2018総括  その2


2018の最期そして2019スタートは



新方式? トランスレス・シリーズSW電源の製作



レコード再生(ターンテーブル・フォノイコ)用DC電源の製作



満を持して、超ご無沙汰のレコード再生を復活させますw 2018遂にPCオーディオ・CD再生に目処が立ち、全てのノウハウを結集させレコード再生へw
言い換えると、ようやくデジタル VS アナログの勝負が楽しめるw 最上デジタル再生に対し、アナログが何処まで逝けるのか?
ブッチャケ、現代のアナログは30年前の音とは比べるべくもなない、AC100Vノイズはアナログ再生でも相当悪さをしている
汚いAC100Vを使って、デジタルと競っても、キツさが少ないアナログの勝ち、とは言え、絶頂期のアナログとは別モノですわ
ですから、ナニにも先立ちAC100Vノイズ対策が必要で、最優先で行ってきましたw
ようやく、ナニを如何すればEEのか整理できた・・・・例えば、シリーズ電源がEEのか?? SW電源がEEのか? 電源の何処で如何ノイズ対策をすればEEのか?



シリーズ電源とSW電源を一体化



シリーズ電源から電源トランスを外した、142Vパワーモジュールをベースに、SW電源をDC−DCコンバータとして一体化した電源
142Vパワーモジュールとは、ブッチャケ、「整流どん」デラックスですから、強烈なノーマルフィルターに鳴る、つまり、AC100Vフィルター内蔵の電源w
シリーズ電源の電源トランスには、ノイズ・カット作用が有る、逆さから見れば、AC100Vノイズ障壁ですから、電解コンデンサーはAC100Vノイズに効き難い
対して、トランスレスの「整流どん」デラックスは、デカ電解コンデンサーがAC100Vノイズに対してモロ効きするんよ
電源トランスは、AC100Vノイズ侵入に対して効きますが、障壁に鳴るダケで、ノイズ低減効果は低い、トランスが無ければ電解コンデンサーはノイズがぶ飲みデショw
「整流どん」デラックスはSW電源の欠点である、AC100Vノイズに対する脆弱性を改善し、SW電源の長所である高エネルギー密度を最大限に生かすためのDC電源
つまり、「整流どん」デラックスはSW電源の欠点を補完する最強アイデアであり、SW電源のDC−DCコンバータ化には欠かせないアイテムw
PCオーディオのシリーズ電源化&AC100VフィルターAのノウハウを高密度で合体させた究極のオーディオAV用DC電源w
イデアとして、単純棚ボタとも云えますが、実は製品化されたモノは無く、白須オリジナルかなw  ネタ元は、ナン茶出川式電源w (過去のブログ参照)



レコード再生デショw、AC100Vフィルター&シリーズ電源で十二分ですが、ノイズレスSW電源でレコード再生したら如何鳴るの?



SW電源の優秀性は、PCオーディオで思い知らされたw SW電源はオーディオAV機器には向かないと信じていましたが、間違いでしたw
何故なら、高速デジタル回路(最新AV機器)はシリーズ電源では駆動不可、確かにSWノイズは問題あり、其れは高調波AC100Vノイズとの混変調(スプリアス)が原因
AC100Vノイズ(スプリアス)を抑えられれば、SWノイズは大きな問題とは鳴りません、SW電源のエネルギー密度はバッテリーに次ぐ高性能を発揮します
だからこそ、ターンテーブル駆動&フォノイコ電源として使用したら如何鳴るの?  悪いワケ無いデショw



異なる「整流どん」デラックスのタンデム駆動



「整流どん」デラックスがEEとして、タンデム(スタカード)駆動したら如何よ  そんなアイデアが出て北w
電解コンデンサーの増量化(パラ接続)と「整流どん」デラックスのタンデム(スタカード)駆動に違いがあるのか?
増量化は低インピーダンス化として働きますが・・・・其れはリップル・ノイズに対してだけであり、単一時定数のフィルターとして機能
対して、タンデム(スタカード)駆動の場合は、異なる電解コンデンサー(容量)による時定数のバラつきが伴うため、よりワイドレンジにノイズ吸収が可能では?
測定検知が可能なノイズであれば、一本釣で狙えますが、ワケワカメなノイズに対する時は、時定数をバラつかせた方がEEのでは?  そんなアイデア
キッカケは、異なる電解コンデンサー(時定数)の「整流どん」デラックスを多数接続すると、フィルター効果が大きく鳴るコトがワガッタのよ・・・・


