ノイズ・ブラックホールの製作


比較試聴会・・・・


比較試聴会は色々遣りましたが、明日の試聴会は過去最大の違いを楽しんで頂けると思いますw
音質・画質グレードが決まる根源的な部分をクローズUP出来たと思います、瞬殺そして・・・好き嫌いを語る余地は無いハズw
「整流どん」そして、シリーズ/142Vスイッチング・・・・トドメはPS4proの音質・画質w



トリタンTさんが持ち込む謎めいた品w


整流してランプをシリーズ、中点の低電圧を使い、スーパーキャパシタでパスっている?
私が耐圧450Vデカ電解コンとか書いてるので、タブン真逆(低電圧・大容量)を突いて北w      回路設計は詰将棋


変だよ、コレって、電流流れるかな?電球点くかな?・・・・ナンで点いてるの?漏れ電流?   なの



シンプルな回路は、奥が深いw ICとかアリエナイ、複雑な回路なら誰でも(前例を使えば考え無くても)出来るw


シンプルは低級(初歩的)ではありません、シンプル(少ない部品)で最高部品を使ってこそ、最高級!


言い換えると、シンプルだから、最高級部品の良さ(パフォーマンス)が最大に発揮される、色々混ぜると普通に鳴っちゃうw











グローランプ(放電)でノイズを萌やすw



点かなく鳴った蛍光灯のグローランプを思い出すデショw



ノイズ(エネルギー)の最終処分を如何するか?


フィルター(濾された)されたノイズを最終処分せなアカンw でも如何やって・・・・電球で熱と光に変えちゃえツウのが電球フィルターの原点w
音のエネルギーは、カオス・スタビ、ハドエクによって熱エネルギーに変換してバイバイw   バイバイしないと、何時までも残っちゃうデショw
原発事故で大量の汚染水が残ったり、放射性廃棄物が残ってしまうのと同じ噺、最終処分を考えずにフィルターしても濾されたゴミが残っちゃうw



フィルターを考える時、残ったゴミを如何するか考えないと噺が完結しませんw



今迄も色々ありましたw ハンダこて、抵抗焼き、は放熱、電球は発光、水銀灯は放電、夫々温度や光具合、放電様で音が音質・画質が変化・向上しましたw
水銀灯でポイントだったのは、放電し始め(弱いギリ放電)を狙うと、音が滑らかに鳴るw 放電し始めがポイント、熱・光・放電によるノイズ・エネルギー変換ですわ
実は、裏?で色々実験してまして・・・ネオン管(キッカケはトリタンTさん)の利用から始まりましたw 二人で同じコトしても似た様な結果しか出ないので
別ルートが無いか探っていましたw


ネオンランプ・グローランプ、そしてフリッカーランプ(ネオン管の一種)



もっと安く、手軽に出来ないか?      グローランプと相成りましたw



コイツも試聴会で比較しますw


ちなみに、派手なフリッカーより、地味なグローのほうが電気喰いますw
直列抵抗は47KΩで同じです、この違いは、電気質と関係するので、音の違いとして遊べるかもw
こんなモンで音が大きく違ったら、大笑いですが・・・・電気の謎は迷宮入りか?















          「整流どん」でごわす!



450V 8200μF

http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/products/sds/files/gxa.pdf#search=%27%E6%97%A5%E7%AB%8B+%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B5+%EF%BC%A7%EF%BC%B8%EF%BC%A1%27


インバーター用、105℃ ハイエンド電解コンデンサー ジャンクですから¥3000−程度でしたが、正規品なら¥30000−はするw
ブッチャケ、放置品(中古?)だと思いますが・・・このクラスに鳴ると、劣化とかアリエナイ、日本の生産技術の最高峰品だと思いますw
所謂、ゴミ扱いですから、目方売りされてましたw 見方によれば、犯罪級コスパ・・・・そんな世界、音が激変して納得しましたw
自分用パワーアンプのためにストックしていましたが、、、何時になるやら・・・ツウわけで、今回放出w 全部で8本ありますw 現在5本完成
電解コンデンサーは耐圧勝負ですわ、ですわ、耐圧=電極の厚さ、音質重視を考えると、容量より重くて頑丈な構造、つまり高耐圧なのよw
トランジスタ・アンプなら耐圧100Vあれば十分ですが・・・趣味(電解コン・フェチ)ですからw  イヤ病気かもw



言い出しっぺですし、試聴会あるので・・・



インプレ・・・・


なんやかんやで、ピュア・オーディオ系で142Vノイズ・パス・トラップが3台、AC100V系で「整流どん」3台、PS3オーディオで1台稼働中・・・・
トータル7台ですから、初期インプレの段階ではなく、いい加減もうINじゃね・・・とも思える段階です・・・・俺ってナンでこんなに電解コンデンサー持ってんだろ!
良く買うから、店の傍通ると・・・顔見られて声掛けられるワケか・・・・



       コレ以上効くのかよ!   だよなw



ブッチャケ、自信ありませんw  柳の下の泥鰌もう居ないデショw


          ところが・・・


       


         変な汗・・・噴き出した


      


  劇的効果は・・・・反則を通り越し、犯罪だわ!




   PS3オーディオ聴いてて怖くなった!


UCD180ではなく、中華デジアンでのインプレ、PS3にしろ、中華デジアンにしろ、「整流どん」には根源的に電気質を変える力がある


効き方がハンパ無い「バァ〜〜ン!」じゃなく「ドカン!」「ドスン!」 ストレートの重いパンチ!



ブログにチラ書きしてますが、ダイオード負荷を使い、ノイズの最終処分を思案中で、ネオン管の組み入れを予定していましたが・・・
「整流どん」追加にヤラれた・・・・凄い威力ですわ、PS3オーディオが舌巻くほど高音質に鳴った・・・・ナンなのコレ!
言い換えると、PS3オーディオはAC100V次第で大場家する、今迄のAC100Vじゃダメだったと実感!   見切り付けるのが早すぎた・・・・


ちなみに・・・コレって「整流どん」3個プラスでのインプレ・・・


怖くなって、アタマの整理が付かなくてテスト止めましたw



もう一つ!


