AC100Vフィルター 3種の神器  その4


パワーLED2000個バージョン



豆LED10(S)10(P)で100個相当、白LEDはVf3V(アバウト)ですから、コレ1個でVfは30〜33V相当
AC100Vは√2倍で直流換算すると141Vですから、テキトーに考えて60〜65(S)が妥当、接続してギリカス点灯ならOKとしていましたw
その後、色々あって、ブッチャケ、電圧掛かってればOKデショw と鳴り・・・現在に至っておりますw
今回、コイツをAC100V直Lするにアタリ、6(S)で試した処、斑点灯ですが眩しいので、10(S)まで増量したのがコレ、上下ダブルで2000個



2000個が如何のではなく、ローコスト・パワーLEDがAC100V直Lに使えるか否かのテストをしています
USBやラインのLパスはOKでしたw 仮に使えると鳴れば、1万個レベルでのテストを行いますw


不揃いの林檎w


超ローコスト・パワーLED、1個315円ですわ、照明器具として考えると信頼性・耐久性に相当疑問を漢字ますが、見ての通り、用途が違うので関係無し
LED(半導体)内部でナニが起きているのか知りませんw 光っていますが、電流は限りなく0に近く、電気喰いませんw でも効果バッチリ!
電流流れないのに、ノイズ成分だけがGNDへパスれる・・・・つまり、Ωの法則では説明できないのよ、、、、LED(半導体)は奇跡のフィルターですわ
LEDは光世界と電気世界の交差点(十字路)にあり、光ー>電気(太陽電池)、電気ー>光(LED)どちらにも進めるw
光とノイズ(実態不明)の関係は分かりませんが、光とノイズは近い関係にあり、遊んでて偶然に発見したw
見ての通り不揃いな分、特性バラけて、フィルターとしてワイド特性だと考えていますw



23日に視聴して頂きます


直Lに果てはあるのか? 言い換えると、ノイズ塗れで果てしないのかもしれませんw
聴覚は、一旦開発され脳が知ってしまうと厄介・・・・オーディオマニアは厄介な人が多いw
直L=感動直結ですから・・・・ケーブルの音の違いのようなシミッタレとはワケが違うw



余談ですが・・・・フィルター三昧、LEDだらけに鳴ると、TVの画質とかそんなモンは飛び越して、TVから人の「気」がバンバン飛び出して厄介
プロの役者(俳優)の芝居に泣くのは普通だし、それどころか、のど自慢の歌でさえ「気」が伝わり感動する始末・・・改めて、皆さん真剣なんだと知ったw
特にスポーツ中継(ガチンコ)は凄い、所詮TV中継だと思ってましたが、伝わる「気」が半端ないって・・・・唯一の欠点は、気楽にTV見れなく鳴ったw
人の「気」は電気・電波に転写され、ノイズ(感動ストッパー)が無ければ、バンバン飛び出して来る!    古い720P(0.72K)ですぜ
「気」が転写されるのは、画質なのか音質なのか? 役者の目力なんて云いますが、其れは画質・・・・でも大半は音声帯(マイク)から入力される様に漢字ます
つまり、人は人の「気」を耳(聴力)によって漢字ているのかな?   だから音が重要w



言い換えると、ノイズ問題(感動ストッパー)は深刻・・・・



ノイズの有無は、感動の有無と直結しているので、オーディオAV趣味の根源的な問題、オーディオAVは感動するための趣味ですから
感動が無ければ、その存在意義が無い、オーディオAVが廃れていますが、=感動レスだから廃れたのでしょう
ノイズでウルサイから音量を下げ、感動も無ければ、オーディオはBGMでしかなく、タダ鳴ってるダケ・・・・実はAV(画質)も同じ
スペック先行、4K・8K・16K・32K・・・・絵を見ても佐賀ワガラン! 人は正直ですから、見て分からないモンは売れない、欲しく鳴らない
大型電器店のTV売り場で、ナニ見ても感動できないのは何故? 違いが分からないのは何故? どれもコレも凄いスペックなのに・・・コレじゃ冷やかし(暇潰し)出来んぞ
欲しいけど買えない、ではなく、別に欲しくない、持ってるヤツと大差無い、同じ・・・・買う必要無い・興味無い・・・感動レス・スパイラルへ墜ちる
感動に経験やキャリアは不要、ワケ分からないけど感動できる・・・・だから素晴らしい 俗に云う「琴線鷲掴み」



私はクラシック、俺はROCK、JAZZだろ! 人夫々好みがあるので、如何と云うコト有りませんが・・・・ノイズ(感動ストッパー)が無く鳴ると、噺が変りますぜw
ブッチャケ、即感動し易くなるので、好みの範囲が大きく広がる、興味無かったけど、聴いたら「不意打ち喰らって」感動「想だったのかぁ〜〜」と鳴るw
音質・画質に感動するのではなく、音楽家・役者・製作者が込めた気持ち・思い・表現に感動するからで、好みなジャンルは関係無く鳴る、音楽・芝居は心の表現ですよ
感動はイキナリですから、正にモロ不意打ちで「前もって云えよ!」そんな連続、感動すれば音質が如何の画質が如何のは関係無いw