同じモノを並べるより、バラつかせた方が、フィルター効果が大きい、正に中華パワーLEDと同じw




コンデンサー容量の違う「整流どん」デラックスに方向性ダイオードを付けてタンデム(パラ)接続し、SW電源に入力、DC−DCコンバータとして使用




出力にFMトローチでCM対策、電球フィルター、コンデンス・チャージを経て出力(DC15V)



インプレ・・・・



サブシステムの電源として試聴・・・・素晴らしい!!! CD試聴で痺れっ放し! 堪りませんw 
ココまでEEか? 耳を疑るホドEE、レコード再生が超楽しみ、トランスレス・シリーズSW電源は大成功! タンデム接続もGOOD!
今更ですが、15V点火の電球フィルターが「バァ〜〜ン!」電球ギリカス点灯の繊細感は正に真空管サウンド
12〜15V系電源が有るなら、是非ともお試しアレw ブッチャケ、クルマのオーディオ(シガライターで点火)にピッタリかも・・・


新方式と逝ってますが、従来のSW電源とナンも変わってませんw




見ての通り、初段の整流平滑回路を外に出して大容量電解コンデンサーにしたダケ


言い換えると、SW電源の問題とは、汚いAC100V(高調波・スプリアス)を入れるとマンマDCに出てきてしまい、音質・画質が劣化していたダケw
こんなカンタンな噺ですが・・・分かるのに何十年も掛かったw  だから、新方式じゃない、アタマが硬かったダケw
SW電源がイマイチではなく、AC100Vがノイズでイマイチだったダケ、例えば、プロジェクターに142Vパワーモジュール(「整流どん」)付けると「バァ〜〜ン!」
PCオーディオやTV、そしてポタ・オーディオでも同じ、理論上は小さな電解コンデンサーでもOKですが、ノイズ除去の面ではダメだった、ツウ噺ですw
つまり、SW電源のデジタル・オーディオAV機器には「整流どん」付けましょうw ですわ






実は・・・伏線がありましてw




HYPEX2000WアンプはSW電源が前提で、如何したモンかと考えていましたw コレに使う予定w



「整流どん」デラックス、言い換えると、142VパワーモジュールはDC電源コンディショナーですわ
「整流どん」は今年のアイデアですが、AC100Vをデカ電解コンデンサーで直接パスれる上、無効電力は殆ど無し、時定数バラ憑かせも可能だし、我ながらEEアイデア
ブッチャケ、IQ高いとは思えませんが・・・・結果オーライ、バリエーション色々、分かる方は是非お試しアレw



試聴CDは・・・コレ   http://keep.co.jp/ItemDetails/index/item_id:2158/tags[0]:CD/tags[1]:ロック%26ポップス



近所のD2で300円でしたw どんなモンだか買ってみましたが  「バァ〜〜ン!」



下克上ですわ、、、半信半疑でしたが・・・メチャクチャ音EEわ、コレじゃ中古CD売れなく鳴るわ、ビートルズとか色々あるので買う価値有りそうw
リッピングしてガチ比較したら、堪らんデショw  タブン、正規オリジナルを超えるかも・・・ヤバいCD
ホームセンター系のCDはココが一手に販売しているみたい・・・ブッチャケ、ホームセンターCDは音EEのが多い(殆ど)、オリジナルとの比較試聴会を考えていますw




フォノイコ再婚活はじめ     あのネ、笑ってる場合じゃないw





理想を云わせて頂くと、FMステップUPトランス+真空管CRイコライザー、ですわw



NF型ハイゲイン・イコライザーじゃ噺に鳴らんだろ! 御もっともですが・・・当時はJODEN中心でCMノイズの有無について悩んでいた時から、時間が止まっているw
ブッチャケ、諸々整理できないまま休眠してしまった・・・・だからココから始めるぜ!



見ての通り、ツッコミ処満載!   超楽しみだw









       実はココから先が書きたかった!