「整流どん」に使う電解コンデンサーは、必ずマグネシウム・イオン化してください
142V系はマンマ使った製作記事を書きましたが、マグネ特有のトンデモナイ事件が起こっており、メンドクサがらずイオン化してくださいw




オーディオAV機器は、自らノーマル系ノイズを出して(逆流させて)いる  



変化が大き過ぎて、従来の考え方では説明が付かない



AC100Vはノイズ塗れで汚れている(従来)


3年掛けて、AC100Vフィルターを開発、イオンフィルターはじめ、ノーマルノイズ、コモンノイズを仕分けして夫々対策、電球による電源改質も・・・・
FMシートは100m使い、あらゆる角度から、試行錯誤を行い、作り上げましたw 書き出すとキリがないので、暇潰しで過去のブログ見てくださいw



ケーブル接続すれば、コモンモードが形成されノイズが発生する  コモンモード・ノイズ(従来)


見方によれば、ノイズが逆流していると云えますが、FMシート巻くとか、RSKNフィルター使えばOK、正にコモンモード・ノイズが発生している
TOSや光HDMIは電線(メタル)コモンモードを減らす手段でしたが、光HDMIは規格が古くなりボツ! メタルに戻しましたが、FMシート(3m)巻いてOK
ブッチャケ、コモンモード対策すれば、光HDMIより綺麗でしたw  全ケーブルへのコモンモード・ノイズ対策の重要性を思い知らされた



デジタル機器は振動していて、電源ケーブルから振動ノイズが外部へ伝わる(従来) 


デジタル機器はクロック動作ですから、振動しており、電源ケーブルから振動ノイズが外に伝わり、音質・画質劣化が起こる 
ケーブルが糸電話に鳴り、振動ノイズが伝搬する噺は有名でしたから、理解が早く、タングステン導体を使い対策してOK、デジタルAVでは必須条件
アナログ機器は、電源ケーブルに水晶さざれ、星の砂を使い対策、信号系にはマグネシウムで対策しました



ノイズは外から(従来)、中から・・・(新案)


外からツウ概念が強く、自ら中からは振動系ノイズしか対策していません、142V系、「整流どん」に共通しているのは、AC100Vを整流、電解コンでパス
パスすれば、ノーマル系ノイズ対策になるのは明白デショw 最初はAC100Vノーマル・ノイズが原因だと考えていましたが・・・・
オーディオAV機器が自らノーマル・ノイズを出してる可能性に気付いた・・・・何故なら機器の電源ケーブルと並行して142V系、「整流どん」を付けると効く!



効き方がハンパ無い!



各機器が夫々ノイズを出し、そのノイズに影響され、干渉されて、音質・画質劣化が発生しているとしか思えんわ



仮に、そんなノイズが有ったとして、誰も気付かず放置され、無対策だったとしたら・・・     だよなw



従来の考えでは、大元へ大元へと逝ってましたが、「整流どん」に関しては、各機器夫々、端末へ端末へw   ようやく、正体が見えてきましたw 
皆さん、頑張って沢山作りましょう、もちろん、大元にも必要です、しかし、その上で端末に接続するとマジ「変な汗」出ます
「整流どん」はパンドラ・・・・フィルター中毒に鳴っても、アタマが変に鳴っても、一切関知しないので覚悟してくださいw    マジにヤバイw

















ハード・ガラスCDR比較試聴会



2/4(日) PM1:30〜   参加ご希望の方はご連絡ください


      



今更CD? とは思ってますが0・・・今年5月からガラスCDRが発売に鳴ります



そのCDR試聴盤が届いたので、早速試聴したところ・・・・オモシロイ!!   ナンでこんなに違うのよ・・・・




一人で楽しんでもネェ〜〜   CDをガラスCDRにコピー、つまり同じモン、CDとCDRを音質比較して頂きます


如何違うかは実際に聴いて頂くとして、CD誕生から35年、この期に及んで、この違い(同じデータで)を聴かされると・・・  音分かっちゃいるけど堪りませんw
ブッチャケ、コレ聴かされると、CDとSACD(DSD)の違いなんてゴミみたいなモン、正体不明・実態のないデジタル世界の危うさを実感w
スペック・フォーマットに拘るのがアホらしい・・・・CD再生の難しさと、CDデータの偉大さを体験して頂きますw


音楽として漢字たコトは、老いは避けられない・・・往年の輝きはありません、でも貫禄十分! 音質比較はじめ十二分に楽しめると思いますw
録音は凄いな、と漢字たのは、音そして音楽家の気持ち全てを記録できるコト、音楽その場限り、だからこそ、再生は重要! 突き詰める価値が有る!
人は、音を聴いている様に見えて、実は音(音楽家)を漢字ている、音楽家の気持ちは、電気に変換され、スピーカーから再生される! オーディオはオモシロイ!



同時開催で、大騒中の142V系諸々、「整流どん」などワケワカメな世界もタップリ聴いて頂きます



ブッチャケ、ガラスBDRは出ないの?            DVDRに続いて予定はあるみたい・・・



比較三昧w




         「整流どん」1・2・3本勝負!


        AC100V vs DC142V   


        スイッチング電源 vs シリーズ電源
 

        中華デジアン vs UCD180



比較試聴について・・・・


耳がEEとか、悪いとか、全く関係ありませんw しかし、俗に「空気読めない人」は向かないかもしれませんw
生・オーディオに限らず、音楽聴いて感動したコトが無い方も向かない、感動はヤラセが無理なので、感動体験が無い方はオーディオは無理、原点は感動w
違いを聴き取るための、細かな分析も不要、変な知識は邪魔にしか鳴りませんw 知れば知るだけ無駄w
音にウルサイ方、拘ってる方は、オーディオ過敏症で、EE音聴いたコトが少なかった(無かった)り、滅多に感動しない等、可哀想な方が多いw
聴覚にバリアが有り、分析ばかりで「脳ダイレクト!」を知らないw 音楽は「脳ダイレクト!」世界、オーディオは音楽を聴くため、感動するための装置ですw


つまり、比較試聴は、感動比較!


