LED & EDLC


EDLCの音質・・・・


トリタン氏が開発したTKDパスで注目されたEDLC(電気二重層コンデンサ)、電解コンデンサーでは不可能な超大容量を誇り、電池なんだかコンデンサーなんだか・・・
所謂、新宿二丁目世界がオーディオAV世界に浸出して北w ブッチャケ、大歓迎ですわ、、、高齢化したオーディオAV世界に新人チャン登場!!!


電池とコンデンサーのEE処鳥かも・・・・知れんw


秋月で買ってテストじゃカッタルイですが、今や標準在庫ですから・・・・テストし放題ですわ、、ツウわけで、EDLC弄りますw 果たして新発見はアルかな?
LEDパスとEDLCの相性はINジャネ・・・・つまり、LEDパス(イオン化)はEDLCを変える可能性があるかも・・・・



耐圧2.7Vの意味・・・・


ココが深いわ、EDLCはシリーズ接続が前提だとして・・・・想定している用途はナニ?



EDLC&LEDパス



PCオーディオ、CPU電源(12V)にEDLC(5S)&各種LEDパス




LEDは、赤外・赤・緑・青を夫々・・・   超ギリカス狙いw


CPU電源に関して、既にLEDパスを行っており、今回は赤を追加で入れました・・・・
PCオーディオに関して、CPU電源のLEDパスは激効き・ゲロゲロ大変化! 変化のベクトルは全て同じ、繊細感・透明感そして煌く高音、一度聴いたら戻れないw
歪感のないピアノ(右手)・エレキギター(高弦)・バイオリンが堪りませんw 脳ダイレクトで沁み込んで来る・・・・オーディオ冥利なサウンド



ツウわけで・・・・


今回のテーマは、EDLCパス・・・・


EDLCは、コンデンサーと電池(バッテリー)の新宿二丁目ですから、果たしてパスなのか・・・・ワガンネw
言い換えると、EDLCで電気質が変るのか? オーディオAVでガチ使いできるのか? 試金石ですわw
EDLC50Fですから、5Sで10F(一千万μF)、ナンと申しましょうか、言葉出ませんw  果たして変わるの??? 良く鳴るの???
TKDパスでその威力を見せつけたEDLCですから、期待はしますが・・・ブッチャケ、良く鳴ると各部の見直しが必要ですから、メンドウなコトに鳴るw



                 


             蕩けるわ・・・



EDLCはEEですわ、コンデンサーでもない、電池でもない、しかし両方の良さを兼ね揃えている・・・・
音がEEだけじゃありませんw ラッシュ・カレントが抑えられるか如何か知りませんが、EDLC付けてPCが起動するんよ・・・・
ブッチャケ、起動するか相当心配しましたが・・・OKでしたw 但し、シャットダウン時に外さないと拙い・・・・詳しい方なら・・・デショw
そんな欠点がありますが・・・音聴いたら堪りませんw
















パワーLEDの可能性・・・・



コレってLEDのIC化?



直Lを作ればワガルけど、兎に角メンドウですわ・・・・集めて1個にしたヤツ無いの?   これデショw


マジでLEDが増えると、次元が変る・・・・100個200個300個、作り始めると・・・・止まらんわw
最初は、ナンとか工夫して、コスパ云々なんて考えましたが、途中から・・・・グタグタ云わず作りゃINだろ! 考えない方が楽だしw
ハッキリ云いますと・・・・クルマでも最低100個は必要でして、オーディオAVなら500〜1000個は要る
ブッチャケ、半導体の量に比例して効果が上がるのは明白・・・・だったら、考えずに逝く処まで逝くか・・・チト待てよ、、少しは楽したいBe


最初、LEDは少数で大きく変わり驚かされます、だったら物量噛まして・・・すると飽和したかなぁ〜〜ツウ処からジワジワ変わりはじめて止まらないのよw


カンタンな噺、放置しておけばOK、勝手に変ってしまう・・・・LEDトンデモ御座いませんw


今後の課題は、大元ブレーカー(単相三線)にの特大直Lを如何入れるか・・・・言い換えると、LEDを使って家全体のイオン化(活性化)



パワーLED(3W)テストしました


ブッチャケ、キリ(飽和感)がありませんが・・・LEDは足すほど良く鳴って逝きます、繊細感・艶・優しさなど、音楽家の気持ちがダイレクトに飛んできます
付けたり外したり・・・・試聴しますが・・・・一度足したら元には戻せない
高輝度型は、超敏感なので、各種LEDを混ぜ、ギリカス・ビタビタ点灯(消灯寸前)を狙ってください・・・・・
パワーLEDがあれば、普通の各種LEDが不要かと云えば・・・・必要だと思います、飽和感が無いので、足せば足すほど・・・・深みに嵌る


必ず飽和点があると思いますが、まだ聴こえてません











LEDイオン化・・・・



アイドリング時のオルタネータ電圧、走行中は14.55まで上昇



バッテリー電圧が13V以上・・・・


時間経過と共に、活性化するのか? 電圧が上がってしまい、ギリカス点灯させるために、LEDを追加する必要があります(7個から8個へ)
走行20万キロのクルマとは思えません・・・・



















この動画見て、納得するのは、大学を目指す受験生だけデショw


知識として覚えないとダメな人には通用しますが、関係無いオヤジには「自由電子ってナニ?」其れって見た人居るの?  全部御伽噺デショw



導体・絶縁体・半導体、ところで、俺はナニ体なの?   タブン自由電子かもw


つまり、学問とは前例に基づいた理論構築でしかなく、とりあえず否定できないから賛成するだけの噺でしかない、対抗する理論が無ければ定説に鳴るw
林檎は木から絶対に落ちるし、1+1=2は反論できない、Ωの法則も同じ、でもね・・・誰も見たコト無い電子を前提に説明されて、貴方は信じますか?
電子のスピードはカタツムリの速さですが、電気信号は光に近いスピードで伝わる、噺がピーマンだべw



