アナログ\(^o^)/

アナログ万歳!!!



潮目が変わった云うか、、、信じ難い過去最高レベルでアナログが鳴っているw
アナログは、雑音と背中合わせなのは変わっていません・・・・しかし、雑音を認識しながら、人との親和性と云うか、音が人間的なのよw 説明が支離滅裂ですがw 
デジタルは正確無比、CDやPCがダメだとは思いません、何故なら、アナログに見切りを付けたからPCへ移行したワケで、自業自得な世界ですわ
再生が目指すのは、録音現場の再現だとすれば、デジタルの可能性は捨て難い、アナログが突出する中、デジタルの問題点はナニ???


人間的なデジタルとは?



ノーマル・ノイズ対策が甘い!



2K VS 4Kの視聴会でパナレコ2060を使ったら、途端にNノイズ対策が甘かったと気付いた・・・
余った「整流どん」デラックスを掻き集め、2060に3台投入したら「バァ〜〜ン!」と同時にPS4proが別モノへ「バァ〜〜ン!」・・・・
つまり、ノイズ対策の甘さが露呈、それまでPS4proのNノイズ対策が甘いとは考えもしませんでしたw


対するアナログは余裕シャクシャク、何故ならデジタルのような自虐ノイズが殆ど無い、LEDによる静電気ノイズ対策も分かり、アナログ驀進ですわ



ノーマル・ノイズ対策強化が課題



ノイズが減れば減るホド、僅かなノイズが気に鳴り、クローズUPされる、アナログ再生は雑音込みですが、ノイズが少ない・・・・



雑音は我慢できるが、ノイズは我慢できない!



雑音が出ていても「マァ〜EEか、仕方ない」と寛容なのに、音や絵に混ざったノイズは、気に鳴り我慢できない・・・・ようやく整理できましたw


雑音は聴き分けられますが、音質・画質に混ざったノイズは聴き分け・見分けが出来ず、脳まで達して感動の邪魔をする



ノイズが減って、研ぎ澄まされると、より一層ノイズに対して敏感に鳴り、性質(タチ)が悪い!
アナログ再開して、雑音あるのにノイズの少なさに感激、カートリッジやモーターの静電気ノイズ対策まで分かり、デジタル・オーディオAVの旗色が一気に悪く鳴った!
「ヤッパ、デジタルはダメか・・・」ではなく、ノーマル・ノイズ対策の甘さが露呈したw
ブッチャケ、この噺ってイタチ返しで、ノイズ対策強化したら、アナログも良く鳴るのでデジタルの巻き返しは有るんかネ、、雑音は残るので、最期はデジタルの勝ちかな?



レース中盤でアナログが前に出た・・・・    そんな噺w



全く同じAC100Vでの試聴ですから、PC系は其れ自体から出る自虐ノイズがシステム全体に回ってしまう・・・・ノイズ過敏症は困ったモンですw



ソンで、、ノイズ対策強化を如何すんよ!



果たしてノーマル・ノイズだけなのか? ノイズを出せば、、回り廻ってCMノイズにも鳴るハズ・・・ホント厄介ですわ、特にPC系は、周波数が高いのでCMブリブリ



ノイズを入れない・出さないを徹底追求するしかない!




ノイズの正体は、ノーマル(N)それともコモン(CM)? ブッチャケ分かりません、両方かも知れん・・・・





ノイズはアナログですから、デジタルのようなON/OFFではありませんw



AC100Vフィルター作りました、終了ではなく始まり、研いで磨いて、精度を上げて、そんな世界だと今更ワガッタ!
サッサと終わりにして、ナンて考えていましたが、如何やら無理・・・中途半端に研いだら、粗ばかり分かる様に鳴ってトンデモ御座いませんw
それだけ、奥深く、入れば入るホド、快感領域ですわ、だから止められない・・・・今回、アナログを復活させて身に染みたw
PCオーディオには、相当自信ありましたが、瞬殺イチコロw ノイズ対策の甘さが露呈・・・・ヤッパ、デジタルはノイズっぽいのよw



整理スンと・・・



AC100V系はノーマル・フィルターの強化、PC(CD)系はCM&ノーマル対策の徹底



新たな手法があるワケではありません、研いで磨いて、研ぎ澄ます  飽和したかと思いきや、振り出しですわ



遂に表れた・・・ノイズと戦う



            FMアシュラ巻き



             コレよ!



以前、光HDMIに対抗すべく、メタルHDMIに同じコトしましたが、電源ケーブル&ピンケーブル版ですわ


デジタル・ケーブルのCMノイズ対策は、電線(メタル)辞めて光伝送にするのがカンタン、そのためのマルチTOSでありますw
HDMIはその典型でして、メタルから光に変えるのが手っ取り早い・・・ところが、HDMIは規格変化が激しく、3年で使えなく鳴るw
ですから、光HDMIはアッと云う間に交換を余技なくされる、、、コスパ最悪ですわ、でもね、メタルにするとCMノイズが厳しく、、、画質が・・・
とは言え、背に腹は代えられないデショw 如何するか云えば、メタル・ケーブルでCM対策するには、FMシート巻くしかない・・・
そんな理由で、以前メタルHDMIにFMアシュラ巻きして、光HDMIを抜けるコトを確認していました・・・・
今回、正にCM対策強化にあたり、HDMIを思い出してFMアシュラ巻きを敢行・・・・いやはやアッパレ!