好みもヘッタクレも無し、良し悪し、感動するか、ナンも漢字ないか


感動に好み・経験・キャリアは必要ないので、本来なら、オーディオに興味がない方に聴いて頂き評価して貰うのが筋かも知れませんw
料理専門家でなくとも、料理の美味さが分かるのと同じ、逆言えば、専門家にしか分からない世界なら、スルーすればEE
一口食べれば「脳ダイレクト!」誰でもワガル、、、音も同じデショw 


感動イチコロが最終目的、オーディオ麻薬を作りたい、そのために日夜、麻薬成分の調合してます


楽家の気持ちが伝わり感動しますから、ブッチャケ、音質云々は関係無い、ですからノイズの有無が大きく関係しますw
ノイズは聴覚神経を刺激し、音楽の感動を阻害しますw



Don't think! Feeeel!



偉そうに書いてますが・・・・


ノイズ対策(中毒)依存症について・・・・


整形依存症という精神疾患があるそうですが、ノイズ対策でも同様のコトが起こり易く、注意が必要です
ノイズが少なく鳴ると、オーディオAV機器が本来のパフォーマンスを発揮する、と書きましたが、、、、本来のパフォーマンスってナニ?   つまり妄想が始まるw
数値化できないため、現在のパフォーマンスと本来のパフォーマンスの比較がヤバイ、パフォーマンス=ハードルですから、ハードルがドンドン高く鳴る(妄想)
馬力やスピード、時計など、数値化できるパフォーマンスであれば、ココまでか! と鳴りますが、音質・画質に関して「感動」が絡むと想は逝かない
静電気対策やケーブルにFMシート巻く程度では発症しませんが、次から次へと対策を行い、マグネシウムを触り出すとヤバイ・・・・自制が効かなく鳴るw














ダイオード・ブリッジ負荷は自作自演を完結出来るのか?


注目しているのは、ダイオードの負荷としての適合性、負荷で音質・画質が変るのは、電球を見れば明らか、負荷=ストレスだと考えれば、最適な負荷があるのでは?
噺の発端は、トリタンTさんのネオン管負荷、ストレス・フリーは良さげに見えて、人に当て嵌めれば、重くても軽くてもダメ、最適ストレスは心身ともに活性化と健康に繋がる
「整流どん」は無負荷、起動時にラッシュカレントが10ms流れるケースがあるだけw 「気にしない」とも云えますが、後は怠惰にふんぞり返る生活だw
ブッチャケ、結果がEEだけに文句はありませんが・・・・・もっと違った人生があるのでは?


自作自演、自作(ダイオード整流)に始まり、自演(ダイオード負荷)で終わる、そんな完結方法って?


ダイオードはメチャ不思議ですが、音質・画質はダイオードで決まる可能性大、何故なら、オーディオAV機器は全てダイオードから始まる、LED、太陽電池ダイオード
中でもイチバン不思議なのは、ダイオード・ブリッジだと考えています、使い方次第で大場家するかも・・・・








音質・画質うるとら柔軟剤「整流どん」の製作



142Vシリーズのシンプル化、削ぎ落しで誕生した最終形


音質・画質向上の肝は、AC100V電気質、ココに逝き着く・・・・AC100Vフィルターが完成し、いよいよオーディオAV機器内部の問題が見え始めた矢先
出川式電源が話題に鳴り、ナン茶出川で遊び始め、スイッチング電源の142V駆動(DC−DCコンバータ化)、142Vパワーモジュール製作へと進んだw
DC−DCコンバータ化が出来る・出来ないと噺が進む中・・・・同じACコンセントに接続されたオーディオAV機器の音質・画質が向上しているコトを発見w
コレってノイズ九州してん蛇ネ・・・・始まりdeしたw


電源トランス無し、AC100V整流&デカ電解コンデンサー・パスで、AC100V電気質は激向上!



コンデンサー容量について・・・


心情的には、ドカンと10万μFとかを連発して、1(100万μ)Fまで逝きたい処ですが、危険ですw
それは、起動時の突入電流(ラッシュカレント)によってブレーカーが落ちる可能性がありますし(タブン落ちる)、コンセントプラグが溶けますw
分かっている方なら、起動回路を組めますが・・・ビギナーの方は欲張らず、コンデンサー容量はMAX2万μFで考えてください
その代わり、数作って(パラレル)で稼いでくださいw トータル容量の飽和点は未だ不明ですが、順次増やしてテストして逝きますw


作り方・・・




除電・イオン化から・・・・コンデンサーの外皮を剥がします、外皮は帯電し易く百害あって一利なし、アルミケース(筒)は電気的に絶縁されているので安心
周囲に銅テープを貼り、イオン化傾向の違い利用してイオン化、底面はマグペレを敷き詰めて瞬間接着剤で固めます




底面に耐圧・容量を記入します、私が重視しているのは耐圧、350V以下のコンデンサーは買わないと決めれば安心して後日で流用可能w



静電気対策として、竹もしくは麻を巻いて、ブリッジダイオードを取付(極性を必ず確認)、端子の絶縁はヒッツキ虫で行いました
絶縁は必ず行ってください、感電はもちろん、もし上から鍵(金属)でも落とそうモンなら・・・花火大会(大スパーク)&鍵が溶けますw
電源ケーブル=コモンモードですから、FMシートを50センチ巻いてCMノイズ対策を必ず行います



ダイオード・ブリッジについて・・・


AC100Vでの使用、ノイズ対策だと考えれば、ショットキーバリアダイオード&FMビーズが良いと思います
作例では普通のブリッジを使用していますが、200V整流を想定しているので、ショットキーバリアダイオードは使えません



この「整流どん」は、80V 100000μFで製作、耐圧が足りないのでシリーズ接続(50000μF)・・・・
前述の通り、耐圧350V以下は買わない主義でしたが、夏前に、アキバのラジオガーデン覗いたら「毎度! EEコンデンサーあるよ、買わない?」声掛けられ・・・
買ったものの、如何すんべ・・・・今回の企画で採用され登場と鳴りましたw
連日、グチャグチャ書いてますが・・・スイッチング電源の142V起動が可能な場合、142Vパワーモジュールは有効ですが、其れ以外は「整流どん」でOKみたいw
142Vノイズ・パス・トラップだと、負荷が付きますが、負荷が働いて電源OFFで電解コンデンサーがスカタンに鳴り、毎回ラッシュカレント・ショックに遣られるw
負荷が無ければ、残留電荷(電圧)のお陰で、ショックが少ないw・・・考え処ですわw
考え様では、負荷があればコンデンサーは毎回リフレッシュされ、電荷活性度が上がる可能性もあるし・・・・どちらがEEのか?