文句が出るのは、感動してないから、音楽聴きながら・絵を見ながら脳が別行動している証拠デショw  コレをツマラナ・オーディオ、ツマラナAVと申しますw













リファレンス交代かな・・・



久々、パナが本気だした? 良さげなBDプレーヤー登場! ツッコミ処、弄り処満載w PS4proに不満があるワケではありませんが、逝くしかないデショw
伝説のLX91を超えられるかな? ブログでCDプレーヤー大復活書いてますが、マンマ全て流用可能ですわ
言い換えると、CD再生含め、大きな分岐点に鳴るやも知れんw ネットワーク配信にも対応・・・・相当面白そうw
4K・8K放送は、パナレコで録ってBDダビング、コイツで再生かなw 来年はAVに大きな変化があるハズw


まだ余談レベルですが、AVサラウンドはマトリックス4CH+サブウーハー(長岡リファレンス)に戻そうと考えていますw



ドルビーアトモスには無理がある、悪いワケではありませんが、大局的に見ると、ステレオ2CHが基本であり、サラウンドを考えるとマトリックスがベストだと思います
マトリックス=ドルビー・プロ・ロジックですが、ドルビー・デジタル・DTS登場で浮気して、堂々巡り地獄を味わったw
90年以降、マトリックスが鳴らなくなった・・・・当時はナンでか分かりませんでしたが、ドルビー・デジタルやDTSの登場で、渡りに船・・・・飛び乗ったw





正解があると信じていましたが、蟻地獄の如くジワジワと後退し、ナンも漢字なく鳴ったw



結論書くと、AC100Vノイズがドンドン汚く鳴り、サラウンドが死んだ!



理由が分からず苦しめられた・・・・3年前、AC100Vフィルターに取り組む中、現場でマトリックス4CH試したら・・・・




愕然でした、ノイズが原因だったの?   バカたれ!フザケンナ!


マトリックス4CHよりドルビー・デジタルが優秀だと思ってましたが、ドルビー・デジタルはノイズに強かったダケ・・・強い=優秀とも云えますが
ノイズが無ければ形勢逆転、マトリックス4CHの優位性が勝る、何故なら・・・・原理がシンプルだからw


ロスレス再生でも同じだと思います、サラウンド感(差信号成分)はAC100Vノイズで大きく損なわれる、ヘタすると鳴ってるだけ
オーディオが廃れたのと同じ、AVサラウンドの話題が消えた・・・・
基本はボーカル帯(台詞)です、特に女性の声はAC100Vノイズによる付帯音で台無し、フィルターに依って繊細感・透明感が出てくれば別モノに変る
それから、プロジェクター(TV)が吐き出すノイズ(付帯音)も大問題、AVはスペック云々ではなく、綺麗なAC100Vを入れなければ全てダメに鳴る
TV・プロジェクターは142V駆動、ダメなら専用「整流どん」デラックスでノーマルノイズ対策は必須!
AVサラウンドは、ピュアオーディオの格下でしかありませんでしたが、ノイズ対策で一変w ヘタすると・・・・


早速、えびパン支部長からツッコミ入りましたw 国内販売は未だですが、欧州仕様を使っている方からの情報でしょうか
4K・8K絡みは、製品発売の遅れを見ると、相当トラブッていると思われます・・・言い換えると、手を出すのは危険w ご安心ください人柱に鳴りましょうw
ガッチリ特集してブログにする予定w まさか、パナレコで録った4KBDRが再生できないなんて、アリエナイ・・・デショw
4KBD(UHD)は不発でしたが、4K・8K放送は国策ですよ、NHKの予算は年間7000億円ですぜ、国家の威信に関わる大事業ですぜ
開局直後のコンテンツには相当期待していますw 何故なら、BSデジタル放送開局時のコンテンツはモノ凄いヤツばかりでしたw
当時は、録画する手段が無く・・・・今や伝説でしかありませんがw



AVの牽引はディスク再生でしたが、2004年以降はTV放送が牽引、TVを舐めたらアカン!




次の牽引役はネットワークかな・・・・ 課金し易いから・・・














CDプレーヤー大復活祭 試聴会



11月23日 PM1:30〜


PS3オーディオ(CD再生&HDD再生)SONY SCD−R1を使い、Lパスの有無による音質大改善を体験して頂きます
自作スピーカー・コンテスト作品 CLCL8(太鼓スピーカー)もお聞かせいたします。
その他、チタンシートによる音質改善など最近の話題を色々・・・・画質改善(今後のブログ)についても予定


参加ご希望の方は、ご連絡ください




CDプレーヤー使うので、参加される方は比較試聴CDをお持ちください!






