AC100Vフィルター 3種の神器  その5


BS4K「いいね!」



視聴を始めました・・・・左旋は未だで、右旋だけですが、NHKに関して云えば「いいね!」
画質・音質共に優秀、720Pビエラで見て分かるので、送り出しは相当EEと思われます・・・・その上、720Pで「バァ〜〜ン!」
素晴らしいの南野、、、ブッチャケ、TV買い替え暫く後にしようかと・・・・こんな綺麗なTV捨てるの惜しいわ
弄ったSUZ2060は思ったよりEEと漢字ます、期待していた再生プレーヤー9000がコケましたが、ショールームでPS4proとガチ比較したく鳴りましたw
4Kと云うと、4Kモニター・4Kプロジェクターで見ないとダメ、そんなイメージでしたが、720Pでも4K効果が分かります
つまり、大元・上流が良く鳴れば、全体が良く鳴る、AC100Vノイズと同じですわ
番組内容を見ると、NHKは相当前から4Kカメラで収録している様で、ドラマはじめ相当なストックが有ると漢字ましたw
映画の4Kリマスターも楽しみ、ブッチャケ、NHKはオーディオAV趣味を牽引している、こんな国は日本だけデショw
4Kはホントに必要なのか? 根本的問題もありますが・・・・我々オーディオAV趣味人には、願ったり叶ったり、国策で空から4Kソフトが降ってくるw
オーディオAVマニアは、キッチリ録画して、4KBDRに焼く意味がお分かりだと思います



BS4K見てますか?



TV放送は大衆のためのモノですが、実は音質・画質が最高峰なのよ・・・・変な国だけど、マニアは大歓迎w










4KBDR再生の意味とは・・・・



音質・画質の最高峰はTV放送


ナンだTVかよ、そんな認識の貴方、時代遅れも甚だしい・・・・日本のオーディオAV趣味の最高峰はVHD・LDから始まったディスク再生が牽引して北
オーディオも同様、SP・LP・CD・SACDと逝ったディスク再生が最高峰として牽引して来ましたし、そんな認識でした
ところが、TVのデジタル化をキッカケに下克上が勃発、当時、DVD(525I)に対し、デジタル・ハイビジョン(720P)が登場してDVDを抜いた・・・・
DVDよりTVの方が高画質に変った・・・・とは言え、所詮TVだろ、上から目線でしたが、BDレコーダーの出現で決定的な事件が起きる



傑作 パイオニア BDP−LX91の出現



イオニアは当時、BDプレーヤーとBDレコーダーを同時に開発しており、BDレコーダーで録画したBDRをBDプレーヤーで再生してその差を縮めようとしていた
一般的には、録画して再生できればOK、それ以上・それ烏賊でしかありませんが・・・・同じ映画をTV録画したヤツと、売ってるBDの比較を始めたw
同じ映画でTV放送とパッケージBD再生の差を解消しようとしたのよ・・・・つまり同じデジタルですが、TVとBDでは方式・フォーマットが違う
当時、TVで放映された映画を録画・再生しても、売ってるパッケージBDには敵いませんでしたw 「TVだしね・・・・BDがEEに決まってるジャン」ですわ
私自身、TVエアチェックに対し興味が無かった・・・・ツウか、馬鹿にしていたw  其れは一種のコンプレックスですわ
レコード買えない学生時代、FMをカセットでエアチェックし捲ってました、何時かレコードが好きなだけ買える様に鳴りたい・・・・憧れていましたw


エアチェック = 貧乏くさい 音が悪くても我慢!



敢えてエアチェックをしようとは思わんデショw
ところが、パイオニアはTV放送を徹底的に解析して、1080/60i −>  1080/24P 変換を可能にしてしまったw
1080/24Pとは、パッケージBDの規格でして、WOWOWをエアチェックしたBDRを再生すると、パッケージBDと同等な再生を可能にしてしまったw



つまり、エアチェックすれば、パッケージBDを買ったのと同じ



そんな馬鹿な、、、と思うデショw 当時色々テストして粗を探しましたが、、、結果的に100点満点中、93〜96点で再生可能w
極めたければ、パッケージBDを買えば良い、それよりも、パッケージ化されていないソフトがゴロゴロ放送されており、エアチェックすれば相当EE音質・画質で再生可能w


好むと好まざるに関係無く、空からパッケージBDが降って来る時代が北!