ベイベ〜〜 ダイナマイトSOUND!      ヤケクソだw




       「整流どん」   ”セルドン”と命名 




イデア思いついて、周りを探すと、電解コンデンサーが、何故か余ってるツウ状況・・・・笑えるわw   捨てなくてヨガッタw


相当バカですわ、前代未聞、こんなコトした方居ないデショw 一体ナンの意味があるの? だよなw



コンセントにブッ挿すだけw



「整流どん」はメチャ効きます!


微細な余韻が部屋を漂い、音のディテール、ボーカルのディテールが、空気に溶け出して、音のカタチ(音像)が無く鳴りますw
音にはカタチ(音像)が有ると思ってましたが、分解能の粗さを音像として認識していた、ピンポイント定位もありませんが、音の実在感が高くて驚かされる
硬い・柔らかいで云えば、もの凄く柔らかで、カタチが無く浸潤している様、オーディオを趣味として永いですが、如何に硬い音を聴かされていたと・・・実感
柔らかい音と云うと、トロイ音、ハッキリしない音、モヤモヤした鈍い音、そんなイメージですが、自然界の音は全て柔らかく、硬い音は存在しませんw
定位の捉え処が無いのに、リアルな実在感(立体感)があり、音はメチャ柔らかく余韻が空気に溶けだす様で、高域がキラキラ煌く音・・・・ナニ書いてんだか?
従来のオーディオ・ボキャが崩壊する音、装置はマンマ、AC100Vに「整流どん」付けた噺です
こんなコトが効くとは、考えもしませんでした・・・・手持ちの余り(ゴミ級)でこの効果ですから・・・・全てのコンセントに付けたく鳴りますw


この結果を受け・・・・


リファレンス「整流どん」製作します



ブログ見て、作ろうとお考えの皆様へ・・・


電解コンデンサーは正規で買うと、目ん玉飛び出るほど高価なので、狙いはジャンク品に鳴りますが、、、国産品であれば十二分の性能・耐久性ゆえOK(中古OK)
容量はデカいほどEEですが、ジャンクなので文句は云えません、、、但し耐圧は150V以上を購入して(集めて)ください。


200Vの整流なら、耐圧300Vが最低ライン、産業用インバータのジャンク品が狙い目、耐圧は350・400・450・500Vと高いので安心w
電解コンデンサーは大容量になると、凶器に鳴ります、扱いを間違うと相当怖い体験&火傷します、それも含めて自作の楽しみとは云えますが・・・・
安全?な大容量「整流どん」を考えていますので、製作依頼をされる方も自前購入でストックされるコトをお薦めしますw
なんせ、ジャンクですから、何時もアルとは限らない、季節野菜だと考えてくださいw
ブッチャケ、自作オーディオ永いですが、電解コンデンサーの使い方が初めてワガッタと漢字てますw



コチラは、142Vノイズ・パス・トラップ


リファレンスPCオーディオは、142V駆動できないので、142Vノイズ・パス・トラップで対応w


      コレ、凄いわ!



元々、其のために作ったワケですが、途中に色々あってに、ようやくテストした次第・・・・
コルセアのATX電源の直前に挿入、電気的には脇で勝手に142V整流してるだけ・・・
既に前述の「整流どん」が動作しているので、大差無いかも・・・・そんな予想を遥に上回る 「繊細&柔らかサウンド!」 降参です!


お使いのシステムの中に、スイッチング電源機器が有るならば、是非とも挑戦してください











トリタンTさんより・・・・


試作品だそうです・・・


容量少ないですが、100マイクロファラッドで試しました。負荷はネオン管です。
写真のようにコンセントから抜いてもしばらく点灯しています。

これでも、十分なくらいです。

なお、抵抗端の電圧から、消費電流は約1mAですので、0.1W とかなりエコです。
これなら、テレビのコンセント刺しっぱなしでもよさげです。


いつものボリューム位置で音圧が下がったようです。何故かわかりません。
その代わり、反応が早くなったようです。立ち上がりが早くなったと言えば良いでしょうか。
相対的なものかも知れませんが、、、








見えてきた・・・・


142Vグローバル・フィルター・・・・


ナン茶出川式で、スイッチング電源のDC−DCコンバータ化から始まりましたが・・・気付くと其れは、142Vグローバル・フィルターのカタチだったw


ガスって良く見えなかった絶景音質・画質、ガスの正体はAC100Vノーマル・ノイズだった・・・・




       この違い!