でもね、、見えない電子が方便として通用するならば・・・・



半導体自由電子を使うと、全ての物をイオン化(活性化)可能



私が書くと、御伽噺ですがw こんな仮説を立てましたw
ラジウム・イオン化は、放射線による電子の剥奪が起き、物質が不安定に鳴る、不安定は安定を求め、電子再配列が起き、物性変化&活性化が起こる
マグネシウム・イオン化は、イオン化傾向の高さによる電子不安定が周りに伝搬、安定を求め、電子再配列が起き、物性変化&活性化が起こる
半導体イオン化は、0〜Vf電圧が印加され、自由電子が動き始めると、半導体が不安定領域に入り活性化、電圧が上がると導体へ変化(SWがON)して安定動作が始まる
半導体は安定領域で使うのが常識、安定させておいて制御を加えて目的の動作を行う・・・・例えば、A級アンプはアイドリング電流をバンバン流して使うデショw
ストーブみたいに熱く鳴り、滅茶苦茶効率悪いので、アイドリング減らしたのがAB級アンプですわ・・・効率上がりましたが、半導体は安定領域での動作ですw
半導体はスイッチなので、1がON 0がOFFとして使ったのが半導体モリーですわw トランジスタじゃ効率悪いのでMOSFETが使われてますが・・・
これらの噺は、半導体を安定領域で使ってナンボの噺でして・・・半導体を不安定領域で使うなんざアリエナイ噺でした・・・・
言い換えると、半導体は不安定領域では使えない・・・・だよなw
ところが、半導体を敢えて不安定領域で使うと・・・・ジラされてイオン化(活性化)するんよw  ブッチャケ、腫れるんよw  つまり腫れモノですわ
イオン化は伝搬すると数年前に書きましたが、半導体がイオン化すると、周りに伝搬し、巻き込み型イオン化が怒る!
イオン化は対象物との密着度で効果が決まる、接着したり、塗ったり、ブログの中に良く出て来るデショw


愛情や気持ちを伝えるとき・・・無意識に抱きしめるデショw


自然にする握手も同じ、理屈じゃありません、相手に伝えるには、満足するには、ピッタリくっ付く必要があるのよ・・・・言い換えると、伝えたいから抱きしめる
手を握る、手で擦る、手当なんて正にイオン伝搬、手からナンか出てるとしか思えない、絵画・彫刻など手から出たイオンが作品に伝搬する



つい先日、東山魁夷のホンモノみましたが・・・凄いパワーに圧倒されましたw


強い気持ちが手から作品に伝わり、充填される典型ですわ・・・
イオンとは「人の気持ち」みたいなモン、、、、イオン化は、イオン化したモノとくっ付けると、イオンの伝搬が怒る、伝わっちゃうのよw
半導体イオン化に噺を戻すと・・・LEDがイオン化すると、接続された電源に伝搬してイオン化するんよ・・・御伽噺デショw



イオン化 = 物の状態 = 「人の気持ち」




こんなモンを空きコンセントに挿して、ナンで音質・画質が変るのか?



こんな仮説(御伽噺)でも立てないと説明デキンw








赤IN・OUT線(赤内・赤外)




赤LED(秋月・千石)は、Vf1.5VでGOOD! 


直Lで88個、ギリカス点灯以下「点いてネェ〜よ」でOK 
色々実験する中、マジで消灯寸前がEE! 光ってナンボだと思ってましたが・・・・光っちゃダメなのかもw
特にAC100Vで直Lの場合、電圧振幅は0〜282Vですから、50HzのビートでGOGO! 素晴らしい繊細感と垂涎の高域再生は涙モンw
ポイントは、コレじゃ暗いデショがEE! 消えてる様で、LEDはキッチリ仕事してるみたい、電気喰わないのもGOOD!・・・・是非ともご参考ください



Vfは低めに設定しましょう・・・・


クルマのLED数が少ないかも・・・知れん




















直L電気質改善


色々試した結果、LEDパスは、直Lが結論だと考えています
LED不安定領域ギリカス点灯は、オーディオAV、音質・画質向上に有効、AC100Vフィルターでは取り切れない高域再生の不自然や、DTM特有のクセにも有効
LEDの種類による違いはありますが、物量投入(500個位)で再生音全体の品位が驚くほど向上、一度知ると元に戻せない魅力があります
LEDの種類・数量が増えると、異種LED間で干渉が起きている可能性大、其れは相乗効果として再生品位向上に働いているのか? 是非体験してください
LEDをAC100Vでギリカス点灯させるだけ、超シンプルな手法でココまで変えられるとは・・・自作する必要がありますが、低コストそして、努力は報われますw
画質は、透明感・立体感・ディテールの解像度UP、動画解像度は変わりませんが、動きの滑らかさは特筆モノ・・・・デジタルAVの必須アイテムだと思います
物量投入=飽和限界点まで逝くつもりで、挑戦してください、AC100Vフィルター前提条件と鳴りますが、上には上の世界を存分に楽しめますよ
ご自分でハンダ付けされて、音質・画質が向上する快感は堪りませんw LED(半導体)の不思議を是非とも楽しんでください
EDLC(100F)は近日販売しますが、とりあえず無くてもOK・・・・後日プラスしてその効果を楽しめますw(2度美味しいw) 



作り方・・・・





私は、ハンダ付けがヘタクソ・・・・・こんなんでOKと考えてくださいw


緑LED75個、7CM*9CM万能基板(中華)