そして、もっと凄かったのが、この情報は公に公開されなかったw パイオニアは隠したんよw
つまり、エアチェックすればパッケージBD買わなくてOK・・・・パイオニアは口を塞いだw  アホでしょw
取説には一切書かれておらず、意味不明な「良いと思われる設定で見てください」ナンのこっちゃですわ
アークスでは勉強視聴会を3回行い、口頭ならOKとの了解を得て、全て詳しく解説して頂きましたw


残念ながら、この技術は受け継がれるコト無く、消えてしまった・・・・社員が優秀でも経営者がアホだと・・・・



時代は変わったのよ



TVと云いますが、引っ張るのはNHK、7000億円の予算は半端ないって!



4Kリマスターだって!


黒澤作品はじめ、目白押しですわ・・・・キャッチが「誰も見たコトがない・・・・」だって!
ちなみに、古い作品をレストア・リマスターする意味があるのか? と思われているなら、其れは間違いw
音楽再生と同じですわ、円谷作品に関して云えば、当時の最高峰であると同時に、作品の隅々まで製作者の「本気」が充填されていて「感動」ビンビン
ノイズやキズをレストアできれば、残るのは「感動」のみ・・・デショw



4KBDRで良い再生プレーヤーが欲しいの分かるデショw








パナレコSUZ2060にはガンバって貰いますw



もしかすると、4KはBDRではなく、サーバー(HDDもしくはNAS)かも知れん・・・・












特注 FM・PSTコイル



2018自作スピーカー・コンテスト、最期の締めはコイツで・・・



間に合うか心配でしたが、1週間前に届いたw   前代未聞、FM(ファインメット)PSTコイル(1〜3mH マルチタップ)で御座いますw
もし、良ければ(良く鳴れば)正規販売いたしますw その他、FM特注(高価ですよ)すべて承りますので、気楽にご連絡ください
バカ逝ってるワナ、FMコイルに全帯域を入れるワケで、FMサウンド・レコパルですわ、EEのかねこんなコトして・・・・FM信仰かよw
私はリファレンス含め、全てのスピーカーにFM・CMチョークもしくはRSKNを入れてますw
ちなみに、タップは途中の線を脇出しですが・・・・ナンと、線を切って繋げるとダメだと申しておりました・・・・・意味分かりませんw



小型スピーカー&小音量再生の救世主に鳴るのか?



こんなモン、無い方がEEに決まっている・・・・とは言え、小型スピーカー&小音量再生でバランスを取るにはPSTは必要だと考えています
トーンコントロールで低域を持ち上げるのとは逆、スピーカーユニットで中〜高音を抑える手法・・・・小口径ユニットは高音が出易いので抑える手法
音量ボリュームは上げても高音が抑えられ、低音だけ盛り上がるツウ噺、パワーを入れるのでスピーカーのリニアリティーは上がる
FMだから、音質劣化しないハズ・・・・そんな美味い噺・・・・ホントかよ!



悩ましい定数設定



コイルなんぼの抵抗なんぼ、シンプル・カンタンとは言え、煮詰める時間が無い・・・・一か八かで逝くしかないとは言え、勝負が掛かっているので・・・・
ブッチャケ、PSTコイルでタップ出しなんて、不親切&悩ましい、単純コイルなら腹が決まりますが、細かくタップ出されたら迷うデショw
何度もPST組んでるベテランなら、想像力が有りますが・・・・白状するとPSTバージンw
偉そうにPSTは必要だとか書いてますが・・・・無い方がEEに決まっている!・・・・邪道だ!・・・・つい先日まで考えていましたw
勝手なモンですわ、でもね・・・人は歳と共に変るのよ、2000W欲しいとか書きながら、小音量リファレンスとか書いてるワケで、複雑ですw




ダメだぁ〜〜


理論の矛盾が発生、低域が出てOKですが、和紙振動板の制動が外れ、盛大にブルブル付帯音が鳴っちゃうw
CLCL8の最大特徴は、和紙振動板の繊細感と音場感、そして低音補強にあります、和紙振動板は制動効きません、好きに鳴ってるダケ、其れがEEのです
PSTで低域補強すると、そのシワ寄せが和紙振動板に集中し、音楽とは関係無くブルブルと震え、付帯音を出してしまう・・・・正に矛盾ですわ
和紙振動板が好きに鳴るのはOKですが、タガが外れて共振するのはNG、タガが外れる寸止めで使うのがEE、その時の繊細感・音場感は他に類をみない傑作
CLCL8は狙って作ったワケではありませんw 狙って出来たら俺は天才だわ、正に偶然の産物w