ノイズは消えて初めて分かる


AC100Vノーマル・ノイズ対策は、DBM、デカ・パスコン、コアレス、FMノーマル・チョークなど・・・・当たりとしては、内野安打、巧く逝ってセンター前
長打コースが打てない、とは言え 単打の連打で得点可能でした・・・・でもね、ガツン・ドカンと一発欲しい処デショw
AC100Vノーマル・ノイズ・フィルターは難しいw 例えば、調子こいてパスコンを大きくすれば効果は上がりますが、電力ダダ漏れ、お金持ち様向きw
ブッチャケ、一番最初に作ったAC100Vフィルターは、1カ月で電気代¥15000−でしたw 年間18万円だよw
ノイズの内訳として、静電気ノイズ・ノーマルモード・ノイズ、コモンモード・ノイズに分けられ、夫々対策する必要がありますが、最初はグチャグチャに混ざって・・・
ノイズは超厄介ですから、根気よく、一つ一つ対策を行う必要があり「コレすればOK」そんな王道は有りませんw バランス良く全て行う必要がありますw
ノーマルノイズが治まれば、コモンノイズが目立ち、コモン対策に重点が置かれる、何度かこのサイクルを繰り返し、AC100Vフィルターが完成?しましたw
最期に噛ましたのが、コモン対策としてFMシート100m投入! バランスとしてノーマル対策が甘いのは明白でしたが・・・・手立て(アイデア)が無かったw


142Vパワーモジュールで分かったコトは、コレってACをDCにしてデカ電解コンデンサーでパスってるだけデショw


ACパスコンはシビアで大きくできませんが、DCならデカパスOK、結果的にAC100Vをパスってるのと同じだと気付いたw
スイッチング電源のDC−DCコンバータ化が目的でしたが、AC100Vをパスるコトで、ノーマルモード・ノイズを叩けると気付いたw
ココで、DC−DCコンバータ化は如何でも良く鳴り、142Vノイズ・パス・トラップは、AC100Vフィルターだと気付き、


AC100Vに於ける、グローバル・フィルターだと結論



ヤバイわ・・・俺、、、地雷踏んじゃった・・・


深い意味とか無く、とりあえず3台製作しました・・・内心、フィルターもいよいよ終わりw 3台あれば十分だべ! サッサと片付けて次逝くべ・・・甘かったw


使い方もヘッタクレも無し、コンセントにブッ挿すだけ・・・・



音出しながら、1台挿してみると・・・ 「EEジャン!」「菊わコレ!」



悪魔が囁いた・・・「もう1台、同じコンセントに挿してみ・・・」


         


        変な汗が噴き出した!



           地雷だ!



確認するつもりが、トンデモナイ音が出始めた・・・ダメだ、コンデンサーの容量が全く足りてない・・・


トランス付きのシリーズ電源では、大容量コンデンサーの体験は幾らでもありますw
経験から云うと、理論上はリップル電圧が減って良いと書かれていますが、聴感だとコンデンサー容量の違いは殆どありませんw 有りますが極僅か・・・
大容量電解コンデンサーは大好きですが、経験から大人対応w 普通でINジャネ・・・大体にしてAC100Vを整流してデカ電解コンデンサーでパスるなんて前例が無いw
土壇場で甘さがモロ出たw トランス無しAC100V整流でのコンデンサー容量は物量作戦がモロ音に出るみたいw



          顔洗って出直しだ!



みかん箱に電解コンデンサー詰めて、部屋に積み重ねる必要があるかも・・・もしかスンと負荷は要らない、何故なら電解コンデンサーは漏れ電流あるから・・・



       マジ、、、嫌な予感がする・・・・



製作したノイズ・パス・トラップの電解コンデンサーは、6800μF、2台使うと13600μFですが、音の変化がハンパないw
書いた通り、予測では大差無いハズが「バァ〜〜ン!」その違いはドンドン足したく鳴る音!


音量が下がり、静けさ、繊細感がUFO、まるでビロードのような柔らかな質感・グレード、超アナログSOUND!



メチャ興奮しましたw ナンなのコレ、こんな音に鳴るんかい!



耐圧150V以上の電解コンデンサーを買占めて、全パラで使いたい!





        AC100Vは無数の地雷源だった・・・・



知らんかった・・・・


AC100Vを整流してデカ電解コンデンサーでパスったら、ナンも無いと思ってましたが・・・・辺り一面地雷源だとワガッタw
つまり、一個二個処理しただけじゃ、噺に鳴らん・・・トンデモナイ処に来ちゃったw



地雷源とはオーバーかも知れませんが、言い換えると、AC100Vはそのままでは使えない、AC100Vフィルターには自信ありましたが・・・・
フィルターされたAC100Vは、綺麗な砂漠、水が無い、生物が育たない、荒野、そんなイメージ、、、
色々あって、整流してデカ電解コンデンサーでパスったら、砂漠に雨が降り、オアシスが出来た、、、こんな音出したかった・・・思っているイメージに近づいた


グローバル・フィルターと書きましたが、整理すると、電源改質だと実感!



AC100Vを整流、電解コンデンサー通すと、AC100Vが改質される


電解コンデンサーとは、整流後にDC化する為の手段だと思ってましたが、実はAC100Vに大きな影響力があった、ツウ噺w


電源トランスが無いと、電解コンデンサーの影響力が損なわれず、AC100Vへ伝わるとしか思えない・・・初めて、電解コンデンサーって凄いと漢字た



次の問題は・・・


コンデンサー容量に比例して改質レベルが変るのか?


6800μFを13600μFにした音は、衝撃でした・・・・マジ変な汗が出たw
6800は相当EE音で「効いてるわ〜〜」予想通り、バッチリだ・・・・ヤッターマン
13600にしたら「ナンでこんなに変る(EE)のよ」繊細で柔らか、まるでビロードの肌触り、響きが深くクリアー、ボーカルの肉感が迫るの南野!
ピアノや弦が分かり易いとは言え、ボーカルが全然違う、正に気持ちの伝わり方が違う・・・・
瞬殺・一聴でコンデンサーの容量だと直感! だったら、抜いたら如何よ・・・スッこ抜いたら、元の音に一瞬で戻った!