初めての方は、5mmLEDがオススメです、銘柄はナンでもOK、万能基板は中華で200円、コンセントPと配線材(ナンでもOK)を用意
LEDは方向を揃えて(どちらでもOK)基板に挿し込み、S字の様に配置(写真を参考)、折り曲げてハンダ付けします
LEDの数75個は、アナログですから・・・絶対値ではありません、ギリカス点灯狙って調整してください・・・他のLEDでも同様
工作苦手な方は、基板を大きく、部品間隔を大きく・・・・ブッチャケ、一度作れば感激して、ドップリ嵌るので、何枚も作る羽目に鳴り、工作が上達しますw
LEDギリカス点灯(不安定領域動作)の物量投入は、オーディオAV、クルマを大きく変えます・・・・
ザックリ申し上げて、活性化・高効率化、つまりイオン化のカテゴリーに入るのでは?・・・・放射性物質マグネシウム、そして半導体不安定領域動作でイオン化できそうw
電子は目に見えませんが・・・・電子ストーリーの始まり この噺、世の中を大きく変える可能性が・・・



コードの先端にチョコっとハンダ付けすると、コンセントPの製作が楽ですよw



先ずはココまで挑戦してくださいw  まだ先がありますw



基板の余白に青LED(角タイプ)を60個付けます



LEDの向きは揃えてください





コアブリッドB(除電テープ)で絶縁&ダイレクト除電



EDLCを取付て完成!





赤外線LED 128個  赤LED 88個




空きコンセントにブッ挿すだけでOK、音質・画質の世界が大きく変わりますw



皆様、ドンドン挑戦してください!  見てるだけじゃ変わりませんよw

















クルマにLED物量投入!



飽和限界点があるのか?



同色で数入れるのかのか? 種類を増やすのか? その両方なのか? 分かりませんが、とりあえず増やしてみました・・・・
12V(14V設定)なので、大した数ではありませんw



キラキラ・・・ 


飽和するかな?  と思いましたが・・・・ボディーブローの様に効く!


走り始めて・・・感動や衝撃は無く「飽和してるべ」そんな感触でしたが・・・・暫く走ると、乗り心地、滑らかさがUPしている、プラスで車体剛性が上がった???
ハンドリングの遊びが減り、ダイレクトな走行感+アクセル開度がより減った様な・・・・1000rpm辺りのトルクUPを実感! (アイドリングは750rpm)
上昇カーブの角度は相当減りましたが、上り調子はマンマ、ジワジワとクルマ全体に作用している漢字で、走りながら時間と共に良く鳴って逝く漢字・・・・
燃費もジワジワと伸びている・・・コレは面白い! もっと足したら如何鳴るか?



LEDが光る時、電子がナンちゃらして・・・・だとスンと、LEDの数に比例して効果が大きく鳴る、ツウ噺は道理かも知れん



初期変化が大きくて、その後大陸状態が続き、最期の大変化が有るやも知れんw
最終ゴールがナンなのかワガンネ〜 ですから、ドンドン足して最終ゴールを見極めなアカンですわw
オーディオAVとクルマの同時進行ですが、どちらかが飽和すれば全体像が把握できる、AC100Vに比べ、DC12Vはその試金石に鳴ると考えます

















直Lとデジタル画質の関係・・・・


LED(半導体)によるAC100V電気質改善と、デジタル画質の関係
音質に関して、LEDをギリカス点灯しても、デジタル・スペックが向上するワケではありませんが、、、高域を中心に大きく音質向上が実現
上には上が・・・リファレンスPCオーディオの音質向上を聴くと、リファレンスAVシステムに不満が出て来る、ブッチャケ、置いてけ堀状態
今迄も想でしたが、音質に関しては、同じコトすれば同様に音質向上するデショw  でも画質は如何見えるのか?  ブッチャケ、想像できませんw



半導体って・・・・


真空管から半導体へ代わり、ダイオードそしてトランジスタが開発され・・・整流や増幅に使われましたが、一寸前まで半導体=メモリーでしたw
青色発光ダイオードが発明され、LED(半導体)は照明器具として使われ出したと思ったら、実は太陽電池半導体だった・・・・
悪戯してたら、偶然、LEDギリカス点灯でクルマが速く鳴ったり、音も良く鳴るコトがワガッタ・・・・すべて半導体の仕業だよw





赤LEDを試すと・・・・


量噛ませば、色は・・・・なんて書きましたが、赤LEDのデータが無いので、試してみるコトに・・・・




赤は青と同じく敏感で、反応が早く、直Lでギリカス点灯に87個使いました


RGBではRとBが敏感、BはVfが高く、RはVfが低い、関連性はワガンネ、敏感に漢字るのは、人の網膜との相性かも知れませんw メモする程度でOK
目で見るしか方法がありませんが、LEDはギリカス点灯でナンか怒ります、ナンですが理論は全くありませんw
色の違いと、数量による効果の違いは整理できない、所詮、私が漢字るレベルですから、白須の意見程度だと思ってくださいw
つまり、色の違いは少数なら整理できそうですが、数が多く鳴ると物量効果が大きく鳴り、色の違いが整理できなく鳴る・・・・あくまで今夜の意見だと思ってくださいw


明日の心はワガンネw     逝ったモン勝ちw



プロジェクター用に作ったビンテージ直L


1個3円、捨てようかと思いましたが、勿体無いのでギリカス狙いで作りましたw タブン40年は経ってると思いますw 難点は不良率・・・3%は不良
ツウか、経時変化で半導体が錆びている・・・・CDやLDの錆びと同じで、リード線部分から湿気が入り酸化している模様w
透明LEDでギリカス狙うとこんな漢字で光る・・・・皆さん、ケチらず新しいLEDを買いましょうw    ケチると返って手間喰いますよw



AVシステムのインプレ!



AV信号系に直L接続、リファレンスPCオーディオのヤツを使いましたw


音質向上はPCオーディオと全く同じ、高域再生が素晴らしい! 今やピュアオーディオとAVサラウンドの音質差は無いと云える・・・・苦節30年掛かりましたw
ピュアオーディオとAVサラウンドの比較は意味が無い・・・もし差があるなら、貴方のシステムはノイズ対策が甘いだけ・・・・ですわ
加えて云うと、DTSなんチャラも関係ありません、ドルビーサラウンドでOK、ツウか最高です。  私はサラウンド・モードに興味が無く鳴りましたw


ナチュラルなサラウンド感は最高! 正に音に取り囲まれ・・・至福の時間を過ごせますよw


実は、コレってサラウンド不要論でもあります・・・・AVはサラウンドじゃ無きゃダメ! もし想なら、貴方は不幸なAVサラウンドしか知らないだけ!
超過激なので書くの止めますが、、、自然なEEサラウンド音聴くならステレオ2CHでOK、サラウンド・スピーカーは要りません


何故なら、極論申すと、AVでスピーカーの位置が分かる鳴り方自体が糞



画質は・・・・


AV信号系に直L付けても、デジタル画質フォーマットが上がるワケではありません・・・・音は高域が改善されましたが、、、画質は如何よ!