大・大復活です!



AC100Vフィルター・Lパス・チタン軍艦巻きトリオ


Lパス・チタン軍艦巻きは、全アナログラインに行いました、USB直Lなど諸々はそのまま、やはり王道は無く、ひたすら対策道するしかありませんが、、、
結果は驚愕! ついにCDプレーヤー再生がスーパーPCオーディオのスリップに入った! タップリ後塵を浴びさせられ、手が届きませんでしたが・・・


黙って聴かせればタブン分からないレベルまでに鳴った!



CD再生特有の痛い音・キツイ音・中高域の違和感が取れ、響き・空気感など溢れんばかりの微細情報、そして音楽家が込めた気持ち・思いが部屋で爆発!



コレが音楽再生のあるべき姿だ! 音が気に鳴る前に脳ダイレクトに痺れ、大感動が巻き起こる!



PCオーディオに同様の対策を行えば、もちろん音質向上してCD再生との差はありますが・・・・もうINジャネ



クレーマーの看板下げれるわw
不満の根源は、感動インポ、聴覚のイチバン大事な部分にキズを付けられ、逝けない悲しさ・・・・人は感動したいモード全開で音楽を聴き始めますが、途端に萎えてしまう
次の瞬間、音が如何の甲のとイイワケが始まり、音楽聴いてんだか、音質分析してんだかワガンネ! 其れがオーディオマニアの世界w



感動できないのは耳がEEから、違いばかり気に鳴るのは耳がEEから・・・我らは可哀想なのよ



スンナリ感動でき(逝け)れば、音なんか気に鳴らない、脳が音質分析始めないよ、その必要が無いからw



感動に酔いしれ、音楽の素晴らしさを堪能できる    実にシンプルw














チタンは巻いてナンボ



チタン巻きで小音量時のパフォーマンス「バァ〜〜ン!」



電子チャージャーと書きましたが、流れ難い電子の流れをアシストする様な漢字・・・・
電圧が低ければ、水圧・油圧と同じなら押し出す力(圧)が低い、導体の自由電子に如何は働くかは、あくまで妄想ですが、圧が低ければ流れ難い・フリクションですわ
チタン・パイプの中に電線通すと、電子の流れが軽く鳴る、そんな漢字が音として聴こえる様に漢字ますw
兎に角、スムーズな音、詰まった感0、其れは小音量(電圧低い)時のパフォーマンスUPとして聴こえますw
スピーカーは、変換能率が低いので、パワー(電圧)を掛けないとリニアに動作しません、これまで、其れはスピーカー自体の潜在的欠点だと考えてきましたが
元々、低電圧だと電気が流れ難かったのかも・・・知れん、1Vと1000Vで電気の性質が変ると考えるのはアタリマエとも云える
電力で考えれば、1V 1000A と 1000V 1A は同じだとされていますが、だったら、電力会社の高圧線の意味が無いデショw
同じコトが、真空管アンプ(高電圧)とトランジスタ・アンプ(低電圧)にも云える、大昔(70年代)、兎に角ハイパワーなアンプ(高電圧)がEEと云われていましたw
もしかスンと、この問題とチタンが関係しているのかも、、、電線にチタン巻くなんて普通しないので、誰も気付かなかったのかなw
ましてや、チタンは電気抵抗が高いので、導体としは誰も注目していないw  大穴・万馬券かもw  LEDも想ですが、変なブログ書いてるお陰かなw



ちなみに、ピンケーブルに巻くと「バァ〜〜ン!」




チタン・チューンの可能性



仮に低電圧で有効だとすると、チタンのヘッドシェルやチタンパイプのトーンアームとかINジャネw
USBケーブルやLANケーブルも有りか、クルマなら全てのハーネス(特にセンサー系)に有効かも、試さなアカン処がイッパイw 皆さんご協力をw
クルマのチタンマフラーは有名、チタンにすると排気の抜けが良く鳴るの? だったら、インテークにチタン巻いてバランスさせるとかw
もっと云えば、ノーマル・マフラーにチタン巻くとか、ラジエター・パイプや燃料ライン、そしてガソリンタンクにチタン入れるとか、ボディーアース線に巻くのは必須かもw
デジタルAV機器のケース天板にチタン貼るのはEEかもw  オペアンプやDACにチタン貼るとか   テキトーにブログ書いてますが、あながちフカシとは言えないw



オーディオAVで効くなら、クルマだろw



普遍的な法則があり、オーディオAVで効果のある対策は、まんまクルマに流用すると「バァ〜〜ン!」



ケーブルにチタン巻いて、思ったのは、思いも依らない・関連性が有ると思えない組合せは、大抵の場合、誰も遣らないw
騙されたと思って・・・・なんて子供騙しは、爺には通用しないし、一切信用しなくてアタリマエw  伊達に長生きしてるワケじゃなし
ココに万馬券があると言えますし、だから万馬券を買うコトができないw



