電子ドーピング問題


視聴会レポ・・・・


オーディオ編・・・・



視聴会当日、土壇場まで喰い下がり・・・・秋月のLED基板を使いVCCラインに赤LED300個追加で盛りましたw  重篤なLED依存症・中毒ですわ
やはり、新たに1000個購入したのが拙いわ、禁断症状を我慢できない・・・・
しかし、、、少し吹っ切れましたw 全体として、濡れ感、優しさが増えてOKですが、アナログ・アンプ系では飽和感を漢字ましたw イライラ解消w




AV編・・・・



導体(電線)を半導体



現在、コレがプロジェクター専用で入ってますw 電子ドーピングの肝は、直L+導体(電線)の半導体化ですわ、電線の時代は終わり! 電線に拘って様じゃ噺に鳴らないw
直Lはアタリマエ、電線を半導体化して、電子過多状態を作り出し、電子ザクザク・ガッポガッポで電子ヘイブンw
ブッチャケ、電子はイーブンパーが原則でしたから、余剰電子なんて世界は、明けましておめでとうございます。




電子ヘイブン電子富裕層へようこそ!



音質・画質共に、過去最高の質感、そして「コレぞ!」2Kネイティブですわ・・・


視聴前に「プロジェクターの輝度が低いので、馴れるまで我慢してね」w
暫く、カッタルイ世界ですが・・・・瞳孔が開けば「質感」天下一品! 刺激0、超高解像度、HDRが裸足て逃げ出す・・・・
従来ボキャでは説明が付かない世界、解像度・コントラスト・色域・色乗り・透明感・・・・全てひっ久留米て



最高の質感、スクリーン反射映像を見ているとは思えない画質・・・・



音も凄い、AVサラウンドなんて言い訳不要・・・・


LED及び電子ドーピングと、デジタルAVは相性バツグン、ツウか、元々、電子欠乏症(貧電)だったのかも
まるで、水を得た魚の如く、音質・画質が一変!   一体今迄はナンだったのか・・・・如何考えても電子量が少なかったとしか・・・・
オーディオ中心に電子ドーピングを行い、その結果を元に、AVシステムへの移管を行ってきましたw 言い換えると「悪いワケ無いよネ」気楽に対策していた・・・・
何故かと云うと、4Kを如何するか思案中で、2Kは終わったと勝手に思い込んでいた・・・・
ブログでは、スペックは如何でもEEと書いて置きながら・・・・アタマの中はスペックだらけ、だったw


その内、ガチ見してインプレ書く気でしたが、、まさか視聴会がガチ見に鳴るとは・・・・マジ、見てて「コリャ凄い!」



音質・画質共に、電子がウルウル潤って・・・・



富裕・豊と云うイメージがピッタリ、逆表現では、タイト・スリム・痩せ・・・・・紙一重ですが、豊な方がEEデショw
音質・画質の表情が変る・・・・一体ナニ逝ってんだか、かも知れませんが、、、未だボキャが見つかりませんw
数値化できる世界ではありませんが・・・視覚・聴覚では大きな違いとして漢字られる



















直L or 鬼パラ  どっちがEEの?


直Lはパラで、鬼パラはシリーズ、イメージとしては鬼パラの方が効きそうな漢字ですが・・・・効果が大きいのは直L


ナンですが・・・半導体の数で比較すると答えはナンとも云えない
直Lは4000個オーバーですが、鬼パラは500個以下で比べても意味がない・・・・・言い換えると、半導体の数で決まる可能性大w
半導体=余剰電子、だとすれば、半導体が多いほど有利ですわ、地道にハンダ付けした人が笑える世界w
パワークランパーについて整理できないと書いたのは、200個程度では判断ができない・・・・
確かに高域の特徴ある変化が大きいですが・・・毎日ゲロゲロ変化しているので、アタマが整理できないw
変化が大き杉で、脳にあるデータ(経験・キャリア)を超えており、オーバーフローしてる


     


視聴会対策w 反則ワザ、バルサン攻撃w



この状況がヤバい、手元に無ければ気に鳴りませんが、手元に有ると・・・我慢できないw


ヤルしかないBe


皆さん、ヤレばワガリますが、LEDはキリがない、止まらない、中毒ですわ・・・・・長野青年部は5100個だって!


プロとしては、シカトしたい処ですが、、、効果を知れば知るほど看過するワケには逝かん!
電子ドーピングは、手を出すと・・・・逝くしか無い、止まらない、戻れない・・・・














パワークランパー・コンディショナー



200本仕入れ、全部使い、適当に散らして製作、オーディオ・AVシステムへ・・・  



待ってました!   鋭く切れて煌く高域に痺れっ放し



高域の場合、キツイ(悪)と鋭い(善)は紙一重、優しく濡れた音も欲しいし、鋭く切れて突き抜け煌く快感も欲しい、贅沢なモンですw
キツイ高域は勘弁ですが、鋭く突き抜ける高域は大歓迎w 特にブラス系、特にトランペットは、キツイと鋭いは紙一重で雲泥の差が出るw
リアル再生を目指すなら、圧倒的パワーが必要、フルパワーは必然、JAZZ系の鋭いブラス音は、決まれば快感、キツイと脳天割られるw




遂にヤリました!  快感ですわ!      視聴会でフルパワー再生w



俗に云う高域「キレッキレ!」何十年も聴けなかったサウンド! 堪りませんw
CD登場以降・・・・キツクて煩い、嫌な高域に苦しめられて北! 其れを考えると信じられない大変化!
LED以降、あれよあれよ、高域再生は劇的改善されましたw