戻して完成!    コレで逝きますw










ノイズ対策は、必要悪であり、音質・画質向上の手段(目的)ではない



ノイズ対策は、AC100Vの現状を考えると、せざるを得ない(必要悪)、言い換えると、音質・画質向上の手段(目的)は他にある
と同時に、ノイズ対策しないと、音質・画質向上の手段(目的)が不明になる


ノイズ対策しないと、感動レス(感動ED)であり、音質・画質向上のためのA・B比較差が殆ど出ない




鳴ってるダケ、映ってるダケ、比較しても如何でもEE差




AC100Vノイズの悪化はオーディオAV趣味の廃れと同期している



4K放送が話題にならない理由がコレ、人は正直ですから、感動しない、映ってる竹・鳴ってる竹には関心を示さない・・・・
AC100Vノイズが驚異のスペックを覆い隠してしまい、4K本来のパフォーマンスが全く出ていない・・・と同時に



4K機器は自ら大量のCMノイズを吐き出し、AC100Vに逆流して、電磁ノイズ・スモッグが発生




           
50年前の東京w



言い換えると、スペックが上がる程、電磁ノイズ・スモッグが悪化する




極端だと思うデショw でも現実ですわ、オーディオAV処では無い・・・・



スモッグの中にそびえる高層ビルは、ハイスペック・デジタルに見えるのは私だけ?


ようやく、相応しい例えができましたw 鳴ってるダケ・映ってるダケ・佐賀ワカラン、とはコレ
佐賀ワカラン中で、差を出そうとすれば、ホンの僅かな差を騒ぎ建てるしかない、普通の人はドン引きですわ・・・・
重症なのは、メーカー自体が気付いて無いコト、何故オーディオAVが廃れたのか考えようとしないコト
酷い大気汚染の中で身体トレーニング(マラソン等)しているのと同じ、



昔は・・・・




4Kは3年前は、話題になりましたが、今じゃ・・・・2Kとの違いが余りにも小さい上、ナンも漢字ない(感動レス)故、気にも掛けられない
もちろん、凄く違いますよw   でもね・・・・
余談ですが、オーディオマニアじゃない方に「音の違いをお聞かせしましょう」と云うと、100%の方が「私(俺)に分かるかナァ〜〜」と申されますw
想なんです、我々はとても小さな違いを「あ〜だ、こ〜だ」(チマチマ)と騒ぎ建てていると思われてますw
ブッチャケ、ケーブルの音の違い(方向なんて噺も有ったw)なんて世界がコレ、自慢じゃありませんが、銀線と銅線の違いは書いたコトありますが・・・・
ケーブルの違いについては、殆ど書いた記憶がないw 使ってるケーブルはズッと同じw


トンデモ御座いませんw 



しか興味ございません!



味で云えば、口に入れた瞬間の噺と同じw   細かな違いなど興味無いw











いよいよ本題w


AC100Vフィルター 3種の神器



ノイズ対策は、ノイズを知り、仕分けしてから始める


仕分けしないと、闇雲に鳴り、ナニ遣ってんだか分からなく鳴るw ブッチャケ、とりあえずノイズと逝っておけば受けがEEので、カモにされ易いw
店頭の吊るしグッズに「ノイズ対策」とか書いてあると、無条件に手が出るデショw オーディオAVマニアはお人好しが多いので「とりあえず」「悪くなさそう」
「少しは効くかな」「ダメ元」ご経験があると思いますw  そして何故かマニアは「ノイズ」と云う言葉の響きに弱いw
言い換えると、皆さんノイズの影響かな? と思い(直感し)つつ、変だなと分かっていながら、ノイズだらけの音を我慢して聴きているんよw


ハッキリ申し上げると・・・


ノイズのパラメーターや測定値はこの世に存在しません、何故なら、測れないから・・・ところが、皆さんノイズと云うと反応するんよw
実態が分からないにも拘わらず、ノイズ認識は共通している・・・・普通に「ノイズが減った」とか云うデショw   メチャクチャ矛盾してると思いませんか?
皆が知ってるノイズですが、メーカー製品でノイズ対策を謳っているカタログは存在しませんw
ノイズ対策を謳う以上、ノイズの実態を明らかにする必要があり、その上でビフォーアフターを示さなければダメw
ところは、ノイズは測定・視覚化ができないので、メーカー様には通用しないのですw  つまり、オカルト扱いw