キーワードは、チタンは巻いてナンボ、マグネシウムとチタンの組合せは「神」



だとスンと・・・



ガソリンの流動帯電について・・・



クルマの静電気対策で残された問題が、ガソリンの帯電とその除電、油全般、特に油圧系は帯電し易い(ブレーキが典型)、クルマは静電気達磨ですから洗車が基本
帯電ですから、一箇所に水掛けただけじゃだめ、全体・隅から隅まで水洗いするコトで除電するのはレースではお馴染みw
クルマにペタペタ貼ったり、色々巻いたりするのは、結果として帯電レベルが変り、フリクション低下によって、フィーリングや燃費に現れて来るw
帯電は電荷・電子レベルの噺ですから、イオン化傾向の高いヤツを使えば、帯電が中和され、除電可能だと考えています



マグネシウムとチタンをガソリンタンクに入れると・・・・



既にマグペレは一握り入れてありますw


前車、キャラバンは燃料ポンプがリタード方式なので、正にガソリンが流動帯電してしまい、あらゆる面で不利でしたから、マグペレ投入でフィーリングは大幅向上w
除電=フリクション低下ですから、クルマの転がり向上、低速トルクが上がった様に漢字られました・・・・マグペレはナンにでも効くw
セレナはリタード方式ではないので、キャラバンの様な違いはありませんでしたが、フィーリングの違いは明らか・・・・内心「そうなのかぁ〜〜〜」
リタード式ではないので、ポンプのガソリン送出量を基に、走行距離から逆算したのが、燃費メーターだと思います
但し、ガソリン量がアバウトなので、燃費メーターもアバウト、高燃費表示に喜ばされますが・・・実際は低いw(セレナで1割以上)
ポンプ精度の問題ですから、新しいクルマは正しい燃費を表示していると思います、先日レンターカーしたスイフトは、実燃費とメーター表示がピタリと合ってましたw



チタン・シートは、カッターでも切れますが、線を引いてダイソーのキッチン・バサミで切るのがカンタン




クルマの進歩は半端無い・・・・



仕事クルマを10年落ちのセレナに換えて、クルマの進歩は半端無いと実感していますw 
最初のクルマは、マツダのBONGOでキャブ車でしたw 12年で24万キロ、DX(最低ランク)でしたが、言い換えると、ココまでEEのか? 想漢字ましたw
仕事道具として、壊れない・丈夫、オイル交換してディーラーに車検に出すだけ、トラブルはガソリン臭くて、キャニスターを交換したくらいw EEクルマでしたw
日本のクルマは優秀だと実感しましたw 飽きずに乗っていたら「コレ、何時まで乗る気?」お客様から指摘され、「買い替え様か・・・・」私は基本ケチw
クルマは壊れるまで乗るのが基本w 最期如何鳴るのか? 興味がありましたw


その後、キャラバンですが・・・・   ブログの通りですw キッカケは悪燃費で、無理だと思いつつ
燃費向上への挑戦w 顛末は100%燃費向上してエンジン・ブロ〜〜、色々勉強&楽しませて頂きましたw





























クルマ番外編・・・・・



EE漢字やでw



鉄チン・マグ・チタン・ホイールの製作w   舌噛みそうだぞ!











説明してもココでは宇宙語なのでしませんw       アホです笑ってチョw










チタン巻きは凄杉!


最初は「ゲ・ゲ・ゲェ変るんだぁ〜〜」でしたが、Lパスとの絡みもあり、イマイチ整理できませんでしたw
ツウわけで、チタン巻きだけに絞って色々テストしたところ・・・・


どすこい、トンデモ御座いません!



LED・直Lも最初はフィルターだと認識できず、電気質改善だと漢字ましたが・・・・チタンは加速・充填作用、正に電子チャージャーとしか思えんw
一体ナニが起きているのか分かりませんが、音質向上のレベルが半端ないw 柔らかい響きと最初書きましたが、以前書いた電線磨きと酷似している


電気・電子の流れ(音が)がスベスベ・スムーズに鳴り、其れを加速させたが如く引っ掛かり0で音の抜けがバツグン!



変わり方は、瞬殺! 巻いた途端に劇的な音質向上!




毎日オオカミ爺で叫んでますが、ホントです!



