の熱エネルギーへの変換がされてなかったのか?













プリアンプ極悪改造の続き・・・・


ケース?の製作


全てのAV機器は、ケースに入れると音質・画質の劣化が起こります

ところが、矛盾していますが、ケースに入れなくても音質・画質の劣化が起こります
自作DACで良くあるデショw 基板剥き出しで音出しして「EEだ悪いだ」書いてある記事が・・・
縦しんば、ケースに入ってても、天板が無いケースが・・・・
メンドクサイから天板付けないワケじゃなく、天板付けると音質劣化が起きるのよw 不思議デショw


ケーシングは、ノウハウの塊


基板剥き出しでも、音質・画質劣化が起きるので、タイヘン厄介ですわ
原因として考えられるのは、地磁気と自ら出す電磁波の干渉&静電気&コモン・モードだと考えています
それと、電源トランスと同居すると・・・・離婚原因に・・・・
ドレも、理論的に確立されていないので、見た目はオカルトですが、遣れば誰でもワガルw


実は、オーディオラックも同じ



長岡式オーディオラックを永年愛用してきましたが、実はダメなラックでした・・・・


周りを囲ってダメ!


ラックの強度は重要なポイントですが、AV機器を狭い空間に押し込むと音質・画質劣化が起きます



こんな感じがGOOD!



ツウわけで・・・



アンチスタHをタップリ染み込ませ



墨汁(カーボン)をタップリ染み込ませ、オイルで仕上げ


木材に墨汁を染み込ませると、絶縁抵抗が大幅にダウンし半生導体に鳴り、ブッチャケ、電気が流れ易く鳴る
つまり、静電気対策が楽に鳴る