ボリューム(音量)上げるのが楽しくて堪りませんw


LX90はアイス・パワー(D級)ですから、元々高域再生は得意な上に電子ドーピング噛まして、高域突き抜けマクリ・・・トンデモ御座いませんw
北・北・北! もっと逝けるz    ボリューム上げたい衝動に駆られ、「ダンケルク」は久々スピーカーが心配に鳴ったw
パワークランパーは販売予定ですが、自身で整理が付かないので、暫くお待ちください・・・・
LEDに関して、色が沢山ありますが・・・反応具合を見ると、赤の高輝度タイプが良さげ・・・・ですw
Vfは1.5Vで計算してください・・・・基板で自作される方は、ご参考ください
LEDで直Lを作る場合、最低1000個、理想を云えば6000個は必要ですが、その魅力は素晴らしいので、是非とも挑戦してくださいw
自作PC、自作アンプ、自作スピーカーはオモシロイですが、自作直Lによる音質・画質向上の方が遥かに上だし、面白くて遣り甲斐がありますよw
ブログ見て、何処から始めればEEのか分からないと質問されますが、ブッチャケ、何処からでもOK・・・・残念ながら、近道・エスケープはありません
自力登山と同じだと考えてくださいw


音質・画質は、オーディオAV機器は関係無いとは云いませんが、AC100Vの状態で激変、その割合は、AC100Vが7〜8 オーディオAV機器が2〜3
音質・画質は、AC100Vに影響される割合が高い、オーディオAVの趣味性が下がった原因は、AC100Vの劣化が最大原因だと断定できます
言い換えると、AC100Vがダメだと、オーディオAV機器の真価・魅力は全く発揮されません















電子ドーピングで分かったコト


コンデンサーでノイズをパスると、電気質が痩せる


AC100Vフィルターは、デカ・コンデンサー・パスから始まりました・・・・・
ノイズ塗れのAC100Vをパスれば、ノイズは大地にバイバイし、ノイズは減りますが、ノイズと一緒に旨味(栄養分)まで減ってしまうコトに気付いた・・・・
コンデンサーにノイズと旨味を分ける機能はありませんから、ノイズと同時に旨味まで落ちてしまった・・・・スリムだけど、、、ガリガリ
余分な脂を炙って落とすハズが、大切な旨味まで落ちてしまった、、パスは有効ですから、馬鹿馬鹿パスってノイズが減って大喜び、知らぬ間に電気質が痩せてしまった
ノイズ付帯音は減り、クリアーだけど、旨味(栄養分)が落ちてしまい・・・・結果として不満に鳴っていた


ノイズも電子、旨味も電子、ノイズが減れば旨味も減っちゃう・・・・



電子ドーピングにより、失われた電子が戻り、音質・画質の素晴らしい質感が戻った


直Lにキリが無いのは、副作用0で失われた電子が戻り、その良さ(未体験ゾーン)で中毒に鳴り、ドンドン増やす羽目に鳴るw
逝ける処まで逝っちゃえ・・・・そんな心境に鳴るw



高域を中心に、音楽全体の豊かさ・優しさ・繊細さが響きを際立たせる!










ドーピング視聴会へ向け・・・・


パワークランパー登場!!  


詳しくは・・・・https://www.shindengen.co.jp/product/semi/list_detail_NEW.php?category_id=06&sub_id=02&product_id=ST03DH-240

    

スバナ回路用、、、つまり、ショックアブソーバー(衝撃ダンパー)、ダイオードとツェナーダイオードをガチンコさせた素子
相撲で云えば、土俵の真ん中でガップリ四つ相撲で両者全く動けない状態だと考えてください・・・・コレでショックを吸収するんだとかw
見かけ上、電気流れません、ダイオードの逆特性を組合わせて、バリケードにしたヤツで、普通に考えると「意味ワガンネ」そんなヤツですが・・・・
半導体ですからガチンコしても、通電状態でμAレベルの漏れ電流、つまり、超ギリカス動作中w
半導体に電圧が掛かった状態でスタック、、、電子ドーピングには打って付けなパーツなのよw もちろん、メーカーはこんなコト絶対に考えてませんw



見た目はダイオード



こんな漢字で使いますw


AC100Vラインが限界、200Vだと定格オーバーしちゃう・・・・
メーカーが想定外の使い方ですが・・・・両端に電圧が掛かると、見かけは導通無しですが、半導体的にはギリカス動作中、中では電子さんが蠢いて・・・笑えるデショw
沢山パラってOK、ツウか、ギリカスですからパラってパラってナンボ、電子ドーピング専用半導体ですわ



ワガッタ振りして書いてますが、ブッチャケ、最初は半信半疑!



ダメ元で試してみたら・・・・  「バァ〜〜ン!」   大笑いw



電子ドーピング特有の高域再生が炸裂!