CDプレーヤーとPCオーディオ用


凄い威力! 一気にアナログのスリップに入った! 比較試聴がオモシロイの南野! デジタル面目躍如!・・・・アナログをビンビン煽れるw
と申しましょか、高速デジタル・オーディオAV機器に接続される各種ケーブルのCMノイズは相当酷いって噺ですw こんなコトしないと使えないワナ
CDプレーヤーをお使いで、FMシートを巻いてお使いなら、白須に騙されたと思って、ケーブル1本にFMシート1mを全て巻いてください、相当驚かれるハズw


        音楽聴きながら、ゾクゾクしっ放し・・・


ブッチャケ、コスパ最高! サウンドが別モノ(アナログ風)に大場家w デジタルAV機器全て、TV・プロジェクター・パナレコ・PC全てOK、結果は保証しまっせ!



いやはや、、、気付くのオソ杉でしたw



毎度ですが、ノイズは無く鳴って初めて気付くモノ、CDが良く鳴った、PCオーディオ最高! だと思ってましたよ
でもアナログ復活させたら、茫然・・・「ナンでこんなにノイズが少ないの?」鳥肌立っ放し もしやと思い、FMアシュラ巻きしたら「やっぱ甲ジャネ」
ノイズ判定は超カンタン、音楽が始まれば自然にゾクゾク(鳥肌)しますが、ノイズがあるとゾクゾクのレベルが途端に下がるw
雑音が有ってもゾクゾクするのよ、ところが、ノイズがあると途端にゾクゾクが減る、だから我慢できない、何故なら、ゾクゾクがオーディオの目的デショw
ゾクゾクとは、録音時に同時記録された音楽家の込めた「気持ち」が気配として漢字られる総称ですわ、歌(歌唱)なら言霊みたいなモン?



ゾクゾク(鳥肌)しないオーディオはスカ!



ノイズ対策で鳥肌が立ち始めると、止められなく(中毒に)鳴る



鳥肌が立つか否かは、オーディオAV機器のグレード差ではありませんw 大昔(60〜70年代)は想でしたが、技術が進歩した現代、グレード差は僅少です



鳥肌が立つか否かは、ノイズの有無が大きく関係し、其れはAC100Vノイズの有無で決まる



コモンモード(CM)を理解してください!








オーディオAVシステムの部屋の床を電気が流れているんよ!



爺さん達は、そんな噺聞いたコト無いデショw つまり、習って無い「だって、床にテスター当てると抵抗高いから流れない」ですわ
例え、電気が流れているにせよ、そんな極僅かな電気がノイズ(電圧)になって、音質・画質劣化の原因に鳴るなんて、こじ付けだろ!  思うデショw



それはネ、動作周波数が低い時の噺なんよ!



動作周波数が高く鳴れば鳴るほど、電気は何処でも流れるのよ、電波で考えれば分かり易い


高速デジタル・オーディオAV機器は、動作周波数が高く、自らノイズを盛大にまき散らしているんよw
そんな機器にケーブル接続すると、コモンモードが形成され、のいずゲロゲロ!
ケーブルが原因でノイズが出るとは思わないデショw そんな認識が無ければ、知らぬ間にノイズだらけに鳴っちゃうのよw
ノイズと云えば、ジージー・ザーザーだと思うデショw でもね、イチバン上の図見れば分かるように、CMノイズは微小信号を打ち消す働きをしているデショw
余韻とか気配とか響きとか、大事な成分が消えちゃうのよw  つまり、鳥肌レベルが下がる、ノイズは無く鳴って初めてノイズだったと認識できる



だから〜〜爺さん達にノイズの噺スンと、チンプンカンプンなワケよ      「オカルト音頭」の大合唱、ヤダね爺はw



CM対策の原理は、ノイズを磁気ブロッキングして通り難くする手法、所謂フェライト・コアが安価で一般的ですが、、、、反応する周波数が高いのでオーディオ帯は苦手
効果は有りますが・・・・・対する、FMは磁気特性が優秀で低い周波数まで反応し、ノイズ低減(磁気ブロッキング)効果が大きいのです
家中の家電製品にフェライト・コア付けるのは、基本中の基本として、オーディオAVシステムにはFMをタップリ奢りましょう



私自身、FMによるCM対策は既に十二分だと考えていましたが、今回の件で愕然ですわ



特に、デジタルAV機器の電源ケーブル&出力(アナログ・デジタル問わず)ケーブルは、CMノイズの発生源だと認識を改めました



鳥肌勃ってますか? オーディオ・バイアグラはFMアシュラ巻きがオススメ!





あの頃の音をもう一度!











銀イオン・フィルター、極フワ大、スプレーボトル、アンチスタH(マグペレ入れ)



適量(3プッシュ)吹いて、極フワ(大)で均等に広げ、乾燥させてネ




フルパワーで突き抜けるぜ! レベッカ最高!!!