だったら、ナンも考えず、整流してコンデンサーをデカくしたら・・・・













ノイズ・ブラックホールを極めるには・・・・


ノイズ・ブラックホール命名しましたが、実質的には、ノイズ・トラップ(落とし穴)が正しいかもw
何度も書きますが、ノイズに関して、無く鳴って初めてノイズだったと認識可能でして、元々そう云う音なのか? ノイズに依るモノなのか分かりません、画質も同じw
インプレで書きましたが「コレ以上があるのか?」以上を知って初めて認識できる世界なのです・・・・


案の定、困った問題が発生w


ノイズ・ブラックホールのお陰で、AC100Vパスコンを超えた世界が現れた・・・・つまり、新たなスタートが始まった・・・・
ノイズ・ブラックホールとは、副作用の極めて少ないAC100Vパスコンと云える、パスコンは調子こいて沢山付けると電力ダダ漏れで勿体無いw
整理すると・・・ノイズ・ブラックホールとは、AC−DCデカ・パス対応アダプター、DC変換して無効電力が少ないデカパスするためのアダプターですわw
だとしたら、1個や2個付けて解決する問題じゃない・・・・解決するワケがないw   だよなw
力入れて、ノイズ・ブラックホール作りましたが、コレって序の口かも・・・知れんw


例えば、142V駆動が出来なかったPS3やPC系ですが、パラレルでノイズ・ブラックホール付ければ同じデショw


要は、142Vが大事ではなく、AC100Vノイズが問題であり、如何やってノイズを落とすか?


言い換えると、多数使用が前提の簡易ノイズ・ブラックホール(トラップ)を作る必要がある!







ノイズ・ブラックホール改め、ノイズ・パス・トラップの製作




トリタンTさんから送られてきた写真w


噺が早いツウか、理解が早いツウか、人が苦労して一生懸命作ってる脇でコレだよ、アイデアは隠すのではなくオープンがEE・・・・スグ商品化出来そうな勢いw


家中のコンセントにコレ付けたら凄いコトに鳴るハズw


出来る方はドンドン逝ってチョ、ブリッジと電解コンデンサーの耐圧(150V以上)に注意ネ  萌えたり爆竹に鳴るよんw(写真は萌えた形跡アリw)



AC−DCノイズ・パス・トラップ


整理スンと、AC100Vを整流し、、デカ・パス噛まして、小さな負荷を付ける
問題は、デカ・パスの大きさと、小さな負荷を如何するか・・・・電球が手頃ですが、ノイズを燃やすならダイオード+ネオン・ランプ(複数)がEEかな?





PS3オーディオ用 AC−DCノイズ・パス・トラップ



先日書きました様に、PS3オーディオは142V駆動できませんでしたが、大元にノイズ・ブラックホールが加わり相当改善されました・・・
しかし、如何にも気に鳴る上、トリタンTさんから、PS3のコンセントにAC−DCノイズ・パス・トラップを追加したら「バァ〜〜ン!」だそうで・・・
云われた手前、スルーできなく鳴り、先日ダイオード付けた電球パス・フィルターを改造してチャチャと作ってみましたw



15μFでAC100Vをパスった後、整流(142V)してD・Cチェックバルブ付け、5W電球2個シリーズ(トリタン入り)



ブッチャケ、エンドレスでドンドン良く鳴るw


マジで毎日、PS3オーディオの音質向上が止まらないw、見(聴)違えるほど良く鳴ってますw
142V駆動できないスイッチング電源機器全てに有効かもしれない・・・・原理がカンタンで作り易いけど・・・・メンドクサイw




142Vノイズ・パス・トラップの製作



日替わりで名前がコロコロ変わるので、書いてて混乱しますが・・・読んでる方はもっとデショw
整理すると、142V駆動できる機器と、出来ない機器があり、出来るヤツは、142Vパワーモジュールで対応、出来ないヤツは142Vノイズ・パス・トラップで対応
ちなみに、大元相違い100Vに付けるヤツは、142Vノイズ・ブラックホール
蛇足ですが、電球パス・フィルター機能を持たせたヤツは、AC−DCノイズ・パス・トラップと申しますw
覚えられない? 覚える必要ありませんw 142V対応を始めた方は、この問題に直面するので、嫌が上でも覚える必要に迫られるデショw それでOKw



3種類の142Vシリーズで全てのスイッチング電源に対応可能



皆さん遂に! スイッチング電源を悲観する必要無し!   ヤリましたw



2013、PCオーディオを始めた時、PCはシリーズ電源がEEと知らされましたw   ナンで? 今更? コレが契機でAC100Vノイズ対策が始まりましたw
シアターインストーラーに鳴り、自作オーディオ、特に半田コテ使うヤツは、2度としないと思ってましたが、気付くとコテ握らない日はありませんw
見ての通り、全て基礎研究に近い、シンプルな回路が前提なモノばかり、私の記事にICは登場しませんw 抵抗・コンデンサー・ダイオードトランジスタ・・・だけw
私の作るアンプはトランジスタ1個(1石)が前提、意地でも2個(2石)は使いませんw    時々、3端子レギュレーター(IC)使いますがw
最近、将棋が話題ですが・・・回路設計は詰将棋と似ていると漢字ますw コンデンサーやダイオードは将棋の駒みたいなモン


自慢噺を続けましょうw


スイッチング電源に関する問題も、ダイオードコンデンサーの組合せで解決しましたw
見ての通り、シンプルな組合せと、順番や位置とか向きとか大きさ、プラスで電球使うとか・・・・それだけで音質・画質がゴロゴロ変るw
学校追い出され会社に入り、回路設計を覚えた時、先輩から「デジタル回路は個性が出難いが、アナログ回路には設計者の個性が色濃く出る」云われましたw
当時は、ナンのコッチャでしたが・・・今更ですが・・・実感島栗w  言い換えると、オーディオ回路設計(電源回路設計)はオモシロイ!
今回の肝は、電源トランスを使わないコト、AC100Vをマンマ整流して、デカ電解コンデンサーでパスると、AC100Vノーマル・ノイズがゴッソリ取れるw
AC100Vのパスは、神経使いますが、DCにしちゃえば、思う存分パスれるデショw・・・・正に、コロンブスの卵ですわw   ナンと電源トランスは邪魔モノだったw
電源トランスがAC100Vノイズ防波堤に鳴っていたのよ、無く鳴ったお陰で、電源トランス外側のAC100Vノイズをパスれた・・・笑っちゃうデショw
コレって、スイッチング電源のアタマで遣ってるコトと同じなんですが・・・・電解コンデンサーの大きさが全く違う・・・それだけw