だから、噺がヤヤコシイw


CD再生して、キツイ音、刺さる音、キンキン・カンカン・ペラペラした音、如何考えても音楽以外の付帯音が聴こえても、測定できないからメーカーはノイズとは云わないw
実態が分からないモンは扱えないデショw



雑音が懐かしいw


アナログな雑音は途中から加わるモンなので、S/N比として測定可能、アフターからビフォーを引き算して余ったのが雑音、分かり易いw
デジタルは引き算すると、0なので雑音が存在しない、もしくはモノ凄く小さいのよw


デジタル世界のノイズは、信号に混ざって溶けているので、耳や目で分かっても、電気測定ができない



測定不可ノイズ3大巨頭とは・・・・




静電気ノイズ  




ノーマルモード(N)ノイズ  




コモンモード(CM)ノイズ



TDKのページが詳しいですよ   https://www.tdk.co.jp/techmag/emc/index.htm



ヤヤコシイ噺が多く、大変ですが、分からなくてOK、先ずはお経だと思って読んでくださいw  100回読めば3割は理解できると思います、語学と似ているw
大事なのは、語句とその意味を覚えるコト、ノイズはカテゴリーが多い上、オーディオAVとの関連性を理解するのが大変、私なんか何年も全く分かりませんでしたw
測定できないノイズの場合、理論上の噺が多く鳴り、ノイズの認識は有りません、ところが対策して効果が出ると・・・「ノイズだったの?」と鳴ります
一旦、ノイズを認識できると、脳が覚えて、ノイズを明確に意識できる様にり・・・・向上心が沸々と沸き上がりますよw
つまり、対策して効果が出て、初めて認識できる世界w 最初に書きましたが、ナンか変だと思っても、其れがノイズだとは認識できないのよw
貴方が、オーディオAV歴40年以上なら、ノイズの無かった世界をご存知だと思います・・・・技術・文明が進歩して良く鳴った反面、オーディオAVはダメに鳴った



チタンで遊ぼう!




弄りの考え方が変った・・・・


改造と称して、弄り回して来ましたw あたかもメーカー製が欠陥だと云わんばかりに、甲すれば良く鳴ると・・・叫んで北w
冷静に整理してみると・・・・静電気対策(除電)関連を除き、全てAC100Vノイズ対策だったと云わざるを得ませんw
つまり、本来ならAV機器の外部でするべきAC100Vノイズ・フィルターをワザワザ機器内部で行い、効果があると書いてきましたw  ごめんなさい。
ようやく整理が出来てきましたw


ソンで持って、チタンなんですが・・・





国立のYさんから・・・


先日の試聴会はお世話になりました。ケーブル類に巻いた余りで、弄ってみました。
静電気対策紙シートの上に、アルミ、銅、チタンシートを貼り、十字(これだけしか残ってない)に置きました。
その上にサンシャイン社のマグターンテーブル板を置きました。音像クッキリで過去に聴いたこともない音が出ました。
カートリッジ、シェル間にも挟んでます。placeboではないと思うのですが・・・・取り急ぎ一報まで。以上


と、申しております




想なんですよ、チタンで巻いたり・挟んだり・貼ったりすると・・・・不思議なコトが起きますw


未だ整理できていませんw つまり、、、未知との遭遇が味わえます、、、ココ掘れワンワンですわ
ちなみに、ケーブルに巻くとは別に、オーディオAV機器のケースに貼ったりすると・・・・「バァ〜〜ン!」
果たして、ノイズ低減効果なのかネェ〜〜遊び半分で試す価値ありますよw
特にマグネシウムとチタンの組合せがEEみたい・・・・よw
例のデカ・タイヤでも信じ難い現象が起きており、、、回るモノに効くのか?