昭和のオーディオ・マニアはCD登場で時間が止まってしまった・・・・
CD再生にモノ凄く期待したし、全力投入で取り組みましたw  しかし、この様ですわ
人生途中から、オーディオAVが仕事に鳴って、喰い下がって遣ってますが、想でなければタブン、辞めてたデショwEE音しないから!ツマンナイわ
最悪なのは、お金出してもEE音・EE絵しないし、クルマの様に見栄も張れない・・・・欲しいけど買えない、ではなく、不要・必要無し・イラン世界
大型TVが安価に鳴ったので、ホームシアターが振るわない、、、良く云われますが、違うよ!



鳥肌、感動、感激、涙、ワクワクしない、アタマん中がピカピカ光らん



昔は違った! ナンでよ、ナンでだろ、考え続け・・・2018ようやく答えが顔を出したw




                 2019は頑張らせて頂きます!






















中華パワーLEDは消灯を目指してください、公称データはVf30Vとか書いてありますが、実質20V以下? 大きくバラついています
単発LEDの場合、品質が安定しているのでバラつきは殆ど無し、高級タイプのパワーLEDも同様、つまり、逆アイデアなのよ、バラつき上等
バラつき = Vfのバラつき ですから、フィルター特性はプラスに働きますが、Vfが低いと発光・発熱を伴い、モノに依っては熱く鳴るホド・・・・
発光・発熱したんじゃダメw フィルターに鳴らないw ですから、通電して消灯を目指し、必要ならシリーズ数を増やす方向で調整してください(アナログだわ)
ちなみに、USB5Vでもポチっと点くヤツがあるとの報告も頂いてますw どんだけバラ憑いてるの???
100個単位で4回購入しましたが、バラつきが半端無いって、光ると少し安心ですが、光らない方が効果がデカいw  ナンとも変な世界ですわw






直LによるデジタルAVの音質・画質向上は半端ないって!





直LによるAVサラウンド音質・プロジェクター画質向上は、凄いの南野! オーディオの音質向上について書くコトが多いですが、AVの破壊力は過去最高レベル
視聴していて、開いた口が塞がらない、4Kが如何だとか、兎角スペック云々に鳴りますが・・・そんなモン如何でもEEわ


音質にしろ画質にしろ、AC100Vで全て決まる!



ノイズ除去が如何に大事か思い知らされる!



デジタル・スペックはノイズによる音質・画質低下の言い訳の為の方便でしかない、例えば「2Kより4Kの方が高画質だ」が典型例・・・・
確かに、4Kの方が高精細ですが、ノイズレス2Kとノイズ込み4Kでは、ノイズレス2Kが圧倒的! ましてや100インチ程度じゃ4Kは要らんw

リビングの50インチ(720P)ビエラ、年末には新しくしようと考えていましたが、直Lに依って音質・画質が驚異的に向上、画質はもちろん、驚いたのは音質
極小音量での明瞭度・解像度が「バァ〜〜ン!」小音量でも聴こえる聴こえる、、、以前は音量で夫婦喧嘩になるほど音質が悪かったw
特に、アナウンスが聞き取り難く「ナニ逝ってんだかワガンネ〜よ」音量上げて喧嘩になったw 一般的には、TVのスピーカーが悪いと考えがちですが、原因はノイズでした
LEDに依って、繊細感・細部のディテール・解像度・解像感・透明度・透明感は、音質・画質共に飛躍的に向上、LED追加で果てしなく向上して逝く
画面に関しても、50インチの大きさが不満で、65〜75インチを考えていましたが、画質・音質が良く鳴り、キッチリ伝わる様に鳴ったら、気が済んじゃったw
意地悪な見方しても・・・「コレって良く映ってるナァ〜〜」「ナンでこんなに綺麗で自然なの?」「まるでCRTみたいジャン」「今までナンだったの?」
如何にノイズが気を損ねていたかワガッタ、画面が大きく鳴り、解像度が上がれば満足できると考えていましたが、其れよりノイズ除去の方が大事
何度も書きますが、ノイズは無く鳴って初めて認識できる世界故、その場では気が付かないケースが殆ど・・・・
大型家電店のTV売り場には最新TVがズラリと並んでいますが、ドレ見てもピンと来ないし、欲しく鳴らない、タダ映ってるだけに見えるw
でもね、何故か画面見て「ノイズ塗れ」だとは思わないデショw 「こんなモンか・・・」としか思わないw  気を引くためにドレもコレもドギツイ画質ばかりだしw


音質向上を中心に直Lに取り組んできましたが・・・



気付けば、デジタルAV全般、音質・画質が「バァ〜〜ン!」



LEDのフィルター効果はデジタルAVにジャストミート!