サラサラ・キラキラして、コロコロ転がる高域再生は、一度聴いたら・・・ヤバいw


超ギリカス動作ですから、直Lの様な即行性は弱く、30分〜1時間程度のウエイトが必要・・・・電子世界は良くワガンネ!
電気は瞬間に伝わりますが、電子の伝搬スピードはカタツムリのスピードだと云われてます・・・・
日々実感できる現象としては、電源投入直後からウォームUP開始、音質・画質が最高に達するまで時間が掛かります、よね・・・コレってアタリマエだと思われていますが
リファレンスに関して云えば、現状でウォームUPは不要、スタートから全開・フルパワーOK、以前は3曲(10分)程度の時間が掛かりましたが・・・今はゼロ分
待ち時間が無いので、テストが楽w・・・・そんな状態でしたから、パワークランパーで待ち時間が必要なのが不思議・・・・







視聴会の目玉! 禁止薬物テンコ盛り・・・・




DBM28パラ+SBD56本



コレなら文句出ない(言わせない!)Be・・・



電気の通り道全てにに、ガチ半導体・電子ドーピング! ココを通らずして視聴は不可能 「逝って貰います!」



インプレは書きません、視聴会で聴いてたもんせ!     貴殿の妄想を裏切るコトはありませんよw



こんなモンが、認知されたら・・・世の中の常識全てがちゃぶ台返し、従来だと、電線の材質や銅の純度、はたまた純銀線を導体に使ってナンボの話題ばかりでしたw
言い換えると、自由電子数イーブン・パーでの比較でしかなかった・・・・今は違いますよ、半導体を使い、方向指定はありますが、余った余剰電子を電源ラインに押し出す
導体の原子と自由電子の違いではなく、半導体を使った自由電子ドーピング(電子チャージ)による音質・画質向上を視聴比較する時代に鳴ったw


無職の半導体を大量に集めて回路内に挿入、電圧印加して活性状態を作り出し、内部電子をトコロテンの如く押し出す電子ドーピング手法で、自由電子を増やす




自由電子が増えると・・・・


電子がナンなのか、分からない状態で、自由電子が増えたらなんて・・・・考えるコト自体が妄想でしかないw
太陽電池半導体で、光が当たると自由電子に変換され、電池として機能するならば・・・・自由電子が増えたのと同じw
半導体に光を当てて電子を取り出す、半導体に電圧を加えて電子を取り出す、この2つは類似しているのか・・・・


単純に、自由電子が増えれば電圧が上がる・・・・電圧上がれば抵抗が下がる・・・・Ωの法則だべw


アホ家、抵抗が下がるワケないべ、下がる道理が無いz














気が狂いそうな音と絵「こんなに良かった?」



電子ドーピングは、雨の日の音質・画質を超える!


季節が足踏みしてましたが、乾燥の季節が終了、加湿器OFF、、、いよいよベスト・シーズン突入ですわ
去年との違いは、圧倒的なLEDの量だと云えますが、同時に、季節の変化と大量のLEDが劇的相乗効果を出している・・・・


兎に角、凄い絵と音、タラタラ文句が一切出ない、見てて聴いてて「素晴らしい!」の一言!


仕事柄、視聴・試聴時は、絶えずテストモードで、素直に楽しむコトができない体質、仕方無いとは云え、自分でも「ツマラナイ」と思うコトが多々ありますw
ところが、電子ドーピングに関して、そんな呪縛から解放され、ストレートに楽しめる、まさか半導体にこんな使い方があるとは・・・
LEDの件は、無料版には殆ど書いてませんw 何故なら、影響力があまりにも大きい、コレは誰でも体験できる噺であり、とりあえず秘密にしておきたいw
言い換えると、ブログメンバーズの皆様は、是非実践してください。
AC100Vフィルターと重複する部分が殆ど無いと云え、フィルター有る無しに関係無く、効果を体験できます
長野青年部は、電気工作とは無縁でしたが、今や直L先頭走者で、吠えマクリw  まさか白須が追い掛ける羽目に鳴るとは・・・・









問われる、高級オーディオ・AV趣味の価値観・・・・


まさか、こんな噺を書くなんて・・・考えもしませんでしたが、気付くと、高級オーディオ・AV趣味の価値観が風前の灯に・・・
流行らない、廃れた、そんなカンタンな噺じゃ済まない、、、信じて北、絶対的価値観が崩壊している・・・・


カンタンな噺、琴線に触れない再生じゃ、誰も振り向かない・・・・



こんなモンがEEとは思いませんが、、、特定な方々が憧れる特殊世界が存在しますよね・・・オーディオ・AVにはコレが無いのよ
有るにはアリますが、高価なだけ・・・夢のような音と絵を出せるモノが無い・・・言い換えると、芸術世界へのイグニッション・キーに鳴り得ない











原点回帰、LED or ダイオード


トリタン氏の性だよ、千石電商で、LED(緑)100個パックを買ったのが始まり・・・・LEDのVf電圧を使い、定電圧ロックキングが目的でしたw
電気二重層コンデンサの耐圧保護のためのLEDが出発点w・・・・ナンせ、私はLEDに全く興味がナガッタ!
買ったわEEが、目の前にして・・・早く使い終えたい、沢山使う手法が無いかと思案w  もしかしてLEDをシリーズ接続すれば、電流制限抵抗が要らない???
そんな都合の良い噺は、アリエルわけも無し・・・・だったら電球の様にギリカス点灯させたら如何よ、遊び半分で試したら「バァ〜〜ン!」


整理すると・・・


たまたまLEDだったので、ギリカス点灯なんてアイデアが出ましたが、、、LED=ダイオードだよな、LEDじゃなく普通のダイオードで同じコトしたら・・・デショw
ギリカス点灯の場合、動作が視覚化できるので、心理的に納得できますが、、、普通のダイオードは光らないので、確認しようが無いw
ツウか、こんな使い方する馬鹿が居ないw   グダグダ書いても時間の無駄、実際に試してみればEEだけw