            


フルパワー噛ますと、ビョーキに鳴り想w  脳天を突き抜ける快感サウンド、、、堪りませんw




クラシック・JAZZ・演歌、音楽は全てEEですが、、、フルパワーでロックのレコード再生はサイコ〜〜〜痺れるわ












ターンテーブル駆動電源にLパス噛ましたら・・・・    ベイベ!


見ての通り、大した量ではありませんが、回転=摩擦を伴うオーディオAV機器の電源にLパスは効きます
除電対策は、医療で云えば、対処療法(西洋医学)であり、帯電しているモノを除電する手法、本来は何故帯電するのか、根本原因はナニか? 予防は?(東洋医学)が大事
回転=摩擦が静電気ノイズの原因だとしても、対処法が分かりませんでした、回転物に除電テープは貼れないケースが多いデショw


回転物を駆動する電源ラインをLパスすれば、回転物から発生する静電気ノイズを叩ける!


LEDがノイズ・フィルターに鳴る理論は存在しませんが、音質・画質についてはノイズ・フィルターだと認識できます
通常のフィルターと違い、音質・画質の情報量が削がれる漢字が無く、ノイズだけに効く とても不思議に漢字ていましたw



情報量が減る処か、音質・画質共に透明感が増して情報量が増えると実感



クセが憑かず、飽和せず、増やせば増やすホド効果が上がる、普通では絶対アリエナイ現象が怒るw
様子を探るべく、各所にLED付けて変化を見てきましたw  そして見えたのが、静電気ノイズとの関係ですわ


何故、CDプレーヤーのライン・アウトに付けると威容に効くのか?



詳しい方ならご存知ですが、CDプレーヤーのライン・アウトには、元々強烈なフィルター(量子化)が入っており、ナンでLEDが効くんよ!
其れもCD特有の痛音(キツイ音)だけに効き、情報量が減る処か増える始末w LEDはAC100Vに重畳している高調波スプリアスに効くと考えていましたが
だったら、CDプレーヤーのAC100V入力にLED付ければOKデショw もちろん付いてますよ、でもね、ライン・アウトの方が激効なのよw
つまり、AC100Vで決まると叫び続けて来ましたが、、、、、、如何にも説明が憑かんのよw




普通に考えれば、CDプレーヤー内部で発生したノイズが、終段フィルターをジャンプしてライン・アウトから出て来る だよなw



そのノイズってナニ?、何処で発生してるの? ナンでジャンプするの?



コレでピンと北!



カートリッジ出力をLパスしたら、スクラッチ・ノイズが激減、スタイラスレコード針)は音溝を擦り続ける(摩擦)、つまり静電気発生装置ですわ
発生した静電気がスクラッチ・ノイズだとして、Lパスによって信号ラインの静電気がLEDに吸収(ギリカス点灯)されるのでは?
この仮説を検証する意味で、ターンテーブル駆動の電源ラインをLパスしたら、レコード再生が「バァ〜〜ン!」



CDプレーヤーはディスクが高速回転しており、相当な静電気が発生しているハズ、その静電気はモーター駆動電源ラインから機器内部に逆流する
静電気は導体・絶縁体を問わず帯電、コアブリッドB原綿を駆使しても取り切れていない可能性がある、何故なら静電気の実態が良く分かりません
もし、動電気に混ざる静電気、動・静の中間電気が存在したなら、電源・信号ラインを静電気が逆流しても不思議ではありません
電源ライン・信号ラインを流れる中間電気があり、LEDが0〜Vf間で中間電気を吸収したなら・・・・妄想ですが、完全否定もできないデショw





耳タコなのに・・・バカ野郎、、困んだよね




静電気ノイズとは、付帯音として「痛音」キツさとして表れる、各種除電やAC100Vフィルターで相当改善されますが、僅かに残り完全には取れませんw
しかしながら、認識できても手立て・手法が分からず、お手上げ状態でしたw 「気にしないがイチバン」は負け惜しみで、気に鳴り余計に目立つのよ
コレ以上、除電しようが無いため・・・・??? まさかLEDが関係しているとは考え難だw



回転系オーディオAV機器の電源&出力ラインにはLパスが有効



各種ドライブですよw それとファンもねw   家電なら冷蔵庫・洗濯機・エアコン・換気扇は静電気発電装置だよw


早速、長野の青年が冷蔵庫に直L付けて騒いでまん年w   沢山あるので家中の家電に憑けるとか申しておりますw


身近な家電が思いも依らない悪さをして、音質・画質劣化が起きている、文明の進歩、技術革新、デジタル化など大概はオーディオAVの敵ですわw
ましてや、CDドライブやレコードプレーヤーのモーターが原因で音質劣化してるとは・・・・考えないデショw
細かいと思うデショw でもね・・・フィルターとか始めると、幸か不幸かドンドン聴覚が研ぎ澄まされて逝くんよ、感覚がピリピリして、、、炙り出されるw
その昔、近くに工場があるとダメだとか逝ったデショw その工場には大抵の場合、大きなモーターがあるんよw
静電気が厄介なのは、実態が良く分からない上、一度帯電すると、除電しない限りキープしちゃうのよw



ノイズ対策は除電から始まりましたが、気付くとブーメランが戻って北!