最初はイオン化傾向が如何たら甲たら考えましたが、チタンパイプの中に電線通すと、電子が加速されるのかも・・・・
理屈考えても良知明かないので、実践方法を紹介しますので、騙されたと思って試してみてくださいw
タブン、開いた口が塞がらないハズw




端に両面テープの小片を貼り、一方を固定して巻きますが、金属なので巻き難い・・・・初めに細い棒に巻き付け、カールさせると巻き易い




先ずは電源だと考え、巻いてみました・・・・もちろん音質向上しますが・・・・




スピーカー・ケーブルに巻いてください!  理解不能な音質向上が怒ります



体験した貴方は、茫然自失、その場から動けなく鳴るハズw
チタンパイプの電線に対する作用は、大発見だと思いますw  是非ともお試しくださいw  副作用はありませんw



抜けの良い音、なんてボキャがありますが、究極の抜けを体験できますよw



今年は変な発見が目白押しですが、コイツも凄いわ、一度聴いたら元には絶対戻れないw



チタンは磁性体


電線に巻いて変り杉ですわ、ナンでだろ?・・・・チタンは磁性体でしたw 電線の周りには磁界が発生しているので・・・・納得ですわ
FMシートと相性がEEのも納得、FMシートの上から巻いてもOK、ツウか、相乗効果も有りそうw
磁性体だとするとシールド効果も期待できるし、イオン化傾向の高さもGOOD! マグネシウムとの組合せは「神」 使えるわ













コレって95万円だって・・・・




ヘッドホン・オーディオの世界もタイヘンな様で、牌が縮小すると・・・コスパとは無縁な世界が表れる
ボリュームは、リファレンス・プリで使用しているアルプス・ハイエンドと同じとは言え、95万円とは如何なものか?
言い換えると、95万円出してでもEE音を聴きたい(感動したい)方々がいらっしゃる、ツウ噺
コレじゃ、ワンオフで作るアークスのアンプの方が遥かにコスパがEEわ


批判しても始まらないので・・・


AC100Vフィルターについて書いてますが、このアンプの様にバッテリー駆動ならAC100Vノイズは関係無いと思うデショw
ドッコイ、関係アリアリ、充電する時に全て決まるw 実体験からお話しすると、汚いAC100Vから充電すると、ナンと、ノイズも一緒に充電されちゃうw
ノイズが充電で転写されちゃう、、、DCだから関係無いと思いたい処ですが、録音と同じで、音楽家の気持ちが転写されるのと同じ、ノイズが転写され音質劣化する
つまり、このママ使うとAC100Vノイズに苦しめられるw
もちろん、最高級パーツ使用ですから、其れ鳴りのEE音は出るハズ・・・・しかし、肝心要な感動レベルはAC100Vノイズに支配されているので×デショw



BESTを狙うなら、親バッテリー(直L含む)をソーラー充電して、専用充電器でオーディオ・バッテリーを充電



つまり、95万円出してバッテリー駆動でもAC100Vノイズからは逃れられない・・・・



同じ噺が、ノートPCを使ったPCオーディオにも当て嵌まる、ノートPCはリチウム・イオン・バッテリー駆動ですから、AC100Vから切り離して使用できるハズ
ナンですが、AC100Vから充電する時、ノイズ成分も充電されてしまう・・・・バッテリー内部でナニが起きているかは分かりませんが、音を聴けばスグ分かる
不思議なのは、充電直後と数日放置したバッテリーは音質向上しており、ノイズ成分がバッテリー内部で変化・減少しているみたい・・・・
とは言え、事実上繰り返し充電して使わなければ鳴らないので、違い云々は注目されないw    ポータブル・オーディオでも全く同じ



大元、AC100Vを綺麗にしないと噺に鳴らない・・・・           メーカーですら気付かない不幸がココに有る



















チタンを巻くと・・・・          事件が・・・



クルマとリファレンス・プリで「バァ〜〜ン!」だったチタン


クルマは転がりが軽く鳴り、燃費まで良くなった、リファレンス・プリは「柔らかく豊かな響き」にゾクゾクしっ放し、もしかし使いこなせて無かった???
貼ったり・敷いたり・挟んだり、そんなアイデアでしたが・・・・



巻いたら如何よ!     だよなw



シートとは言え、金属なので巻いたらゼンマイ、反発が強くてダメかと思ってましたが・・・・予め丸棒に巻いてクセを付ければ、端に両面テープ小片付けて巻けばOK



イオン化傾向の高いチタンをケーブルに巻いたら・・・・     だよな!




電子の流れがスムーズに鳴るんだか知りませんが、チタン特有の「柔らかく豊かな響き」そのもの



クルマで云えば、転がりが軽くなり、路面のギャップがサスに吸収される、そんな音ですわ
言い換えると、電気のフリクション低下? 音の引っ掛かりがなく、スムーズそのもの、こんな音出るの? 今迄ナンだったの?



結果オーライ! 今やナンでも有り!