160インチで見て、透明感とディテールの解像度が上がりました・・・・極僅かですが、、、ハッキリ分かります・・・標高3000mでの100mUPの世界
透明感がUPして「想だったんだ・・・」大した違いじゃありませんが・・・一度見たら戻れんわw   まるで画質特捜部w






プロジェクターに直L噛ましたら・・・・



今回のテーマはコレ・・・



画質の不満とは・・・・


ノイズが減って透明度が上がり解像度が向上・・・・モヤモヤ・ノイズが取れ、スッキリ澄み渡り、透明感UP、ピントが合うイメージ、視力が上がるイメージ
透明度と階調は密接に関係しており、暗部に鳴れば鳴るほど、階調性と透明感の両立が求められます・・・・階調=解像度、光に輪郭線は存在しませんw
1日の半分は夜ですから、人の視力は暗い処で性能を発揮する様に進化してきたのかも・・・・聴覚同様、視力も高性能なのです
解像度とは、2K(1920*1080)4K(3840*2160)の違い、木目細かさの違い・・・2Kより4KがEEのは誰でもワガル



画質の不満は、動画と静止画の解像度アンバランス


固定画素の場合、解像度スペックが上がれば上がるホド、解像度アンバランスが酷く鳴り、動画解像度が低下してストレスを漢字ます
大画面スクリーンだと、余計に目立つ! 聴覚同様、人は一旦関心を示すと、その部分を追い掛ける習性があるため、アンバランスに気付くと厄介なのですw
例えば、カラーブレーキングは一旦見えると、脳が勝手にその部分を追い掛け始めて、ドンドン見える様に鳴ってしまう、、、、
固定画素の動画処理スピードは、光の速さに遠く及ばないので、画面が動き始めると、解像度が極端に下がってしまう・・・・
2Kから4Kに鳴っても、動画処理スピードが同じなら、解像度アンバランスは2倍に増える・・・・悲惨ですわw


解像度は上げるな!   ってコトですw


下手に解像度スペックを上げると、解像度アンバランスが増え、不自然な画質を見続ける羽目になる・・・・粗が目立ってストレスに鳴る
ブッチャケ、60インチTVなら、問題に鳴らないコトが、160インチだと大問題に鳴る・・・・大画面スクリーンはこの問題に晒され続けてしまう・・・・


直Lで如何変わったのか?


ノイズが減って解像度が上がると、解像度アンバランスが目立つ、なんと皮肉なコトか・・・・


残念ながら、動画解像度は変わらず・・・・・   だよなw そんな道理は無いワナ   しかし!



動画の滑らかさが「バァ〜〜ン!」


テストで使用したバレエ映像は、階調・解像度・動きを見るにはピッタンコ! ツウか、コレが低いと見れたモンじゃない・・・・
特に手足の繊細な動き(動画性能)は肝に鳴ります、動画解像度は変わりませんでしたが、動画の滑らかさは見たコトないレベルまで向上!


オルガ・エシナの美しさと、繊細な踊りが冴えわたり、集団で踊るシーンの滑らかさはバツグン!






もうバレバレ・・・


実は、Xeonと1080グラボの問題もココに有る、1080は8K相当とか云われてますが・・・・そんなモンをプロジェクターが処理デキンのですw
ナンと皮肉な・・・・現用FL32の処理能力が低く、データ多杉でプロジェクターがテンパってしまうみたい・・・・
バレエ見て分かったんですが、PS4proの解像度を1080P/60Pにすると、プロジェクターが悲鳴を上げる、60Iでカツカツだとワガッタ!
ところが、1080グラボで1080P/24P再生すると、超絶画質に鳴る・・・・皮肉デショw
つまり、4Kなんてモンに飛び付くと最悪なのよ、スペック上げれば上げるホド、処理が追い付かず解像度アンバランスに悩まされ、低画質に苦しむ羽目に鳴るw
一体、ナンなんデショw 動画バッチリだったCRTプロジェクターが懐かしいわ

















直Lチューン



整流不要AC100V直ギリカス、各種LEDをミックス、LEDは物量噛まして、EDLCを入れる


効果は数値化できないので、LEDを味見感覚で色々使えばOK、楽しんでくださいw 但し、ギリカス点灯で量は気張ってくださいw
超シンプル(ざる蕎麦)ですから、LED(半導体)の違いを楽しめます、赤外線LED(低Vf)がオススメですが、其れだけじゃダメよ、色々混ぜてネ
LEDのVfをシリーズ(直列)で使うので、AC100V直だと数が必要なのが玉にキズ、コンデンサーや抵抗使えば数減らせますが・・・・お好きにどうぞw
今後はパワーLED(照明用)をギリカスで使ったら・・・・最先端な半導体ですから興味が尽きないw



美味く鳴れば、驚異の高域再生が実現


我慢のオーディオから解放される・・・・CD登場以来、ADに比べ高域の情報量減には悩まされ続けて来ました・・・・プラスで付帯音が憑くから厄介
弦楽器の高域の抜け、艶、透明感、そして響き、ピアノの右手、ソプラノの伸びと浸透力、エレキの啼き、シンバルのキレ、全て大事な部分ですが・・・我慢して北!
何時しか、音量が下がり、聴き易い音を求め、諦めのオーディオが蔓延・・・・挙句に衰退・廃れ・消えて逝く・・・・チョッと待った!!!
脳天を突き抜けて逝く高域、山葵の涙高域ではなく、快感な高域の輝き、音量を上げたくなる高域、70年代は聴けた高域・・・正にキツイ縛りから解放された麻薬サウンド
最初、DTM対策かと思ってましたが、音質・画質向上のための電気質改善だと気付いた・・・・