新春、2K vs 4K ガチ対決視聴会




1月6日(日)   PM1:30〜




参加希望の方はご連絡ください




2Kと4Kは如何違うの?  2Kのプロジェクターで4K映して意味有るの?



4KBDはスルーして北、12月からBS4K放送が開始したけど・・・思ったホド盛り上がって無いデショw・・・・
とは言え、BS4Kエアチェックはボチボチ行っています、其処で気に鳴るのは同じ放送で2Kと4Kで如何違うの?


実はコレって、レアな比較なんですわ、何故なら、同じ放送=ダブリ デショw 公共の電波使ってダブリ放送は基本としてアリエナイw



例外が有るんよ・・・   NHK紅白歌合戦ですわ 



BS4K・8K・地デジ(720P)で同時放送、コイツをエアチェックすればガチ比較できるワナ




コレぞ、千載一遇のチャンス、国家AVプロジェクトですよ、タブン、NHKは8Kカメラで収録するハズ、彼ら自身が720P・4K・8Kの違いを白状してくれる
8Kは視聴環境が無いので、比較しようがありませんが、720Pと4Kの比較は見物、ましてや2Kプロジェクターですから、競馬予想だよ、誰が勝つの?
注目のポイントは、同じカメラで撮って、違いが出るのか? NHKの威信、言い換えると日本の威信が掛かった生放送ですわ
8K収録のダウンコンで720Pはどんな絵に鳴るの? もしかスンと、圧倒的多数の地デジと4K・8Kはカメラが違うかも・・・マニアとして見処満載
私自身、この比較を大変楽しみにしており、結果次第で4K・8K対応を如何スルべきか、考え様と思っていますw WOWOW4K導入とか諸々・・・・
ブッチャケ、NHKは4K・8Kの優位性を全面に押し出して来るハズ、22.2CHとかワケワカメなサラウンドも含めて・・・



NHKさん、如何スンの? 果たして、伝説は生まれるのか?




「バァ〜〜ン!」は有るの? 4K・8Kに優位性は有るのか? 拘るホドの違いは無いのか? 違いが出ないと拙いデショw 
NHKと民放の格差は圧倒的な今日、NHK主導で始まった4K・8K、果たしてどんなモンなのか? 興味津々・・・・




紅白は地デジとBS4K・8Kは別カメラだった・・・・



カメラの数は2倍、カメラマンも2倍、当然優秀なカメラマンは地デジですから・・・・・・・・でしたw
紅組が勝ったと思いましたが、、、オーラスお祭りサザンが「バァ〜〜ン!」



見処、聴き処満載で6日の比較視聴会は大いに楽しめそうw




視聴会用、SUZ2060準備完了




驚きました、プロジェクター調整ちゃぶ台返し・・・・4Kパナレコと2KパナレコはHDMIの絵が別モノ、2Kパナレコに馴れていたので大慌てw
特にNHK紅白は、地デジと4Kでは、白黒とカラー位違う、単純比較できる思ってましたが、4Kに合わせて(出力は2K)プロジェクターの徹底調整が必要
パッと見、地デジがカラーで、4Kが白黒、そのまま見せられたら、4Kは糞味噌な絵しか出ませんw 余りの違い(4Kが悪い)に茫然・・・・
コリャ〜ダメかと思いましたが、プロジェクター調整を根本から見直すコトで持ち上がり始め、ナンとかカンとか絵が出ていますが・・・使い熟しにはホド遠いw
言い換えると、この調整はシロートさんは無理デショw タブン、最新8Kカメラに問題が有りそうな・・・・カンタンには逝きませんw
スペック上がるのは結構ですが、古いTV(プロジェクター)では調整不可、使いモノに鳴らない可能性大
ゴールではなく、スタートしたてですから、評価云々ではありませんが・・・・タイヘン(面白そうの意味)



案の定、4Kパナレコ(高速デジタル)はCMノイズがメチャ多い



AC100VはPS4proと同じコンセント(フィルター出力)を使用しますが、2060の方が付帯音が多い(CMノイズ逆流する)ため、急遽CM対策を補強しました
折角スペックが上がっても、「変るダケで良く鳴らん」音質・画質劣化するんじゃ意味が無い、高速デジタルの宿命的課題で厄介すわ




比較視聴用ソースを選びましたが、戦闘服MISAのパフォーマンスが圧倒的でした



4Kはパナレコ直、2Kは地デジ録画BDR(50GB)で行います
地デジは1.44K(720P)に対し、4Kですからデジタル・スペックでは噺に鳴らないハズ、、、でも現実は・・・・
世間の関心度もイマイチ・・・・ちなみに、4K・TBSで映画(吉原炎上)をエアチェックしましたが、10秒見てボツ!
ネット配信が台頭しつつある現在、民放は合併・再編成しなければ、4K・8Kは持ちこたえられない可能性大
あらゆる面で、NHK一人勝ちですから、4K・8Kは責任重大!