いよいよ、来年はアナログ逝きますw



1月に試聴機が来ますw


タダ鳴らしてもツマラナイので、リファレンス寺垣と勝負を考えていますw


お正月はプレーヤーの整備で忙しいw
もの凄くオモシロかったら、ガチ試聴会しますw






















やはり・・・・スカでしたw
4K録画BDRの再生はできません、ナンと申しましょうか・・・・アホですわ
ディスク書き込みフォーマットが、新方式で対応していない・・・との回答
バカ云えよ、2060の方が早く売ってるんだろ、発売が遅い9000が対応してないなんてイイワケに鳴らんだろw 強く逝っときましたw


を欠く   ですわ




新方式とは、MMT・TLV方式だって!


2060で録って、9000で再生・・・・ディーガで録って91で再生、の再来かと期待しましたが、トホホですわw
4KBDRが再生できないヤツに用は無い、AVの牽引役はTVですから、TV録画を軽視してはダメ・・・・パナのプロデュースがアホですわ
そんなコトも分からないの?・・・・・みたいw


映像と音の新基準・・・・・   キャッチコピーが笑わせるw























高音質・高画質の決め手とは・・・・


先ずは音質から・・・・


「ノイズ対策」と年がら年中唱えていますが、ノイズが減って高音質に鳴ったとして、高音質ってナニ?
ナニを持って高音質だと云えるのか? 高音質の決め手はナンなのか? 整理してみましたw


音楽は心の表現であり、音楽家の思い・気持ちが伝わり感動する


歌は技巧と同時にモロ気持ちが出るし、楽器演奏、ピアノ・ギター・バイオリン・吹く楽器はもちろん、太鼓ですら気持ちを表現できる
総じて云えるのは、人の口と手から「気持ち」が出て来るw 同じコトが絵画・彫刻はじめ、手で作るモノ全て(神は細部に宿る)に云える・・・・人間って凄いw
人の思い・気持ち・「気」はマイクから電気信号に変換され、同時に転写される・・・・理論や正体は分かりませんが、現実として、体験として、理解できますw
人の気持ちだけではありません、その場の「空気感」「ムード」「緊張感」も電気信号へと転写される
「気」の転写とオーディオ・スペックの相関関係は分かりません、古いモノラル録音でも凄い「気」を漢字ますが、最新録音が凄いかと云えば???


感動=高音質、感動したとき高音質だと漢字る



感動を司る音域(音質部分)は何処よ



歌(声)に代表される中音域の音質、特に中音域の高音部分で決まると考えます、言い換えると、聴覚の最も敏感な部分にノイズ・違和感・付帯音が有るとダメ!
CDプレーヤーはじめ、デジタル・オーディオが最も苦手としている部分であり、AD(レコード)再生との違いを際立たせている音域ですわ
ブログで何度か書いてますが、高周波デジタル信号のスプリアス(高調波)とオーディオ信号が混変調を起こし、音を汚していると考えています


依りによって、聴覚の最も敏感な部分が傷つくため、感動ストッパーと鳴り、音楽再生を台無しにする



人は音楽再生が始まると、含まれている音楽家の気持ちを漢字用と聴覚ゲインがMAXに鳴る、その時、ノイズを認知すると・・・・中折れ・逝けない・EDですわ
コレは男性的な分析であり、女性が如何漢字ているかは分かりませんw  オーディオ・マニアは圧倒的に男性が多いのと関係しているのか?  興味がありますw





感動ED改善にLED(直L・Lパス・CLパス)が効く!



中高域のキツさ・濁り・付帯音が消え、クリアで繊細感抜群に変る、音楽の感動と直結した最も大事な部分、今迄如何しようも無かった部分に効く!
そして、副作用0、全ての面で改善されるスーパーフィルター、まさかLEDにこんな効果が有ったとは・・・・効果はLEDの量に比例
LEDの用途外使用であり理論は不明ですが、音聴けばスグ分かる、現象として確認可能、同様の効果としてCパスがありますが、効果はLEDが上
一旦、味占めると、麻薬のように止められない・・・・中毒症状を起こす



画質について・・・



画質の肝は、「透明感」に尽きる



解像度・コントラスト・階調・発色・色数、、、語り出すとキリがありませんが・・・


映像は基本として作りモノなので、オーディオの原音に対する原画という観念が通用しません、意図的に解像度を変えたりするので基準が分からない
音楽で云う「心の表現」に対し、映像の「心の表現」とは、被写体が人であれば、顔を含めた表情が心の表現だと思いますし、風景ならカメラマンの腕・「気入れ」姿勢
手で操作しますから「気」が入る、アニメーションなら作画時の「気」だと思います


コレらを隈なく表現するには・・・・「透明感」が必要



「透明感」ってナニ?         透明感は深いのよw



SN感と透明感の違い・・・



静電気対策(除電)とAC100Vノイズ対策(特にCMノイズ対策)によって驚くべきSN感が得られますw  ブッチャケ、コレだけでOK、だと思ってましたw
ノイズ対策したわけですから、コレが最上画質だと思いました・・・・



ところが・・・



ブログで何度も書いていますが、ノイズが減ると、新たなノイズが現れる・・・・言い換えると、ノイズが減ると、取り残されたノイズが目立つ!