LEDは入口に過ぎない・・・・



無職の半導体ダイオード)を大量に集めて、電圧印加しギリカス動作でパツンパツンに活性化させ、余剰電子を電源ラインに浸潤させる・・・


ダイオードにデモ活動させ、電源を活性化・・・・



電子回路設計の基本は、合理化・効率化・単純化の追求


回路設計とは、将棋・パズルみたいなモンですが、合理化・効率化・単純化が大きな命題ですわ、如何にシンプルに高効率を目指すか・・・・
高速化が求められるデジタル回路には、コレしかない・・・・人で云えばアスリートですわ
体脂肪率をギリギリまで下げ、全身を活性化させ、栄養吸収性を極限まで上げ、エネルギー効率UPを極める・・・・・


ズルするアイデアが、半導体・電子ドーピングw


頑張って効率化しても、限界があるデショw だったら、電子ドーピングすればEEジャン・・・・ズルして禁止薬物使えばEEデショw


規則やルールがあるワケじゃ無し、音質・画質が向上すれば皆喜ぶデショw



去年のインストールから・・・










余談・・・



              

    


マジかよ・・・コレ見て、焦ったわ!


ブログで発表した、カオス・スタビだべ・・・


長岡教の教義で、最上位にあるのは「マネはNG!」ツウか、長岡先生が最も嫌ったのがマネ・・・・
最初の一歩は、マネから始まりますが、マネに終始する様ではダメ! 原理に忠実なアイデアを元にしたオリジナリティーにこそ意味がある!
言い換えると、原理に忠実でシンプルを極めれば、全て同じに鳴る(集約する)可能性があるw とは云え、集約する過程ですから、アイデア合戦なワケですが・・・
B&Oのアイデアとモノ作りは、相当以前から注目&リスペクトしてきましたが・・・・流石に焦ったわ、まさか同じ路線で走っているとは考え難だw


癪に障るので、時系列(早いモノ勝ち)を調べて見ると・・・・


ギリギリ、白須のアイデアが先行でしたw   単なる事故満ですw


アークスとB&Oを比べても意味ありませんが・・・・
イデアを製品化するまでの時間を考えると、微妙な関係に鳴り想ですネ・・・・近い将来、カオス・スタビで特許取得を考えていましたが、B&Oが先デショw
まさか、同じ考えでモノ作りをしているとは考えもしませんでした・・・・














視聴会ネタバレ注意・・・


半導体・電子ドーピングの神髄とは・・・


兎に角、素晴らしい! の一言!   コレ以上のボキャってあるの?  でも逆にワガンネ・・・だよねw
ナニが素晴らしいの? 今までも散々良く鳴って北んじゃないの? 上には上なの?   よくワガラン!  だよなw


いい加減、狼オヤジだな・・・   自覚してますw


素晴らしい! つまり、感動に理屈はありません、脳ダイレクト!、勝手に脳が喜び出すのが感動、説明不要デショw
でもね・・・感動を伝えるのがオマエの仕事だろ!、、、御もっともw







お時間いただき、整理しました!



メガ半導体・電子ドーピングは、雨の日の音質・画質を超える!



今迄、季節・天候は如何ともし難く、自然の影響力には勝てない、敵わない・・・・諦めるしかありませんでしたw


特に、東京では冬の雨や雪は「待ってました!」 冬に風吹くと「今日は無理!」言い換えると、自然に勝てない・諦めるしかない、でしたが・・・・



季節・天候による音質・画質の斑を解消、安定した高音質・高画質が実現!


何度となく、対策の果敢なさを実感して来ました・・・・季節・天候の変化に対応できる対策がありませんでしたw
言い換えると、電柱・電線の帯電に対し、成す術が無かった・・・・仕方ないと諦めていましたが、半導体・電子ドーピングは対抗できるみたい・・・
ツウことは、広義で見ると、、、除電なのか・・・・



LED4000個(メガ半導体)でパンドラの蓋が開く!



果たして、開けては逝けない蓋なのか・・・・


蓋を開けると、世の中に災いをもたらす、災いが飛び出すと云われていますが・・・・私は逆に解釈しますw


蓋が開くと、自由電子が飛び出し、オーディオAVに関するAC100V系の災いが吸い寄せられる



4000個は大きな分岐点・・・


ブッチャケ、仕方なく増やしたのが本音、言い出しっぺですから、4000個は凄いとか聞くと、内心「いい加減にせい!」とは思いましたが・・・・顔で笑って
「仕方ない・・・ヤルか」「もうEEジャン、十分EEし」「終わりにしない」・・・・コレ、ホントの噺w



ところが・・・


変な汗出マクリ・・・


              一言で申し上げると・・・・・


              


ナンと、音質・画質が濡れる・・・・シットリと豊かに濡れる、「ビショビショじゃないよ」だ〜から嵌るのよ
反対語として、カサカサ・パリパリした音質・画質が適当かな・・・お煎餅ならEEですが、、、シットリ豊かに優しく濡れた音質・画質は最高!
勘違いしないでください。 情報量が格段に増えた結果であり、脚色や演出ではないホントの再生! 堪りません!



音質・画質に、AC100Vが大きく関わっている証拠




ネタバレで終了だと思うデショw



ココからスタート!


         


                    


LED、足すなと云われ、されど我慢できない・・・ 音質・画質追求は止められませぬ 


何処まで逝くの・・・それが分かれば苦労しないわ!