例えば、レッドツェッペリン・ディープパープル・ピンクフロイドが、2018にデビューしたとしましょう、高域がキンキン煩くて聴けないデショw
当時はレコードでしたし、電源もそこそこ綺麗でしたから、決して最高と云えないまでも、十分楽しめましたし痺れた、ボリューム上げて怒られた方が多いと思います
オーディオは恐ろしく進歩して、夢のサウンドに鳴ったかと云えば、NO! ブッチャケ、当時の音は出ないため、懐かしむコトも出来ず、廃れてしまいました・・・・
オーディオ業界は、この問題に誰も取り組まないし、AC100Vを疑問視すらしません、ハイレゾに答えが有るとでも思っているのか・・・・
このオーディオ癌の源発がAC100Vに有ると考えています、ですからAC100Vに拘っているのです





見ての通り、120個も付けてしまい、使ったのは75個・・・勿体無いデショw 邪道? 残り+抵抗(47K)でギリカスもう一丁作りましたw






直Lはコンセントの極性関係無し、シコシコ作ってAC100Vへ挿せばOK、EDLCが効く原理も良く分かりませんが、何故か効いているみたい・・・・
もしかスンと、LEDの方向を無視して作ってEEかも・・・・ダメです! 方向は必ず揃えてください!
余りに単純・カンタンなので、ハンダ付け初心者でもOK、LED点灯キットよりカンタン、ナンでこんなモンが効くのかね?  書いてる本人がワガンネw
LEDは明るく点けてナンボですが、LEDの数を調整し、ギリカス点灯に拘ってください、LED(半導体)の超不思議な世界が楽しめますw



サブでテストしてOK、リファレンスに接続すると・・・・



イヤイヤ、もの凄い効果で舌巻いた!


イキナリ、120個ギリカス点灯させたら、高域再生の次元が「バァ〜〜ン!」
LEDの種類と効果について色々書きましたが、量噛ますとトンデモ御座いません! 皆さん、コレは作るしかない、LEDの物量効果は特大!
LEDの種類でグタグタ悩むより、ナンでもEEからシコシコ作った方がEEですわ、足せば足すほど良く鳴るハズ、黙って100個単位で逝きましょうw
「整流どん」デラックスの数とペアリング+αで考えてください、直Lですから、回路で悩む必要無し、覚悟決めて作りましょう、まだまだ上がありますよ!
最低500個は必要、100や200じゃ序の口ですわ、計画立てて、逝きましょうw LEDによる電気質改善は、貴方を裏切りませんw


その後、追加でプラスすればするほど、ドンドン良く鳴り、途中から開いた口が塞がらないわ・・・・



音量もガクっと下がり、高域の透明感、繊細感、そして滑らかさ、そして、音楽の優しさ、豊かさに圧倒されっ放し・・・



いきものがかり YELL  憑き物は相当改善され別モノに・・・


それまで60点でしたが、90点は超えている、残りはLED物量投入で逝けそうな・・・・甘いか?






























驚異のクルマLEDチューンUP



LEDチューンUPは驚異の変化を体感!



クルマにLEDを付け、数を増やし、時間が経つと・・・・トンデモナイ事件が起こります



パワー・トルク・燃費なんてアリキタリな噺じゃない! クルマ全体が別モノ



LEDで、パワー・トルク・燃費UPなんて噺も凄杉ですが・・・
暖気が終わり、アイドリングは高めで安定していますが、エンジン音・振動が殆ど無く鳴ります、エンジンが回っているとは思えない静けさ・・・・
FANレスにして1年、スグ弄れるように、バッテリーカバーは外して、運転席からエンジンが覗けるほどスカスカですが・・・静香で振動無し、、、気味悪いわ
その変化は、LED付けてから顕著で、ワケワカメw ナンで振動が減るの? 音が静香なの? メカ弄って無いよ・・・・
アイドリングSTOP機能は付いてませんw 以前に数回試したコトがありますが、燃費が変わらないので止めました・・・・ストレス感あるし・・・
当時のクルマは、エンジン始動から数十秒は燃調リッチで、アイドリングSTOPは意味無い上、燃費向上は×、頻繁に行うと逆に燃費が悪化してしまう・・・
ツウか、燃料インジェクションのエンジンはリッチじゃないと始動しないのよ、現代のクルマは、PCがお利口さんですから・・・キャブ車の様に大丈夫w 
トリタン氏のてコメントで思い出し、試してみると・・・アラ不思議、静香で振動減ったからスムーズな始動でスンナリ逝きますw



LED以降・・・・乗り心地バツグン! サスがしなやか、まるで雲の絨毯に乗ってるみたいな走行感、操縦性バツグンで、滑らかなハンドリングは「ナニこれ!」
別のクルマみたい・・・・ツウか別モノだわ、エンジン音はじめ、乗り心地、ハンドリングに至るまで、変わり杉・・・・説明できないし、誰も信じないデショw
理由はLED付けたから・・・・アリエナイわ  走行20万キロのボロで、先日「何時まで乗る気なの?」と20年来のお客様からシミジミ云われたw
「クルマに拘りが無いのが羨ましい」とまで云われた・・・まるで無頓着だと思われていますが・・・トンデモ御座いませんw
仕事のクルマですから、普通に走って燃費良ければOK、拘りはありません、ところが、不満が無い上、ドンドン良く鳴るので、愛着すら・・・変なクルマw