コレが罠でして「ナンでオマエ残ってるの?」と思ってしまうw
ノイズ対策始めると、神経過敏でピリピリしてますから、取り残しノイズが異様に目立つw
傍から見れば「こんなにINだから、気にスンナ!」と云いたい処ですが、玉にキズ状態に鳴るんよw



この「黒浮き」、ナンとか鳴らんの?



黒浮きは、ディスプレーの宿命だと思ってましたw 「仕方ないよ・・・」ところが、ノイズ対策が進むと「黒浮き」が目立つのよw
強力な光源が有る以上、真っ黒は再生できない「無理!!!」とは言え、良く見ると、黒ベール・黒(ダークグレー)ノイズとも見える
画質的に分析すると、黒ベールが纏わり憑いている様・・・・水面に薄っすら黒い膜が張った様にも見える・・・透明感が落ちていたのよ
ブライト調整で追い込めるレベルを超えて、黒い膜が有る様なんよw 3管プロジェクター時代は迷光対策なんてヤリましたが・・・・チョッと違う
特にDLPプロジェクターだと目立つ・・・・ブッチャケ、仕方ないと諦めていましたw




LEDは効くよ〜〜〜    ビックリですわ「黒浮き」はノイズだとワガッタ!



今や3管プロジェクターは存在しないので、比較できませんが・・・・「黒浮き」はデジタル特有のノイズかも知れん



「黒浮き」と書くと、黒い膜が有る様ですが・・・・実は黒潰れ



黒浮き = 黒潰れ = 解像度低下・階調低下




ですから、TVに直L付けると





するんよ!



AC100Vノイズ対策だと、コントラストや解像度UPなど、一見してパッと変る変化でしたが、直Lだと「ナンか変わった???」暫く見てると


                        


人の表情が一変、手前に有ったベールが取れて、脳ダイレクトに「気持ち」が伝わって来る



ホント不思議、同じモノが映ってるのに、澄んで引き締まって見える、正に透明感、と同時に音も変わるんよ、ソンで、ワケワカメな「気」が飛び出して来るw



直Lは中音域(ボーカル帯)に効くので、ニュースのアナウンサーの見え方(表情)・聴こえ方が一変! 対談番組とかドラマ、はたまたスポーツ中継も「バァ〜〜ン!」
私は、あまりTVを見る方ではなく、ブッチャケ、映ってればOK、自然に聴こえればOKでしたが、即行刺さって来るので、気楽にTV見れないわw



コレも中毒に鳴るのでご注意ください、長野青年部はLED30000個ハンダ付けしたとか申しておりますw  止める気無し、正にAV神経症、感動し杉はヤバい
特に、アークスから買って使うなら、こんなモンだと満足できますが、、、自作するともっと・もっと病(麻薬中毒)に鳴り、寝ても覚めてもハンダ付けする羽目に鳴るw
書いた様に、必ず取り残しが出て気に鳴る・・・しかし、痒い処(感動・快感)に後少しで手が届くと思ってしまう・・・・想スンと、猛然とハンダ付け始めるんよw
音質・画質共に、今迄手が出せなかった領域のノイズが改善され、感動(快感)と直結しているので味占めると超ヤバw




























8Kリマスターだって・・・・

案の定、こう来ましたか? 過去の名作の8Kリマスターは流行るかもしれない、今の映画は、SFXやCGで如何とでも鳴るのでツマラナイ、打ち込みの音楽と同じ
ヤッパFILMですわ、製作者の「気」が違うデショw 思わず8Kチューナー買おうかと思ったw
ナンせ、NHKは7000億円ですぜ、お金の掛け方が半端ないって、4K通り越し、8Kが前面に出て来る可能性大! コンテンツは過去の名作・名演奏は定番デショw



例えば、「東京家族」の8Kリマスター







4K・8K放送開始まで一週間!