                       お楽しみに!



ノイズ・ノイズと騒いできましたが、今やノイズは昔噺、メガ半導体によるAC100V及びDC電源の電子ロンダリング(洗浄)&コンディショナーですわ
気付いたら、半導体漬けだよ・・・・このまま増やし続けたら如何鳴るの・・・・俺は知らんz
コスパは当然ですが、今の処、頑張ってハンダ付けした人が勝ち! 王道・近道無し、見ても読んでも、良く鳴りません、半田コテを握りましょうw



長野青年部はLED4700個越え、だって!



気が狂いそうな音と絵です。    ホントかよ!
















読むだけじゃ怖さが伝わらん・・・・



オーディオAV廃人への招待状・・・・電子ドーピング視聴会




電子ドーピング漬けに嵌ると如何鳴るか?          体験して頂きます!




4月29日  PM1:30〜    参加ご希望の方はご連絡ください



禁断の電子ドーピング、気楽に始めたらオーディオAV人生に取返しが憑かない・・・・



そんな戒めを含めて、「ストップ! 電子ドーピング!」 キャンペーン



                 



電子ドーピングとは、半導体に内在する余剰電子を、電気回路内へ取り込み、電子過多状態を作る


導体は原子と自由電子の数が等しく、電圧が加わると、自由電子が動きだし導通状態に鳴る
一方、半導体はN(ネガティブ)型半導体とP(ポジティブ)型半導体で構成され、互いに接してバランスしていますが、P側には余った自由電子が存在してる
半導体に電圧を掛けると、逆方向だとストップ、順方向の場合はVf電圧を超えると余った自由電子が流れ出して導通状態に鳴る
半導体は、導体に比べ内在する自由電子数が多く、順方向電圧を掛けると余剰自由電子が電気回路内に流入し、結果として電子ドーピング(電子過多状態)が起きる
導体の導通時の自由電子数に比べて、半導体の導通時の自由電子数は多いと仮定でき、半導体の数を増やすと、回路内の自由電子数を増やせる


条件設定


通常、電気回路内の半導体には夫々の役目があり、電気回路の目的に応じて仕事をしているので、半導体を使ったからと逝って電子過多状態は起きません
自由電子は電源電圧によって送り出され、負荷で目的の仕事をこなし、リターン電流に乗って電源へと戻されバランスするので、電子過多は起こりません


ところが・・・


仕事のない半導体を電源ラインに挿入、導通(ON)状態にすると、余剰自由電子が流れ出るハズ


仕事の無い半導体を、回路に入れて導通(ON)状態にする例は、逆流防止ダイオード位しかありませんw
今迄も、逆流(逆走)防止ダイオードはシリーズ電源で色々試して来ました・・・・インプレとしては、入れて拙い部分は無く、逆に入れれば音が良く鳴る
ナンでEEのか? ごく僅かな逆流発生があり、ダイオードによって完全防止が達成されたため・・・・想考えてきました


半導体の数と、自由電子の数は比例


電子とは? こんな身近でありながら、誰も見たコトがなく、正体不明なモノはありませんw
電気の流れとは、自由電子の流れだと云われてますが・・・・流れている状態を見た人は居ない・・・・
半導体の数=電子の数 だとすれば、半導体が多いほど電気が流れ易いの?



自由電子勘定と云うアイデア


導通とは、自由電子によって起きる・・・・だとすれば、導通がEE(電気抵抗が低い)とは、自由電子の数が多いコト
銅より銀がEEなんて噺は、銀の方が自由電子の数が多い、電気が流れ易い・・・・なんて噺に鳴る
同時に、太い線と細い線を比べれば、太い方が自由電子が多い(電気が流れ易い)ってコトか?


表面磨くと状況が変る


ネクター磨いたり、バッテリー端子磨いたり、電線磨いたり、磨けば磨くほどEEのはブログで書きましたw
電子ってナニ? 実態が不明故、外堀を埋めて、核心に近づくしかありませんw





ドーピング視聴会へ向けて・・・


見えて北、無職ダイオードの使い方、其れは通しマクリ・・・・理屈もヘッタクレもない、電線と同じダイオードを通すだけ・・・


パワーアンプVCCにSBD鬼パラ



ダイオードのパラレルには問題有り、、、と思ってましたが、関係アラヘン、ツウか、考えないコトにしたw
ブッチャケ、アキュフェーズのパワーアンプはじめ、高出力・最高級パワーアンプの終段トランジスタ半導体)は全てパラレル接続ですわ
ダイオードトランジスタは同じ半導体であり、トランジスタのパラレルはOKで、ダイオードがダメなんて、都市伝説かも知れん・・・
出川パス以降、ダイオード逆止弁の大切さが分かり、ダイオードを強化したブリッジ・アイソレーターを入れてましたw
もちろん、ダイオード1本と比べて、より安定した高音質再生が可能で、納得していましたが・・・・
SBD鬼パラの実用化により、パワーアンプVCC(コレクター電圧)へのSBD鬼パラ挿入に対し、我慢できなく鳴ったw



ビフォー



アフター



外したブリッジ・アイソレーター





AC200V直LパワーLED1200個



AC200V直Lは既に稼働中ですが、ドーピング視聴会に向け、シツコク追加!


コレは麻薬ですわ、我慢できない・・・・欲求に駆り立てられ、止められない・・・・病気ですw



400*3=1200個、果たしてキリがあるのか・・・理性じゃ理解できても、本能が邪魔してw



お願い! 助けて!