AVサラウンドのハンデ感(AVサラウンドはピュアオーディオには敵わない)は払拭されています、言い換えると、ピュアオーディオの伸び代が「こんなモノなの?」
余裕で前走ってたら、ピタリと後に貼り付かれ、バックミラー見たら笑ってやがるw




ココ掘れワンワン! ヤケクソでダメ押しだ!



飽和しないなら、逝くしかないべ! テッペン目指して信長の野望だぜ!



ナンか知らんけど、、よりバラつきが大きく鳴った気が・・・・10Sが基本ですが、15SでもINジャネw



7000(10S7P)マトリックス



まるで、ギャンブル!



LEDにつぎ込んで破産する方は居ないと思うから、好き放題書きますが、、、w コレはギャンブルの快感と似ているw
ブッチャケ、simonさんの様に、知的工夫で逝こうとか思わなく鳴るのよ、一発勝負で「バァ〜〜ン!」と決めたく鳴る、、、マジでギャンブルですわ
正直申し上げると、7000じゃダメでしょ・・・・嗚呼、誰か助けて!



勉強するのはEEですが、アタマが変に鳴るのは困るw



コレは麻薬(ドラッグ)ですわ、長野青年部がついに中華に手お出し「トンデモござらんです!」とか申しておりますw



「今までの透明感(34000個)はなんだったの?」        知らネェ〜よ



40000越えを目指すとか逝ってます、、、半年前は1万個で飽和するか否かでしたから、 笑っちゃいますw
視覚・聴覚は、ノイズに相当敏感で、透明感に関して云えば、上のそのまた上の上を認識できるみたい・・・困った!
そして、得られた透明感に対する満足感は堪りません、、、未だ整理できる段階まで逝ってないw




7000マトリックス(10S7P)のインプレ!



今回のロットは、バラつきが特に大きく、照明器具として見れば安かろう・悪かろうの典型かも知れませんw
このまま正規で使えば、焼き切れLEDが出て、結果として明るさにバラつきが出ると思いますし、口コミ評価も悪いと称されるデショw
もしかスンと、正規ロットからバラつき大(不良品)を選別して、超安売りしてる?  ブッチャケ、LED(半導体)はアナログ部品ですから、バラ憑いて当然デショw
しかし、直Lなら関係無し、バラつきが大きいので、明るいヤツはヤンワリと発熱してます、12〜15シリーズで組んだ方が良さそう・・・・ですw



AVシステムで視聴・・・・



先日の総括視聴会から+7000ですわ、視聴会の時も絶好調でナンら不満は無く、見てて凄い・凄いの連発でした・・・しかし



ダメだ!!!  理解不能な音質・画質、全て見直し・聴き直し!



声・俳優・歌手の表情が別モノ(脳ダイレクト!)、恐怖すら漢字る透明感・実在感・質感・空気感・・・
画質を書くと、透明で柔らかく、刺激レスですが、インパクトが無いではなく、超自然な表現に見惚れてしまう・・・・女性が綺麗でサイコー
デジタル映像ですが、絶好調の三管プロジェクターで描く絵の3段上の表現力に唖然・・・こんな絵見たコトないわ、素晴らしい、だって如何見てもデジタルに見えないよ!