恐ろしい盛り下がりムード・・・・   だよなw



最上級グレードの音質・画質を誇る4K・8K放送開始直前!



オーディオAVマニアが待ち焦がれた、究極のスペック、、、凄い国ですJAPAN! 国家戦略で猫も杓子もオーディオAVマニア!


言い換えると、好むと好まざるに関係無く、夢のオーディオAVスペックを誇る4K・8K放送が宇宙からバラ撒かれる・・・本来なら一部のマニア対象な放送ですよ
放送と通信の違いをご存知でしょうか? 通信は1対1で特定されますが、放送とは不特定多数の方々に対し行われますw
正にBSとCSの違いでして、BSばブロードキャスト(放送)であり、CSはコミュニケーション(通信)を前提にしており、Sはサテライト(衛星)を意味しますw
CDは一般的、SACDはマニアのモノ、そんな差別化なら分かりますが・・・・いきなりハイレゾが常識だと押し付けられるw



      この歪んだ漢字が堪らない!



この国、変だよw   そんなの止めて、代わりに消費税上げんなよw  だよなw
誰も求めていないクオリティーを、国家戦略の流れで放送として流される・・・・・



マニアとして見れば・・・



****    千載一遇のチャンス!    ****



ある日突然、トンデモナイ高性能放送が開始され、日本の何処でもアンテナと受信機さえあれば見れる・・・・ポイントは、誰も2K放送に文句逝ってない
スペックUPの要求とは、現状に対する不満が前提・・・・書き出すとキリがないので止めますがw



良く鳴るコトに対し、誰も文句は云わない前提で、進められている!




オーディオAVマニアはブラボ〜〜〜!



国民として、高性能な放送開始は歓迎しましょうw ましてやオーディオAVマニアなら願ったり叶ったり・・・・大変楽しみではありますが・・・・w


冷水噛ますと・・・・



2Kと4Kの違いは2(4)倍UPデショw 2倍だから凄いよね・・・ナンですが、、、それはアナログ的な見方であり、デジタル的に見ると2ビットでしかないw
1・2・4・8・16・32・64・128・256(8ビット)コレがデジタル世界、1ビット増えると2倍に増えるw
デジタル的に見ると、2Kから4Kは大した違いではない、だから8Kも気軽w   


整理スンと・・・・



問題は動画素データ処理時間



データが増えれば、動画処理に時間が掛かり、時間が遅れると画質全体が劣化する


残念ながら、スペック先行でデータ処理(スピード)能力が追い付かない、とは言え、技術は先進で逝かないとダメですから・・・・仕方ないw
其れを承知でした上で、見ないとダメw  



スペックが上がった時、其れは最後尾スタートだと思ってくださいw



CD大復活祭なんて、その典型・・・・CD誕生35年でやっとマトモに再生できる様に鳴った、35年前にこの音出てたら・・・・ネェ〜〜
44K/16ビット・2Vrms、理論と現実が大きくかけ離れていた35年前のスペックが遂に理論通りに鳴り始めた・・・・イヤ、理論に大きく近づいた、ですわw
全てこの繰り返しで今日のデジタル・オーディオAVが成り立っていますw ですから、最先端を追い掛ければ追い掛けるほど、最後尾に回されてしまう・・・・
EEのはスペックだけ、実質的な音質・画質は大きく後退しているケースが殆ど・・・・しかし誰もそのコトを指摘しない・・・・認めようとしない・・・
実は、いよいよ4Kディスプレー(TV)を導入しようと考えていましたが、今更ながら720P(0.72K)TV(12年落ちのビエラ)が絶好調!!!
コレを買い替える必要があるのか? 大いに悩んでいますw 仕事では4K77インチ有機ELをインストールしていますが、、、現場でストレスが溜まる
「ナンでこんな絵しか映らんの?」もちろんフィルター付けての噺ですよw



クレームに鳴り想でヒヤヒヤですが、クレームには鳴りませんw



取付完了後、オーナーに確認して貰うと、大抵は大喜びなのです
何故なら、大型電器店で確認した同型TVと比べれば良いから・・・・つまり、比較基準が低いのでクレームに鳴らないw