リファレンスはLED2000個程度で大陸状態でしたが、周りで4000個(奇人)とか云われると・・・・言い出しっぺですから、一応確認せなアカンと思い・・・
ブッチャケ、余分に作っても、誰かが欲しいと云う噺に鳴るので、在庫で困るコトは無いハズ・・・・想踏んで製作開始・・・・ところが嵌ったわ、助けて!
コレ、、ヤバいよ









魔の半導体電子ドーピング!



LED10個より100個、そして1000個、、、2000、3000・・・・底無しで効く


ノイズの場合は、フィルターで無く鳴ればお終いですが・・・元々正常に動作していた電気回路で、足りていた電子数に電子チャージを行う電子ドーピングの場合



一旦始めると、飽和点が無いため、ドツボ(エンドレス)に堕ちる



ブッチャケ、麻薬中毒、足せば足すほど、効果を実感できて止められない・・・より強い刺激を求めてしまうw
直Lに関して云えば、最初は繊細感や高域の改善が顕著で、ドンドン増えて逝く・・・・すると、再生音全体の品位・質感が上がり始める
画質も同じで、解像感が向上して逝くと同時に、画質全体が優しい絵となり、人の表情が一変! 役者の「気持ち」が画面から飛び出して来る!
見てて、「マジかよ!」そんな世界が展開され、ドンドン足したく鳴るのよw    コレは鬼パラも同じ、優劣ではありません・・・・ツウか、汁とヤバい
まさか、こんな世界があるとは思わ難だ・・・・キリが有るとは思いますが、相当盛らないとダメみたい・・・・



     諦めて・・・コツコツ盛るしかないわ






システム全体でLEDの数が増えて逝くと、、、AC100Vが電圧上昇w  すると、ギリカスだったLEDが明るく点灯しちゃうw
シリーズ接続のジャンパー線をLEDに換えて、ギリカス点灯に戻すw



今回追加分、直L(600*4)2400個なり













電子の噺・・・


マグネシウムの威力!



F1のエンジンはマグネシウム



エンジンの素材として、マグネシウム合金、MMC(Metal Matrix Composites)、Intermetallic materials、ベリリウムレニウムを質量割合で5 %以上含む合金は使用できない。
ピストンはアルミニウム合金(Al-Si系、Al-Cu系、Al-Mg系、Al-Zn系)で、ピストンピンは単一の材料から加工された合金鉄で作られなければならない。
クランクシャフトとカムシャフトは鋼もしくは鋳鉄で作られなければならない。
また、シリンダーブロック、シリンダーヘッドにガラス繊維強化プラスチックコンポジットマテリアルを使用することはできない。


F1のレギュレーションより抜粋


レギュレーションとは、規制であり、順守しないとイコールコンディション(平等)に鳴らないから存在する
言い換えると、レギュレーションで指定された処を変えると、性能が大きく変わるツウ噺・・・
今日まで知りませんでした、F1ではエンジン材料まで規制されているw 最低条件として、マグネシウムはOK、ベリリウムレニウムは5%まで、つまり放射線でイオン化
マグネシウムは軽いだけ金属かと思ってましたが、マグネシウムを使うだけ、近くに有るだけで高性能に鳴るツウ噺・・・・
クルマとオーディオAVの対策には共通点が多く、オーディオAVで効果があるヤツは、必ずクルマに効く、マグネシウムも同じ・・・・
しかしながら、マグネシウムは不安定な金属ゆえ、市販ベースに鳴り難い・・・・
そして、F1のエンジンには、ブレーキング時にエネルギー回生も行われている様で、発電(回生)とモーター駆動(アシスト)を交互に行っているみたい。。。。




イオン化傾向の高低差を利用して電子循環(イオン化)



ブッチャケ、マグネシウムを部分的に使う(接着する)だけで、全体性能が上がる、何故なら、マグネシウムの不安定さが周りに伝搬して、不安定(イオン化)に鳴る
物質は、元に戻ろうとするエネルギーを出すコトで活性化が怒り、本来のポテンシャルを発揮する、、、所謂、本気モード!


















DMP−UB900のチューンUP



LX91の後釜・・・・


近い将来(既に始まっている)、ディスク再生は消え、4K・8Kストリーミング再生が主流になるのは自明の理・・・・
LX91無き後、BD再生プレーヤーには悩まされてきました・・・・リファレンスはPS4proですが、4KUHDが再生できず・・・・
だったら、4KBD再生と録画を含め、パナレコにする手もありますが・・・・年末から始まる4K放送には未対応・・・・買う時期じゃないw
アークスではクロック交換はじめ除電・イオン化など弄り倒したフルチューンLX91を多数販売しておりますが・・・・部品供給も終了
フルチューンLX91もドライブ交換可能期間が過ぎ、壊れたらお終い・・・・PS4proにする手もありますが、UHD再生できないので、今と鳴ってはイマイチ
実際、そんな壊れたLX91が出ており・・・・その後釜を如何するか悩んで・・・・パナのUBZ1は大変優秀ですが、4K放送を考えると・・・・時遅しかな


とりあえず、ディスク再生に特化・・・


コレも悩ましいのよ、つい先日、OPPOの撤退が発表されたばかり・・・・今やパイオニアには期待できないし・・・・AVディスク・マニアには氷河期だわ
繋ぎと云うには、失礼ですが、向こう3年位(ストリーミングが安定するまで)はガチ動作してくれるUHD・BDプレーヤーを選ぶと・・・