この手法を使えば、オーディオ用(音のEE)スイッチング電源の設計が可能w   だよなw



料理で云えば、下拵え・・・


詳しくないので、違っていたらゴメンナサイw AC100Vは水、綺麗な水・美味しい水など、水選びは重要・・・・お茶やお酒も
整流は、出汁取りでしょうか・・・・出汁の素を使わず、一から行う、根源的な問題ですから、料理の出来を大きく左右するw



142Vノイズ・パス・トラップ



コンセントにブッ挿すだけ・・・


電解コンデンサーは350V/6800μF、D・Cパスして、1KΩ(10W)と電球 超シンプル構成・・・・こんなモンが激効き、笑っちゃいますw
消費電力は16W、抵抗は190℃(定格オーバーですが気にしません)触らなければEEだけ・・・・火傷注意w
電解はアキバの某所で、¥1200−でしたw 正規で買ったら10倍は下らない・・・こんなモン誰が買うのか?  オモシロイ使い方を見つけましたw
産業用インバータ? 200Vを整流するとDC280Vですから、350V耐圧の電解コンデンサーは普通、しかし、アマチュアは使わないので、驚くほど安価w
狙い目ツウか、超マニア向けw



先ずリビングでテスト、飽和してると思いきや・・・呆れるほどの音質・画質w  AC100Vは相当汚いので、フィルターはキリ無いw


画質ノイズに関して、画面から30センチの距離まで寄って、画素に隠れたノイズを探しますが、確実に減っていますw
突き抜ける透明感、画面全体が濡れている・・・・余りに綺麗・・・720P旧ビエラですが、TVを最新型に買い替えた様w
音質は、理解不能な優しさ・繊細感に満ち溢れ・・・・ナニ書いて良いか困ってしまうほどEE音、こんな世界が有ったとは・・・・


驚くなかれ、ブログ書いてるPCの音質・画質まで向上してやがるw


噺の始まりは、ノイズ・ブラックホールでしたが、コイツのノイズ吸引力はハンパないw    夫々、個別のノイズ対策だと考えていましたが・・・・



      今流行りの、グローバルだわ!



強力なノーマル・ノイズ・フィルターの登場ですw


3セット作る予定で、1セット作りテストしていますが・・・・



リファレンスでのテストが楽しみw













ノイズ・ブラックホールは存在する・・・・



フィルターではなく、ブラックホール


フィルターの概念は、濾過機、濾して不純物・異物を取り除く・・・汚い電気をフィルターを通過させて綺麗にする、そんな考えw


ブラックホールは、ノイズを容赦無くナンでもカンでも吸い込む概念、電源ノイズを全て吸い込み、ノイズレス世界を実現する




電源ノイズだけを吸い込むのがミソ      ホントかよw



キッカケは、142Vパワーモジュール


スイッチング電源をナン茶出川式DC142V駆動、DC−DCコンバータとして使い、音質・画質向上を狙う・・・・
リファレンス系では、PS系・PC系はボツでしたが、プロジェクターはOKで、画質が「バァ〜〜ン!」劇的向上! 目出度しメデタシw
リビングのプラズマTVは如何かと、テストしましたがボツ、ダメ元で音楽再生用旧パナレコで試したら「バァ〜〜ン!」トンデモナイ音!



驚いたのはその後!


音が良く鳴りました、ところが・・・・ナンもしてないエアチェック用パナレコ&プラズマTVの音質・画質が「バァ〜〜ン!」


想なんです、142Vパワーモジュールを挿したAC100Vラインがメチャ良く鳴った・・・・コレって、142Vパワーモジュールがノイズを横から吸い取ってるの?
つまり、コンセントに挿すだけで、同じ回路のAC100Vが綺麗に鳴るって噺かよ・・・・理屈として、ノーマルモード・ノイズが吸い取られた?  コレEEかもw



何時も正直に変なコトばかりしているので、滅多に有りませんが、観音(AV)様からご褒美を頂ける場合があるw



142Vパワーモジュールを整理すると・・・・


AC100Vをマンマ整流し、デカ電解コンデンサー(16万μF)使ってパス、直後にD・Cチェックバルブしてるだけw(ナン茶出川式)
コレって、見方を変えると、AC100Vを整流してパスしてるだけ、AC100Vのパスコンは15μF(EZPE)使ってますが・・・


AC100V直だと、15μFでも、整流すると16万μFが使える、ツウ噺だと気付いた!


つまり、ACだとパスコンは無効電力バンバン流れて、大きく出来ませんが、整流してDCにすれば1万倍大きなパスコンが使えるw


何故パスるのか? ノイズを消したい(アースに落としたい)からデショw
ACだと大きなパスコンが使えない、使えるけど電気代がタイヘン、 目的はノイズの除去だとして、AC100Vノイズは整流しても減るワケじゃない(少し減るかも)
だったら、ACでパスるより、整流してパスる方がデカいパスコン使えるから・・・・有利デショw



トランスは邪魔だって


142Vパワーモジュールと普通のシリーズ電源との違いは、電源トランスの有無でしかないデショw
シリーズ電源をACコンセントに挿したら、AC100Vが綺麗に鳴る・・・・んなワケ無いべ、そんなコト言い出したら、AC100Vフィルター要らんだろw


ところが、トランス無しで整流し、デカ電解コンデンサーでパスると、大きく状況が変わる



もしかして、電源トランスはノイズ防波堤だったの?    デショw



防波堤(トランス)は大事、でも今の噺は、外海(AC100V)の波自体(ノイズ)を穏やか(綺麗)に出来ないか?