早速・・・・






ナンでも効くみたい・・・中華DACを包んだだけで鳥肌が立ったw




お試しアレ



ラジウムの代替えイオン化として、マグネシウム、チタンが有効だと分かりました、共に即行性があり、疑心暗鬼には鳴りません
特にチタンは音に柔らかさと豊な響きをもたらす、脚色かとも思いましたが、想ではなく、ナンらかのフリクションにより響きが出て来なかったダケ・・・・
今迄もチタンシートは使ってきましたが、使い熟せていなかった様ですw
キッカケは、長野青年部からチタンシートの注文が入り、ロールから切り出したところ、失敗してジャンクが出てしまい、だったらテストするか、と鳴り
テストしたら、色々分かりましたw そんなモンですw  チタンシートに対する認識が大きく変わりましたw














       ***  CDプレーヤー大復活祭  ***



                   


音楽は心の表現、音楽を聞いて鳥肌が立つ、感動するのは、音質がEEからではありません、音楽家が音楽に込めた気持ち・思いが、脳ダイレクトで伝わるから感動します
感動は自発的には起こりませんし、ヤラセも不可、録音は電気信号です、理由は分かりませんが、音楽家の気持ちは録音で電気信号に転写される、映像も同じ
だから、地球の裏側で行われたオリンピックの中継や録画でも感動できる、映画やドラマも同じ、ヘタクソな音楽や芝居では感動しませんw


大事なコトは、人の気持ちであり、其れが伝わるか否かが、感動と大きく関係していますw



オーディオが廃れたのは、オーディオ音楽再生で感動できないから、音楽が悪いのか? それともオーディオ装置が悪くて感動の邪魔をしているか?  デショw
オーディオ技術が進歩したのに、気付くとオーディオ再生で全く感動できない、そのくせ、音が如何だ甲だと・・・




  CDプレーヤー再生で久々(25年振り?)に感動して鳥肌が立った!



CDプレーヤーには苦しめられて北、ナンも漢字無い、音が気に鳴り感動できない、だから音楽再生に鳴らない、音の違いなんて如何でもEEのよ
音楽の感動ほどシンプルなモンは無い、理屈じゃない、、、、70年代はAMラジオの音楽で感動出来たデショw FMなんて貪る様に聴いたモンですw 
技術が進歩したにも拘わらず、イチバン大事な感動が消え、音の違いが如何たら甲たら、バカタレAUDIOですわ


CD誕生には期待しましたよ、夢のPCMですぜ、PCM録音はテープ・ヒスがありませんw 夢の世界でした・・・・・
ところがドッコイ! 驚いたのは最初の1年だけ、以後文句タラタラ、当時AD再生は絶頂期でしたから、比較されてケチョン・ケチョンw
当時は若かったですから、今は如何有れ、将来は必ずADを抜くと信じていましたし、現役エンジニアでしたから頑張って自作も色々しましたw




            幻想を追い掛けて北!



何時しか、幻想だと分かり、CD再生に対して諦めを実感していました・・・・・
老後は、AD再生だとマジに考えてましたし、ショールームを作る目的は、最上のAD再生が目的でしたw   まだ持続していますがw
SACDも有りましたが、CDの延長線上であり、レコード収拾に精を出していた時、ハイレゾ&PCオーディオを知りましたw N谷さんから教えて貰いましたw



CDリッピングで音が良く鳴ると知り・・・藁をも縋る、最期の挑戦を決意!



実は、25年前ホームシアターインストーラーは始める時、自作スピーカーは別にして、自作オーディオ(アンプその他)は二度としないと決めていましたw
最初はマネでも「人と同じは嫌なの僕」です、自作とは自己表現であり、シンプルを基本としたオリジナル思考を追求しましたw
リファレンス・プリの回路は30年前に完成したモノで、MOS−FETのドレイン・フォロアは市販製品には有りませんw  コレ以上シンプルには出来ないハズw
電子回路は捏ねくり回せば幾らでも複雑に出来るし、アレコレ心配すればスルほど、ドンドン複雑になり、挙句に皆同じ回路に収束してしまうw  ナンとツマラナイ世界
結果、自分鳴りにヤリ切った思いもありましたし、音はオーディオAV機器だけで決まるワケもなし、建築・デザインで理想の音響空間(シアター)を目指そうと決意
建築・デザインに関して、ずぶのシロートでしたから、勉強&覚えるコトだらけ、自作オーディオなんてスル暇はアリエナイと考えましたw
人に恵まれ、仕事に恵まれ、超高級住宅のシアター・インストールに携われたのは感謝しかありません


噺は戻って・・・・


AC100Vフィルターが進化して音質向上したのは確か・・・・でもCDとPCオーディオの音質差が縮まらないのよ
言い換えると、CDとPCオーディオの音質差はAC100Vノイズが主原因ではない、、、一体ナンなの?