DMP−UB900



PS4proでも想でしたが、ノーマルとチューンUP版では相当な違いがあるので、一通りチューンUPして納入するコトに・・・・



AC100Vフィルターがあれば、AV機器はナンでもOK・・・と書いてきましたが、OKの点数は90点だと考えてください。
AC100Vフィルター無しだと点数は良くて55点程度ですから、AC100Vフィルターが無ければ、全くお話に鳴りませんw
つまり、どんな高級機を購入しても、AC100Vが汚いと良くて55点しか出ません、コレがAV趣味が衰退した大きな原因だと考えています
デジタルAV機器は、元々価格の違いによる性能(スペック同一)差が少ないですから、余計にコスパが低く鳴り、ローコスト機器でOKという認識が広がっています・・・・
もちろん、実際には違いますが、AC100Vが汚いと、性能差(音質・画質)が極端に小さく鳴ってしまう・・・・


目指すは100点!  デショw


55点が90点ですから、その差は天と地、とも言えますが・・・・100点と90点では、金メダルと銅メダルの差がありますw
90点(銅メダル)でOKな方は、スルーしてOKな噺ですが、、、スルー出来る貴方は残念ながらマニアとは云えないかも・・・批判ではないので、気にしないでくださいw
残りの10点が大変で、1点づつ、イヤ0.5点づつ、苦労しながら登る覚悟が必要・・・・ブッチャケ、100点ワールドを知らないので、メチャ苦労しながら
一歩(1点)・一歩(1点)・・・・コース・レコードを出しながら逝く・・・・そんな世界w









インプレ・・・・



何処まで逝けるか・・・・不安でしたが、、、バッチリ!

最新のパナ、UHD・BDプレーヤーですわ、LX91(2007)とはデジタルが格段に進化している・・・・
画質に関して、パナ特有の嫌らしさ(コテコテ)がありますが、豊富な画質パラメーター(相当マニアック!)を丹念に絞って逝けば、辛口淡麗な画質が出せますw
画質メモリーも2つあり、ディスク再生に対するマニアックな要求にも対応、パナレコとは違った世界にビックリ!
音質・画質の締めは、ダイソー貝殻の力が大きく、デジタル基板制振の重要性を実感できます
BD再生のポテンシャルについては、PS4proと鼻差で負けていますが・・・・画質パラメーターで弄れる範囲を考えると・・・・鼻差勝ちかもw
もっと云えば、弩新品を改造してイキナリ通電、ソンで評価ですから、部が悪杉・・・このままエージングすれば・・・デショw
何故なら、マグネシウム・イオン化には72時間掛かる・・・・


PS4proはPC、DMP−UB900はAV機器、そんなイメージ



















ダイオード半導体)は自由電子ブースター



LEDは不安定領域で使うと書きましたが、言い換えると、安定領域では電子の流れが発生し、自由電子ブーストが起きない


つまり、0〜Vfまでは電子流動は起こらず、Vf寸前で自由電子ブーストがMaxに鳴る



ギリカス点灯 = 高圧洗浄機


例えとして捉えてください、、ギリカス点灯(Vf以下)だと、微量の電流が高圧状態で流れ出している
Vfを境に、電流はドッと増えますが、電圧は元に戻り、LEDは正常動作に戻る


長野青年部はLED高圧洗浄機4200個達成したとか・・・


晴れて、奇人に鳴ったと喜んでおりますw
半導体は電池ではありませんが、刺激を与えると、光ったり、電気を発生したりする性格があるようですw
LED数個では、ナンも怒りませんが、4000個とか使い、ギリカス点灯で刺激を与えると、AC100Vでトンデモナイ事件が怒る!











半導体による自由電子ドーピング



Vf以下の不安定領域のLED(半導体)内では、電圧が印加(加圧)され活性化状態に鳴る、見かけ上はOFFですが、内部はパンパンに腫れ上がり、我慢状態へ移行
半導体内の余った自由電子が活性化(加圧)状態へ移行しますが、電圧が足りないので、安定領域へと移行できない・・・・・そんな時、
極僅かな自由電子が高圧放射(漏洩)され、電源全体に影響力を及ぼす・・・・Vfを超えて半導体がONすれば、圧力が下がり定格電流が流れ出し安定領域へ移行する



不安定領域の半導体は、極僅かな高圧自由電子を放出(漏洩)する


動作中の電気回路内に於ける、自由電子数は一定ですが、不安定領域の半導体が加わると、漏れ出した自由電子が付加され、電子過多状態が発生



電気回路全体が半導体自由電子ドーピングにより、活性化



従来の考え方では、電圧を上げる手法しかありませんでしたが、半導体が持っている余った自由電子を活性化させ、故意に電気回路内に漏洩させることで活性化が怒る



自由電子の数を増やす考え方は、新説だんべw


導体は決められた自由電子数を持っており、足したり引いたり出来ません、しかし、半導体を不安定領域で活性化させると余った自由電子の漏洩が怒る
電気回路内で漏洩させれば、自由電子数が増え、電気回路全体活性化が怒るw















大感動空間・・・・    痺れるカッコ良さ




全体から溢れ出す製作者の「思い」「気持ち」がビンビン伝わり、大感動!