AC100Vノーマルモード・ノイズを吸い取る方法があるかも・・・・そんな噺w
AC100Vをトランスを通さず整流して、デカ電解コンデンサーでパスると、結果としてAC100Vにデカ・パスコン付けたのと同じに鳴る
ACでは不可能なコトが、整流してDCにすれば可能に鳴る・・・・



トランス無しで整流、デカパスすれば、ノイズ・ブラックホールに鳴る 仮説ですよw




写真手前が、現在使用中の相違いAC用パスコン(15μF)   コレの代わりにノイズ・ブラックホール



142Vを作るシリーズ電源に見えますが、142Vは抵抗(2K)に流して12Wを消費(熱変換)させるだけ・・・・
目的は、AC100Vをトランス無しで整流し、デカ電解コンデンサーでパスるだけ、142Vには何の意味もありません
AC100Vを両波整流すると142V、電圧云々ではなく、デカ電解コンデンサーでパスりたい(使いたい)だけ・・・・奇策中の奇策w




ケツにブリーダー抵抗(2K)付けて、12Wの負荷として製作w


馬鹿げたモンですわ、AC100Vノイズを吸い込ませるための142Vブラックホール、ホントに美味く逝くか如何か・・・・
ちなみに、15μFのパスコン使うと、50Wの無効電力喰われる(2個で100W)音質・画質の為とは云え、現代のECOとは逆行してるワナ
142Vブラックホールなら12W(2個で24W)で済む・・・・


とは云え、ま〜だデカい・・・・



トリタンTさんのアイデア頂いて・・・・5Wまで下げましたw  ごっつぁんです!


負荷無し(0W)でも効果はあるかもしれません・・・・ナンですが、負荷が有れば電流が発生し効果(吸引力)UPが期待できると考えています
電球効果も期待できるし・・・但し流し過ぎは勿体無い





     弩級いんぷれっしょん・・・



分かったフリして、凄い効果が有りそうな大口叩いてますが、分かってませんw   ブッチャケ、インプレはビクビクもん「効果無かったらEE訳どうすんべ」
果たして、ノイズ・ブラックホール現象(AC100Vパラレル接続でノイズを吸い取る)は存在するのか? ドキドキしてますw
例え、有ったとしても・・・・「ナンだ、こんなモンかよ」「有っても無くても大差ネェ〜ちゃん!」騒ぎ杉、余りにも大袈裟杉、かも知れんw
エイプリル・フールするには早杉、だよな・・・・久々ビビってますw
PS3オーディオ&UCD180を使い、ガチ聴きしましたw 大雪ボーナスも終わり、音は普通に戻ってますw ツウか、それでも相当EE状態「コレ以上あるのか?」
パスコン外して、ノイズ・ブラックホールに換えるのが目的ですが・・・・パスコン外せば音質・画質が低下するのは必定ですわ、ワザと下げて上げても意味無いので
パスコン付けたまま、ノイズ・ブラックホールを足し込んだら如何鳴るか? そして相当良く鳴るのか? が問題デショw



念入りにウォームUP


天気は変わったし、アンプは新しいし、各種対策したばかりだし、安定した状態に鳴るまで・・・・ウォームUP、俺は一人でガチ・モードですわw


「決め打ち!」使った曲は・・・・



コレって再生難しいのよ、フィルター無かったら、煩くて聴いてられない、、、有っても相当追い込まないとダメ・・・


1979ですから、昭和歌謡全盛期、アナログ・オーディオ全盛期、音楽業界全盛期、EE時代の音楽、当時は普通に高音質でした・・・・TVの音も良かった時代
当時のAC100Vは、デジタル機器皆無でしたから、相当綺麗でした・・・・ところが今じゃ・・・ですから、当時の音はカンタンに出せません・・・・
40年前のサウンドが出せないから、オーディオが廃れた、ナンと皮肉なコトか・・・笑って済まされる問題ではありませんw
貴方がもし当時モンなら、音を思い出してくださいw



八神のボーカルは、付帯音・透明感・浸透力・伸び等破綻し易い部分が多い上、伴奏の分解能・付帯音・トランジェントなど聴き処満載! EE/悪いが一発でワガルw


現状、苦手な部類に入り、あと1歩(一歩が遠い)2歩のレベル、PS3オーディオでは微小再生音のディテール・グレードが追い付かないw
その代わりとして、電源ノイズ(嫌な音)拡大鏡に鳴り、分かり易い・・・・オススメですw
美味く鳴らせれば、脳ダイレクト! 八神のボーカルは官能世界でノックアウト!



もちろん、フルパワー再生!  ヘタすると音の拷問・折檻、貴方は耐えられるか?



音量がダウン! 付帯音激減、透明感UPでボーカルの浸透力が脳ダイレクト!


果たして、変わるか心配でしたが、、、瞬殺で激変、別モノ、音場の奥行が深いの南野、全体スケールが大きく鳴り、中ホールが特大ホールに鳴った様・・・・
八神のボーカルは優しく透明でグイグイ持って逝かれる・・・・弦楽器・ピアノ・管楽器も同様、同じオーディオ・システムとは思えない・・・
ノイズ低減効果はバッチリ!  しばし茫然・・・・ホントにノイズ・ブラックホールだ、スンバラシイ! ノイズレス世界
相違いAC100Vに、142Vブラックホールを2セット、消費電力10Wでココまでノイズが減らせれば最高! 堪りません!



ノイズ・ブラックホール効果とは・・・・


新方式・新発見のフィルター(従来の考えではありません)だと思います、回路図を公表しますので、分かる方は、是非お試しください
AC100Vラインへのパラレル接続で、重畳するノイズを横(脇)から吸い取るアイデア  AC100V世界は良くワガンネ! ワケワカメですが効果に普遍性あり
ブッチャケ、普通のシリーズ電源からトランスを外し、デカ電解コンデンサーパス&D・Cチェックバルブしただけ、ノーマル・ノイズがバンバン吸い込まれる
結果的にトランスがノイズ防波堤に鳴って、向こう側のノイズに手が出せなかった・・・トランス無しで外側のノイズを引っ張り込んで綺麗に出来る
理屈がホントか如何かは・・・ですが、体感・聴感を書くと、こんな漢字w


単相3線式の相違いに夫々付けると、ノーマル・ノイズをゴッソリ落とせる(正にブラックホール