結果として、AC100Vノイズが炙り出され、その対策に明け暮れて来ました



PCオーディオのお陰で、自作せざるを得なくなったw


キッカケは、PCオーディオはスイッチング電源よりシリーズ電源のほうがEEなんて聞いたからw
シリーズ電源なら自作できるジャン、そしてドツボに堕ちたw
結論から云うと、AC100Vが綺麗ならどちらでもOK、最新高速PCはスイッチング電源じゃなきゃ起動しないので、AC100Vフィルター頑張るしかナガッタw
シリーズ電源自体がフィルターですが、AC100Vノイズが通過しちゃう・・・・フィルターは電源上流でするしかないのよw




   ***   LEDがCDプレーヤーを救った!   ***




  LEDをVf以下の領域で使うと、デジタル・ノイズ・フィルターに鳴る



相当ブッ飛んだ噺ですが、試せば誰でも分かる、CDプレーヤー特有の嫌味な音、感動を左右する透明感はじめ微細情報や中高域の鋭さ、混変調なのは分かりますが
癌の原発(スプリアス)を叩けずにいた、原因はAC100Vノイズですが、CDプレーヤーの原理・構造によるノイズ発生もプラスされて手の出し様がナガッタ!
同じデジタル・データなのに、絶えずPCオーディオの後塵を浴びる羽目に鳴り、PCオーディオの引き立て役としてのCDプレーヤーでしか無かった






















どうぞ、笑ってやってくださいw    本人も満足デショw



奥の御先祖様が怒ってるよw


Oh〜〜EEジャン、この考え方は大事ブラボ〜〜、スピーカーとは電気信号を音波に蛙変換器であり、スピーカー=マイクなんですが、、、、
マイクはスピーカーに鳴らないデショw この理不尽が大問題ですわ、正解に近いのが現代スピーカーですが、、、正解ではありませんw
奇想天外なアイデアが必要ですが、中々出ないw  考えても実行まで逝かないw   偉いワナ!





JODENが甘い・・・・・


ノイズ対策は、除電(静電気対策)から始まりましたw  除電ブラシでオーディオAV機器やケーブルを掃くだけで「バァ〜〜ン!」当時はオドロキましたw
知らぬ間に静電気が集り、静電気ノイズと鳴って、透明感を下げたり、付帯音や、詰まった漢字の音質(詰まったツマラナイ音)に鳴る
静電気は偉大な自然現象ですから、如何にも鳴らん、ひたすら除電し続け、静電気が起きにくい環境を作り維持するしかない
もうスグ乾燥の季節が始まりますから、湿度管理は特に重要、加湿器の準備は如何ですか?



リファレンス・プリに関して・・・


AC100Vノイズ対策に明け暮れ、達成感もあり、静電気ノイズ対策(除電)が少し甘い・・・



特に、マグネシウム・イオン化に特化しているので、静電気対策が甘くなっていた・・・・



除電イオン化は一体で行う必要がある



イオン化=除電ですが、イオン化が除電に喰われ、虎の子イオン化効果が下がってしまう・・・勿体無いw



もちろん、其れ鳴りに除電してますが、、、、音質全体レベルが上がっているので、僅かに残った静電気ノイズが炙り出されてしまった



マグネシウム・イオン化回路と純銀線・潤フロン線(銀メッキ線)の全面使用で、研ぎ澄まされた音は誤魔化しが一切効かない




ヤリ杉大好き!



ナンでも想ですが、ヤリ杉た時、全体バランスのとり直しはタイヘンw



ナンでも、ソコソコがEE(コスパ優先)は分かりますが、アソビですからヤリ杉でナンボ、拘ってナンボ、だから苦しい、でも楽しいw



安牌じゃツマラン、、、ヤリ杉でしか味わえない世界、一歩間違えば破滅!、超えられれば極楽浄土、見てないで一緒にアソビましょうw



除電の基本はコロナ放電、放電端子(細い針)を使って空気中に還元するw


水と同じ、電気は高い方から低い方へ流れる、金属導体(自由電子有り)の場合は特に有効だと考えています
反対に絶縁体(紙・プラスチック・ビニール)の時は、除電テープで囲い貼りが有効





最期の締めは、本麻(大麻)で電磁波吸収




完成です!



前作をキッチリ抜いて、一安心w
除電イオン化は手を抜いちゃダメw  それにしても凄い音ですわ、銀の煌きと除電イオン化の落着き、チタンの低重心がプラスされ、大満足のリファレンスが誕生!
フラットですから「低音出杉!」もう文句は云わせません、グランカッサ(大太鼓)で富士山が噴火すると低音が炸裂!怒涛の様なエネルギーが押し寄せ、瞬間に消える
ハイスピード・レスポンスが抜群、正にホーン・ウーハーならでは醍醐味を存分に楽しめますw
そして、CDプレーヤーが飛躍的に音質向上しましたw PCオーディオを100点とすれば、以前は85点でしたが、今回95点まで上がったw
黙って聴かせたら、PCオーディオと間違える方もいるハズw 私自身も混乱したホド、CD特有の嫌味はLパスで殆ど消えた
もちろん、PCオーディオの方が上ですが、CDでもEEジャン、CD大復活宣言ですわ




スピーカー・ラインを含め、全アナログ・ラインをLパス



直Lを試された方は是非トライしてください、効果は白須が保証します!