建築に詳しい云々、全く関係無し、その場から瞬殺で伝わる製作者の「気迫」に圧倒され、言葉が出ないまま、大感動! 「凄い!!!」



実は、新聞広告にあった超格安ツアーは、どんなモンかとテストしたく鳴り・・・広告にあった函館へ観光旅行してきましたw 場所選びに根拠・思い入れはありませんw
往復交通費(飛行機)、2泊3日(湯の川温泉・2食付き・夕食はバイキング&酒呑み放題)で、¥2.5万だって!  心配に鳴る安さデショw だからテストしましたw
函館とくれば・・・・デショw 函館五稜郭、旧箱館奉行所の復元ですw 2010年に完成したとか・・・・
新選組土方歳三の最期・・・函館戦争で破壊され、その後解体された、旧箱館奉行所の1/3が復元されました
少ない資料を元に、出来る限りの復元がされており、製作者が込めた思い・気迫がハンパ無い! 神は細部に宿るの典型、、、驚いたの南野w
最初は「復元だろ・・・」でしたが、中に入って動けなく鳴った! コスト度外視、選ばれた職人が、最高の仕事をしており、圧倒されっぱ・・・
レベルは遠く及びませんが、同じ物作りに携わる人として、引き締まる思いと同時に・・・・羨ましく思いました
熊本城と同じ? 函館の人が五稜郭をとても大事にしている空気感を漢字ましたw



 
五稜郭タワーから・・・・



定番、函館山



       ビフォ〜



       アフター       イマイチだわ・・・


プロジェクターと同じだわw 画質再現性は暗部で決まるんよ、、、明るい絵は、馬鹿でも〇〇でもOKだし、佐賀出ないのよw
ところが、暗部になると・・・ゲロゲロ佐賀出る・・・特に人の視力は優秀ですから、見た通りに写真にするんは、至難のワザ・・・・
カメラのポテンシャルが低い上に、使いこなしのテクが無ければ、噺に鳴らんw



プロが撮ると・・・コレw



市電の1日券で・・・・



ドンブリ横丁、きくよ食堂で朝食(¥1780−)



汚・魔・毛w


ホテルの宿泊客・函館山は、90%以上が中国人で、従業員も中国人でしたw 中国に旅行したかと思ったw
批判はありません、日本の現状だと思いますし、この先、中国の方と仲良くするのが良いのは明白w
日本旅行は、富裕層の方中心ですから、日本の空気を知れば、反日運動も治まるハズw   中国で日本旅行は人気あるんだなぁ〜〜と思いましたw 
オヤジ目線で思うに、格安ツアーは使いこなし次第ですわw ホテルの食事や品格に期待しちゃダメ・・・カニ食べ放題のバイキングは、ブッチャケ、ガチ・ホルモンでしたw
五稜郭奉行所復元は、大感動! 北洋漁業の記念館にも大感動! 超高級寿司店でも大感動! どんぶり横丁でも・・・・
3万歩以上、歩き回り、函館を満喫できましたw  残念ながら、オーディオ・ショップ回りは時間切れでしたが・・・・
函館空港は、函館駅から20分程度ですから、アクセス良くて時間ロスが最小、帰りは家までたったの4時間でしたw
昭和29年には、青函連絡船が沈没して死者1400人とか、大火で3000棟燃えたとか、凄い歴史がありますが、今じゃ安心・安全な函館、変れば変るw


最後に一言!    函館は寒かった  東京の真冬レベルでしたw
地元の方は、普通に薄着で、その差に驚くと共に、順応性と抵抗力の違いを実感w










直Lは経口サプリメント、SBD鬼パラは血液ドーピング



「輸血を受けると、口を開ける必要がないほど呼吸が楽になる」。世界最高峰のロードレース、ツール・ド・フランス覇者の言葉だ。自分の血液を抜いて保存し、血液量が回復した後に、試合前に輸血で戻して持久力を増強する。自分の血であるため、ドーピングが発覚しにくい。秒読みともされる遺伝子ドーピングを含め、最高峰を目指すがゆえにトップアスリートがはまってしまうドーピングの最先端事情を紹介する。


詳しくはコチラ・・・・   http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2013080200002.html


ナルホド・・・そうだったのネ
酸素・栄養分を全身に供給する血液、血液をオーバーチャージすれば、酸素供給キャリアが増えるので、身体パフォーマンスは向上する
貴殿も・・・若い頃(十代)は、綺麗な女性見ると、興奮して鼻血が出たデショw 正にこの原理ですわ、血の気大杉、血液オーバーチャージですわ



電子 = 血液       デショw




    動画みると・・・半導体は電子が余ってるみたい・・・


                  


     余ってるなら、喜んで使わせて頂きましょうw




音質・画質に直接関係する電子・・・・電子が増えれば音質・画質は変わる




半導体は電池ではありませんが、其れ自体が自由電子アンバランス状態で、電圧を印加すると、自由電子が押し出され、自由電子オーバー状態が怒る!


つまり、自由電子の数が増える = 電圧が上がる 想スンと、電気回路が動きだす


電気回路には負荷(例えば電球)があるので、増えた自由電子は負荷で消費(光に変換)され、イーブン電流(電子余り無し)として電源へ戻される
ココから本題だべ、、、電源と負荷の関係で考えると、増えた自由電子は負荷で消費されバランスが保たれるデショw



でもね、電気回路上に仕事しない半導体が大勢屯したら如何なるよ



コレ見てよ!



中途半端に電圧掛けられた大量の半導体(LED)が仕事(発光)出来ずに屯している、コレって大量の自由電子余りってコトだろ!




            だよなw



コレで全部説明が付くべ