視聴結果・・・・



地デジの紅白は、皆さんがご覧に鳴った通り・・・・デジタル・ハイビジョンは劣った規格ではありません、潤沢な予算、豪華キャストによる歌合戦は国民行事級w
対する、4K紅白は如何なのか・・・・4Kの方がカメラの引きが大きく、歌手のアップが地デジに比べ少ないのは大画面向き・・・・
しかし、画像の途切れ、画質(明るさ)の切り換わりが有ったり、地デジカメラが4K・8Kカメラに入り込んで邪魔する場面などがあり、試験放送みたいw
画質全体を見ると、地デジに比べて「悪くないけど良くもない」特にカメラの焦点深度が浅さがピントの甘さに繋がり、大画面だと気に鳴るわ
SDRに対応している? 地デジに比べて4Kはコントラストが低い・・・・等々、書き出したら文句タラタラw



唯一、音は4Kの勝ち!



地デジとBSの違いかも知れませんw 大差があるワケではなく、比べるとEE漢字レベルw



4Kが悪いではなく、始まったばかりデショw そして、比べる基準がハッキリしたw  BDRで残せるので、今後は来年は如何鳴る?



貴重な初代4K録画ができたw




4Kは、マニア向けですわ 大衆は2Kで十分かな、評価は厳しいかも・・・・言い換えると、映像マニアなら取り組むべき世界




2060は悪くありませんが、4K出力(HDMI)が未だ正体不明・・・・評価できる段階ではありませんw
上で書きましたが、ノイズ対策強化が必要、今回、「整流どん」デラックス3台投入で対処しましたw
全て想ですが、比較対象物があると、音質・画質は向上します、最初2060を視聴した時、ノイズっぽさを漢字て「整流どん」デラックスを追加・・・・
結果として2060の音質・画質が向上し、気付くと、PS4proの音質・画質も向上しましたw 
PS4proと2060のHDMI出力は1.3だと思ってましたが、、、絵を見ると違うワナ、、1.3aかも知れんw
ブッチャケ、PS4proと2060ではプロジェクターの調整パラメーターが全く違うのよw ツウか、PS4proのパラメータでは絵に鳴らないw
三管プロジェクターじゃあるまいし、デジタルなのに極端に絵が違うと、巷では相当混乱すると思う・・・・ワナw














LEDパスと静電気の関係



LEDが0〜Vf領域で静電気パス(吸収)している?



動電気ノイズ・パスを考えると、GND(アース)へリターンする考え方ですが、静電気ノイズ・パスを考えると、静電気がアースにリターンするのかな?
除電(静電気除去)は水で流すか、空中への放電(還元)が基本、ブッチャケ、静電気の実態や区別が不明ですから、断言・説明も不可能w
体験・実験を元に仮説を立て、妄想豊かに独自理論を展開するしか無いw



レコード再生から、LEDパスに依って、静電気ノイズ除去が可能







マグネシウム・イオン磁気カット・インシュレーター



オーディオAV機器を置くと、コモンモード・ループが形成され、コモンモード(CM)ノイズが増える・・・・宿命的な問題
インシュレーターや脚を交換すると、音質・画質が変化します、一般的には振動対策だと云われていますが、プラスでコモンモードの様子が変り、音質・画質が変ると考えます
ベタ置きと、ピンスパイクでは、CM電流の量が変わりますし、オープンと箱入れでは様子が全く変わります、狭く囲われたAVラックは良くありません
この観点から、販売されている殆どのオーディオAVラックは支柱式に変ったと考えています・・・・狭い空間にオーディオAV機器を置いては逝けませんw
只、奥田家ですが、置き方による変化を伴うので厄介な問題です、地球は巨大磁石ですから置くとは、磁石の上に置いて一体化されるため、問題に鳴るケースも・・・


影響を減らすには、FMシートを挟むのが有効、振動対策そしてイオン化対策としてマグネシウム・銅・チタンを使用





アース線は、コロナ放電可能な網線(クルマと同じ)を使い、アシストとしてLED付けて静電気吸収(まだ仮説ですが・・)



LEDには電子吸引(磁石みたいな)力が有る!



以前も同様な写真を載せましたが、その時は電解コンデンサーに通電していましたw  今回は通電無し!
つまり、指で触るだけでLEDがギリカス点灯するんよw 俺は人間電池かよw この例から分かる様に、LEDはスズメの涙電圧(ほぼ0V近辺)で反応する
言い換えると、反応する(受動)ではなく、自ら電子を吸引したガリ君、キッカケがあれば何時でもOK(常時活性化の臨戦体勢)ジャネw
この時、LED内部でナニが起きているのか? 俺は電池じゃない! だとしたら、LEDは極僅かな静電気で動くのかな?


この仮説が正しいとスルなら、静電気が有りそうな処にLEDを配置すれば、磁石のように静電気を吸引してくれるデショw





それにしてもだ、アナログ再生の破壊力は半端ないって!