私としては、「ココまで遣ってこのレベル?」



映像スペックに対し、デジタル・ハード・ウエアが追従できていない(低性能)・・・・日進月歩で進化しているデジタルAVですから、時間の問題とも云えます
タブン、2年後には相当進化しているハズ、画期的なアルゴリズム(動画<−>静止画自動変速)が生まれているかもしれません。
例えば、カメラ撮影時にAI機能を働かせ、フラグを付けて動画解像度を変えて録画、再生時にフラグに従い、720〜8Kまで自動変速で再生w  クルマで云えばCVT
1から10まで、8Kなんて無理デショw カメラにAI付けて、今ナニを撮っているのか判断させ、オート解像度(動体視力と同じ)で撮影するんよw
噺を戻すと、一度購入したら、5年以上は使うと考えた場合、低性能でそのまま我慢できるか?   720PからフルHDへと進化した時も同じでした
1080グラボ(8K対応)も同じでした・・・・グラボが良くても、プロジェクター(2Kカスカス)が追従できず・・・ガッカリでしたw



新しい世界を切り開くには「多大な人柱」が必要・・・・



4K・8Kの難しさを漢字ます



ナン茶4KTVが普及し、今や4Kは普通に鳴った・・・ところが、4Kに鳴っても見た目で2Kと同じでしかない、店頭効果が特に低い
つまり、4Kに対する期待値が0に近く、ナニが違うの??? 佐賀無い・・・・ですから注目されない
それから、60インチTV程度じゃ2Kも4Kも同じにしか見えない、ましてや電源汚いので見ててナンも漢字ない(感動しない)



ちなみに、2Kは劣ったスペックではありません、其れ処か、マトモな2Kは皆無・・・・言い換えると、2Kに対し真剣に取り組む必要があります
だったら、4Kは不要なのか? 違います! 4K記録(リマスター含む)は大変重要、データとして残せば、将来幾らでも掘り起こせる
フル4K再生は現時点では技術的に無理(映るには映りますが・・・・)、4K記録ー2K再生が当面の課題だと考えています








ローコスト・パワーLEDによるLパス





試聴会で聴いて頂きました・・・「バァ〜〜ン!」



高域の響き・伸び・透明感・キレ(快感)が抜群!


言い換えると、今迄ドレ程汚い音を聴かされていたか・・・・我慢を強いられて北か!



オーディオ・マニアはお人好し、酷い音でも我慢して聴いていた・・・・絶滅危惧種のオーディオ・マニアは40年選手は珍しくないw
若い頃、音楽が好きに鳴り、オーディオと出会ってお人好しと相まって、妄想よろしくオーディオ再生の理想を追い求めて北
普通の感覚なら、現代のオーディオ聴いてEEなんて思うワケがない・・・にも拘わらず、ガキのスリコミから逃げられず、オーディオに拘り続けてしまう(私自身w)
ノイズ対策で、自身のお人好しとスリコミ呪縛の恐ろしさを自覚しましたw



しかしながら、現実を受け入れ、ココまで北以上、極める覚悟ができました!



EE音とはナニか? 40年前の感動が得られば満足できる、情けない噺かも知れませんが、人の感覚とは最初の感動に支配されているのかも知れん



言い換えると、40年前はそんな音が巷にゴロゴロ有ったw 深夜放送のFMはメチャ音良かったデショw
レコード買えない、FMを貪る様に聴いた、FM番組表をラインマーカーでチェックしてエア・チェックしませんでしたか?



私が漢字るEE音とは、40年前から変わってない!



40年前にナニが有ったのか? 其れは感動なのは確かですが、明確に覚えていません・・・・ブッチャケ、アタマが変に鳴ったのでしょうw 強烈なスリコミですわ
10代前半の成長期(ガキの頃)に脳内麻薬知ると、人生を大きく左右されちまう、私なんか我慢出来ずに仕事にまでしてしまったw
脳内麻薬とはナニ? 時間と共に妄想・幻想が加わり、もう一度、もう一度と追い求めてしまう・・・・


オーディオの音は、40年前とは全く変わってしまった・・・・ノイズ対策をキッカケに必死に遡り・・・・



35年位は戻った!      もう少しだ!



試聴会で1974年録音のJAZZ(ご持参の復刻CD)を聴いて確信しましたw   「この音だ!!! ベイベ」



ナンのことは無い、必死に遡っていたダケw 高音質追求とは最初の(古い)脳内記憶に遡るコトだったw