トリタン氏のコメントに有る様に、知らぬ間にEEクルマに変ってしまった・・・・













AC100V直LEDチューンUP



噺を整理スンと、、AC100Vで直接LEDギリカス点灯すればINジャネ    だよなw


回路方式に優位性があるワケじゃ無し、ブッチャケ、半導体(LED)が持つ不安定領域で電子チャンが覚醒して、電気質が変化するツウ噺ですわ
色々工夫するとかメンドクサ! 最初は「整流どん」デラックスに組合せんべ・・・とか考えましたが、、、単独使用で空きコンセント(相違い)に夫々挿して使うとか
大元ブレーカーに付けるとか、ギリカス点灯ですから、無効電力殆ど無しデショw   クルマで試したら、LEDは多いほど効果が大きいツウ噺だし・・・・
頑張ってチマチマ作った人が勝つ・・・・IQ低いけど、シンプルな方がEEし、カンタンだろw
つまり、誰も説明できない方法・方式で成果が出るなら、敢えて複雑にする理由も無いデショw  シンプルにすれば肝が絞れるw



AC100V直なら、50Hzで0〜282Vまでの電圧変動をモロ使える



説明すると、AC100Vとは平均値電圧でして、実際には100V*2√2=282V、直流換算では、50Hz周期で0〜282Vに変化する電圧なのよw
DC(直流)だと、LEDに印加される電圧は一定ですが、AC(交流)を使えば、印加電圧は絶えず変化し続けるので、LEDは常に不安定領域に晒される



つまり電圧変動を使って、究極のギリカス点灯(肉汁タップリ)が可能w その代わり、LED140個をシリーズ接続せなアカンけど・・・・

 

整流すれば、半分のDC141V(ブログでは142V)ですから、LED70個で済みますが・・・・



相違いで2台製作して並べたら、50Hz同士でユラユラ揺らぐ点灯が見えるかもw    EEジャンw




相当バカだね・・・・


0〜282Vの電圧変動ですが、ピーク282Vは50Hzで一瞬だけですから、140個は必要無いべ・・・
70個だとピーク4Vですから、LED切れる可能性ありますが、100個ならピーク2.8Vデショw もしかスンと、ケツにEDLC付けれるかも・・・・
想スンと、整流レスでAC100VをEDLCでパスれるデショw  アリエナイ事件が起こるかも・・・・



LEDのギリカス点灯、つまり、Vf電圧チョイ下、半導体の不安定領域を使うと、電気質が改善



クルマは速く鳴るわ、燃費は楽勝40%UPするわ、オーディオAVの音質・画質もUPするわ、タブン、PCも速く鳴るハズw   ホントかよ!



半導体の不安定領域における、電子活性化により、電気製品の性能が向上・・・・ホントなら大発見だよ、世の中を変えられるよ、ノーベル賞だよw
電子の正体が良くワガッテませんから、電気質(電子の状態)なんて御伽噺ですが、電気質が向上すれば、電気製品の性能(効率)が上がる・・・・立派な道理だべ!



十分杉る仮説が出来た!      逝くしかないベイベ〜〜




LED120個シリーズを製作、最適ポイントを探りましたw


視覚でギリカスを確認、試聴しながら詰めましたw・・・・



LED74個、50F+1個


超シンプル、整流レスで100Fパス付・・・・ワケワカメですが・・・・
LEDの個数は、整流電圧換算でOKでした・・・・電圧は282Vですが、LEDによってエネルギーが平均化され141Vと同じ・・・・
ブッチャケ、80個だと全く点灯しませんw


インプレは抜群! 突き抜ける高域は 「快感!」 一体どこまで透明度が上がるやら・・・・



脳天を突き抜け、スパっと鋭く真っ二つに切り裂かれる快感! 切れる包丁、高域再生が楽しくて堪らん!



交流は電圧変動が大きいので、不安定領域を効果的に使えるようで・・・・整流するよりEEみたいw
よって、「整流どん」デラックスに付けるより、空きコンセントにブッ挿して使うAC100V直LEDチューンUP(略して直L)がEE


AC/DCに関わらず、LEDギリカス点灯は効果ARI!



「整流どん」デラックスとペアでお使いくださいw   作るしかないデショw





直Lは、トリタン氏が先手でしたw



私が書いた回路と同じモノを持参して頂いたんですが・・・・   残念、不具合で動作しませんでした


確か、一つだけ動作しないヤツがありました、本人曰く「イチバン良かったヤツ」とかで、悔しがっておりましたw
試聴は、講釈無しで連続試聴、音が良ければ説明されますが、大差無いと、スルーされてしまう・・・・ましてや、動作しなければ「残念でした!」で終わりw
当日は、回路・方式の差より、LEDの色の違いがクローズUPされ、赤外線LEDが目立ってしまいましたw
残念ながら・・・・トリタン氏にすれば、哲也したのに、、大本命がコケたカタチに鳴ってしまった・・・・


次回リベンジに期待しましょうw



トリタン氏の回路


LEDによるDBM、そして、カップリング・コンデンサーのリアクタンス抵抗を使い、LEDの数を減らす手法


コンデンサー使用は良いと当日漢字ましたが、その後クルマの件で考えが変わりました・・・・LED(半導体)は数が必要だと思いますw
LEDが少ないほど、製作は楽ですが、、、LED自体が安価ですから、コスパ云々の噺に鳴り難い上、使用するコンデンサーの質も問題に鳴るので・・・???
手法を取るか、チマチマ作るのを取るか、チマチマ作る方が悩まなくてINジャネw
ブッチャケ、こんなコト書くと・・・トリタン星人の闘争心を煽るかも・・・期待してますw
















赤外線LEDは偉くEE!



試聴会結果に基づき、赤外線LEDを投入・テスト、オーディオAV、クルマ共に良く効きます   LEDチューンUP必須アイテム



Vfは1.1Vで設定       ギリカス点灯は絶対条件! 携帯カメラで確認してください





赤外線LEDだけでOKとは逝かず、緑・青は必要です




女性ボーカルや拍手など、高域の憑き物を効果的に除去でき、ゾクゾク出来ますよw
















ク・ク・クルマがヤバい!