信号ラインに挿入するフィルターで副作用0(マジ0)で全帯域で繊細感UP&低域解像度・量感UPなど信じ難い効果、まさか・まさかのLEDですわ
商品化すれば爆発的ヒットは間違い無いw













「柔らかく豊な響き」チタン・サウンド



リファレンス・プリで漢字るコト・・・・



新しいパーツ、フラットアンプ、銀線多用、マグネシウムが重なり、サウンドが若く元気一杯! 以前のリファレンスは、ローブーストの問題は兎も角・・・・枯れたサウンド
20年使用は伊達じゃない、EE意味で枯れたベテラン、わびさびが出ていたw 片や新しいリファレンスは、若さ溢れて元気一杯!
言い換えると、ホンの少し音が硬い、真面目、几帳面、神経質でして、いい加減では困りますが、もう少し大らかさが欲しいw



20年使えば枯れるとは言え、20年後に生きているか疑問・・・・この問題の解決にチタンが使えないか?



チタンがわびさび、とは思いませんが、、、残念ながら・・・・アイデアが無いw



チタンでクルマの音が変わった、柔らかい響きに期待したい




エクテンション・シャフト(銅)のイオン化



マグネシウム基板の下にチタンシート



MOS−FETドレイン出力をパワーLEDパス(チタンシート挟み)




ヤケクソだわ、アナログ・ラインは全てLEDパス、ブッチャケ、前代未聞、ついに機器内部にLEDパスが入りだしたw
最初アムクロンの回路図見た時、「この人、ダイオードが好きなのね」上から目線でしたが・・・・まさか自分も想なるとわw





神様・仏様・チタン様お願い!






スンゴイの南野!



目(いや耳)を瞠る繊細感・透明感、低域の出方が一変、部屋に低音ガスが充満した様、高域の柔らかい響きで全身鳥肌!



アララ・・・フザケンナよ、変り杉だろ!、前作を完全に抜いている、どんなモンだか???でしたが・・・・ヒックリ返った!
クルマが想でしたが、マグネシウムとチタンは神組、この道永いですが、、、、考えられない変わり方をスル
チタンシートを売ってますが、まさかですわ、300円のパワーLEDはオーディオ無差別テロだわ、こんなモンが皆に知れたらトンデモ御座いません、口外しないでねw



コレって、、、CDプレーヤーでの噺ですよ



CDプレーヤーの音質が飛躍的に向上!!!



CDプレーヤーのアナログ出力は徹底的にLEDパス(Lパス)する必要がある
今更ですが、CD再生でココまで出来るとは・・・・ナンなんデショw  処分しなくてヨガッタ!  LEDの本性(ノーマル・フィルター)が見えて北!
LEDでパスって音質向上なんて、青天の霹靂デショw LEDパスは、副作用無し、スーパーフィルターですわ
特に低域の出方が半端ない、バランス的に高域が下がって、低域が出るのではありませんw 抑え付けられていたエネルギーが決壊する様に低域が溢れ出す
高域は繊細感UPで透明感バツグン、ハイエンドのキレ・伸びは特筆モン、こんなモンが有ったとは考えもしませんでしたw



チタンシートは、マグネシウムと組合せて、敷く・挟む・貼り付け



確定条件はまだ不明、、、ブログを参考にイオン化傾向の高低を考え各種トライしてみてくださいw 相当楽しめるハズw
例えば、カートリッジとヘッドシェルの間に挟むとか・・・




カーボンブレードホース




軽量・強靭・代替え金属、そんなイメージがありますが、導電性が高く、電子観で見ると、ワケワカメの性質が隠れていると漢字ていますw
特に、コロナ放電つまり除電として最強では? 電波も吸収しそうな勢いを漢字ます




見ての通り、ハーネス除電が甘いワナ


ハーネスには静電気が集り易い、特に潤フロン線は格好の標的、汚れの無いツルツル・ピカピカは静電気の餌食に鳴り易いw
例えば、指紋や手垢だらけのCD(帯電小)と、ピカピカなCD(帯電大)では帯電レベルが全く違う、レコードも同じw
アンチスタHは水成分ですが、乾いた時にホウ素が表面に汚れとして残るので、結果として帯電し難い条件に鳴る
除電せなアカンとは思ってましたが、最期の最後、微弱静電気による硬さ・違和感を漢字ますw
特に、最初はEEけど、時間と共に音の付帯音感が変わる原因の殆どが、ハーネスの微弱帯電・・・・電気が流れれば必ず帯電すると考えてくださいw
静電気に関して、その実態は現代科学では全く不明、理論が殆ど無いので、除電に関しても水でも掛けない限り、コレで十分とか一切言えないw
ハーネスの微弱静電気に関して、絶縁被覆(ビニール・プラスチック)が大きく関係していると考えていますし
ケーブルによる音の差は、銅線云々ではなく、絶縁外皮の違いによる帯電差が原因だと考えています