視聴会で使う2060のような最新高速デジタルAV機器は、高性能な一方でCMノイズや自らNノイズを逆流するため、音質・画質劣化し易い(ノイズに脆弱)
ですから、絶えずフィルター強化を行う必要がありますが、アナログ再生にはそんなモンは必要無いし、関係無い・・・・この佐賀デカいw






久々、マライア掛けたら・・・・音がEEとかそんなレベル蛇なくブルブル「快感!」ですわ





この音が97年当時に出てればネェ〜〜   嗚呼、失われた20年w



マライアは当時、CDとADでは、比べるべくも無くADの勝ち、とは言え、CDは付帯音だらけ(痛音)、ADの方がキツくなく聴き易い、そんな違いでした
ショールームは吉祥寺でしたし、ノイズ対策なんて宇宙語でしたw  特に擦れた高い声が汚れ易く、痛い音そのもの・・・比べ様が無いので「こんなモンかな・・・」
今日聴いたら、当時と同じレコード、同じプレーヤーですが・・・・「ナンじゃコレ!」異次元再生、スンバラシイ音、音楽、「気」の入った多彩なボーカル(同じ人かよ)

















アナログ\(^o^)/



2019最初のテーマは、アナログ・レコード再生        ナニは友アレ、弄るしかベイベーw




オペアンプは、ソケット対応に変更・・・とりあえず手持ちのMUSES付けてみましたw  音は聴いてないのでワガンネ
マグネシウム・イオン化も楽しみ、兎に角、こんなコト始めると変わりマクリで収拾憑かなく鳴る・・・・其れが楽しみ&苦しみw
使用する抵抗・コンデンサーのグレードについて語り始めると・・・・・ですが、、、AC100Vノイズ対策の有り無しでは次元が違うと考えていますw
何故なら、大昔は無かった噺であり、ノイズの増加に伴いア〜だコ〜だと云われ始めたw つまり、ノイズが無ければ関係無い?  ノイズのEEワケとして始まった?
つまり、ノイズによる音質劣化をパーツのグレード差だと判断して騒いでいたダケ・・・・・だったら弄るなよ! とも云えますが、マニアの嵯峨(性)なので仕方ないw
パーツに問題有りと考え、凝って弄り倒しても、ノイズが減るワケではない、感動できるワケではない、見当違い、空振りの連続だった・・・・
ナンですが、ノイズ対策をバッチリ決めてから、最良パーツを吟味したら如何よ・・・デショw この問題も、今年はいよいよ整理できると考えていますw



ノイズを放置して、パーツに凝ると、「変る」だけで「良く」鳴らないw



とは言え、凝る方は必死ですから、重箱の隅突くように鳴る、正解を求めて彷徨う・・・・目が醒めると、オーディオから興味が無く鳴る(最悪パターン)
ノイズに頭抑えられると、変化自体が少なく鳴る上、変化を求めてよりシビアな比較が始まる、、、典型的なのが電線病・コンデンサー病
ソンで持って、感動レスでの比較ですから、疲れるダケ・・・・最悪でんガナw




アナログは電圧レベルが超低いのよ



MCカートリッジの発電レベルは、0.3mV(MAXで)程度しかありませんw スズメの涙にも満たない電圧、つまり超繊細で扱いにくい世界ですわ
デジタルはザックリ5Vは有るので、その低さはご想像できると思いますし、常に雑音と隣合わせw
確かに、44K/16ビット(CD規格)はトンデモ(実現不可能な)規格ですが、MCカートリッジの出力もトンデモ低いw 雑音で比べればデジタルが有利デショw
私も35年前は想思いましたが・・・・結局CDはあの様でしたw


一言云えば、レコード再生はナニ遣っても変化するので、迷宮地獄ですわ



自己で基準を作り、覚悟して遣らんと、如何にも甲にも、ニッチもサッチも逝かんのよ・・・・唯一の救いは、AC100Vノイズ対策に目処が立ったので気が楽w



正月はUコンで遊んでますw   https://vimeo.com/184086450




今年の趣向は・・・・楽しみでしたが、メチャ・オーソドックスに徹したコンサートでしたw 肩透かしかと思いきや、終わってみると充実感満点! 流石!
演奏中は客席の照明を落として、客が目立たずGOOD! それにしても日本人(東洋人?)が多いw 普段音楽聴かない見栄春セレブさんが一目瞭然?





久々・・・・寺垣始動!



6年振り? 記憶に無いホドご無沙汰(ADレス)・・・・


満を持して、そんな軽い噺ではありませんw 退路を断つ、背水の陣、後はありません、生きるか死ぬか、ガチンコ勝負!
久々、始動したら往生こいたわ、マトモに回らんz・・・・原理は超シンプル、調整箇所無し、全て自然の法則ですから、問題点の見極めがタイヘンw
例えば、テクニクスのプレーヤーならスイッチONで終わりですが、寺垣は見て・考え・問題点を整理し・自分で考えて調整(弄る)、問題点が整理出来なければボツ!
誰も教えてくれません、ツウか、調整方法なんて書けないw よくコンなモン売ってたワナw マニア冥利に尽きる・・・・最高です!



白須が惚れ込んだ寺垣プレーヤーとは



基本、自分で使うモノは自作が前提、理由は自分なりの拘りがあるから、メーカーが作っているモノは妥協の塊であり、最大公約数でしかないw
求める最高峰が有ったとして、市販製品は8合目止まり、、、妥協を排したなんてアリエナイw 其れは仕方無いコトで、イヤなら自分で作れば? そんな世界w
そのためには、ナニを持って理想と云うのか、自分の中で整理整頓した理想像を構築せなアカン、そうせんと、理想がグラグラ動いてしまう、理想は基本、動かないw
好き・嫌い・好みの世界はありますが、理想は1点に集約するハズ、好き・嫌いではなく、レコード・プレーヤーに求められる理想とはナニ?