音量上げると、キツさ・鋭さが出て我慢してましたが、全部消えた・・・・信じられないw


音はもちろん、絵が違うのよ、、、透明感・実在感と申しましょうか、演技(表情)が違うのよ、だから別の映画に見える、見惚れてしまう・・・タイヘンですわw
絵から、製作者の「気持ち」がバンバン伝わって来る、、、見慣れた絵が、別モノ(脳ダイレクト)に見える・・・不思議だ!
以前、人は音質に感動するワケじゃなく、音に込められた音楽家の「気持ち」に感動すると書きましたが、絵も同じかも知れない・・・・
解像度やコントラストは、画質スペックでしかない、画質に感動するなら、テストパターン(高スペック)見たら感動できるはずデショw
映画とは、人が意図して作り上げた創作であり、ドキュメンタリーではありません、製作に関わった人の気持ちの塊ですわ
画質スペックに感動するとしたら、モノクロ(低スペック)映画では絶対感動できないデショw
スペックは高い方がEEに決まってる、 でもね・・・感動は製作サイドの意図して込められた「気持ち」レベルで決まるのよw
「気持ち」が伝わるか否か、実はスペック高低ではなく、ノイズの有無が大きく関係している
ノイズが有るとオーディオ同様に、映像から「気持ち」が伝わらず「映ってるダケ」に鳴ってしまう・・・・ナンも漢字ないのよ
ノイズって何? 実態は良く分かりませんが、直L始めてからノイズを認識できる様になりました、つまり映像で心揺さぶられる・・・・だから直Lが増えて逝く


ノイズの有無は、透明感・実在感として表れる



ノイズレス2K&AVサラウンドに乾杯!



正直、自身がショックですわ「ノイズだったの?」「ホントは甲だったの?」「今更かよ」「如何スンだよ」「全部見直しかよ」「聴き直しかよ」


AV趣味の廃れの本質が見えて北、30年前はデカいだけで感動できた、言い換えると、スペックは低かったけどノイズが少なかった、映像はアナログだったし
雑画だらけ、スダレ(インターレース)越しに、見るのが苦労でしたが、ビンビン感動できたワクワクできた・・・・現代は全て逆ですが、大画面に感動できない
突然、ある日を境にガラっと変われば大事件ですが、少しづつ・少しづつノイズが増えて馴らされて北、少しづつ・少しづつ感動が減って北、気付くと・・・・EDですわ
高性能に馴れたワケではなく、ノイズに依って感動できなくなった・・・・オーディオと同じです、感動できないから若い人が続かない(長野に一人居ますがw)







プチ直L12S(1200)





直Lするなら、ローコスト中華パワーLED100Wがオススメw LED100個相当で300円以下の高コスパ、バラつきが大きく、フィルター効果が高い
照明器具としては、イマイチかも知れませんが、用途が違うのでノープロムレブ、逆云えば、良くぞ、偉いぞ中華バンザイw
単発LEDだと1個1円級のジャンクがありますが、ハンダ付けがカッタルイw 某青年の様に若くて目が良くて、細かい仕事大好きなら別ですが・・・・
高齢者には相当厳しい現実がありますw 今回、LEDマトリックスで3000個ハンダ付けして身に染みマンタ!



とは言え、電子工作(自作全般)に王道はありません!



いずれパワーLEDを使うにしろ、一度は単発LEDで直Lを作りましょう、何故なら、ハンダ付けには練習が必要、ハンダ不良トラブルの回避を体で覚える必要有w
ハンダこては、安物じゃダメですよ、ハンダも同じ、高級品を買ってください、何故なら、其れが近道なのよ、安物を使い熟すには腕が必要w
直L自作はメンドウですが、成果が大きく、自作の醍醐味を味わえますw  自作した直Lで音質・画質向上する体験「書いてある通りだ」はサイコーですよ











2018総括視聴会



12月23日  PM1:30〜終わるまで



PC・CD・フィルター・LED・2K・4Kなど全部載せでタップリw



参加ご希望の方は、ご連絡ください



直Lマトリックス 鋭意製作中w



・・・・視聴会でインプレですわ・・・・



ハンダ付け地獄!


今年はハンダ付け死捲りました、過去最高ですわ 3月に購入した800gのハンダロールを使い切ったw イヤイヤ、アリエナイわ・・・普通なら2年以上掛かるw
正にフルスクラッチ電子工作、ド根性自作ワールド! ハンダこて1本サラシに巻いてぇ〜〜
コレじゃ、まるで昭和のハンダ付け内職(アッセンブリー)以上だわ、鉛フリーだからEEものの、昔のハンダだったら鉛中毒(猛毒)だよ、笑ってる場合じゃないw
コテも1本お釈迦にしたし・・・・






90S38Pマトリックス     在庫処分3420個だz



総括視聴会にピッタリだw  チラ聴きしたら瞬殺でヒックリ返ったベイベー  凄い破壊力だ・・・そして飽和しない理由が見えて北!