[f:id:arcs2006:201802271756往24j:image]


秋月のLED基板サイコ〜


バッテリーLEDパスを数種類のLEDで同時に行える上、EDLCパスもOK!


LEDとんでも御座いませんw パワー・トルク・燃費が「バァ〜〜ン!」 特に低速トルクがハンパない! こんなチューンUPは他じゃ絶対無理!


クルマの、コンピューター書き換えなんてありますが、空燃比のマッピング換えても電気質は同じですから、低速トルクは殆ど変わらないハズ・・・・
リッチにすればEE、そんな甘くありません、黒煙モクモク出してスグにカブリますよ・・・・燃費も悪化するし・・・・
エンジンが最も苦手とするアイドリングに近い低速回転域のトルクUPは圧縮比を変えない限り、実現しません・・・・圧縮比上げれば高回転が苦手に鳴るのは自明の理w
ところが、電気質(まだ造語)を変えると、エンジンの燃焼効率がUP、イキナリ低速から「バァ〜〜ン!」信じ難いコトが怒る!
電気質が変るだけで、メカはナンも変わりませんが・・・・驚くほどパワーUPする、LEDをギリカス点灯させるだけ! 笑っちゃうわw





オーディオAV同様、赤外線LEDがEEわ、Vf電圧は1.1Vで計算、携帯カメラでギリカス点灯を確認します
EDLC無しでも「バァ〜〜ン!」ですが、各LEDラインに付けて見ましたw








オーディオAVそしてクルマへ使えますw  万能基板でも120円するので、150円ならコスパ高い



秋月のLED基板は、8シリ*7パラ=56個仕様ですが、抵抗用ランドを使い60個シリーズが可能



GNDへのパターンをリューターでカット!




除電・イオン化・LEDチューン(ビーストズ・トレジャー)




まずはランクル80ガソリンオートマの外装塗装を粉(ラジウム)入れすぎでザラザラ塗装にしました


2液性シリコン塗料とラジウム・パウダー その他諸々混合して、イオン塗料(ペンキ)を最初に開発したのは長山氏
エンジンルーム、下回り、内装など目立たない処に塗るのが基本でしたが、ボンネットやルーフなど直接風が当たる(摩擦静電気発生)場所に塗るのがイチバンw
ちなみに、私のキャラバンには余ったイオン塗料をルーフとボンネットに塗ってありますが、、、バージョンが古いので近く分厚く塗り直す予定w
走行フリクション低下、燃費向上を目指す時、車体のイオン化は絶対条件、イオン化すると、フロンガラスは水玉コロコロ(液体ワイパー)クルマも汚れ難くなりますw





マグネシウム入れたマグネットトレー6個とステンたわし、銀イオン換気扇フィルター、マグネットトレーは、アルミテープ貼って穴だらけ





バッテリーにはマグネシウムシートとラジウムボールをアルミテープでまとめた物にLEDを7セット


色んな色を入れています、赤がメイン、とりあえずの感想は(車の持ち主)低速トルクがもりもりらしい・・・燃費の結果が出たら連絡貰う事になっています



で、今日作った青色LEDの6個シリーズ物




これに13Vを流した物(殆ど光ってません)、15V流した時点で光りだしました



体感的なものは電話で話したとうりで、かなり変わってますが、、、、ま〜〜理解はできません・・・・・・・



少しアクセル踏んだけで・・・クルマが偉い勢いで走るみたい・・・・



整理すると・・・


LEDは数が要るみたい・・・カスカス点灯は前提ですが、パラで入れると効果が上がるw
色も色々有りみたい、RGB+白+赤外線は定番かも・・・今後レーザーについても検証が必要デショw  誰か遣って・・・・
オーディオAV、音質・画質向上が目的ですが・・・クルマにもジャストミート! 大笑いの連続w








トリタン号から・・・



ところで、カローラフィールダーの話です。
今日はついさっきになりますが藤沢から横浜まで22km 運転しました。横浜新道も経路にあるので高速運転もありです。
静電気だけでは説明がつかない・・・・何故ならエンジンが発狂しています。
アクセルペダルを1/3か、1/4踏んだだけでペダルを戻さない限り、トップエンドまでエンジンが回って行ってしまいます。ペダル操作がシビアです。
操作が雑な人には運転できないですね、これは!


ある意味、スポーツカーと言ってもいいんじゃないでしょうか!ハッキリいって速い!


信号待ちで一番前にいたら青スタートで回りの車はバックミラーに消えていきます。別に飛ばしているわけではないのです。普通に走っているだけなのです。わけわからん。
この走りは、昨夜話に聞いたラジウム入れたのと同じじゃないかって。緑LED は、車に効くのかも!?


長山氏は何て言ってますか?      だって!



古いクルマ、私のキャラバンやランクル80は機械式アクセルですが、カローラはじめ現在のクルマは、電気式アクセル(フライバイワイヤー)、アクセル=電気センサーで
クルマPCで全て管理されていますw 機械式は動物的なダイレクト感がありますが、電気センサーは一拍遅れ、所謂リッピシンクのズレが出易い・・・・
人がスロットルを動かすより、PCで動かした方が、最適空燃比(パワー&燃費向上)を得られ易いので、現代のクルマじゃ常識ですわ
リップシンクもプログラミングで相当改善されているハズ・・・・でも機械式の方がオモシロイのは事実! エンジンと対話しながら走れるから・・・
除電・イオン化そして、マグネ、LEDとかヤルと、アクセルワークがシビアに要求されますw  まるで、腫れモノを撫でるように全神経を集中させて・・・w
ブッチャケ、面白いクルマか否かは、パワーの有無ではありません、人の操作にクルマが如何反応する(呼応する)か、其れを如何漢字るか(感動)で決まるw