回転軸受けが存在しない


ターンテーブルは正確に回転してナンボ・・・デショw 回転するには軸受けにクリアランス(ガタ)が必要、言い換えると、ガタが無ければ回転しないw 
ナンですが、寺垣プレーヤーには軸受け鳴るモノはありませんw  ブッチャケ、軸受け有りで回転させちゃダメなのよ、何故なら軸受けはガタが無ければ回転しない
しかし、軸受けのガタ=音溝と同方向なので、音溝の正確な再生ができない、つまり、回転軸受けの有るターンテーブルは、ダイレクトで有ろうがベルトで有ろうが
ターンテーブルが回転する(ガタつく)と、音溝の正確なトレースができないw この宿命的課題を軸を傾かせ、寄り掛って回すコトで解決している
理想に向い、妥協を排し、熟考し、最もシンプルな手法で作られています  レコードプレーヤーなのにインシュレーターは無く、直置き、でも針飛びしませんw
トーン・アームはパイプではなく重い金属棒、しかし天秤棒の原理で正確な針圧を設定できます、1から10まで限りなく理想に近い稀有な製品なのですw
1号機を見て、惚れ惚れしましたが・・・300万円で指くわえてましたが、2号機(ローコスト版)が半額だったので22年前に購入w





コイツと勝負ですわ 今月、試聴機が来ますw



SP10とEPA100ですから、関脇(テクニクス)と横綱(寺垣)ですわ・・・・勝負が云々ではなく、圧倒的な実力差が出なくちゃ意味無いワナ
SP10が関脇と書きましたが、EPA100と共に、典型的な優秀な日本製品(優等生)の代表格ですわ、対する寺垣は超異端児(天才)であり、根本的に違うw
ですから、天才の説明しても意味無いw 圧倒的な違いが音に出なくちゃダメw




ファインメットMCトランス




某ステレオ●ウンド社の通販で50万円で売られていたMCトランスの中身ですわ、酷いとかボッタクリだとか、EE出したらキリがない・・・・現実ですがw
MCカートリッジのステップUPには、ハイゲイン式・ヘッドアンプ式・トランス式があります、正直、トランス式は好きではありませんでしたw  クセが憑くので
しかし、FM(ファインメット)トランスは「ノイズレス・ヘッドアンプ(クセ無し)だよ」と云われており「ホントかよ!」と鳴り、実地テストと相成りましたw
巷の下馬評では、最高級(最高価)MCトランス、ナンですが、レコード・プレーヤーが休眠していたので、入手後3年間放置プレ〜〜、いよいよ組立ですわw



さて、如何したモンかと思案中w




電子ドーピング(LEDパス)の真価はカートリッジ出力で問われる  だよなw



カートリッジ(MM・MC)出力はパッシブ自家発電ですから、ノイズ(静電気を除く)の混入は考え難いデショw、だからLEDフィルター効果の方便本には鳴らない
只、言えるのは、発電でありながら、電子欠乏(貧乏)症なのは確か、、、其処に電子ドーピング噛ましたら・・・・新事実が分かるハズw
フォノイコの出力は電源内蔵ですから、LEDフィルター効果は十分に考えられますが、カート出力電圧は極僅かであり、LEDが反応するか否かの実証実験にも鳴るw
その上、カート出力はオーディオ信号の大元ですわ、レコード溝の左右振動で発電された信号と半導体の正孔・電子が如何反応するのか、しないのか、面白ベイベーw
もしも、もしも、カートのLEDパスでレコードの静電気ノイズ対策が可能だとしたら、ノーベル賞モンだぜw
レコード溝を針が擦る時、静電気ノイズが発生してカートリッジ出力に重畳するんよ、コレは宿命であり自然の摂理ですわ、ですからレコード再生とは静電気再生であり
静電気ノイズを聴かされる羽目に鳴る、静電気の正体は不明なので、ナンとも言えませんが、重畳する静電気ノイズをLEDパスで低減できたら・・・・大事件発生!




ナンせ、人の聴覚は超高性能測定器ですから・・・



MC(ムービング・コイル)カートリッジの真逆は、スピーカー・ユニット(ムービング・コイルだよ)デショw スピーカーにLEDパス入れると・・・・デショw



だよなw




今世紀、最大の謎が解き明かされる!          ホントかよw






音が出た!





ナンだ、、、この音!     