福与かな響きに優しく包み込まれる幸せ・・・素晴らしい音楽世界



一体何度目だろう、、、「お前ら今迄何処に隠れてたんだ!」
お前らとは、響きですわ「ナンでこんなに響くのよ」マジ、マジでヤバいよ、ウソだろお前!   バカ逝ってるワナ   視聴会をお楽しみにw


透明に鳴るならワケわかります、フィルターだと解釈できる、、、しかしだよ、響きが増えるってナニよ、言い換えると、スピーカーが鳴ってる云う噺ですわ
もっと云えば、情報量が増えてる、ナンで増えるのよ・・・霞が取れたって噺とも云えるが、いい加減、もう霞は無いデショw
つまり・・・LED電子ドーピング理論の再燃w



LEDマトリックスのインプレ!



視聴会の前に、ガチ聴いてみました・・・・チラ聴きは、工作室のサブでしたが、ガッツリ効いてましたw
抜群の即行性、付けた途端に「バァ〜〜ン!」 外した途端に「シュ〜〜ン・・・」まるでスイッチみたいw


繊細感バツグン、まるで産毛のような響きに音楽全体が包み込まれる



素の音なのか? 脚色された音なのか? 考える間もなく、全身がゾクゾクするので、判定がカンタン、言い換えると、外した途端ゾクゾクしなく鳴るw
一曲再生中に抜き差ししてもスグ分かるほど違う・・・・この即効スイッチ感は初めてかも知れないw  分かり易いので視聴会はカンタンで安堵ですわw
AC100VにLED付けるだけで、ナンでココまで良く響くのか・・・・ホント不思議としか云い様がないw



ソースは、押尾コータローのギターソロ、響きの違いは一聴瞭然!



久々の押尾コータローですが、ヤッパ巧いわw



LEDならではの世界を知ると、後戻りできない


直L黎明期は、高域の出方・滑らかさ、そしてクリアー感と云うノイズ・フィルターの特徴が顕著でしたが、充実期の今、音楽全体を優しく包み込む余韻がテーマ
ノイズは無くて当然デショw その上で、余韻をテーマに語れるほど音質グレードが向上! 素晴らしいの一言!
ノイズ対策に早くケリ付けて、本来の音質グレードUPに進みたいと1年前に書きましたが、LED効果を知り、フィルター領域から抜け出せた1年だったかも知れませんw
飽和の問題について書くと、LED電子ドーピングの問題が明らかに鳴り、飽和は愚か、激動の1年が始まるかも知れん・・・





LED電子ドーピング理論とは・・・・   白須が勝手に逝ってるダケw




他人の血液を使えば、ドーピング検査でバレる可能性が高いですが、自分の血液を使えばバレ難いデショw
競技直前に、取り置いた自分の血液を輸血すると、増血により赤血球(酸素キャリア)の数を増やせるため、持久力がUPするデショw
実力伯仲のスポーツ競技で行えば、確実にアドバンテージが得られる、この仕組みをマンマ流用したのが、LED電子ドーピング理論ですわw


赤血球 = 電子 と仮定しましょうw


電子=電気ですわ、電子を注射でドーピングできるワケがない、ブッチャケ、電子が増えたら電圧・電流も増えると考えてくださいw
カンタンな噺、バッテリーは電子のタンクで、電子を放出し、出し切るとバッテリー上がり(ガス欠)を起こしますが、充電(電子補給)で復活します



問題はココから・・・



LED=電池(バッテリー)なら噺はカンタン、LEDを付けて電子ドーピングだよな・・・・・でもね・・・そんなワケ無いジャンw





前提としてお話しすると、この世の中に電子の動きを目で見た方は誰も居ませんw 全てイメージ空間での妄想ですわ、否定できないから肯定されているだけ
電子工学なる学問があります、半導体を使った製品は山ほどありますが、、、半導体の内部で、電子が動いた様を見た人は居ません
何故、電線に電気が流れるかと云えば、銅線(導体)の中に自由電子というヤツが居て、自由に動き回り電気が流れると説明されていますが、自由電子を見た人は誰も居ないw
自由電子が電子の運び屋になり、カタツムリのスピードで電子が流れて電気が流れる・・・・自由電子が少ないモノ(電子が流れ難い)を絶縁体とEEますw
ご存知の様に、全ての物質は原子と電子で構成されており・・・・・つまり、未だ人は知らないコトだらけの中で生きていますw  だから不思議でオモシロイw
様々な仮説が立てられ、多くの人が実験・検証して「コレはINジャネ」と云われた説が、真実として語られているのよw



だと、してだ・・・・



半導体の中にある電子・正孔をエネルギーとして使えないか?