面白いクルマは飽きない        オーディオAVも同じw
















LED・PAS比較試聴会で分かったコト



赤外線LEDの有効性 電気二重層コンデンサ(EDLC)100Fの威力



LEDの違いによる効果の差


トリタン氏が徹夜で製作し、持ち込まれた各種LEDパス、どのLEDがEEのか? 緑・赤・青・・・・LEDの違いによる効果の差がハッキリ分かりました
LEDのVf(順方向電圧)による違いが大きいと思ってましたが、結果的に赤外線LEDによる効果が最も大きい
可視光ではないため、ギリカス点灯の確認は携帯電話のカメラ(赤外線に反応)で行います、そして可視光でないため、光が煩くない・・・・大きな利点
赤外線LEDはVf電圧が低いため、LEDの数は増えますが、緑・青LEDと比べ、効果が大きく驚きましたw



EDLC 100Fの威力


トリタン氏によって開発されたTKDパスにより、たったDC2.7Vの耐圧しかない電気二重層コンデンサ(EDLC)をAC100Vラインのパスに使用できます
10Fや25Fで始まりましたが、50Fそして100Fとその効果が上がります、
1Fでも凄いと漢字てましたから、10Fで十分デショw、50Fや100Fなんて馬鹿げていると思ってましたが、100Fの音聴くと10Fには戻れません・・・・
人の聴覚は、透明度・繊細度を求め出すと・・・・・キリが無い上、いとも簡単に聴き分けられるから、、、厄介ですわ




5W(220V)電球を赤外線LED(58S)への置き換え等が考えられる



LEDパスとEDLCにはDTMを変える力がある


DTM(デスクトップミュージック)はPC演奏ですから、音楽家の「気持ち」「思い」が0、言い方悪いですが、まるでテスト信号のような音楽・・・
その代わり、正確無比で何時でも何処でも完璧な演奏が可能・・・・ブッチャケ、楽器ではないので、PC特有のノイズ感やペラペラ感が付き纏う・・・・
こんなモン、音楽じゃない! とは思いますが・・・・J−POP中心にかなり使われ、コンサートでも平気で使われています・・・
代表的なのは、安室奈美恵のエイベックス・・・・PC音楽が伴奏ですから、中々気が入らず、コレじゃ安室奈美恵が可哀想だと思ったりしますw
音楽は人の手作りが基本だと思いますが、、、DTMはもはや避けて通れない、オーディオ再生でナンとかせな・・・・アカンとは思えど・・・・手法がワガンネ!
ノイズはフィルター通せば・・・・ですが、無味乾燥なPC音楽を如何すれば「コレなら聴ける・・・・」まで持ち上げられるか???



LEDパスとEDLCはそのキッカケに鳴るかも知れませんw


「気持ち」の無いDTM音楽の繰り返し試聴は辛いモノが・・・


いきものがかり の場合、ライブ盤は人の演奏が入っているので、まだマシですが・・・・CDは100%DTM+ボーカルですから、歌唱に「気持ち」が入り難い
特に、声を張り上げて歌われると・・・・「キツイ」メチャ厳しい音楽に鳴ってしまう、、、「お願い、もっと気持ちを込めて!」と思いますが、如何ともし難い
ボーカルに、得体の知れない憑き物が纏わりついており、ナンかすれば、もしかして、解決するかも知れない・・・・そんな希望もありますw
劣悪なオーディオ再生がアタリマエの現代、70年代歌謡のような「気持ち」の塊の再生は殆ど無理、ヘッドホンで小音量再生が常識ですから・・・マジで困惑しますw
「気持ち」の少ない音楽ですから、感動が少なく小音量で聴き易い再生が求められ、ガチ・オーディオ装置に出番が無い・・・・
悪い録音は無い! そんな信念で取り組んできましたが、DTMには術が無く困っていました・・・・・
仮説として上げるなら、未だ電源質に問題が有り、録音スタジオの音が再生されていない・・・何故かと云うと、この音で現場がOKしているとは思えませんし
いくらDTMとは言え、「気持ち」が少ないとは云え、もう少しは・・・・良く鳴るデショw そんな思いがありますw



赤外線と静電気の関係?



可視光以外の赤外線・紫外線LEDは如何なのか? トリタン氏が製作したサンプルから、赤外線LEDが特に良く漢字ました
紫外線LED(ブラックライト)は期待しましたが、普通のLEDと大きく変わらないみたい・・・・
数値化できない音質の噺で、脈絡が全く無い、つまり、全てが妄想噺なんですが、音を聴くと歴然と違いがあり、繊細感や琴線触れる大事な部分の違い
そして、従来の手法では全く手が出せなかった部分の違いですから、スルーするワケには逝きませんw
赤外線は可視光ではないため、光が邪魔に鳴らず、好都合ですが・・・・見えない分、余計に妄想・オカルト成分が強く整理し難い・・・・



LED基板(秋月)



万能基板で製作していましたが、メンドウなので、コレで作ります、8(S)7(P)で56個ですが、56(S)へ改造


トリタン氏のように重ねて多層構造に出来るし、もしくは、抵抗値を変えてDC142Vギリカス点灯にも・・・・クルマ用はじめ、各種LED評価基板として使えるデショw



遠赤外線と静電気には関係性が有りそうな・・・・


オカルト・ワケワカメなHPが色々あり、もしかスンと・・・・・かも知れん
DC142Vで赤外線LEDをギリカス点灯させれば、電気成分の中から赤外線電子を取り出し(灰汁抜き)可能だとすれば・・・・電気質を変えられるハズ
各種LED光の中にも赤外線成分が微量含まれてますが、赤外線LEDは特化されているので、効果が大きいのか?
光=電磁波だとして、ノイズ=光とも云えるなら、LEDは特定電子(ノイズ)のフィルターだと考えるコトも・・・・


ブッチャケ、赤外線LEDを点灯させて、コアブリッドBで包めば、発熱してノイズの最終処分が可能かも知れん・・・・



コアブリッドB      https://www.m-chemical.co.jp/products/departments/mcc/fibersmat/product/1200515_7298.html



ほ〜ら北北!  循環サイクルが見えて北