直Lは1S66P



凄いなんてモンじゃない、茫然自失、全身痺れ捲って、動けんz



カートリッジ出力にLEDパス噛ました瞬間・・・・音が出ないのよ、ナンで? ナンで? 5秒位経って「バァ〜〜ン!」



LEDに充電されたか、ナンなのかは知りませんが、音楽の表情が一変! 透明で超々繊細、次の瞬間、全身鳥肌10倍ビンビン! 大事件だよ!
前哨戦で、LED無しを聴き、イヤイヤ、スンバラシイ音! コレEE音だよ、、、 ヤッパ、、、アナログだわ、電源綺麗だとトンデモナイわ、感心しきりw
次の瞬間、LED入れるしかないベイベw  居ても立っても居られなく鳴り、早速作って接続したらコレよ



凄いわ、凄いわ、ホント凄いわ    アタマが変だよw



こんな音、聴いたコトあらへん、休眠前は除電だけでしたが、AC100Vノイズ対策ガッチリ掛けて、LED盛って、カートをLEDパスったら異次元ワープですわ
驚いたのは、スクラッチ・ノイズのチリチリ・シャリシャリ感が激減、LEDが静電気ノイズを喰うかも、って書きましたが、ホントかもw



音楽全体の重心が下がり、重厚・濃密でアナログ的な空気感が部屋を支配し、正に圧倒される



録音時の「気」が部屋で炸裂! その威力は手に負えない!




こんなに良かったかね? もちろん、良かったら6年も休眠するワケがないワナw   除電対策だけで、見切りを付けていたみたい・・・・




LEDパスは静電気ノイズ・パスなのか?





カートリッジは、コイルと磁石だけで発電、コイルが動くヤツをMC,マグネットが動くヤツをMM、VM型ツウのも有りますw
コイルはマグネットより軽量ですから、MMよりMCの方がより細かく、繊細な音が出ると云われていますw
しかしながら、針がレコード溝を擦って揺すられ発電するのは同じ、擦れば静電気が発生して伝わり、信号ラインからアンプそしてスピーカーで音に鳴る
俗に云う、スクラッチ・ノイズでして「パチパチ」音が有名w ところが、LEDパス噛ますと、スクラッチ・ノイズが激減、ゼロではありませんがCDみたいな・・・
「パチパチ」音は減るんですが、情報量はテンコ盛り、マスターテープのプリエコーなんてもの凄く目立つのよw つまり、透明感バツグン!


音楽が削られた漢字は皆無、其れ処か、余韻や響き、録音現場の「気」が爆発的に増えるの南野! 最高ですわ、堪りませんw



聴感上は、静電気ノイズ成分がゴッソリ落ちた様に聴こえる



音質ベクトルとしては、一連のLED効果と同じですわ・・・・だったら、今迄も静電気ノイズに対して効いていたの?



レコード盤とカートリッジの摩擦で静電気が発電され、出力信号に重畳され、アンプに送り込まれ(逆流し)て、静電気成分が音と鳴ってスピーカーから出て来る
レコード針は、左右に振動して発電され、同時に進行方向に引き摺られ(擦られ)て針が音として拾っているw
左右+進行方向、どちらでも摩擦発電が起きて、静電気サウンドが付帯音として聴こえる(聴かされている)、こんなコト、今迄考えもしませんでしたw
摩擦でレコード盤自体が帯電し、ゴミ・塵を引き寄せ障害物に鳴り、上下振動が発生して針が其れを拾い、パチパチ音やスクラッチ・ノイズとして再生されるw


静電気は流れない様で、動電気が有ればキャリア(ベルトコンベア)に鳴って静電気が流れる(逆流する)



電気の成分は、動電気と静電気に分けられる



動電気が無ければ、静電気は帯電し、動電気が有れば一緒に移動する



動電気と静電気は表裏一体で、電位があれば高い方から低い方へ流れ、電位が無ければ帯電する
静電気は高電圧に鳴り易く、つまり流れない=高インピーダンス、だから電位が高いw その場合、放電して電位を下げたがる、冬の静電気パチパチが其れw



摩擦関連の電気製品は、静電気発電を起こし、AC100Vへの逆流を伴う




言い換えると、摩擦関連電気機器はLEDパスが有効!






















試聴したレコード




と云えば、デショw



歌手の人生と歌がリンクしている方が最近は少ない・・・リンクしているから説得力が有るし凄味に鳴る



ブッチャケ、選んだワケじゃありませんw 音出しテスト確認用・・・オリビアはつい先日買ったヤツ、松尾和子とアランフェスはレコードラックに上積みされてたヤツ
最初にアランフェス聴いてブッ魂消た、66年録音(貰った見本盤)ですが、ギターが最高で鳥肌ビンビン「ナンじゃコレ!」この時点で相当ヤバイ展開だと自覚w
松尾和子聴いたら、体が痺れて捩れた! ついでにオリビア掛けたら生唾ゴックン・・・・嗚呼、どうスンの???   如何しよう・・・PCがヤバい土俵割りそうw
とりあえず、音出たらアナログを如何攻めるか考え様と思ってましたが・・・・アナログの破壊力が半端ないって!
今回、モーター電源も作り直したのが効いてるわ、根本的に違うよ・・・・寺垣の標準は15Vのトランス式ACアダプター(100Hz)でして・・・・
ノイズレス142VDCをブチ込んだDC−DCコンバータ(トランスレス・シリーズSW電源)のエネルギー密度はDCモーターを覚醒させる、出音が雲泥の差ですわ
テクニカのフォノイコも弄ったにせよ、遊びで本気出してないし、FMトランスや真空管CRイコライザー(マックトン)がこの後出るのに、コレかよw