半導体は電池ではありませんが、電子(−)と正孔(+)を持っているツウ噺ですわ、電子の入れ物が電池だとすると、ナンか似てない?



直L・CLCL8でワガッタのは、LEDにホンの僅かな電圧を掛けると反応が始まる、LEDを照明と考えればVf以上のON状態で使う必要がありますが



フィルターの場合、0V以上Vf未満、LEDは電圧が印加状態&消灯を条件とする



0〜Vf未満加圧で、電子が起動、LED内部の余剰電子を取り出せる



LEDには端子間接合容量(ナン茶コンデンサー)による時定数があるため、電子起動によりフィルターとして機能する
AC100Vを直Lパスした時、パス電流(極僅か)は余剰電子の流れとして表れ、時定数に応じた高周波ノイズを抱合し、ノイズパスを可能にする
LEDの余剰電子の流れは、0〜Vf間で発生、固有時定数に応じたフィルターとして機能する、この仮説により、LEDの物量とフィルター効果が比例する説明が可能
もう一つの解釈として、LEDの物量に比例した余剰電子が、電気回路に注入され、増電子状態に鳴り、結果としてLED電子ドーピングが成立するw
LED(半導体)に内在する余った電子を取り出し、電気回路で利用するアイデアは、世界初かもしれないw
半導体は電池のように消耗しないので、電源に組み込めば、半永久的に使える・・・・未だアイデア段階ですが、マジで研究したら世界が変わるかもw
ご存知の様に、LEDと太陽電池は異母兄弟であり、DNAに共通点が多いw 21世紀だよ、ナンか起きて当然ですわw



LEDは極小電圧印加で反応が始まる



このグラフでポイントが明確化



発光が目視(ギリカス点灯)できても、電流は殆ど流れない


LED電子ドーピングは、0〜Vf(消灯〜ギリカス点灯)部分を使った手法w  この時、LED内部でナニが起きてるの???
光ってナンボのLEDですわ、光らせないでナンなのよ・・・だよなw 自慢じゃありませんがw 白須は半導体に殆ど無知でして・・・高校生レベル以下w
偉そうにグタグタ書いてますが、自分で試してネットで調べてワガッタ知識をベースに書いてるだけですw
言い換えると、LEDを光らない領域でテストしてグタグタ書くヤツが居なかった・・・・ダケ、でもね、光らない領域が音質・画質には大事なのよw



塵も積もれば山となるw



LEDを増やせば増やすホド、デショw つまり、飽和しない、其れはLEDのホンの僅かな余剰電子が塵も積もればだから、デショw



本来なら存在しない電子がLEDを介して電気回路に注入される



LEDは電子持ち、、、電子は電源から供給されるモノ、電気回路に必要な電子は電源から供給される、、、極アタリマエな噺ですわ
しかし、電源回路に大量の直Lを付けると、LEDの余剰電子が電源に混ざる(ドーピング)、つまり、増電子状態に鳴る
LEDは電位を持たない電子持ちですから、電気回路に対して悪影響(副作用)を与えない、その上、フィルター効果を発揮・・・・噺が美味杉ですわw



増電子状態 = 電気回路の性能UP     だよなw




ちなみに、AC100Vに大量の直Lを付けると、極僅かですが、、、電圧上昇すんのよw



長野の某青年宅では、「整流どん」に直Lを星の数噛ましている想で、信じ難い電圧に鳴ってますw   ナンなのコレ?



普通は、142V前後なのよw  このテスター壊れてネ 常識人なら考えますが、実際に電圧上昇が起きますw
不思議なのは、電圧だけで電流を伴っていない・・・・ですから、LED=電池が成立しないw
でもね・・・ナンで電圧だけ上がるの? 不思議デショw ココから先は未だ内緒w



増電子=増電圧ですわ、もの凄く不思議な現象でしたが、ようやく仮説から説明が憑くワナw



果たして、増電子状態が何処まで上がるのか? 飽和との関係アリアリ、皆さん、頑張りましょうw